実は日本にもある

この数日にわたって、アメリカの新移民法 SB1070とそれに対する抗議について書きました
「SB1070 人種差別法」 、「アリゾナ新移民法にシャキーラたちも抗議」


この法律は、警官が人を外見で判断してこいつは移民だなと思ったら身分証明書の提示を要求して、身分証明書を持ってなかったら逮捕令状なしに即刻逮捕して拘留できる、という内容です。

だから有色人種、特にヒスパニック(スペイン語圏のラティーノ)たちがターゲットになるということで、肌の色による人種選別だし、人種差別になる。アメリカの憲法に違反してるということで抗議運動が起きています。

アリゾナに私たちが旅行して街を散策してたら、いきなり警官にパスポート提示を求められた。パスポートを持ってなかったらパトカーでそのまま連行。。。 アジア系だから不法移民と思われた。。。。 ということも起こりえる、ってことですよね。
こわい…




アメリカでは人種差別問題として全米をゆるがす大論議になってます。

しかし、実は日本ではすでにこういうことは行われています。


警察や入管は、外国人を見たら見た目で判断して、職務質問をして外国人登録証に不審があれば警察に連れて行き、もしビザ持ってなかったらそのまま入管の収容所に収監して、その後強制送還してます。


彫りの深い顔だちの日本人が外国人と間違われて留置所に入れられたことも実際にありました(これはニュースになりました)。

それに白人にはほとんどこういう職務質問はされてません。
欧米や豪やNZの白人が警官や入管からよびとめられたという話をきいたことがありません。
でも実はこうした欧米やオセアニアの白人にも不法滞在や偽装結婚で日本に滞在してる人はいます。

不法滞在でつかまるのはしょうがないんですが、じゃなぜ白人にも職務質問しないのかな???

一番のターゲットになってる人達は、たぶん中東系とラティーノだと思います。

ブラジル人の友達同士が歩いていたら、一人は警官に職務質問されて外国人登録証を見せろと言われたけど、もう一人は言われなかったそうです。一人は浅黒い肌、もう一人は白人系。でもどっちもブラジル人。
同じ日系人でも日本人顔の人はあまりよびとめられないけど、ラテン的な顔の人はよくよびとめられてる…ということもある。
日本人の血しか入ってない日系ペルー人の知り合いは、交番に道をききにいったら「おまえ日本語のアクセントが変だな。おまえ、中国人だろう。パスポート見せろ」と警官に言われたそうです。
寝ていたら夜中に警官にいきなりアパートに踏み込まれた人たちもいます。本人ではなくて彼の知り合いを探していたそうです。もちろん家宅捜査の令状なしにですよ。
ちなみにこの人たちはみんな正規のビザを持ってる人達です。


駅や中南米の大使館の付近などに私服警官がはっていて、ターゲットを見つけたらつかまえにいってます。
それにラテン系のレストランやクラブに手入れが入ることもあって、つぶれた店も結構あります。
特にラティーノが多く住むエリアには一時は警官がたくさんいました。
(不況で帰国する人も多くなったので、数年前に比べたら少しトーンダウンしたかもしれませんが。。。)


だけど日本ではまったく問題にされてません。
日本に住んでる外国人たちはみんな誰も抗議しません。
みんなおとなしいです。
私たち日本人にはこんなことが起きてることを知ってる人は、これらの国の外国人の友達や伴侶や恋人がいる人の一部くらいじゃないでしょうか。


私もサルサを始める前までは、中南米についてはごく一般的なことしか知りませんでした。
サルサを通じていいことも悪いことも含めていろんなことを知ったし、マイノリティの立場にたってものごとを考えられるようになりました。
ダンスだけじゃなくて、いろんなことを考えるきっかけになったと思います。

関連記事

この記事へのコメント

考えないこと・孤立することの怖さ
少子高齢化・高学歴化の日本。。賃金の安い単純労働の担い手は、バブル期同様再び移民に頼らざるを得なくなるでしょう・・日本でも近い将来必ず大きな課題となる意味でもSB1070は私たちと無関係じゃありませんね。。
また政府はカンボジアからの難民受け入れを決めましたが、彼らが教育・就職・地域コミュニティーへの溶け込みなど大丈夫なのか???市民レベルで支援が必要なこと、無関心ではいけないなと思います。

こんな話を知りました・・・
ナチス占領下のノルウエー、強制収容したユダヤ人を監督したノルウエー人の中で、彼らを見殺しにできなかった人がいました。それは収容されたユダヤ人と子供や恋人の話をしていたノルウエー人でした。
人間というものは、孤立してしまうと残酷な行為も法律も認めてしまうもの・・・・ハートがつながっていたならば、サルサ友達のラティーノ・ラティーナがなんで困っているのか聞けていたなら、きっと未来も変わるはず。

dia felizさんはこの場を通して、大切なことを伝えていらっしゃると思います。私もしばらくご無沙汰していたミクシーなど通じて、周囲に伝えることから始めたいと思います。
いつも楽しみにブログ読んでいます。
このブログにたどり着いた訳は、ラティーノの彼氏ができたからでした。
付き合い始めてすぐに、育った環境の違いに悩み、喧嘩が耐えませんでした。そして気づきました。自分は、日本人というある種のプライドのようなものがあって、知らず知らずに彼を差別していることに。それは外国人だからという部分と、ラティーノだからという部分がありました。彼の家族とも付き合い、なんて寛大な人たちなんだと感動する一方、低賃金で日々働く彼の母親に同情と、結婚すると私も彼らをケアしなくてはいけないという重荷。日本にいる多くのラティーノの現実を苦しく感じました。
20年も日本にくらしているのに、日本語は片言。来日5年程度の彼の方がうまい。日本文化の狭くて他者を寄せつけにくくする点を象徴しています。

難しくて言葉で表現できないほど、人種差別については考えます。
人種差別を根絶することは不可能だと思う。

ただ、少しでも日本が外国人にとって気持ちのよい国になりますように、と祈りたい。そんな国にしたいです。
そうですね。日本の人口は半減するという予測もあるので、国の収入のためにはそれは避けがたいでしょうね。
それに今まで日本の3Kや工場の仕事はかなりの部分で移民の人が支えてきたところもあると思います。ラティーノが多く住んでる都市はたいてい大企業の工場があるエリアです。不況でかなり失業したけど、日本人が嫌がる危険な職場で働いている人が多いです。
データを見るとびっくるするくらい日本は政治難民を受け入れてないんですよね。ミャンマーの難民でさえほとんど却下しました。信じられないくらいの冷たさです。SAOさんが言われるように、受け入れた人もケアしてないですよね。
日本の移民への待遇については、国連に人権委員会からしょっちゅう差別だと勧告受けています。
それに対してなにかできないか、行動してみようというSAOさんの気持ちはすごいと思います!

rosaさん、コメントありがとうございます。
ラティーノの彼氏がいるんだったら、この手の話は身にしみて分かりますよね。日本に出稼ぎに来ているラティーノ達はほとんど本国の家族を養ってるし家族のきずなが強いので、彼らと交際したり結婚することは、彼らの抱えてる問題を自分も抱えることになりますよね。苦労してる気持ちよくわかります。でもあんまり自分を犠牲にするほどがんばらないでくださいね。
人種差別を根絶することは難しいけど、けれどラテンダンスや音楽を通してラテンを理解したり、ラティーノと友達になることでラテンの社会を知ったり、友達になることでお互いの理解が広がっていきますよね。
それがいいことだと思います。
コメントするのははじめてですが、いつも楽しく読んでいます。

私にもラティーノの彼氏がいます。
3年付き合ってますが、彼と一緒にいて「IDを見せて下さい」と言われてる場面を見たのは一度だけですね。
確か上野駅だったと思います。

移民の問題は難しいですよね。

ラティーノに限らず外国人コミュニティを警察がマークするのは仕方ない事だと思います。
現に外国人犯罪はどんどん増加してますし、差別とまではいかなくても、(まずは)日本人の安全を守る為にはそういった
場所を優先的に捜査等するのではないでしょうか。

当たり前ですがラティーノ全てが差別されてるわけじゃなく、実際に犯罪を犯した一部の人達のせいで
イメージが悪くなることがあり、そういう部分は残念だなぁと思います。


移民問題・外国人犯罪や外国人差別について、私が個人的に一番おかしい許せないと思うのは、
中国人・朝鮮人(北朝鮮・韓国人)いわゆる特アの人達に対する優遇措置です。
在日特権という言葉を知っていますか?
私は在日特権を知って驚きました。

これは在日の特ア以外の外国人に対する逆差別ではないかと思います。
彼らは在日外国人どころか日本人よりも優遇されているのです・・・。
日本においては、「日本に住んでる日本人」の権利がまずは一番に優先されるべきだと思うのですが、
実際には、特ア人>日本人>その他の外国人 といった構図が出来てるように思います(あまり知られていませんが・・・)
彼らには簡単に生活保護等がおりるのに、その一方で「おにぎりが食べたい」と言いながら日本人が餓死している現状。
おかしいと思います。

日本における外国人犯罪のトップが断トツで中国人・韓国人なのにも関わらず(そして彼らの多くが反日教育をされているのに)、彼らが優遇されている…。
これはその他の国の外国人に対しても逆差別だと思います。

長文で分かりにくくなって申し訳ありませんが、まずは日本人の権利を確保したうえで、出来れば親日的な外国人の方たちと
うまく共存できる社会になればいいなと思います。

長々と失礼致しましたm(_)m

Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
このブログはラテンブログだし、私は在日韓国人などのことについては知識がないのでコメントをひかえさせていただきます。。。

確かに不法滞在の人を取り締まるのはしょうがないのですが、だったらメリカ人もカナダ人もオーストラリア人も取り締まらないとアンフェアなんじゃないかなって思います。
日本には外国人マフィアや犯罪集団がたくさん流入してきてるのに悪の組織を警察があんまり取り締まってないですよね。そういう悪い人を徹底的に排除して、優秀な人材には日本に来てもらったらいいと思うんですけどね~。
皆さんのコメント、考えさせられます。。
>rosaさん
お気持ちわかります。私はかつてサルサを通じパキスタン人と付き合ってました。彼は長男で母国の家族への仕送りをしていました。最初働いていた親せきの会社がつぶれ、その後はレストランや製紙工場でフリーター状態でした。持っていたビザが技能ビザ(調理師)だったため、製紙工場では常に警察を恐れていたと言ってました。(技能ビザ以外の関係のない仕事は認められない・・強制送還の対象)
ビザを自力で更新することは多くの出稼ぎ労働者にとっては困難で、私の知り合いはビザ更新目的で重婚被害に会いました。(日本人と結婚すれば就労制限はないため賃金のよい仕事に就ける・・)中にはこんな悪い奴もいます。そして金の為にはそうせざるえない悲しい現実・・・・

私の彼は、良い人でしたが、rosaさん同様、結婚すれば母国の家族への仕送りなど無関係ではおれないと思い関係を続けることを悩みました。家族に対して必死な彼に同情・憐れみさえ感じていたのかもしれません。私もかわいそうだと差別していたんですね。。。。自分が結婚すれば、生活は私の収入で賄い彼の収入はそのまま本国へ送金できるから(日本の1000円は母国で1万円くらいの価値らしいです)

結局彼のそういった事情を自分が背負うというプレッシャーと、自分自身の幸せと夢とをあきらめきれず、別れました。彼といて幸せな毎日を想像できなかった・常に金に追われているイメージのみ・・・・もしも悩むことがあれば、参考にしていただければ幸いです。。バックグランドが違う時、お互いが本物の愛・深い絆で結ばれていないと結婚は難しいと感じます。。

私の悲しい経験は、そこから世界の本当の豊かさについて考えるよう開眼してくれ、また深く考えるきっかけを与えてくれました。今は感謝しています。外国人とつきあう女の子が悲しい思いをしませんように・・・同情や一時的な気持ちではなく、自分自身が目を養うことを切に望みます。 また全ての国の産業がそれぞれ豊かになり自国で就労でき、よい協力関係で結ばれ地球として発展していく世の中になることを!!祈ります。
Re: タイトルなし
なるほど
サルサでパキスタンの方と出会ったんですね。
そういえばサルサバーって南アジア系の人多いですものね。
日本に住んでる外国人にもいろんな人がいて、お金持ちの駐在員や留学生もいるし、お金のために日本に出稼ぎに来てる人もいます。
出稼ぎの人と交際や結婚してしまった人の苦労話はありがちですよね。
まじめな人もたくさんいますが、なかにはSAOさんのお友達をだましたような悪い人もいます。
他のラテンアメリカ人たちからも嫌われてるような不良ガイジンもなかにはいるので、そういう人にはみなさん気をつけてください。
不良ガイジンは国外追放して、まじめな人や優秀な人や政治難民にはビザを与えたらいいと思う。
人を肌や人種や国などで見ないし、中身で好きになるという女の子、ほんとに優しくていい人が多いんです。
そういう人を傷つけるような男は絶対にゆるせん!!
同感です。。
そうですね~自国の家族の為とは言え、彼を信じていた善良な女子を裏切るような男は許せん!!自力でビザ更新できない人や、東南アジア(マレーシアなど)から日本に入国するために、ビザブローカーもいるらしいです。(一件50万円もとる・・) 警察は罪もないラテンバーにガサ入れするよりも、こんなブローカーを摘発してほしいです。ブローカーに渡す金もなければ、偽装結婚や重婚(イスラムでは結婚時に約束しなければ罪にならない・・)までして日本に残ろうとする輩もいるのだから。。ブローカーがいなければこんな輩は日本に入らないのだから。
勉強になります
ラテン系の方もやはり職質などで差別的な扱いをされてしまうことが多いんですね。南アジア系の元彼がそれで文句を言っていたのはよく覚えているのですが。

褐色や黒い肌の人種が職質のターゲットになりやすく、黄色人種や白人がスルーされやすいという状況は問題ですよね。
帰化された移民の方や、混血の日本人にとっては「人種」差別以外のなにものでもないと思います。肌の色などで「日本人ではない」と判断し、そのような相手を優先的に職質すること自体、慎重さが必要な行為だと思います。(たとえ有効な検挙手段だとしても)

警察の職務質問や捜査に関しては、やはり警察官に対する人権教育の問題だと思います。

そもそもdia felizさんが今回提供されたような話題を小・中・高校で人権教育としてほとんど取り上げないことが日本の閉鎖性、自己完結性を象徴しているように思います。警察や行政だけの問題ではなく、国民レベルでの理解が深まらないかぎりこの問題の根本的解決は難しいでしょうね。

他記事になりますが、文化レベルでの交流がこうした問題への理解・関心の助けになると信じていますので、イベントできるといいですよね!!具体的な構想がおありでしたら是非ブログでも紹介してくださいね^^

長文となってしまい申し訳ありません。
> dia feliz さま SAO さま
rosaです。コメントいただきありがとうございます。
SAOさま、同じ状況ですね。コメント読んで色々思いがこみ上げて泣いてしまいました笑
結局、彼とは私から今別れを切り出し、距離をとっている感じです。私も同じで、未来を想像するとお金のこと、福祉的な部分などで悩む光景が浮かび、今の自分にとっては重圧でした。何をするにも、今でもお金の問題になってしまうのがやりきれません。本当はもっと彼に愛を伝えたいのに。でも彼には伝わりません。伝わるのは、お金を気にする私、そして私が彼自身の日本で置かれている立場をつきつけているようで。私が彼を追い込んでいるんじゃないかと思います。

でも言いたいのは、結局は、「愛」ですね。たぶん。彼を心から愛していると言えるなら、わかりませんが、障害を苦しくても、乗り切ってみようとトライしてみるものかもしれませんね。

この経験で思うのは、愛があってもお金が関係するとだめになる。と思う一方、でもやっぱり愛があればお金なんて、かもしれません。ん~矛盾ですね。

ラティーノと付き合うというより、彼という人間と付き合っている、と思える自分になりたいものです。

イベント、素敵ですね♪
ラティーノスタイルのイベントがいいな。(ってどんなかわかんないけど)
>SAOさん

そうですね。犯罪組織や犯罪者、特に日本人の組織と結託してる組織には日本の入管や警察は甘いですよね。取り締まりの優先順位が違うような…。

>あおいさん

アメリカでは憲法違反の人種差別と大議論になってることが日本ではみなが知らないうちに行われていて、国連から人権侵害だと勧告を何度も受けてるのに日本は無視しつづけてる、んですよね。。。 まずは国連から勧告されてることから改善すべきだと思うのですが。
そうですね、文化の交流がこういう問題の理解につながりますよね。
相手を知らないからこわいのであって、相手の文化とか人を知っていけば理解できるようになると思うのですが。。。そういうふうになればいいですね。

>ROSAさん

彼とのことは大変ですが、今はしばらく距離をおいて彼とのことを考えてみるいいチャンスなんじゃないかという気もします。
出稼ぎの人とつきあうと金銭問題がけんかの種になることがあります。そういう人と結婚した人にも幸せな結婚生活を送ってる人はいるし、逆に最悪の結果になった人もいます。 愛なのかお金なのかをよーく見極めないといけないけど、なかなか巧妙な人もいるので、難しいですよね。
貧乏だと同情してたら、仕送りによって本国の家族は大きな家で豊かな生活をしてるケースもあるし。
相手がどういう人間性なのか見極めるのは、日本人にしろラティーノにしろ同じだと思うので…。

ラティーノや南アジアの人はみんな貧乏な人や出稼ぎの人ではなくて、いろんな人がいます。ラテンやインドなどは貧富の差や階級の差が激しい国なので、お金持ちはハンパなく超リッチ。ビル・ゲイツより金持ちのメキシコ人もいます。
日本にいるラティーノにも様々な人がいます。
日本在住のラティーノには出稼ぎの人が多いので、ラティーノはこういうものだっていうイメージができていると思いますが、実はさまざまな人がいるので…。
>rosaさん
私も過去を思い出して泣いちゃいそうになりました(恥)
今にして思えば、金が愛をだめにするのではなく、金で愛が試されるっていうことかな。彼を深く愛していて、どんな状況も受け止める覚悟ができるほどの愛が、自分にあったなら、乗り越えようとしたはずでした。

私は相手を中近東だから・・・という目でみたことはないつもりですが。。。人それぞれ、背負う過去や家庭環境、病気など日本人同士でのつきあいでもいろいろありますよね。。
そんな時、そのような障害を乗り越えるだけの愛がお互いにあるのか見極めるのは、結婚には大切だと思います。そして受け止められなかったとしても彼も自分もどちらも悪いわけではありません。
別れを選択したとしても、彼には彼にもっとしっくりくる、自分には自分にもっとぴったりの別の誰かがいるはずですから。。あまりご自分を追い込まないように、、
どのような選択をされたとしても、後悔なく考えた末のことであれば必ず良い方向に行くと思います。私も同じことで悩まれたことを知り、勇気をもらいました。
ありがとうございます。イベントでお会いできたらいいですね!
>dia felizさん
別のトピックでしたが・・私個人としては、ネット上のみのつながりはあまり好きではないので、できればイベントで、このような悩みを共有できたり、踊らないけどラテン文化に興味があるとか、そんな人も来れるような交流イベントになるとよいかな?(広報が難しいですかね。。)
Re: タイトルなし
そうですね。
ダンスだけじゃなくて、ラテンカルチャーとかラテン好きとかラテンの人と交際してるとか、なんかラテンつながりでつながれるようなコミュニティやイベントがあったらいいですね。。。

ラティーノとかの交際についての話だけど、ここでは書きにくいこともあるので、もう少し深い話だったら
ブログのメールフォームからメッセージください。そこで話しましょう♪

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter