AX

傷ついてるあなたへ贈ります…



英語だからなんとなくわかるかな。


今日紹介する曲はラテンではありません。R&Bとヒップホップで日本でも昔real loveとかヒットした MARY J BLIGEが歌った曲です。私も好きで昔CD持ってました。でも彼女が歳を重ねて歌ったこの曲はぜんぜん違います。女性のこころの叫びともいえるこの歌を聴いてみてください。


これ英語の歌なんで、日本語に訳してみますね。


歌詞の和訳は別のブログに移動しました。
こちらをクリックしてください

http://diafeliz.jugem.jp/?eid=46


メアリー J ブライジは、アメリカの黒人ゲットーとよばれる貧困層を集めた公営アパート出身で、麻薬の売人やギャングがうようよいる環境で育ったので、この曲のPV(ビデオ)には麻薬やギャングの抗争、だんなからの暴力のシーンがでてきます(暴力シーンがあるんで嫌な人は見ないでください)




この曲をリリースするときにちょうどメアリーは、恋人からDV受けていたそうで、自分の体験と曲の内容が重なってこんなに情感深く歌えたんだと思います。
一番最初に出したライブのビデオのほうは、女性の応援歌のようにきこえるとてもいいビデオだと思ってUPしました。





ラテンブログをやってると、ときどきラティーノとの結婚や恋愛による悩み相談もくるし、ラテン界では実際にラティーノからの束縛やマチスタ(男尊女卑)問題をしばしばききます。ラティーノと結婚した人からは、今までで無縁だったいろんなトラブルに巻き込まれるようになった…という嘆きもききます。


日本人の恋人や奥さんがいるラティーノたちがよく相手の日本人女性にいうのが、「ラテンではそういうもんなんだ」「ラテンと日本は文化が違う」「男はいいけど、女はダメ」というような言葉です。

他のラティーノが、「日本に住んでるラティーノとラテンアメリカにいるラティーノは違う」と言ってたけど、ラテンアメリカに行ってみたらほんとうでした。

ラテンアメリカ人にもいろんな人がいるし、いろんな価値観があるのがよくわかりました。

確かに保守的な考えの人も依然としているのですが、向こうの人に言わせると保守的な人は都会ではなくて田舎や地方出身者に多いそうです。
(日本でも農村の嫁に対しては旧態依然的習慣が残ってると言われるから、他でもそういうとこがあるのかも。)
ラテンアメリカは日本では想像できないくらいの超階級社会で、学歴社会。
ラテンアメリカでも都会の学歴の高い女性は特に独立心が旺盛で、男性より強い感じ。

ラテンにはいいひとだってたくさんいます。マチスタのマの字もないような男性だってもちろんいますよ。

じゃあ日本人ならいいかというと、日本人同士の夫婦でも今暴力問題(身体的だけじゃなくて精神的も含めて)が超悪化しています。
日本人男性と結婚してる外国人女性にも被害受けてる人が多い。日本男が「日本では男がえらいんだ」と虐げてるケースもあるらしい。


もしそういうことで悩んでる人がいたらこの歌を聴いて、立ち上がる勇気を持ってくださいね。
相手の言うことにふりまわされないようにね。

文化の違いだとか、ラテンはこうなんだから、日本人には分からない、と彼らが言ってるのは、たんなる言い訳。
こっちがラテンを知らないと思って、言ってるんでしょう。
ラテンはこうなんだっていうなら、日本人とつきあってるあんたも日本のやりかたを少しは学んだら?

相手が泣いてすがるから元さやに戻っても、相手が変わってくれるだろうと期待してもたぶん無理。
同じことを繰り返しながら悪化すると思う。

ラテンを言い訳にすることも、ラテン男に特有の泣いて謝ることも、結局は向こうの思うようにこちらをコントロールしようとしてる。。。。 ← それは上から目線の関係ですよね。


相手はこうなったのはおまえのせいだと責めるだろうし、まわりはそんな男を選んだあなたが悪いというだろうけど、あなたが悪いんじゃなくて たまたま悪い人にあたっちゃっただけです。


人種や国は関係ない。
結局は、人格の問題だと思う。

それにほんとに愛しているんだったら、お互いをリスペクトしあえる対等な立場であるべきでしょ。


だから、
No more pain, No more drama in your life,
No more tears。

泣いてる人生は悲しいよ。
自分の人生を大事にして。
一歩進む勇気を持ってね!



今回は女性に向けて言ったけど、

大きな意味でいうと、ストレスの多い現代社会でいきづまってる人はたくさんいると思う。
男女に関係なく。

Aがダメだったら人生がなくなるんじゃなくて、Aの道がだめでも、まだBもCもDもあるんだよ。
過去のことは変えられないけど、未来は自分で作ってゆける。
自分の人生のストーリーは今からいくらでもまだ書き直しできるんで…



関連記事

この記事へのコメント

ありがとうございます。(涙)
今、これを読んですごく励まされた人多いと思います。私はその一人です。
以前ラティーノに、君はどうして毎日帰ってくるのが遅いの?女の子は早く家帰って掃除洗濯、きれいに化粧して可愛くして、、それがいいんだよ。。。とか君はどうしてそうやって意見言うの?女が口答えするの、かわいくない・・と言われたことがあります。
私自身の生き方として、余暇は友達と飲んだり、習い事したり、充実した時間を過ごし、また自分の考え方を相手に伝えることは大事だと思ってたから意見したのに、耳を疑いました・・・この人何言ってるの???全く分からず、自分の生き方否定されたように感じた。

でもラティーノはけっこうマチスタなんですね・・日本暮らしが長くても。。今、ああ、別に気にすることないんだって思えました。人を間違えた。

昔日本の農村、男尊女卑がまかり通ったところでも、一番最後にお風呂に入るお嫁さんの、風呂釜へ薪をくべるのを、旦那さんがやって一日のお嫁さんの労を無言ながらねぎらった人がいたという話きいたことがあります。農村だから男尊女卑ではなくて、、要はその人の人間性なのでしょう。。

金銭的に豊かになった分、人は本当に大事な物は何か見失う時代になりました。
人間はいつでもやり直すことができ生きる力がある。そしてどのように傷つき痛い思いをしても、そのことには意味があり、他人の痛みをわかってあげられる真の優しさを持つことができるのだと思います。

この歌からは、そんな山を乗り越えた彼女の深い思いが伝わる気がします。
マチスタ
いえいえ…。
私もこの歌に感動しました。
女性への応援歌みたいですね。

ラティーノはマチスタだってよくいわれるけど、本文に書いたようにラティーノみんながマチスタなわけではないんですよ。

私も前はラティーノがマチスタなのは、ラテンのカルチャーなんだ、と思っていました。
でも、ラテンを知るにしたがってだんだん事情が分かってきました。
そしてラテンアメリカ人からいろいろ教えられました。

SAOさんは嫌な思いをしたそうですが、それはたまたまよくない人にあたっちゃっただけなんです。
運悪く。

あと、こういう話をすると語弊があると思うので、どうか誤解しないでほしいのですが…。

ラテンアメリカはものすごい階級社会です。
ラテンアメリカに行けば分かりますが、天と地ほどの貧富の差や教育の差があります。
日本に来ているラティーノにもいろんな人がいますが、大半のラティーノはお金目的の出稼ぎの人たち。ラテンアメリカに住んでるラティーノからは「本国で仕事がないから海外に出稼ぎに行ってる人達」とみられています。そして彼らの多くは地方出身の人が多いと日本在住のラティーノたちが言ってました。

ラテンアメリカでは都会っ子のインテリ層は、女性も自立心が旺盛だし、男性も比較的女性に対してリスペクトがある人が多い。けれど、地方や田舎などエリアによってはまだ保守的なカルチャーが残っていて、女性が夫や恋人から暴力を振るわれることもある、とラテンアメリカでききました。

もちろん地方出身でも階級が低かろうが女性を大切にするラティーノはいますし、それはやっぱり人によるし、人格の問題だと思います。

欧米人でも日本人でもこういう問題って深刻化してるので、ラテンだけとはいえない。

だから、ラティーノがよく言う「ラテンのカルチャーだから」という言い訳にだまされないでね。ほんとはラテンのカルチャーじゃないと思う。女性を守るのがラテンのカルチャーです。

人種とか国とか関係なく、人間同士の関係で考えてみると…
相手と自分が同じ○の中にいて一緒の世界を共有してて、友達も趣味も生活も共有し二人の世界を築くっていうのは素晴らしいというイメージがあります。
お互い束縛しあうのが愛、ジェラシー抱くのが愛…。

でも彼のために自分の趣味も捨てて、自分の友達ともでかけなくなって、友達は彼の友達ばかりで、自分の自由時間もなくなって、彼の顔色をうかがって、彼の趣味にあわせて、常に彼にとってパーフェクトな女性である。でもそれって息がつまりますよね。
SAOさんがいうように、それはもう自分ではなくなる…。
二人の世界はうまくいってるときはいいけど、二人だけの世界だともしトラブルが発生したらそのトラブルも自分一人で抱えて問題を解決しなきゃいけなくなって孤立して追い詰められてしまうんですよね。。。

ほんとうは、愛情があり世界も共有しあってるけど、自分も相手もそれぞれの世界があってお互いにそれを尊重しあうのがよりよいリレーションじゃないかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログの記事内容の無断転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの転載は禁止



TWITTER
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア