Llegamos a la Disco

ラティーノ(ラテンアメリカ人)のレゲトンのDJの友達から、私のブログにこの曲のせてといわれたのでUPします。

ダディ・ヤンキーと他のレゲトン歌手たちのヒット曲。



LLEGAMOS A LA DISCO







今日本在住のラティーノの間で流行ってます。
この曲、世界でヒットした曲で知ってたんですけど、去年の(2011年)曲だしまだブログにのせてませんでした。


最初に出てきて歌ってる人は、ガソリーナで日本でも大ヒットしたDADDY YANKEE(ダディ・ヤンキー)です。
そして、De La Ghetto,  Arcangel,  Baby Rasta & Gringo,  Kendo Kaponi,  Alex Kyza,  Ñengo Flow & Farruko というアーティストが続きます。

コンサートでの共演みたいに次から次へと違う歌手が歌っていくところがとってもおもしろい。
声もカラーもがらっと変わりますね。
いろんなレゲトンのテイストが1曲で楽しめていいと思う。
だからこの曲長いよ、8分もある。

私はこのビデオのなかで、3人目の髪がレゲエみたいな長い人、Arcangelが個性的で一番好きだな。
声が渋くてセクシーだし歌い方もかっこいい。
Arcangelが今一番好きなレゲトンの歌手です。



このビデオはかなりレゲトンちっくだと思う。
このごろレゲトンのアーティストは、トランスやPOPSやメレンゲっぽい軟派な感じのばかり歌うケースが多い傾向があるので、こういうレゲトンレゲトンしたヘビーな曲がほしいところでした。
本来のレゲトンのクラシックに戻った感じがする曲とビデオだと思います。


このビデオに出てくるファッションとか車とかアクセサリーなどもレゲトンの人たちが大好きなアイテム。
あの大ぶりできらきらグリッターつきのネックレスとか。

あとセクシー美女ね、これもレゲトンには欠かせない。
しかしこのビデオの女性のレベル、レゲトンビデオにしてはいまいちなような…(特にダークヘアでおかっぱ頭の3人って女性…??? )。
この3人の女性が着てる赤・青・白で星が入ってる3色の衣装は、プエルトリコの国旗の模様です(プエルトリコはアメリカ領土にされちゃったので、もう国ではないんだけどね)。


DON OMARやDADDY YANKEEのおかげでレゲトンファンが日本にもだんだん増えてきたようでうれしいです。
この曲はおさえておいてください。

ときどきレゲトンを英語やイタリア語の歌だろうかと書いてあるのを見ることがあるけど、レゲトンはほとんどスペイン語です。
で、レゲトンの本場はプエルトリコです。
ダディ・ヤンキーもプエルトリコ人だよ。
(もちろんラテンアメリカ全体やアメリカでレゲトンが超流行ってるし、他の国の歌手もいますが)


llegamos a la disco(スペイン語)の意味は、we are arriving at the disco (ディスコに到着するとこ)。

たとえば、友人たちと待ち合わせしてるのになかなか来ないときに携帯に電話して、「まだ着かないの? ずっと待ってるんだけど」って言ったら、相手が「Ya llegamos」って言ったら「もう今着くとこ」っていう意味です。
(ただし待ち合わせしてるところには着いてるのでその場所に1分で来れる場合と、実はまだ着いてないんだけど相手を怒らせないように「ああもう着くとこ」って言ってることもあるんだけどね。その辺ラテン的…)。
ディスコだけど、スペイン語では普通discoteca(ディスコテカ)っていいます。クラブやディスコのこと。discoっだとどっちかというと普通はCD(コンパクトディスク)のことを言ってますね。






ダディ・ヤンキー関連のブログ内過去記事:
「Daddy Yankee "LIMBO" と歌詞」
「ガソリーナってそれかよ」
「南米でヒット中のダディ・ヤンキー Lovumba」
「ダディ・ヤンキー Impacto」
「第六感 (Daddy Yankee)」
「ダディ・ヤンキーのPVにでてきたレゲトン」(que tengo que hacer)
「DADDY YANKEEとSNOOP DOGG (GANGSTA ZONE)」
「Daddy Yankee ライブ」
「クラブでかかるレゲトン ROMPE」
「日本でも流行ったレゲトン Gasolina」
「Daddyのレゲトンの歌の意味」(llamando de emergencia)

関連記事

この記事へのコメント

初めまして
danza kuduroをきっかけにreggaetonを好きになったものです。
自分も先日daddy yankeeのprestigeを買ってこの曲も好きでよく聴いてます。
貴重な日本語のレゲトンサイトなのでいつも更新楽しみにしております。
これからもがんばってください。

長々と失礼しました。
それでは。
Re: 初めまして
コメントありがとうございます。
最近レゲトン好きになったそうで、レゲトンファンの方からコメントいただけるなんてとってもうれしいです!
私のブログでいま一番人気がDanza Kuduroの記事で、ラテンやレゲトンを知らなかった人がDanza Kuduroでレゲトンやスペイン語の歌に興味を持ったケースがけっこうあるんで喜んでます。
私はもともとテクノとハウスクラバーでhiphopも含めてオールジャンル踊るのですが、このブログはラテンだけに焦点をあててます。なのでほかのジャンルの音楽やダンスの話も大好きなんです。
Danza Kuduroについては今週また新しい記事をupしますのでよかったらみてください。レゲトンも好きなんですが以前はサルサ好きにはレゲトン嫌いが多かったのであまり書いてませんでした。でもこのごろはレゲトン好きの読者が増えてきたのでこれからどんどん紹介していきますね。!
No title
こんにちは
私は日本人ですが スペイン語でレげトン歌ってみたいです
スペイン語でラップするのは難しいですかね?
スペイン語でレゲトン
コメントありがとうございます。

> 私は日本人ですが スペイン語でラップするのは難しいですかね?

スペイン語がしゃべれない(わからない)のにサルサやバチャータなどを歌ってる(日本のアマチュアサルサバンドなどで)方はいます。
けれど、レゲトンはそれより難しいかと思います。
レゲトンのコピーだけやってその歌詞を丸暗記するだけならできるかもしれませんが、日本のレゲトングループの人はアドリブで歌うことが多いです。
ヒップホップの人たちも即興でラップすることありますよね、ああいう感じです。
もちろんレゲトンは韻をふんでるので、韻を踏めるくらいのスペイン語力がないと。。。
それはスペイン語が母国語の人でも難しいと思います。
私もスペイン語会話はできますけど、レゲトンは歌えません。

でもそれはレゲトングループなどでステージで歌う場合の話なので、自分で歌う分には大丈夫。
スペイン語の歌がおいてあるカラオケ屋だとレゲトンの曲もあるので(普通のカラオケボックスにレゲトンあるのか知らないのですが、Daddy Yankeeとかならあるかも)、まずカラオケ屋で練習してみてはどうでしょうか。
No title
daddy yankeeはコロンビア人ですよっ
Re: No title
コメントありがとうございます。

> daddy yankeeはコロンビア人ですよっ

ダディ・ヤンキーがコロンビア人?
その情報はどこで得られたんでしょうか?

ダディ・ヤンキーはプエルトリコの首都サンファン生まれですが。
ダディのバイオグラフィーにも、プエルトリコ生まれのプエルトリコ人レゲトン歌手と書いてあります。

http://en.wikipedia.org/wiki/Daddy_Yankee

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter