不況での生活

昨日のつづきです。

日本で暮らす日系ラティーノの一家の話を昨日書きました。

それには後日談があります。

両親の計画としては一生懸命働いて、日本での教育とは別にラテンアメリカのことも知ってもらってスペイン語もおぼえてもらおうとがんばってました。

ところがその途中に不況になってしまって、お父さんが仕事をくびになってしまったのです。
しばらくは失業手当で暮らしてましたがそれもなくなりました。

お父さんは40過ぎてるから、次の仕事はなかなか見つかりません。
お母さんは日系人で見た目もちょっと日本人ぽいけど、お父さんは純ペルー人。
日本語はコミュニケーションとれるくらい話せるけど、漢字も読めない。

今は日本人もハローワークにひしめいていて、ハローワークに行ってもまっさきに「日本人だって仕事ないのに外国人にまわってくるわけがない」と一喝されてしまいます。


ペルーに子供二人を連れて帰ってるお母さんも、飛行機チケット買うお金なくなったからペルーから日本に帰ってこれなくなってしまいました。

子だくさんで仕事みつからなくて困ってるから、助けてやってくれないかと私たちに頼んできました。
漢字が読めなくてネットで仕事探せないということで、私がネットの求人サイトを探してあげました。
結局安いけれどアルバイトが見つかりました。
でも大家族を日本で養うようなお金ではありません。

昨日話した長男は、私立の専門学校に行きたいと言ってたのですが、授業料が高くて払えない、どうしようとお父さんは悩んでました。
かわいそうだけどあきらめさせるしかないだろうか、と相談されました。

あるだけの貯金は生活費に使っていたから、ペルーに帰るにも旅費もないし、家族はバラバラになってしまったし、これからどうやって日本で生きていくか悩みだらけ。
関連記事

この記事へのコメント

むづかしいです
この不況で昨年あたりは、私も非常に気分的に暗かったです。
どれを見ても聞いても厳しい状況だったので。

今は世の中がどの方向のいくのか見極めていかないといけない、むづかしい時期。
なんとか活路を見出してくれたら思っております。

でもこんな時期にラテンアメリカから日本にやってきた知り合いは取りあえずレストランに就職しました。
ラティーノのための情報があったはず
確か主人がラテンアメリカ人のための就職情報雑誌(?)のようなものをぱらぱらめくってるのを思い出しました。
スペイン語かポルトガル語だったのですが、東京、静岡、浜松、群馬などの仕事情報があったはずです。

その雑誌がまだあるかどうか、今から早速探してみますね。
善は急げ、といいますから。
ありました
Acha Fa'cil Guia de Compras e Servicosという機関です。
www.achafacil.jp
で検索できるようです。

仕事情報の他に、様々な生活情報がポルトガル語とスペイン語で掲載されているらしいです。
ありがとうございます。
コメントの返事は、トピックに続きとして書いたので読んでくださいね

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter