閑散。。。クラブではNo dancing 

地元のバーに行きました。
週末は日替わりで音楽もかかってます(DJはいない)。
ラテン系じゃないです。

その日はHIPHOP。

普通なら入口に入るために人がたまってるのに、その日は中に入ったら誰もいませんでした。
12時過ぎてるのに。
一時間いたけど、来たのは2人だけ。
「今日はなんで誰もいないの?」とその来た客も叫んでました。

入口からクラブ内、トイレに至るまで、「No dancing. ダンス禁止」の張り紙があちこちにべたべた。
説明を読んだら、「警察の指導によりもうダンスはできなくなりました。絶対にダンスを踊らないでください」と書いてありました。

しばらくしたらつまらなくなったので、店を出ようとしたら、店の出口のところにたくさん警察がきて他の店の人ともめていました。店の人は一人しかいなくバーの看板を撤去させてたようですが、警官は10人くらいいて、大袈裟だなと思いました。


そういえば、クラブは変わりますが、
某有名な中南米人ばかりのラテンディスコに行こうと思ってイベントをチェックしようとHPみたら、HPがないんですよねー。
クラブもしかして閉まっちゃったのかな、と不安になっているのですが。
ラティーノ情報によると、最近、そのクラブでけんかがあって、警官隊が大勢でやってきたそうです。
で、ついでにけんかに関係ない人たちもひとからげに警察が捕まえたらしい。
もしかして同じ県内の某所みたいに閉店させられちゃったのかしら????


いま不況でいろんな暗いニュースがあるしこっちも息がつまってるから、連休くらいちょっと踊りに行きたいと思ったのに、そんな小さな庶民の楽しみも国は奪うのでしょうか。。。


ブログ内関連過去記事:
「震災後、”元気を出せ”っていいながらダンスを奪う日本」
「風営法の標的はペアダンスだった」
「サルサのどこが善良な風俗を害するペアダンスなの?」
「ダンスはいくら弾圧しても死なない」
「ダンス全般が風営法違反だって。公民館レッスンさえ」
「クラブの取り締まりに対抗するには」
「ダンスは善良な風俗を害するもの」
「サルサバーが閉まっていく」
「ビーチサルサの危機」
「閑散…クラブではNo dancing」
「あのクラブまでもがクローズ!」
「六本木のクラブ次々閉鎖」
「クラブ消滅の危機」」


関連記事

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter