ノーマルなサルサ

先日クラブに行ったとき、ラティーノと踊ったら、

「おっ、君は ノーマルなサルサ を踊れるんだね!! 」と言われました。

ノーマルなサルサっていうのは、ラテンアメリカ人が踊ってるサルサのスタイルです。

くるくるスピンしたりしないやつ。

へええー、 ノーマルなサルサ っていうんだ。。。。




「やっぱり、ノーマルなサルサがいいよね~。これこそがサルサだよ」と彼。




別のラティーノと踊ったときも、「君はダンス上手だね~。ちゃんとサルサ踊れるね。  でも、このまえ日本人と踊ったら、“なんでくるくるまわしてくれないの?”ってきかれたから、そういう踊り方できないって返事したら、“あっそう、じゃもうあなたと踊りたくない”って言ってその日本人の女は曲の途中で去って行ったんだよ、すごくショック受けたよ。」と悲しげに言いました。

私が、「日本でサルサ踊ってる人のほとんどがレッスンでサルサを習ってるからね」と言ったら、「そうだよね、あれは競技会系のサルサだよ。 でもラテンアメリカではこっちが普通なのにね」とそのラティーノが言いました。




他の日に知り合いのラティーノと彼の友達(ラティーノ)と3人で踊りに行きました。
彼の友達と私が踊るのを見て、「ほら、くるくるスピンさせなよ。もっとターンとかさ、いろいろやらなきゃ」と友達にはっぱかけてました。
私と一緒に踊ってる子が「うるさいな~、ほっといてよ」。
すると友達が「そんな踊り方じゃ相手からつまらないって言われちゃうよ。もっといろいろやりなよ」とけしかけます。
私と踊ってる人が、「ノーマルなサルサがいいよね。 あんなの踊りたくないよ、やだよ」と彼は言いました。

くるくるまわれとけしかけたラティーノ、私は数年前から知ってるんです。
最初に彼を見たのは、ラテンクラブでのサルサレッスン。
私はレッスンとってなくて、お酒飲みながらレッスンが終わるのを待ってました。
するとレッスンの生徒にラティーノがいたんです。
ラティーノがサルサレッスン受けてるのを見るのは初めてだったので、おもしろくて眺めてました。
ラティーノは腰で踊るから重心が低くて、足のステップで踊るやり方がにかなかなじめない。
すごく苦労してました。

レッスンが終わってから、その人と踊る機会があったので、そのときに「あなたラティーノでしょ。ちゃんと踊れるじゃん。 なんでラティーノなのにレッスン受けてるの? 」と私が聞いたら、
「だって、レッスン受けて日本人と同じように踊れるようにならないと、クラブで日本人女性と踊ってもらえない。だからレッスンとって、ああいう踊り方を学んでいる」と答えました。

ラティーノの中にはときどき、日本人と踊るためにレッスンとる人がまじでいるんですよ。


で、彼の数年後ですが、今ではすっかり日本人とLAみたいなサルサ(厳密にはLAではないけど、LAぽい)踊ってます。
スピンとかターンやって。
そのおかげか、日本人のサルサ友達がたくさんいて顔が広い。
インストのおねーさんともしゃべってた。
日本人ばかりのイベントだったけど、次から次へと相手をかえて踊ってました。

ずいぶん彼も変わったな~。

確かに彼が友達にアドバイスするように、「ノーマルなサルサ」を踊ってたら、いつまでたっても日本人女性にはサルサ踊ってもらえないかもしれない。。。。

私みたいな「ノーマルなサルサ」を踊る人はかなり少ないと思うんで…。


関連記事

この記事へのコメント

はじめまして。
いつもこっそり!?ブログ拝見させていただいてます!

私もサルサは大好きなのですが、ラティーノなのにレッスンを受けている人は結構いますよね。
ペルー出身のラティーノで 私に「サルサ教えて!」と言うので踊ってみると、彼は全然踊れるんですよ。
あの、独特のバウンスが入るラティーノスタイルを。
「踊れるじゃん!!」と私が言うと、彼は「回すのしたい!」と言うのです。
日本仕様でしょうかね...?
どんなスタイルでも踊れるのは理想的ですが、その時ちょっぴりさみしい気がしました。
Re: タイトルなし
こんにちは!
「こっそり」と言わず、どんどん発言してくださいね。コメント歓迎です!

そうですね、ラティーノなのにレッスン受けてる人いますよね。
日本人でサルサやってる人のたぶん7割はLAだし、LAができないと、日本人の私でも初心者扱いされてなかなか踊ってもらえないですからね~。
確かにちょっとさみしい気もしますね。
わたしもサルサ習ってましたが、ノーマルサルサに慣れていたので、勝手が悪くてすぐ止めちゃいました(笑)
あっちのサルサが当たり前だと思っていたわたしにとって、日本のサルサは機械的な感じがして、どうもしっくりきません。。
音楽聴きながら楽しく踊ることよりも、いかにキレイにすごい技をやるかがメインだし!
Re: タイトルなし
そうですね。
レッスンサルサは、ノーマルサルサの人にとっては機械的な感じがしますよね。それは前にブログに書いたように、音楽じゃなくてカウントで教えてるから、音楽は関係なくカウントで踊ってるんですよね(どんな音楽でも)。
それが音楽をききながら、音楽やリズムに合わせて体が動く人と違ってきちゃうんじゃないかしら
海外在住なので 日本のサルサ事情がいまいちよくわからないのですが、私のいるアメリカ中西部は踊り方もいろいろです。LAスタイル(Salsa)の人もいるしNYスタイル(On 2) もいる、またまた キューバンスタイルの人もいます。 とりあえず誘われれば どのタイプの方とも踊りますけど でもやっぱり私はOn 2が一番好きかもしれません。 でも こっちではあまり ”このスタイル”っていう感じで決めて踊っている人はいないようです。そういえば”ルエダ”踊る人もいましたー。 まあ これは人数が集まらないとできないですけど。 しかもこっち 超うまい人からえ~っ!っていう人までいろいろです。あっ、人種もですね。 なんとなく日本のサルサ事情がわかったような気がします。でも きっと日本人のことだから きっちりリズムにあったきれいなSalsa踊るのでしょうねー。 
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
アメリカの中西部はそんな感じなんですね~。
いいなーアメリカ。
サルサの本場だけにアメリカでサルサ踊ってみたい…。

今度ブログで書こうと思ってたんですが、日本以上にレッスン中心主義の国って他にもあると思いました。
日本はラティーノが多く住んでるのでラティーノからこういう意見がでてきますが、ラティーノがあんまり住んでないけどサルサ流行ってる国もあるし。
(ラティーノ以外で)サルサ習っている人たちの主流はやっぱり競技会系のサルサなのかもしれないですね。
断然ノーマル派!です。

相手にもよりますが純粋に楽しいんですよね。
音楽、ダンス、相手と3身一体に楽しめてる感が
あります。

型にはまるより自由に音楽を体で楽しみたいです。

Re: タイトルなし
こんにちは♪

> 音楽、ダンス、相手と3身一体に楽しめてる感

ああ、それありますね。
「相手」は人によりけりだけど… 笑。
一晩に一回でもその3つがぴったりあったら、クラブに来てよかった、って思います。



コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter