アレ

このまえ私がレゲトンを歌ってたときのことです。

前にこのブログで、 クラブでよくかかるレゲトン、 と紹介した 
Wisin y Yandel の RAKATA でした。








この曲の中で、悩ましい女性の声で

Papi, Dame lo que quiero   というフレーズがあるんですが、


papi, Dame lo que quiero というのは、
英語でいうと  Baby, Give me what I want という意味です。


Dame は、give me という言葉で普通に使います。
だから何かを拒絶したいときに「ダメ!」とラティーノに言うと反対の意味にとられちゃうかも!?
ダにアクセントがついて「ダメ」というと、「ちょうだい」っていうことですから。


そういえば、以前このフレーズをクラブで踊ってるときに口ずさんでいたら、「yeah-----」と言いながらラティーノがぎらぎらした目つきで近づいてきたので、キモい、と思って逃げました。

それもあって、これってHな意味なんだなって思ってました。


ラテンアメリカ人の友達に意味を聞いてみたら、
「普通の文の意味では、 ”私のほしいものをください” なんだけど、
女が男に 〝アレちょうだい~” ってことだよ。
これを puta が言ったら、 男にズボンおろしてアレを出せ、って言う意味だよ、と答えました。

(ちなみにputa というのは、売春婦です。 英語でいうslut , bitchの意味でも使われています)

やっぱり…。

その人が
「レゲトンの歌詞(スペイン語)は悪くて汚い言葉が多い。 
ほんとに汚いスラングが多いし、Hねたが多いから、女の子は歌詞を覚えないほうがいい。
レゲトンの言葉には気をつけたほうがいいよ」
といいました。

確かにレゲトンは汚い言葉多いですねー。
アメリカのHIPHOPにも暴力的な言葉が結構あるけど、レゲトンはHな話が多いですね 笑



ブログ内関連記事:
「wisin y yandelとジェニファーロペス新曲」
「Tu Olor」
「パンパンパン」
「Wisin Y Yandel」
「クラブでかかるレゲトン wisin y yandel」
関連記事

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter