AX

ビーチサルサの危機

あーあ、8月とともにビーチサルサ終わっちゃいましたね~。

もう今月からないんだ…とせつなくなってしまいます。
夏のビーチのサルサやダンスパーティを毎年楽しみにしているので。


今年のビーチサルサイベントは8時や8時半でいきなり音楽切られ、店じまいしてしまったので、「もう終わり?」「なんで急に音楽とめるの?」「まだ早いよ」とびっくりしてる人たちがいました。
閉店後に自分達で砂浜で音楽かけてると、パトロール隊や警察がきて音を強制的に消されます。
前はもっと遅くまで音楽かかってたんだけど、年々終了時刻が早まってますよね。


なんで音楽消されちゃうか知ってますか?

ビーチサルサイベントをよくやっててラテンの海の家がある「海岸の名前」 +「騒音」でネット検索かけてみてください。
周辺住民の抗議や市議会への陳情などがたくさんでてくるでしょう。
サルサイベントで人気の某ラテンの海の家は、ネットで名指しで批判されています。
この市だけではなく、ビーチがある近隣都市も同様の問題で論争になっています。


時間がどんどん早くなってきて8時台になったのは、あのエリアは海の前にマンションが建ち並んでいて、ファミリーや高齢者が比較的多いため早く寝る人がいるからでしょう。

海側に住むなら海岸沿いの道路の騒音や夏のビーチからの騒音は避けられません。騒音が嫌なら海側じゃなくて山側にするか、海の前ではなくてちょっと離れたところにすればいいのに、とは思います。道一本入れば音はかなりきこえなくなります。海がまんまえの家やマンションは景色はいいけど暴走族や夏の海水浴場の騒音はうるさい、というハイリスクハイリターンだから。


でも住民がこれだけ海の家のライブにヒステリックに怒るのは、騒音問題だけじゃないのです。
その証拠に海側の住民だけではなくて、海から遠くに住む市民たちも怒っています。
花火の音、深夜に酔っぱらって騒ぐ人たちの声、空き缶などのゴミやたばこのポイ捨て、歩きタバコによるやけど、バーベキュー用具の放置、違法駐車、治安悪化…などなど、付随したいろんな問題が起きているからです。

バス停にポイ捨てされたゴミやたばこは周辺住民が掃除しているんですよ。
ビーチのゴミを毎朝拾って歩いてる住民もいます。


あの県には禁煙条例があるのに、海水浴客たちは無視してたばこをポイ捨て、トイレの洗面所で体を洗って砂がつまってトイレが壊れる。
ビーチの清掃やトイレなど夏のビーチ維持にかかるお金は市民の税金から千万円単位(高額!)で出されているんです(ビーチがある近隣都市も同じ)。
だから市民にとっては損害のほうが大きいのかも。


ビーチに観光客がたくさん来れば観光産業や市の活性化になるじゃん、と反論する人もいるでしょう。
しかし、もう前から全国に知名度高いし、あのエリアの人たちは観光で食べてる人は少ないし、裕福な人が多いし、閑静な生活や治安のいい環境を好んでわざわざあのエリアに静かに住んでるから、海水浴客増加による市の経済活性化なんかべつに関係ないという住民が多いと思う。
もともと観光客を好きじゃない住民が多いです。


ライブやDJが入ったり音楽ががんがんかかる海の家はどれも騒音苦情のターゲットになっています。
ライブで海岸の人気があがり他県からも多くの海水浴客が来るようになったため問題が悪化した、と非難されています。

ビーチサルサも攻撃ターゲットのひとつで、ラテン音楽をかけてたくさんの人が踊りまくってる、と批判されてました。

同ビーチで、去年DJがまわすビーチパーティ(ダンスミュージック系)で繁盛してた大きな海の家が今年はありませんでした。なんでだろうと思ってたら、騒音規制に違反したので出店禁止になったそうです。

市議会には、ライブハウス型の海の家の禁止や、夏のビーチのために税金を使うことに反対する、という陳情が出されています。
隣接都市では、ライブをやっていた海の家が周辺住民と対立して、警察沙汰になったり閉店騒ぎになりました。

他の季節に毎年行われていたJAZZフェスティバルさえ、住民苦情で中止に追い込まれています。

風紀が乱れたのはライブハウス形式の海の家のせいだと批判されてますが、そのせいだけじゃないと思うけどなぁ。


住民のなかにもビーチでのバーやライブが好きな人もいるのです。あのエリアは海岸沿いに車道をつくってしまったし、オーシャンフロント(海の前)って他の国ではレストランやホテルが並んでいるのにあのあたりの都市はマンションや住宅が多いので、海を正面に見ながらゆったり楽しめる場所がほとんどありません。ビーチで飲んだりまったりできるところがほとんどないので、海岸でビール飲んだり音楽をきける夏を楽しみにしている。
「騒音、音楽禁止とヒステリックになってないで音楽たのしませてよ…」 と思ってても、住民に抗議する側の声が大きいとなかなか言いづらい。。。。


日本は繁華街のクラブも風営法で深夜営業の取り締まりが激しいし、屋外ダンスパーティもRaveパーティも規制でほぼできない。
音楽もダンスもなんでもダメダメっていうのは厳しすぎるし週末ストレス発散する場を奪ってしまうから、あの場所にかぎらず夏の週末くらい楽しく発散させてあげる場があったほうがいいんじゃないかと思います。



けれど、限度を越えた行動が多いのは本当。
マナーの悪さを目のあたりにすると楽しい気分も冷めます。

海の家側は以前よりかなり自主規制するようになりましたが、海水浴客のマナーは改善していません。
このまま悪化すると、ライブハウス式の海の家への風あたりはもっと強くなります。
ラテン以外の音楽ジャンルの人たちも、海に遊びに来てるだけの人も、ビーチで今後も楽しみたいならマナーについて考えた方がいいと思います。

ときーどき来て遊んで去っていく人たちや、単発イベントやる人たちが「このくらいいいじゃん」と思ってやり逃げすることでも、生活している住民にとっては大きな迷惑やストレスになることがあります。

近所迷惑だけではなく、ゴミやタバコを海や砂浜に捨てると海が汚染されて、海で泳いだり魚を食べてる自分自身にかえってくることになります。


ビーチサルサを愛する人たちも、ビーチサルサがなくならないためにはマナーを守っていきたいですね。


このブログはラテンブログのため、ラテン以上に議論をあまり広げたくないので、ビーチの名前は書かないでおきます。

※ 海岸での騒音やライブ禁止派(住民など)のなかには反論や批判したい方もいらっしゃるかもしれませんが、私は海岸での騒音や環境問題などに関してはかなり理解してるつもりです。騒音問題だけではなく、もっと幅広い観点からこの問題を提起したいと思ってるし、なるべく双方の立場にたって考えているつもりです。 
顔見知りの人が海岸でタバコやゴミを捨てたり音楽を夜かけたりしたらやめるように注意して、そのときは住んでる人たちが困ってることやどういう理由で迷惑してるかも言ってます。なぜいけないのか、という理由を説明せずに、ただ「ダメ」だけでは相手には伝わらないからです。
対立してるままではなかなか先には進めないと思います。お互いの理解や思いやりにつながればいいな… と願っております

(注:上記は2011年の記事)



<追記: 2012年>

2012年の夏に、江の島海岸のライブパーティやってた(ダンス)海の家に警察の手入れが入りました。
「江の島の海の家に警察来襲」
客を踊らせたら経営者逮捕ってことで海の家の組合から営業停止くらうとか。

いま風営法で全国のクラブがたくさん取り締まわれています。
これを受けて、風営法で海の家のライブやダンスを取り締まってもらおうという市民や議員の動きがあるようです。(それについては 「海の家 風営法」で検索かけてみてください)


<追記: 2013年8月24日>

海の家というよりは、ビーチのライブハウスで有名アーティストやDJたちが来るので人気だった音霊(OTODAMA)が今年で(つまり今月)閉店するそうです。
神奈川の逗子ビーチはこの音霊で有名になり、県外からたくさん海水浴客が来るようになりました。ビーチサルサのイベントをやるラテン系の海の家も何軒もでき、サルサファンやラテンアメリカ人客が多くなりました。逗子の海水浴客のマナーの悪さと治安悪化と騒音に怒った住民たちが市議会に陳情しました。
このOTODAMAをもっていたキマグレン(J-POPアーティスト)は逗子出身なので、逗子の市議会で以前弁明していました。
あの有名な音霊がクローズということは、他のビーチサルサも今年いっぱいかも。

毎年恒例だった最大規模のサルサイベント、由比ヶ浜のビーチサルサも今年はなくなりました。
由比ヶ浜は一番の観光ビーチだし、住宅地にも離れてるので大丈夫と思っていたのに。
観光ビーチとして大人気の藤沢の片瀬西浜海水浴場もビーチでのライブが全面禁止になりました。

神奈川県が県条例で動き出したので、もうだめかも。
風営法を海の家に適用しろと市議会に陳情してる住民団体もいますし。

何年も前からこのブログで書いてずっと警告してきたのに…。
まったくマナーは改善しませんでした。
そして最悪の結果となりました。

ビーチサルサ今年でもう終わりかも…涙。
夏の楽しみだったのに。


関連記事

この記事へのコメント

しょうが無い気がする。
今までのマナーの悪さの積み重ねだし。
人それぞれ不快な事って違うから。
喫煙なんかと一緒で・・・・・・
住民からしてみればそこに生活があるわけだし

外国とはここは違う

日本だから
逗子は、海の際まで生活圏ですから、、、、其処でやるのは無理がある。

江ノ島、鎌倉なら、花火の音や暴走族の音の方が数段ウルサイ!
花火は中止にしますか?
暴走族を徹底的に取り締まりますか?
なぜ警察は、弱いものや取り締まりやすいのモノをイジメルのか??
日本の国民性にも問題がある「長い物には巻かれろ!」権威や、看板、肩書きには弱い!
来年からは全面禁止になるのでは
 藤沢は今年から条例を作って禁止になって、恐らく逗子市や鎌倉市は来年から禁止になるでしょうね。

 
来年からは全面禁止になるでしょう。
 藤沢市では今年から海の家で音楽をかけることが禁止になって、鎌倉市・逗子市では今年は自粛要請でしたが、来年から全面禁止になるでしょう。
Re: 来年からは全面禁止になるのでは
私も同感です。
観光客が多い鎌倉の由比ヶ浜や藤沢のビーチが先にダメになったのは驚きでした。
神奈川の県が乗り出したのでもうきびしいでしょう。
音よりはビーチ客のマナーの悪さと治安の悪化が一番の原因です。
マナー
逗子住民です。
9月1日最終日、オトダマ付近にいました。オアシスの防音対策はなってなかったですし、ビーチのゴミ、これは、我が目を疑うほどの酷さでした。
タバコ、カン、ペットボトル、ビニール袋、ガラスビン。当然、拾いました。
私は1年中、海にいます。真冬も裸足でビーチを歩きます。
足を切る痛さ、わからないだろうな、捨てる人には。海の沖のゴミの漂流、見た事ないよね。
管理者の方の、マナーを守ろう、という結果が出ずに残念です。しかし、意識を持ち続けることが必要と思います。
ちなみに、ハワイでは公共の場での飲酒は禁止です。オンザビーチでは、紙袋で隠して、こそこそとビールを飲む人がたまにいるくらいです。
見つかると結構な確率で(一般の人たちから)注意されます。日本は酒にあまあますぎ、外国の人もそう思っているのではないでしょうか。
Re: マナー
逗子住民の方、コメントありがとうございます。

海の家は店内にあるごみを集めて、閉店後はゴミを全部まとめて指定のごみ捨て場に捨てに行っています。
特にライブをやってる海の家の経営者はかなり規制にナーバスになっているので、音を出せる時間も守って、客からブーイングが出ても時間になったら音楽をとめています。
そして閉店時間になったら店を閉めています。

ライブなしでたんに飲食を出してるだけの小さな店も、BGMがまったくないのでなぜ店内でBGMをかけないのかときいたら、「規制を知ってるでしょう? 取りしまわれたら怖いので音楽をかけられない」と言ってました。

音霊やOASISの前の砂浜にいる客が、音霊やOASISの客とはかぎりません。
逗子海岸は、ディスカウントストアやコンビニからビールなどを箱買いしたり弁当を持ち込んで、トイレで着替えて、海の家を使っていない客が多いように思います。

公共の場の飲酒問題については、日本は喫煙も飲酒も放置されてる国です。
駅のホームのキオスクで日本酒やビール売っててホームや電車内で酔っぱらって暴れてる人がいるのは、日本くらいだと思います。
バス停では禁煙なのに、ビーチの近くの停留所に吸殻たくさん落ちてます。
しかしそれは海の家の問題ではなくて、神奈川県がもっと禁煙条例を強化したり、日本政府が飲酒や喫煙条例を
法制化して取り締まるべき問題だと思います。
ちなみにラテンアメリカの多くの国は公共の場ではタバコ禁止です。

それからガラス瓶のかけらはいつも逗子や葉山などの海岸にはたくさん漂流してますから(砂浜に落ちたガラス瓶のかけらを集めてアートにしてる住民もいるくらいです)、危ないので裸足で歩かないほうがいいと思いますよ。逗子は夏は浜を整備しますが、他のビーチはもっと漂着物が多いです。

しかし、空き缶やペットボトルやタバコの吸い殻などを砂浜や海に捨てる観光客が多いです。見ていてむかつきます。
海岸は喫煙所以外は禁煙なのにあちこちで吸っては吸殻捨ててるし、海が汚染されます。
知り合いが目の前で空き缶を捨てたら、ゴミ箱まで持っていくように注意しています。
ロケット花火を飛ばしたり、深夜に酔っぱらって騒いだりする人たちもいます。

ライブがテレビなどにとりあげられて有名になり県外からも人がたくさん来るようになったので、海岸に来る人のマナーや治安が悪くなったことはよく分かっています。
だからブログの上記の記事のように何年も前から私は警告しています。
住民の怒りを分かって、この記事を2年前に書いたのでその点をご理解下さい。

でも住民の中には音楽イベントを次から次へと全部禁止されると自分達の楽しみもなくなると言ってる人たちもいます。JAZZフェスティバルもなくなりましたし。

歓楽街もビーチもそうですが、もっと警察に警備させて治安を守るべきだと思います。
日本では道端や山間などにもたくさんゴミが捨てられています。シンガポールみたいに「ゴミをポイ捨てしたら罰金10万円」、というふうにしたらいいんじゃないかと思います。

逗子海岸の規制
 逗子海岸では規制が強化されて、来場者が減少しているようですね。来年はある程度は規制が緩和されるかもしれません。だだし、客を踊らせるクラブ営業ができるまで規制が緩和されるとは思えませんが・・・

 それから、差別につながるから誰も表立って言わないですが、規制が厳しくなった一因には、外国人(特に南米系の人)の来場者が増えたからだと耳にしましたが・・・昨年の夏には、刺青をしているのも南米系の外国人が多く、ラティーノが無許可で屋台を出して、飲食物を販売していたとも聞きますが・・・外国人が多いのは何とかならないのかという苦情が近隣の住民から出ていたようです。
Re: 逗子海岸の規制
コメントありがとうございます。
コメント下さった記事は3年前のもので、3年前に危惧していたことが今年ついに規制されちゃったわけですが。

去年は私は逗子に行ってないので無許可で販売という状況は実際見てないためなんとも言えないです。

外国人もひとくくりにはできないですね。
近所に住んでる外国人達がビーチに楽しみに来たり、中南米人にも音楽が禁止になった今でも友達と海の家でおしゃべりしながら飲食して一人数千円以上お金を払って静かに帰っていく人たちも結構います。
ビーチの客が減ってるのでナンパする女性も減ったので、来年はマナーの悪い外国人達は減少するんじゃないかと思います。

クラブや音楽が禁止されましたが、かえってTATOOどころか入れ墨の人が増えたような気がします。
逗子がそっちのほうに戻ってしまうのはどうかな…。

クラブや音楽が禁止されても、ゴミのポイ捨てや水着でコンビニに来たり、砂だらけでバスの座席に座るなど、マナーは改善してないので、結局はマナーの問題かなと思います
No title
日本の一般人で踊れる人なんて、、ホトンド居ません!
社交ダンス?同じレッスンをやった人とだけ踊れます。
全くの初心者を踊らせる人はいないし、サルサでも振付ですから、同じレッスンを受けて無いと踊れないのが通常です。
カソリック教会の中庭でパーティーがあり、周囲に住民が居ない処で「ウルサイ!」と言う苦情が有りました。踊っている日本人は私達だけで、他は外人でした。
ディスコに行ってごらんなさい、70年代の様に踊っている人は居ないのですから、、、
海のラテン等、最初にやりだしたのは私達ですが、隣の海の家から苦情が出た。
その後警察が来て、空から県警のヘリが飛んで来た。
警察の問題ではない。日本に踊る習慣が無い。

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログ内の英訳/スペイン語訳(歌詞の和訳等)の無断転載禁止
● キュレーションサイト(naverまとめ含む)による転載やぱくりは禁止




【【【 おすすめラテンファッションとグッズ 】】】

【ラテンファッション レディース】
ラテンファッション
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ ブラジルジーンズ ブラジルワンピ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
サルサシューズ サルサシューズ ブラジルオールインワン


【ラテン メンズ ファッション&グッズ】
ラテンメンズ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ キューバTシャツ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルの制汗剤 ペルーのピスコ(酒)
TWITTER
ブログの更新はときどきですが、ツイッターでは毎日ラテン等についてつぶやいてます 笑
姉妹ブログ
私のもう1つのブログ
おすすめCD紹介 ↓
下記に私のおすすめCDを紹介(iTunesも)。クラブでいつもかかる曲ばかり。ブログ内で書いてるので上記の検索欄で検索して試聴してね ↓ ↓ ↓

marc anthony大ヒットアルバム
これに入ってるのサルサ曲「vivir mi vida」も世界で大ヒット。Marc Anthonyはラテン界の帝王的存在。
DANZA KUDUROはこれ!
Don Omar Presents Mto2: New Generation
レゲトン J Balvin
ここ1-2年世界中で超ヒットしてるレゲトンがコロンビアのJ Balvin。音楽賞を総ナメにしました。
大ブレイクのMALUMA
エンリケ・イグレシアス
エンリケ・イグレシアスの大ヒット曲「Bailando (バイランド)」(ft. Gente de Zona) が入ったアルバム
ルイス・エンリケのロマンチックサルサ
yo no se mañanaが流行ったルイス・エンリケの新しいアルバム。踊りやすいロマンチックサルサがいっぱい
Daddy Yankee ヒットアルバム
大ヒットのバチャータ
Phase II



バチャータの帝王
世界のバチャータブームをおこした2大バチャータキングは、Prince RoyceとこのRomeo Santos。Romeoは、バチャータの人気グループAventuraの元ボーカル。
レゲトンのNicky Jam
J Balvinとあわせていま人気のレゲトン歌手がNicky Jam。彼のベストアルバムです
El Cantanteの元歌はこっち
El Cantante
El Cantante

サルサのDIVA
Salsa Divas
Salsa Divas
Celia Cruz とLa India
泣いちゃうサルサ
Fabricando Fantasias
TITO NIEVES
ブログで紹介したCDリスト

「ブログで紹介した曲とCDリスト」

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ラテンCD

AMAZON サーチ

みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
タワーレコード ネットショップ
RSSフィード
フリーエリア
人気記事ランキング
開始 2012年9月4日~