ノンスモーキングのクラブ切望

先日クラブにサルサ踊りに行ったら、タバコの煙で気管支がぜーぜーなって苦しくなりました。
病院に行ったら、医者からタバコの煙があるところに行かないように言われました。あーあ、ドクターストップ。。。

私もうちの家族はみんなノンスモーカーですが、私は受動喫煙で(他人のたばこ)で気管支炎になりました。
タバコの煙がこなければケムくないだろうと思われがちですが、タバコは受動喫煙の方が害になるそうです。
だから医者から外出時は(分煙でなく)禁煙の場所を選んでいくように言われました。でもそれって日本では難しいよ。


まいったなー。ノンスモーキングのラテンイベントやクラブってほとんどないのよね。
「禁サル」(禁煙サルサというイベント)は私にはたぶん合わないだろうし。


どうしても踊りたくて、ノンスモーキングのサルサイベントを探していってみました。
イベント中はノンスモーキングだったんですが、フリーダンスタイムになったら灰皿が並べられてお客さんがタバコを吸い出しました。
そしたらまたゼーゼーがでて、息が苦しくなったので帰宅しました。
そのイベントはクラブでした。イベント中のノンスモーキングタイムのときは廊下で吸わせてたのでお店の人にきいてみたら、
「自分もタバコ吸わないからほんとはいつもフロアをタバコ禁止にしたいんだけど、日本人のお客さんからタバコ吸わせろって文句言われるんだよね。ラテンアメリカはバーもレストランもクラブも公共の場は禁煙だけど、日本の場合は日本人ってマナー守らない人が多いからさ、禁煙って書いても結局吸っちゃうんだよね…」という返事。

もちろんアメリカなどの北米は禁煙令厳しいし、あの中国でさえ室内の公共の場で全面禁煙令が施行されました。香港は公共の場での喫煙は高額罰金だし、ラテンアメリカも公共の場はタバコ禁止の国が多いんですよ。
(ちなみにメキシコは公共の場でタバコ禁止のうえ、日本とタバコの値段があまり変わらないです)。
私が行ったラテンアメリカの国々もタバコ禁止でした。レストランもバーもクラブも、トイレでも禁止。
なのでクラブに行っても髪も服もタバコくさくならなくて空気がさわやか。朝方までいても体が疲れなかったです。


以前は私はテクノのクラブに(日本で)行ってたんですが、テクノのクラブはフロアでタバコ持って踊る人がいるしフロア内を歩きタバコする人がいるんで、タバコの火が腕などにあたって何度もやけどしました。だからテクノクラブやめたんです。

サルサのクラブにここ数年あんまり行かなくなった理由もタバコ。タバコで息苦しいし服や髪がくさくなるし、翌日体がすごく疲れるの…。

どっかノンスモーキングのクラブないかな~。

東京のエルカフェラティーノの2階のフロアに「ノンスモーキング」って書いてあったのでよかったと思ったんだけど、バーカウンターは喫煙できるのよね。それじゃ意味がない。。。 
1階は喫煙でいいけど、2階は禁煙にしてくれれば毎週行くんだけどなあ。

関連記事

この記事へのコメント

はじめまして…関西在住です。私もサルサ歴15年ぐらいですが、やはりタバコの匂いがダメでここ2年ぐらい踊っていません。また、以前のようにオールで踊りたいですね~
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
クラブのタバコがダメっていう人少なくないし、女子だと特に髪も服もバッグもタバコのにおいがしみついて洗ってもヤニくささがなかなかとれないって、言ってる人結構いますね。
もしノンスモーキングのイベントをやったり、クラブのフロアがエルカフェみたいに1階と2階で分かれているなら2階を完全喫煙にするなどすれば、それはそれで空気がきれいなクラブを求めて客が集まってくるんじゃないかなって思うんですが。
それも店の差別化で。。。マーケティング
私も同感
日本のClubに行って、帰ると、いつも服がタバコ臭くなっていて、辟易します。そういう点では、Latin America(私の経験は、Panama,Colombia,Ecuadorですが)は、大体、Club,Restaurant,大衆食堂、行った範囲で言うと、ほとんど禁煙でしたね。室内で、喫煙可能な場所は稀でした。

いつから禁煙になったのだろう?、と疑問に思って調べたら、2004年のPeruが最初のようです。

<参照先>
http://www.t-latino.com/new/index.php?cnt=11&page=1

Clubの中は禁煙で、Securityもしっかりしていて、酒が安い(庶民向けみたいな所だと)、自分の場合、向こうの方がすごい居心地がよいと思いました。勿論、日本みたいに、誰とでも踊れるという機会は、少ないという難点ははありますが。
Re: 私も同感
Oさんコメントありがとうございます。
ペルーが最初だったんですね。日本のクラブにいるラティーノのマジョリティのペルー人たちはクラブでたばこスパスパですが、本国ペルーは公共の場でたばこ禁止だという話はきいたことがあります。
ラテンアメリカも多くの国でタバコ禁止の国が多いんですね。
そうそう、向こうはクラブに入る前に持ちモノや身体検査があるし、セキュリティもたくさんいるし、席を各グループもらえるから落ちつけて荷物おいてても日本のクラブより置き引きも少ないし、なんといっても禁煙なのでうちに帰ってもタバコくさくないのがいいですよね~。それにクラブも広いし。
私も、向こうのクラブのほうがいごごちがいいです。特に女性にとってはいいと思う。

あのタバコ大国の中国でさえ、室内の公共の場所での禁煙例が施行されたそうです。

日本でバーやクラブに行くと、外国人たち(欧米人も)が「うわー、タバコでもくもくしてる」とよく言ってます。クラブから帰ってくると髪や服がくさいから、疲れてるのにまず服や髪を洗わなきゃいけないし。クラブに行くたびに服を洗うので服が色あせてしまいます。。。。 
横須賀米軍基地
私もタバコが苦手でサルサから足が遠のいた時期がありました。

横須賀米軍基地内のClub Allianceのラテンナイトはよかったですよ。完全禁煙です。

来る人たちは日本人4、外国人6ぐらいでした。私が行った時は空母が入ってなかったので人は少ないようでしたが、それでも賑わってました。踊りが上手い人(クルクル系でなく)が多くて楽しかったです。

パスポートや米軍関係者のエスコートが必要と書いてありますが、10月に行った時はエスコートなし,
運転免許証を見せればOKでした。サルサでーすとガードに行ったら入れてくれました。

チャージはなし、ソフトドリンクは1ドルでした。多分アルコールも3ドル位です。

木曜日の夜なので千葉県民には祝日前しか行けません。今度の12月22日に遠征予定です。

あと、日暮里サルーもクラブ内禁煙です。廊下で吸ってる人がいるので、入る時だけ口呼吸で。
Re: 横須賀米軍基地
そうですね。
あそこなら確かにノンスモーキングですね!
でも音楽がちょっと変だけど 笑

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter