不況の影響

リーマンショックにはじまった世界恐慌の影響はどんどん広がっています。
日本の企業も大きな損益を出していて、大規模なくびきりが行われています。

派遣やアルバイトなどの、非正社員がどんどん解雇されています。
特にまっさきに首を切られているのが、外国人の派遣。

特に打撃が大きいのが自動車関連。
トヨタは75%の減益で、海外工場で働く人を解雇したり工場を数日ストップ。日本でも解雇や減産してますから、トヨタの下請けはさらに厳しい状況になっています。
おとといはいすゞが派遣を1400人、来月いっぱいで解雇すると発表しました。

栃木、群馬、浜松、神奈川、愛知、いずれも大企業の工場があるのでラティーノが多いのですが、ここ最近大勢のラティーノたちが職を失い、次の職も見つからずパニックになっているそうです。

私のまわりでも、今日は40人一斉解雇された(日本人含めて全体で)、誰々がくびになって妻子がいるから困っている、というような話を毎日聞きます。

急にくびになったら、奥さんや子供たちはほんとに大変だと思います。もしこれを読んでる方にそういう方がいたら心から同情します。心配だし気分も暗くなります。

アメリカやスペインなどで働いていたラティーノにも本国に帰る人が増えてると聞きます。きっとこれから日本を出ていくラティーノが増えるかもしれませんね。

街ではクリスマスのイルミネーションが華やかですが、みんなの表情は晴れやかではないようです。


でもここ数年の好景気はちょっと異常だなと私は感じてたし、経済発展で地球環境の破壊がすすみました。
この世界恐慌は、21世紀の地球を考える上ではいいチャンスなのかもしれない。
関連記事

この記事へのコメント

苦しい冬になりますね。
私も毎日そういう話ばかり聞きます。ある人がラテンアメリカから日本にこようとする家族にたいして”今は来てはダメだ。本国で仕事を見つけろ”とアドバイスしてるとかいう話も先日聞きました。資源の豊かなラテンアメリカは日本など先進国の投資が入り、向こうで仕事が見つかる状況らしいですよ。コロンビアのサンタマルタでは日本によるパイプライン建設のためたくさん雇用が発生してるらしいです。日本人も現地は大勢行ってると。

この状況をなんともなく、しのげてるラティーノはやはり勤勉さとプラス日本語が流暢である人。そうして早く社員として雇われることでしょうね。でも今の経済状況では至難の業ですが。。。

こういう時ほど気をしっかりと持って日々を過ごさないといけませんよね。
そうですね
そうですね。ラテンアメリカはここ最近、経済発展が急上昇してましたよね。特にメキシコ、ブラジルへの投資は増加していたしGDPも高かった。コロンビアや他の国もおっしゃるように資源が豊富なので、日本を含め各国から取引したいという話がたくさん来ているそうですね。

日本は資源が少ない国だから、オイルの値段などが上がると打撃をうけるけど、こういう資源が多く農作物や海産物なども豊富な国はこれから強いのかもしれませんね。

ラテンアメリカの状況をきいたところ、国によってはまだ経済は別に変ってないということでした。

バブル期にたくさんいたイラン人がバブルの崩壊とともに激減しましたが、この不況でかなりの数の外国人が帰国する可能性もありますね。

景気がよくて人手が足りないときは、企業も積極的に賃金が安い外国人を使っていたのに、経済が悪くなるとまっさきにくび。
日本人の派遣もそうですが、やっぱ使い捨てなんですね。

でもこれから持続可能な社会をめざしてゆっくりスローライフしていく時代にやっと入れるのかなという気もします。

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter