ラテンごはん

あー、ぜんぜん踊りに行ってません。。

昨日コロンビア人の女友達から、夕食に招待されました。
おいしかった。
ガーリックのきいた牛肉やごはん、じゃがいもとか、コリアンダーやたまねぎとか。
最後はケーキで〆。



ラテンアメリカにいるときは、毎日家庭料理を食べてた。
出されたものはすべて食べてたし、ものによってはおかわりもしたんだけど、

それでも
「もっと食べなさい」
「食が細いのね」
「この子、あんまり食べないのよ」とまわりから心配されました。

日本にいるときよりはがんばってすごい食べてたんだけどなー。
体重も増えたし。

彼ら、朝からパンチのきいたもの、パワーがでるものを食べる。
だからあんなにエネルギッシュなんだなーって思う。


日本にもブラジルの肉屋があるんだけど、肉のかたまりの大きさがすごい。
何キロもある。
牛肉を数キロ買ってきてぺろっと食べちゃう。
ブラジル人のパワーの源は肉と豆かな。

日本に住んでるラテンアメリカ人のエンゲル係数はすごいですよ。


そして、ラテンアメリカはごはんの時間帯が日本と違う。
朝ごはん - (間食:人による)- 昼食 2時から4時の間 - 夕食が8時以降。

昼ごはんの時間がだいたい2時から4時の間。
もちろん仕事とか忙しいから2時間食べるわけじゃないけど、昼御飯がメインなのでしっかり食べる。

日本のランチは12時だよって言うと驚かれる。


そういう食生活に慣れてしまったので、日本に帰って来てからおなかがすく。
和食もいいんだけどね。
なんかおなかがすいたなー、物足りないな~、パワーがでない、と思ってしまう。


私はラテンごはんが好き。
ガーリックごはんとか肉肉肉、いも、豆、みたいのとか食べたい!!!
サルサベルデ(チリ)も食べたいし、シラントロ(コリアンダー)をがばっと入れてパンチがあるごはんをもりもり食べたい。

先週はラテンレストランに行って好きなものをたくさん食べた。
昨日はメキシコ料理。タコスを作って、シラントロをたくさん入れて、メキシコのサルサベルデをたっぷりかけて食べました。


けど、日本ではそういうのは「油や塩や肉は体に悪い」とか「太る」と言って敬遠されちゃうんだよね。
なかなか食べるチャンスがないし、家でも作りにくい。
ラテンか、もしくはラテンアメリカ人と一緒じゃないとなかなか食べられない。


でも今日はつくってやる~。
とりあえずガーリックごはんから仕込み。
あとは牛肉♪




関連記事

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter