頭で考えるサルサ、身体で感じるサルサ

私がサルサを踊っていたら、日本人男性が「あなたはとても自然にサルサを踊ってるけど、なにスタイルですか?」と聞かれました。


「えーと、スタイルはないんです」といったら、ビックリしてました。



サルサに非常に詳しくて中南米に滞在していた日本人男性に、サルサのスタイルの違いで葛藤していることを話したら、彼はこんなことを言いました。



ラテンアメリカのサルサ=からだで感じるサルサ


日本のサルサ=頭で考えるサルサ


“スタイル”って考える時点で、頭で音楽を理解してダンスに入ってきてる。


でもラテンアメリカの人達は、ものごころついたときから音楽が流れていてもうしみついてるから、音楽にあわせて身体を動かすだけ。“スタイル”なんて考えない。



まさに同じことを私も思ってました。



自分もレッスン受けていた初心者の頃、1、2、3、っていうステップの踏み方や手や足の動かし方、ターンの仕方などで頭がいっぱいで、音楽聞いてる余裕なんてぜんぜんなかったです。


レッスンサルサを脱却して、南米サルサに移行したら、音楽を楽しんで、身体で感じて踊るようになった。それですごく楽しくなったんで。




関連記事

この記事へのコメント

まさにおっしゃるとおり!
最初の頃は踊れなくてしりごみしていたのですが、No pienses!! mueve nada mas!!と言われて気が楽になったことがあります。
頭で考えるよりもまずはリズムに体をのせていっちゃったほうがいいですよね

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter