AX

サルサに国境はない

自分がサルサに出会ったきっかけを思い返してみると、たまたまオルケスタ・デ・ラ・ルスのライブを聴いたことだと思います。

オルケスタ・デ・ラ・ルス= orquesta de la luz は、アメリカやラテンアメリカでも有名で、グラミー賞にもノミネートされた、日本を代表するサルサのグループです。
ラテンアメリカでは、「日本といえば、orquesta de la luzだよね」ってよくいわれました。誰かが「日本でもサルサ踊るの?」ときいたら、他のラティーノが「おまえアホだな。日本といえばあのorquesta de la luzの国だよ」って言い返してました。


昔、東京都内で通りかかったらたまたまオルケスタ・デ・ラ・ルスの無料ライブやってたのです。ほんとに偶然でした。
「ああいいな~ この音楽!!」 と思って、体が自然と動いちゃいました。
最後までライブ見ちゃった。
そのときはまだそれが「サルサ」だとは知らなかったと思います。
テクノやハウスなどのクラブが好きで、その後もずっとそっち方面のクラブばかり行ってました。


それから何年もたって、日本でジャズの野外フェスティバルに行ったら、オルケスタ・デ・ラ・ルスが招待されていました。
オルケスタ・デ・ラ・ルスが出るのは知りませんでした。
会場の客もジャンル違いで誰もサルサなんて知らないから「なにこの音楽? え? サルサ?」って言ってました。
けど、その日一番の盛り上がったのは、なんとオルケスタ・デ・ラ・ルスのライブでした。
おじさんもおばさんたちも子供たちも立ち上がってみんな踊ってました。
他のグループのライブでは誰も踊る人なんていなかったのに。
まったくサルサの踊りじゃなくてめちゃくちゃだったし私もそうだったけど、みんなすっごく楽しそうだった。
知らない人同士で手をとりあって踊ってたり、親子で踊ったり。
オルケスタ・デ・ラ・ルスのNORA(ヴォーカル)が「すごい楽しい~!! みんな最高! またここに来たいですー」って喜んでました。

そのときにサルサっていいな、彼らのライブでもっと踊れたら楽しいだろうな、って思ったんです。
(それでラテンクラブに行ってみたらレッスンやってて…。 ネットに「レッスン受けないとサルサは踊れない」と書いてあったので、レッスン受けました。そしたら私のラテンのイメージと大きく違ったのでショック受けたんですけどね…)


たぶんオルケスタ・デ・ラ・ルスが私のサルサとの出会いだったと思います。

上記の1回目のライブも2回目もライブも、サルサ踊れる人は一人も会場にいませんでした。
サルセーロはゼロ。
(客はすべて日本人)

みんなほんとに楽しそうだったな~。
今でもあの光景が目にうかびます。


オルケスタデラルスが「サルサに国境はない」というアルバムを出していますが、彼らがいうとおりあのライブでは彼らの音楽で人と人との垣根がとりはらわれて、みんなで笑って楽しんで踊った。。。。 
すごい楽しい思い出。

ちゃんとしたサルサの踊り方なんか知らなくても、みんな踊って楽しんだんですよね。

だからサルサの踊り方なんて知らないし、ラテンもよく知らない、でもなんか楽しい!!、 って思った人が、サルサの音楽を聴いて自然と体が動いて踊ってみんなで楽しむのもステキなことなんじゃないかと思います。



orquesta de la luz 「salsa no tiene frontera」(サルサに国境はない)








関連記事

この記事へのコメント

みんなで楽しむ
はじめてコメントします。
いつもは楽しく見させていただいてるだけでしたが、この記事を読んでサルサを知った時のことを思い出したので、書かせていただきました。
初めて友達にサルサに連れていかれた時に、すごく楽しい音楽でみんな自由に踊ってました。私も自然に体が動いてめちゃくちゃなダンスでしたが、すごくHappyな気分になりました。
そこから、レッスンを受けた時期もあり、いろいろギャップや疑問も感じ悩んだ時もありましたが(そんな時にこちらのブログを知って、気持ちが楽になりました)今も楽しく踊ってます。
以前、クラブに行った時に、サルサ踊らない人が多く入ってきた日があり、ふつーの会社員と観光客で店のお客の半分以上になったんです。
みんなサルサじゃないダンスしてるんですが、すごく楽しそうで、笑って踊って、最後は知らない人同士、手を取り合って踊りました。
すごく楽しかったです。
一緒に行ったサルサの友達も、すごく楽しかったみたいで「また、あんな経験したい!」と言ってました。
知らない人とも、通じ合える体験をするのってダンスの良いところだと思います。
「サルサに国境はない」良いですね。
自然に体が動いて、笑って、嬉しくなる…みんなでそんな機会をたくさん過ごせればと思います。
幸せな出会い
dia felizさんのsalsaとの出会いはとても幸福なものだったのですね。

salsaまったく初めて、いや…その前にダンスそのものが初めてな人でも”楽しい!”と思える空間。
音楽とそしてそこに集った人と一体になって盛り上がる!
いいですよね~!

ラテンミュージックには人を楽しませるパワーがあります。
聴いてると自ずと体が動きだしちゃう。
ライブならなおさらですね。

そして、いろいろある人生。
凹んだ時にもラテンミュージックは最良の友となってくれる。

議論、批判など…考えすぎちゃいそうな時こそ、そんなの脇に置いてラテンミュージック聴いて踊っちゃおうよ!と思う。

ラテンの音楽,ダンスとの幸せな時間。
多くの人に味わってもらえれば!と思います。
ペルーでは今でも・・
はじめまして!ブログ村からやってきました。
今年になってペルーのお笑い番組で
オルケスタ・デ・ラ・ルスの物まねをやっているのを見ました。
出っ歯、つり目を強調して
アジア系蔑視ととられかねない姿に通常なら嫌悪感を催しても仕方がないのに、
妙にうれしくなったことを覚えています。

今でも、ペルー人の心にデ・ラ・ルスは活きているのです。
かつてデ・ラ・ルスがペルーで公演を行ったのは
テロリズムが横行していた時代だったのです。
ペルーの人々が恐怖におびえていた時代に、
「日本の熱いサルサ」をもたらした
デ・ラ・ルスの影響力の強さにいまさらながら感心します。



そういえば
サルサの踊り方を知らなかった頃、ラテンって楽しそうだなと思ってサルサバーに行ったことがありました。フロアの人たちはまじめにサルサ踊ってる人ばかりでした。
でも私も友達もみんなサルサの踊り方知らないからまわりの目は気にせずにうちらだけ適当に音楽に合わせて踊りました。
適当だったけど、超盛り上がって楽しめました。
ほんとに純粋(ピュア)に楽しめたのはかえってあのころだったのかなぁ…!?

私もsoleilさんのように悩んだことがあるのでその気持ちよく分かります。クラブの半分がサルサ知らない人なのにみんな盛り上がってたなんて楽しい体験できましたね。

soonさん、ラテン音楽にはなんか人を楽しくさせたり、自然と体が動いちゃうようなパワーがありますよね。
過去に日本はラテン音楽やダンスが何度も流行ってきたんだし、潜在的にラテンが好きっていう人きっとたくさんいると思います。そういう人たちともラテンを一緒に楽しめたらいいですね!

senoritamarineraさん、ブログ以前拝見したことがあります。私はクスコのような高地でサルサ踊れないだろうな…(^^ゞ
オルケスタ・デ・ラ・ルスはそんなペルーの恐怖の時代にすごいですね。
1990年代初頭に中南米でツアーやってますね。

オルケスタデラルス、特にNORAさんはサルサ踊れるかどうかとか関係なくいろんな人たちに一緒に楽しもうっていうパッションが強い人なんじゃないかとライブで思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログの記事内容の無断転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの転載は禁止



TWITTER
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア