AX

カウントで教える

前のトピック、サルサを踊るのはカウントで踊ればいいのであって歌の内容や歌詞は関係ないのか、という話。


サルサを踊るには歌詞や歌の内容は必要なくてカウントやリズムだけでOK という考えの人は結構多そうな気がします。

それは、サルサのレッスンがほとんどカウントで教えられてるからかしら?

私はいろんな先生のレッスンを見てきたけど、ほとんどの先生がレッスンでは最初に音楽なしでステップを見せて、それから「1、2、3」とカウントでステップを教えてました。

ひととおりのステップなどを教えたら、音楽の断片をかけてさっき教えたステップをやらせます。
その音楽の断片も毎回同じ曲…ということもしばしば。
たぶんスローで踊りやすい曲を選んでいるのだと思います。
一曲まるまるではなくて、その曲のごく一部です。

ベーシックを少しやったら、だんだん複雑になります。
生徒さんはみんな先生の動きに神経が集中…。
歌を聴いてる余裕はきっとないことでしょう。


レッスンではいつも、「1、2、3。 5、6、7で左にターン」という風にカウントで教えますよね。
だからカウントでダンスを踊るようになる。

音楽を聴くよりも、リズムを感じるよりも、カウントで踊る。
だからサルサロマンチカ(ロマンチックなサルサ)も速いサルサでも同じように踊る。
カウントでとってるから。

そうなると、
ラテン音楽をちゃんと聴くよりも、カウントに合わせる、技やテクニックを教えるほうに大きな比重がおかれていると思います。

先生がカウントでサルサ教えてるんだから、「カウントでサルサは踊れるのであって歌詞や歌の内容は知る必要がない」、と生徒が考えるようになっても至極当然なのかもれません。

だからもしかしたら、サルサやラテンダンスを踊る人=ラテン音楽を好きな人 とは必ずしも言えないのかもしれない。

サルサ歴が長くてもラテンの有名曲を知らない人はいるし。

インストラクターが、「この曲はロマンチックサルサなので、ゆっくりロマンチックに踊りましょう」と言ったり、「これはプエルトリコのサルサでEl Gran Comboが歌っている曲なんです」と曲名や歌手を説明したり、曲について一言でも説明してはくれたことは、私が受けたレッスンではなかったですね。
「曲をよく聴きましょう」と言った先生は1人か2人いました。
ラティーノの先生もいましたが。
関連記事

この記事へのコメント

ちょっと押し付けがましい気がします。
その人の楽しみ方なんだから。
カウントで踊る人、曲の調子で踊る人がいてもいいんじゃないかな。
あなたの考えを主張するブログだからそれはいいのですが。
歌詞を理解すれば確かに違うんでしょうけど

レッスンで習った技を駆使して踊る人、曲を聴いて踊る人、それぞれ楽しみ方があるんだから

何か小馬鹿にしてるみたいに思えます。

こういう意見もあっていいんですよね?
押しつけがましい?
> ちょっと押し付けがましい気がします。
> その人の楽しみ方なんだから。 カウントで踊る人、曲の調子で踊る人がいてもいいんじゃないかな。
> 何か小馬鹿にしてるみたいに思えます。

確かにどっちのタイプがいてもOKですよ。
だからカウントで踊る人を私は否定も肯定もしてません。

前のトピックに対しても回答書いてないし、どっちの側にもついてません…。


でも音楽は聴かずにカウントだけで踊る人が多いのは、インストラクターの責任じゃないかな…と思ったんです。
今まで何十人も日本のインストラクターのレッスン見てきて感じました。

わたしは小馬鹿にしてるようには感じませんよ。自分の考えを主張するのは自由だし、そのとりかたはさまざまですが、わたしもdiaさんと同じ考え方!だから読んでいて参考にもなるし、面白いです!カウントも最初に習うにはいい方法ですが、明らかに日本人が教えるサルサと、ラテン系が教えるサルサは違うと思います(^O^)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
カウントで踊ればいいのだから歌詞は関係ないと思う方は、人それぞれですからそれで踊ればいいと思います。
サルサはカウントで踊るのであって歌詞を知る必要はない、と言う人が結構多いのは、レッスンをカウントで教えてるからかな。。。。と今まで何十人もの先生のレッスンを見たうえで思ったんで、思った感想を自分のブログでつぶやいてるだけなんで…。

このブログでもう何十曲もの歌の意味や背景を書いたり歌詞を翻訳してきたし、私にとってはそれはサルサなどのラテンダンスを踊るうえでは大切なことなんで、サルサに歌詞は関係ないという方には私のブログはつまらないかもしれません。。。
関係あると思います。
テクニックと感覚は全く別ものです。
わたしも長らくピアノをやっていますが、技術的にすばらしいピアニストはたくさんいます。でも感覚がすばらしいピアニストは少ない。その作曲した人がどういう気持ちで書いたのか、理解しているピアニストの弾き方は心に響くように、カウントをうまくしてサルサ踊っている人は「上手」かもしれないけど、こっちまで「おどりたーーーい」とはなりません。テクニック的にカウントで踊れてなくても、なんか一緒になって踊っちゃったり、途中で歌詞を全力で歌っちゃって歌手みたいになって「te amooooo」って心込めてる方がなんか「サルサってーおもしろそー!」って思うことが多いです。だいたいそういう人って目をつぶって踊ってるんですよね。カウントしてる人って足見たり、他の人見てるから、よく目があう。ま、人それぞれですけどね。どっちが正しいとか間違っているって訳じゃないけど、diafelizさんの意見に私は賛成です♫そういう方と一緒に踊りに行くと楽しいんですよね~
Re: タイトルなし
snowさんのおっしゃってることはすっごくよく分かります。
楽器もそうですしね。
同感です
過去に類似トピックがあります
そういえばずいぶん前に、今回のトピックに関連したことを書いたことがあります。
もう4年も前なので、今と考え方などもちょっと変わってるかもしれませんが、
参考までに。。。

http://diafeliz.blog79.fc2.com/blog-entry-214.html  「ステップよりも音楽をきこう」

http://diafeliz.blog79.fc2.com/blog-entry-218.html   「カウントじゃなくてリズム 」

当時の他の方からのコメントも参考になるので読んでみてください。
私はラテン音楽の歌詞は好きですけど、ただ踊りたい、という人が歌詞なんて関係ない、という気持ちも分る気がします。
今はネットに歌詞があるので、昔に比べれば歌詞の意味を知るのは簡単ですけど、それでもいちいち辞書を引かなければ分らないですし、その前提として最低限の文法は勉強しなければなりません。それでも、私の実感だと、留学経験者でも、普通に聴いて分る歌詞は半分ぐらいですし、日本盤についている歌詞にも誤訳が多いです。
あと、正直、最近のサルサの歌詞は、あまり意味のないものが多いので、ラテンアメリカから来た先生が、わざわざ教えようという気持ちにならないのも分る気が。。。
Re: タイトルなし
BANさん、このまえのリピートになりますが、サルサ踊るならスペイン語を勉強してスペイン語の歌詞を分かるようになれ、とは言ってないのです。
日本でサルサ踊ってる人には、歌の意味にもラテンカルチャーやラテンアメリカにも興味がない人が結構いることが分かって、なぜなのか原因を考えてたんです。
私はBANさんのようにスペイン語が流暢ではありませんが、サルサなどラテンの歌の意味を教えて、歌詞を訳して、というリクエストが多いし、私自身もラテンの曲の意味を知るのは自分が踊るうえで大切だと思ってるんで、なるべくここで紹介しています。
なぜなのかの原因を書いたつもりですが、分りにくかったのであればごめんなさい。私が書いたことを要約すると、辞書を引かなければならないのが手間、文法を勉強するのが大変(動詞の活用やら接続法とか沢山覚えることがあります)、そこまで苦労して相当熱心に勉強してもせいぜい半分程度しか分るようにならない、せっかく分るようになっても最近のサルサはあまり意味のない歌詞が大半、これなら「カウントで踊れればそれで十分、歌詞は興味ない」という人が大勢いても肯ける、ということです。
ダンスが好きなら
サルサ始めてみて楽しいと思えたならば、そのうち"この曲がいいなぁ~”ってのも増えてくるはずです。
そしたら一体どんな内容なのかしら?と思うのはとても、ごくごく自然なことでしょう!

”君無くては生きていけない・・・”
みたいな事を歌ってる時に、よく知らず元気ハツラツと踊るよりかは感情こめて切なさなども表現したいわ!と本当のダンス好きなら思うでしょう!

以前’Maaa-mi dame el culito’(笑)って繰り返し歌ってるメレンゲで女性が知らずニコニコ楽しそうにしてて踊り相手の方は大爆笑してて・・・

DJもふざけてこの曲かけてる。
こーゆーのってなるべく避けたい。www

だって”空気読みたい”じゃないですか!?
あ、この場合”歌詞読みたい”か。

だから、気になる曲がかかったら
まずは身近な存在であろうインストラクターやラテンクラブのスタッフに”これってどんな内容の歌なの?”って聞いてみればいいと思います!

親切に教えてくれるはずです。
もしその時答えられなかったならばきっと”次回会うときにまで調べておきますね!”と言ってくれるでしょう。

だってプロだもの。

そんなこんなして馴染んでいくうちに少しずつよく使われる単語も覚えていくかも!
子供が言葉を覚えるように。
歌詞
BANさんが前に書かれたコメントは理解してますよ、大丈夫です。
けれど、サルサの先生は自分のレッスンにはご自分で音楽を用意して持ってきています。先生が主催するイベントならフリータイムの音楽も先生が自分で選べます。自分でCDや音楽データ持ってくる先生も多いです。先生が自分で選んだ曲なので。

歌詞ですけど、確かにBANさんがおっしゃるようにつまらない内容のサルサやラテンの曲もあります。
けれど歌詞や歌の内容が分からないと、いい曲なのかつまらない曲なのかまったく判断もつかないと思います。 スペイン語を勉強してまで知れとは思いませんが、スペイン語が分かる人や歌の意味を知ってる人が、知りたい人に教えてあげることはいいことじゃないかと思います。私の他にもラテンの曲を翻訳してブログで紹介してる方はいます。

サルサはカウントやリズムだけで歌詞や歌の意味はは必要ないというのは、サルサの歌の内容を知っていたうえでつまらないから知る必要はないと言ってるんじゃなくて、サルサはカウントで踊ればいい、ということでしょう。歌詞があろうとなかろうと関係ない、という人もいますし。

サルサをパフォーマンスと解釈すれば、運動能力の誇示が主な要素です。
二人がタイミングを合わせるのに、メトロニームでもドラムでも有れば十分です。
でも、
サルサはダンスと解釈すれば、感情表現が必要な訳です。
曲は何を表現しているか?
それをリズムを使い、メロディを使い、その合わさった曲のムーブメントとか、
曲のリズムのウネリで表現するわけですが、、、
その知的な部分で歌詞が加わります。
サルサのパフォーマンスを目指した人は、単なるメトロノームの代用で曲を聞けばよい。
サルサのダンスを目指した人は、踊る気を起こさせる曲のムーブメントやウネリが必要だと思いますが、、
私は、、スペイン語が苦手です!
Re: タイトルなし
>>ぼすけさん

そういうとらえかたもあると思います。
スペイン語が苦手な方でも、ラテン音楽を楽しめるようになるべくブログで紹介していくつもりです。

Re: ダンスが好きなら
> サルサ始めてみて楽しいと思えたならば、そのうち"この曲がいいなぁ~”ってのも増えてくるはずです。
> そしたら一体どんな内容なのかしら?と思う
> そんなこんなして馴染んでいくうちに少しずつよく使われる単語も覚えていくかも!

soonさん、まさに私がそれです。
クラブできいた音楽をいいなーと思って、これ何の曲ってまわりにきいたり自分で調べたりして、その歌がどういう歌が知りたくて…。そうしていくうちにスペイン語も自然と分かるようになってきた…みたいな。

> ’Maaa-mi dame el culito’

ははは。男には楽しいと思うけど、女の子に歌詞の意味が分かったら…。

そうですね。いい曲があればインストラクターやDJなどのプロに歌の意味や歌詞を聴くといいかもしれません。
なぜ、、、踊りを辞めるの?
楽しめれば、、良いそれが遊びです。
初心者はサルサの曲を聴くだけでも、踊りを見るだけでも楽しめるかもしれません。
問題は、
サルサを習い始め、
半年で半分は消える。1年で3割程度が残るでしょうか?
一年続いた人も5年経ち10年経ち、、クラブに残っているのは、DJとインストラクターで、顔見知りの大半は消えた。
なぜ辞めたの?

遊びって自由だが、、
ドンナ遊び方でもカマワナイと考えるのは、、相手の要る遊びの考慮が無い。
脇で見て「面白そう!」「楽しそう!」と思われなかったら、遊びとは違う分野、、たとえば競技とかスポーツと間違えている。

サルサの遊びから消えた人、、
それは、遊びを習い事と考えた人でしょうね、、、
自分で遊びを作り出さず、、新しい事を他人から教わるがサルサと思った人。
でも、ステップはサルサの面白さのホンの一部で、核心部分じゃない。
サルサの曲のメロディや、歌詞の中身、そんな情景を踊りの中に引き入れて踊る。
そんな心と体の動きのコラボレーションが踊りです。
ステップ自体は、踊りの核心で無い理由です。
ステップや高級技は、踊りを構成する一部で、5年もやれば、単調で飽きます!
飽きた人はサルサから消える、、、、
踊りは、一生掛けて遊べる中身があり、飽きるモノではない。
犬だって真似して踊る!
人まねをして、、、
犬だって踊れる!
http://www.youtube.com/watch?v=Nc9xq-TVyHI
Re: 犬だって真似して踊る!
> 犬だって踊れる!

このワンちゃん、すごいですね。
今まで犬のダンスビデオって「。。。。。。」というのが多かったけど、これはほんとに踊ってる。
しかもターンまでしてる。
Re: Re: 犬だって真似して踊る!
10回以上見ているのですが、、、
飽きないのです!
猿回しの様に、仕込まれた芸では無いのでしょうね!
一曲集中して踊るのは、、、仕込まれた芸では無理だと思います。
単なる真似ではなくて人の動きとは違うフォロウをこなしている!
犬が楽しそうに踊っている!
PSPに仕込んで見ています。

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログ内の英訳/スペイン語訳(歌詞の和訳等)の無断転載禁止
● キュレーションサイト(naverまとめ含む)による転載やぱくりは禁止




【【【 おすすめラテンファッションとグッズ 】】】

【ラテンファッション レディース】
ラテンファッション
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ ブラジルジーンズ ブラジルワンピ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
サルサシューズ サルサシューズ ブラジルオールインワン


【ラテン メンズ ファッション&グッズ】
ラテンメンズ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ キューバTシャツ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルの制汗剤 ペルーのピスコ(酒)
TWITTER
ブログの更新はときどきですが、ツイッターでは毎日ラテン等についてつぶやいてます 笑
おすすめCD紹介 ↓
下記に私のおすすめCDを紹介(iTunesも)。クラブでいつもかかる曲ばかり。ブログ内で書いてるので上記の検索欄で検索して試聴してね ↓ ↓ ↓

ワイルドスピード8
J Balvin 最新アルバム
Energa
J. Balvin


Pitbullの新作
バチャータのプリンス・ロイス新作
Five
Prince Royce


marc anthony大ヒットアルバム
これに入ってるのサルサ曲「vivir mi vida」も世界で大ヒット。Marc Anthonyはラテン界の帝王的存在。
大ブレイクのMALUMA
DANZA KUDUROはこれ!
Don Omar Presents Mto2: New Generation
レゲトンのNicky Jam
J Balvinとあわせていま人気のレゲトン歌手がNicky Jam。彼のベストアルバムです
エンリケ・イグレシアス
エンリケ・イグレシアスの大ヒット曲「Bailando (バイランド)」(ft. Gente de Zona) が入ったアルバム
ルイス・エンリケのロマンチックサルサ
yo no se mañanaが流行ったルイス・エンリケの新しいアルバム。踊りやすいロマンチックサルサがいっぱい
Daddy Yankee ヒットアルバム
レゲトン J Balvin
ここ1-2年世界中で超ヒットしてるレゲトンがコロンビアのJ Balvin。音楽賞を総ナメにしました。
大ヒットのバチャータ
Phase II



バチャータの帝王
世界のバチャータブームをおこした2大バチャータキングは、Prince RoyceとこのRomeo Santos。Romeoは、バチャータの人気グループAventuraの元ボーカル。
El Cantanteの元歌はこっち
El Cantante
El Cantante

サルサのDIVA
Salsa Divas
Salsa Divas
Celia Cruz とLa India
泣いちゃうサルサ
Fabricando Fantasias
TITO NIEVES
ブログで紹介したCDリスト

「ブログで紹介した曲とCDリスト」

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ラテンCD

AMAZON サーチ

みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア