日本のラテンとはちょっと違う?

ラテンアメリカに行ったりラテンアメリカに住んでる各国のラティーノ達と友達になると、日本国内で自分が見てきたラテンワールドとは違うなぁ…   と実感。

ラテンアメリカに行く前からこのブログを書いてるので、ずっと前はラテンアメリカを知らずにラテンについて書いてました。日本にあるラテンの店やラテン情報、日本に住んでるラティーノの話など。

でもラテンアメリカに行った今、行く前とはかなりラテンに対する見方が変わったし、サルサなどのダンスに対する考え方も変わりました。


日本に住んでるスペイン語圏のラティーノで一番多いのはペルー人。
他にラテン好きな日本人が日本で特に出会いやすいスペイン語圏ラティーノは、キューバ人、ボリビア人、ドミニカ人、コロンビア人などかしら。
となると日本で私たちが触れるラテンは、もしかしてカリブや一部の南米人や彼らのカルチャーや日本人が輸入したラテンがメインなのかな??????
でもその国の人たちに言わせると、日本に住んでる人たちと本国にいる人たちは結構違うとのこと…。
うーん…。。。。


コロンビアなどのサルサ国においては、サルサ踊りに行くときにサルサシューズを持っていくことなんてないそう。シューズを持ってる人はプロフェッショナルや競技会に出る人だけ。週末やクリスマス前後のフィエスタは家族や友達とサルサ踊りまくったそうです。


ところが、いわゆるサルサ国じゃないラテンアメリカでサルサやってる人達には、まじめにレッスン受けてたり、サルサシューズも持ってる人もいるし、くるくるスピンするし、レッスン系サルサ踊ることが少なくないみたいなんですよ…。

現地のサルサ教室のレッスンもいくつか見学してきたし、イベントでのパフォーマンスも見ました。

ラテンのある大都市でサルサ踊りに行ったとき、サルサのインストラクターやサルサコングレス出てる人たちばかりの店やイベントに行ったので、コングレス出てる人たちや先生と踊るはめにはり冷汗かきました…。


別の都市のクリスマス前の行事でサルサ教室の先生と生徒たちによるパフォーマンスがあり、あとでサルサ踊ったときに、「1、2、3   1、2,3。  はい、そこでターンして」と相手から  ”指導 ” されました。

「あのぉ~ サルサいちおう踊れるんですけど…」って言ったんだけど、聞き入れてくれなくて数曲全部指導されました。
「結構できるじゃん」と言われたので、「だからサルサ歴は4年くらいなんですケド…」って言ったら、
「じゃ僕のレッスン通いなよ。パフォーマンス出れるよ」ってレッスン勧誘されちゃいました。相手の人、サルサのインストラクターだったんです。


メキシコではラテンクラブやサルサコンサートでも、LAみたいなサルサ踊る人が多くてターンやスピンが多かったです。
もちろんおうちサルサなどではそういうサルサじゃなくて、クラブ系のサルサの人たちもいます。
けど、みんなON1で踊るんですよ。
でもLAスタイルとは少し違って、共通したクセがある。
なんでだろうと考えちゃいました。
で、その国特有の伝統ダンスがサルサにちょっと似てることに気づきました。
サルサよりもっと速くて男性のリードが強くて女性はターンが多い(男性もターンする)んだけど。もしかしてそれの影響じゃないかなと思いました。
その国でサルサ踊るときは、私もON1で踊ってターンをたくさんしましたよ。

それにそこは有名ラテンクラブでさえ、バチャータが一曲もかからない。
バチャータを知らない人もたくさんいるの。
AVENTURAも知らないなんて… マジ?


you tubeのサルサを踊ってるビデオのコメントには、サルサ国のラティーノと いわゆるサルサ国ではないラテンアメリカの国のサルセーロたちが口論してるのをみかけます。
たとえば、
サルサ国ではないラティーノ達がほめたたえてるコングレス系のサルサのビデオに対して
サルサ国の人たちが、「何これ? こんなのサボールないしおもしろくない。こんなのサルサじゃない」と言い、
相手が「これこそ正統なサルサだ。私たちの国ではこう踊る」と反撃。
そしたらサルサ国が、「おまえらアホ? 俺らの国のサルサこそが本物のサルサだよ。おまえの国なんてサルサ盛んじゃないじゃないか!」と怒っている…。
ラティーノス同士のバトル!
笑える


今までこのブログで「ラテンはこうだよ」と書いてきたけど、一概にラテンといってもいろいろあるのをおもいしらされました。

もっと前にラテンアメリカ旅行したときにも、 (ラテンではない)他の国々を旅行した際にラテンイベントやラテンクラブやラティーノコミュニティに行ったときも同じことを感じたし。

日本のラテンワールドだけをみて「これがラテンである」、とはいえなかったのかもしれない… って困惑しちゃいました。

それについて考えてたことも、しばらくこのブログの更新ができなかった理由の一つなんです。

今後もっと他の国にも行ってチェックしてみたいな。
関連記事

この記事へのコメント

やっぱり難しいですね~((汗

私、踊りとか全く駄目です^^笑

あ…私もペルーとかスペインの友達を
欲しいんですけど…ここはすっごく田舎なんで
夢のまた夢ですけど…

あぁ…哀しいです↓

どうしましょう~
メル友なら
Jikariさん、コメントありがとうございます。
外国人と出会えないエリアでも、ネットで語学交換もできるし、メル友もできますよ。
ブログの他のトピックに書いたように、今日本カルチャーがスペインでもラテンアメリカでもはやってきてるので、日本語を学ぶ人が増えています。
そういう人たちは日本人のメル友探してますよ。

日本に一度も来たことがないのに、漢字も書けるし日本語が上手な人もいます。
あとは日本には日系人が多く住んでいるし(ペルーは日系人多いです)、日本に住んでるラティーノには日本語達者な人もたくさんいます。
なのでとりあえず、日本語を勉強してるスペイン語圏の人とネットで友達になって語学交換をしたらどうでしょうか。
ヘッドセットを買えば音声チャットもできます。
ラティーノス同士のバトル!?
確かにありそうですよね~(笑)

どんなスタイルもあり?かと思います。
それがサルサだから。

だからこそ!やめられないんです~♪
Re: ラティーノス同士のバトル!?
そう。
これがサルサ、これはサルサじゃないって
もうわかんないです。。。。
サルサって、ソースっていう意味で、いろんな音楽をソースみたいに混ぜてつくった音楽だから、
いろんなのが混ざっていいのかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter