謙譲の美徳、日本人とペルアーノ

ペルアーノの知り合いが、「日本語は少ししかできない」というので、しょうがないから私のへたくそなスペイン語で一生懸命作文してメールしてました。ある日会ったときにしゃべってたら、向こうが日本語で話しはじめた。


「えー、なにいってんの? もうわすれちゃったのかよ。それってヤバイんじゃないの?」


え…? (@_@)  


日本語できるじゃん。


しかもね、まったくアクセントないし、話し方も日本人の男の子と変わらないくらい。私の知ってる外国人の中でもトップレベルの日本語。超日本語うまいじゃん。



次の人もペルアーノなんだけど、「hablo poco japones 」(日本語ちょっとだけ)っていうので、スペイン語でやりとりしてました。英語もちょっとできるそうなので会ったときは英語で。


そしたら昨日いきなり日本語のメールがきたんです。漢字混じりで完璧。。。。


なんでこんなに日本語うまいのに、「日本語ちょっとしかできない」っていうのー? 今まで一生懸命下手なスペイン語で書いてたのに、あれはいったいなんだったの。。。。ふるふる。。。 バカみたいじゃん。


って言ったら、「でもオレ、ほんとに日本語少ししか話せないもん」だって。



そういうふうに言うペルアーノけっこう他にもいます。みんな日本語すごいうまいのに、「日本語うまいね」とほめると「いや、自分はまだまだ。他の人はもっとうまいし、へたくそだよ」って言うんですよ。


どこがだよ~。



そういえば日本人も、「自分は英語できない」って言う人多いよね。


外国人から話しかけられたら、「I can't speak English」って答えてる。相手からしてみれば、そんな英作文がつくれるってことは英語できるんじゃんって思うのに。。


ほんとはけっこう話せるくせに「いや、私、ぜんぜん英語ダメですよ」って謙遜しちゃう人、日本人によくいます。 間違うとあげあしとる人が多いからだろうけど。


謙遜なのか、完璧主義なのか…。


アメリカ人は、ある外国語を片言しかできないくせに「話せる」って言っちゃうのにね。



国民性かな。



そういうふうに、謙遜するところ、日本人とペルアーノは似てるのかも。。。



関連記事

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter