AX

コロンビアサルサがメキシコで

今日はメキシコで、コロンビアサルサの有名グループ、Sonora Carruseles のコンサートに行ったときの話をします。


このブログで何度も書いてるように私はコロンビアのサルサがサルサ初心者の頃からず~っと好きで、Sonora CarruselesのCDは何枚も持っています。
5年前にもこのブログで、私が一番好きなサルサビデオとしてSonora Carruselesの「La salsa la traigo yo」を紹介しました。 (※  「My favorite salsa video」 を参照してください。)
それがこのビデオです。

Sonora Carruseles 「La Salsa la Traigo y Yo」



サルサの踊り方の参考になるダンスビデオのようなPVだと思います。
コロンビアのカリサルサとは違う踊り方ですが(コロンビアはカリと他の都市ではスタイルが違う)、ビデオでは途中でブーガルーのダンスも出てきてますし、私はほんとはカリサルサよりもこういうコロンビアのサルサの踊り方が好き。
今でもこのビデオ好きです(一番とは言わないが)。5年前と同じようにやっぱり黒いパンツスタイルの女性の踊り方が好きなので、ピンクのドレスの女性のお尻ばかり追うカメラがうざいですが。


で、メキシコで行ったSonora Carruselesのコンサートの話に戻ると、

そのコンサートはSonora Carruseles一組だけのコンサートじゃなくて数組あり、彼らのあとにさらに有名なサルサ歌手のMaelo Ruizが控えていました。(Maelo Ruizには日本のサルサバー定番曲が多いのでみなさん知ってると思います)。

私はMaelo RuizよりもSonora Carruselesのほうが見たかったし、私のメキシコ人の友人たちもSonora CarruselesファンなのでSonoraめあてでした。その友人たちはサルサミュージシャンなので(有名じゃないけど)、Sonora Carruselesがサルサの演奏がすごいうまいと大ファンなのです。



ところが…

他のメキシコ人たちにはあまりSonora Carruselesは知られてなかったのかもしれない

※ コロンビアサルサがメキシコで知られてないわけじゃないですよ。
別の日にGrupo Nicheが出たときは大人気でした。グルーポ・ニーチェのGota de Lluvia とか Una Aventuraとか観客大合唱。(Grupo Nicheは日本のサルサバーの定番。彼らについてと彼らの代表曲については過去トピックの「Grupo NicheのJairo Valera死去」を見てね)




Sonora Carruselesがコンサートで、
日本でもおなじみの「ミカエラ」(ウ、ハー、ウー ハー で始まるノリのいい曲)を歌ったとき、


「Micaela」  



「ミカエラ」はウケたのですが、



日本のサルサバーでもよくかかる 

「La comay」



とかほかの曲はほとんどウケず。。。。

※これらの曲が全部入ってるCDは(私も持ってるのは)、30曲以上入ってるアルバムです。




Sonora Carruselesたちはすごい上手に歌ってて、演奏もとても上手だったんですよ。
バンドのトロンボーンやトランペットの人たちが花道(?)まで出てきて演奏を見せたり、パーカッションだけを長く見せたりしたので、サルサミュージシャンの私の友達たちは感激してました。


しかしSonora Carruselesがどんなにがんばってもメキシコ人観客たちにウケないのでだんだんあせってきて、「僕たちはまだメキシコではあまり知られてないだろうけれど、また来年メキシコに来るのでよろしく」とか、メキシコの大きな国旗を背中に背負って歌いながら「ビバ メヒコ(viva mexico)!!!」と叫んだり、気をつかってました。


彼らはコロンビア人ですから、もちろんコロンビアのスペイン語でしゃべります。

前にメキシコのスペイン語とコロンビアのスペイン語がかなり違うとブログの過去トピックに書いたように ( 「メキシコ弁とコロンビア言葉」を参照)、コロンビアは中南米の中でもっとも丁寧な話し方をすると私は思うし、メキシコはラテンアメリカで一番お下劣なスラングが多い国だと言われています。

コロンビアでは、知らない人に話しかけるときに「señor (セニョール)!」とよびかけたり、友達や家族にも「si, señor](シ、セニョール。 英語の Yes, sirだけど、コロンビアではちょっとニュアンスが違う)を使うことがよくあります。

メキシコ人にはそういうコロンビア言葉が奇異に思えるらしく、Sonora Carruselesが観客によびかけるとき「~~~、si señor!」などとコロンビアのスペイン語で話すと、わざとマネして「シ セニョールだってさ、がはははははは」というふうに嘲笑するのです。

私はコロンビアの言葉が分かるので、かわいそうに思いました。一生懸命盛り上げようと思ってしゃべってるのに。。。


しかもなんとSonora Carruseles が歌ってるときに、次に出てくるMaelo Ruizの名前を観客たちが叫びはじめたんです。

「Maelo Ruiz, Maelo Ruiz, Maelo Ruiz!!!    早くMaelo Ruiz 出せや!!!」って。



これには驚愕。 失礼だよね

友人たちに「いくらなんでもリスペクトを欠いてるよ。あまりに失礼すぎて信じられない」って言ったら、「俺たちはサルサミュージシャンだからSonora Carruselesがどんなにうまいか分かってるし前からファンだけど、多くのメキシコ人にはあまり知られてないんだよ。メキシコ人達は自分達になじみのサルサの曲やアーティストじゃなかったり、知らない曲だとノらない人たちが多いので。。。 でもほんとに失礼だよね。同じメキシコ人として恥ずかしい…」と言ってました。


Sonora Carruselesほんとに哀れ。。。

その点、Grupo Niche のほうがメキシコに何度も行ってるから経験値が高いので、メキシコ人が好きそうなゆっくりしたサルサを中心にプレイして観客がすごい盛り上がって一緒に歌ってました(gota de lluviaとかsin sentimientoとかuna aventuraとかcali pachanguero)。


Sonra Carruselesはメキシコじゃなくて日本に来たほうがよかったと思います。日本のサルセーロ達なら日本のサルサバーやサルサイベントでなじみの曲が多いしきっと盛り上がることでしょう。


メキシコはマリアッチの国でサルサの国じゃないからしょうがない
ってみなさんは思うでしょう。
でもメキシコではサルサは人気で、街角でもスーパーでも町の祭りやホームパーティ、結婚式やクリスマスでもがんがんかかってるので、たとえサルサが好きじゃなくても小さいころからいつも耳にしています。コロンビアのボゴタやメデジン、キューバの観光地以外の場所よりも、メキシコのほうがサルサを耳にしたくらいです。
だからサルサ踊れる人多いですよ(特に大都市)。ON1で踊り、ターンををよくするし、女性によってはターンしたときに片手を上にあげたりすることも(LAスタイルとは違いますが、日本でON1踊ってる日本人にはメキシコは踊りやすい場所じゃないかと思います)。


ただし、メキシコ人は自分たちになじみの曲ばかり聴く(かける)傾向が一般的に高いと思います(特にクラブやディスコ以外の場所では)。自分たちが知らない曲だと「げーーー」なので、何年も前からかかってる曲の傾向がほとんど変わってないと私は思います。知ってる曲なら踊るけど知らない曲だとブーイングということがよくあります。メキシコではクンビアもよくかかりコロンビアの古いクンビアの曲が人気です。でも本国コロンビアではそういうのはもう懐メロだからかかりません。




で、観客がお待ちかねのMaelo Ruizが出てきたときはMaeloの曲はメキシコですごい人気で知られてるので、みんな大合唱してました
日本のサルサバーでもおなじみの曲ばかりです。

Maelo Ruizは、友達が言ってたように、200kgくらいあるんじゃないかと思われるくらいの巨体でした。
(Maelo Ruizとその曲と逸話については、過去トピックの ( 「身体じゃなくて音楽は?」を読んでください)


Maelo Ruiz で日本でもおなじみの曲を紹介しておきます。
他の有名曲は、上記の過去トピックを見てください。


Maelo Ruiz  「 Este Amor Que Mata 」



(このビデオより、私が見たときはもっと太っててライブのときマイクの前に直立でずっと歌ってるだけでした)


Maelo Ruizの有名曲、「Te Va a Doler」と「Regarme Una Noche」が入ったCDは、

Los Clasicos De
Maelo Ruiz
Sony U.S. Latin (2010-12-07)







関連記事

この記事へのコメント

No title
全く持って意味がわからないほど私の知識なくて申し訳なく・・・ウーハー、ウーハーはわかったけどw
どうやったらそこまで詳しくなれるんでしょう?
音楽に対する愛が足りないのでしょうか?(涙)
Re: No title
コメントありがとうございます。
ぶーなまさんもいろんな音楽やダンスが好きなので、自分が好きなように音楽をきいたりダンスを踊ればいいと思いますが。
私はラテン音楽の本とかネットのサイトとか読んだりして勉強するのは苦手なんで、自分が見聞きしたことや感じたことをこのブログでつぶやいてるだけなんです。
(ブログの過去トピックたくさんあるんですが、時系列に見ていただければそのプロセスが分かるかと。。。)
このブログはラテンに絞ってるので私はラテン音楽だけのファンのように見えるでしょうが、実は別のジャンルの音楽もいろいろ好きなのでそっちにも詳しい方だと思います(ただし別ジャンルについてはネットに書いてません)
メキシコってサルサとうイメージがないです。
 メキシコは黒人やムラートの人口が少ない国です。あまり、サルサは踊らないのではないでしょうか?

 クンビアの方が人気があるのではないでしょうか?
Re: メキシコってサルサとうイメージがないです。
コメントありがとうございます。

>  メキシコは黒人やムラートの人口が少ない国です。あまり、サルサは踊らないのではないでしょうか?

確かにメキシコは黒人やムラートが少ないですね。
サルサ国のキューバやコロンビアは黒人やムラートが多いですが、黒人やムラートだけがサルサを踊るわけではなくて、白人系もメスティーソもサルサ踊りますし、サルサのプロダンサーには白人も結構いますよ。

ericさんのように「メキシコは マリアッチの国で サルサというイメージがない」、と思ってる人がほとんどでしょう。
でも上記のブログ記事に書いたように意外かもしれませんが、メキシコはサルサが人気なんです。
フィエスタでサルサかかると、3歳の子供でもターンしてサルサ踊ってますよ。

おっしゃるようにクンビアも人気です。
「サルサ、クンビア、バンダ(またはmusia nortena)」 の3つが王道で、いつもその3つがかかります。
それにときどきPOPSやレゲトンやトランスなどが混じるという感じです。

メキシコにはサルサのクラブがたくさんありますし、巨大ディスコみたいな大きくて豪華なサルサクラブもあります。
メキシコ人のサルサバンドも(プロもアマチュアも)たくさんあります。コングレスに出たりショーに出てるメキシコ人サルサダンサーたちもいます。


メキシコの一番すごいところは、ラテンアメリカで一番サルサの大スターのコンサートが多い(と思う)。
さすがラテンアメリカの大国なので、特に首都メキシコシティにはアメリカやラテンアメリカの他国からたくさんスターたちがやってきます。
去年も今年もメキシコシティでマーク・アンソニーが「無料」コンサートやりました。
ここ1-2か月の間でも、たとえば Romeo Santos(Aventuraの元ヴォーカルでバチャータのスター)、Grupo Niche(日本でも人気のコロンビアのサルサスター)、Wisin Y Yandel(レゲトンの大スター)などがメキシコでライブやりました。
どのコンサートに行こうか迷うほど、ラテンのスター達がたくさんコンサートしてます。

私が今回ブログに書いたコンサートは他の日にも行われて、日本でもすごく有名なサルサスターたちが参加してました。
メキシコ人たちはみんな知っていて、踊っていました。
ただ、かわいそうなことに sonora carruselesだけが、まだメキシコで知名度がなかったということです。
でもメキシコ人たちは、sonra carruselesの曲でも2曲だけは知ってて観客が一緒に歌ってました。
まあサルサを踊る人口は多いのでしょうけど・・・
 メキシコでもそれはサルサのプロはいるでしょう。人口が1億人以上いるのだから、サルサの人口も多いでしょうが・・・LAとかで、サルサを広めたプロの人もメキシコからの移民なのは知っています。だだし、一般の人が、パーティーとかで踊るかと言ったらそうでもないでしょう。 

 他の人から聞いた話ですけど、カンクンのクラブで、初心者にキューバ人の先生がクンビアとサルサの見分け方について「フロアーが人であふれていたらクンビア、がらがらだったらサルサ」と説明したという笑えないジョークも聞いたことがあります。

 それから、メキシコはマリアッチの国だとは思っておりませんが・・・マリアッチはメキシコの一地方の音楽であって、地域・地域によって音楽の文化はかなり違います。ベラクルスとかでは、キューバの古い音楽であるダンソンを踊ったりします。私はポルカとかが好きです。

 私は、ペルーのインディヘナの人が多い地域の舞踊をやっていたことがありますけど、先住民系の音楽は、単純2拍子です。難しい複合リズムが取れるのは、黒人かその血が混ざった人だと思いますが・・・クラーベリズムとか難しいです。
Re: まあサルサを踊る人口は多いのでしょうけど・・・
コメントありがとうございます。


>カンクンのクラブで、初心者にキューバ人の先生がクンビアとサルサの見分け方について
>「フロアーが人であふれていたらクンビア、がらがらだったらサルサ」と説明したという笑えないジョークも聞いたことがあります。

それってカンクンのどこのクラブでしょうか?
私はカンクンのサルサの大型クラブでメキシコ人ばかりのところに何軒か行きましたけど、ほとんどサルサでした。レゲトンはかかったけどクンビアがかかった記憶がないので…。

メキシコ在住のメキシコ人たち(若い人たちから中高年まで)に ericさんが言ったことを伝えたら、大ショック受けてました。
「メキシコではサルサはフィエスタの定番で、サルサは老若男女たくさん踊ってるのに…。 メキシコに来ればわかるから、メキシコに見においでって言っておいて」
と言ってましたよ。

この件についてはいろいろ書きたいことがでてきて、長くなるので後日ブログのトピックとしてあげます。
いい問題提起をありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログ内の英訳/スペイン語訳(歌詞の和訳等)の無断転載禁止
● キュレーションサイト(naverまとめ含む)による転載やぱくりは禁止




【【【 おすすめラテンファッションとグッズ 】】】

【ラテンファッション レディース】
ラテンファッション
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ ブラジルジーンズ ブラジルワンピ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
サルサシューズ サルサシューズ ブラジルオールインワン


【ラテン メンズ ファッション&グッズ】
ラテンメンズ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ キューバTシャツ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルの制汗剤 ペルーのピスコ(酒)
TWITTER
ブログの更新はときどきですが、ツイッターでは毎日ラテン等についてつぶやいてます 笑
おすすめCD紹介 ↓
下記に私のおすすめCDを紹介(iTunesも)。クラブでいつもかかる曲ばかり。ブログ内で書いてるので上記の検索欄で検索して試聴してね ↓ ↓ ↓

ワイルドスピード8
J Balvin 最新アルバム
Energa
J. Balvin


Pitbullの新作
バチャータのプリンス・ロイス新作
Five
Prince Royce


marc anthony大ヒットアルバム
これに入ってるのサルサ曲「vivir mi vida」も世界で大ヒット。Marc Anthonyはラテン界の帝王的存在。
大ブレイクのMALUMA
DANZA KUDUROはこれ!
Don Omar Presents Mto2: New Generation
レゲトンのNicky Jam
J Balvinとあわせていま人気のレゲトン歌手がNicky Jam。彼のベストアルバムです
エンリケ・イグレシアス
エンリケ・イグレシアスの大ヒット曲「Bailando (バイランド)」(ft. Gente de Zona) が入ったアルバム
ルイス・エンリケのロマンチックサルサ
yo no se mañanaが流行ったルイス・エンリケの新しいアルバム。踊りやすいロマンチックサルサがいっぱい
Daddy Yankee ヒットアルバム
レゲトン J Balvin
ここ1-2年世界中で超ヒットしてるレゲトンがコロンビアのJ Balvin。音楽賞を総ナメにしました。
大ヒットのバチャータ
Phase II



バチャータの帝王
世界のバチャータブームをおこした2大バチャータキングは、Prince RoyceとこのRomeo Santos。Romeoは、バチャータの人気グループAventuraの元ボーカル。
El Cantanteの元歌はこっち
El Cantante
El Cantante

サルサのDIVA
Salsa Divas
Salsa Divas
Celia Cruz とLa India
泣いちゃうサルサ
Fabricando Fantasias
TITO NIEVES
ブログで紹介したCDリスト

「ブログで紹介した曲とCDリスト」

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ラテンCD

AMAZON サーチ

みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア