ハートをとおして足に伝える

友達の知り合いにアルゼンチンタンゴをやってる人がいます。
以前は社交ダンスをしていたそうです。

社交ダンスは、常にパートナーから顔をそらして顔を見ない。 みんなに「みせつける」ダンスを披露する。

でもアルゼンチンタンゴは、内に向いたダンス。
ダンスも内に、内に踊るし、相手とほほをくっつけ、まわりはまったく関係ない二人だけの世界をつくりあげる。


私が前にブログに書きましたが、アルゼンチンは昔とっても移民が多くて言葉が通じなかったので、男女はダンスでアプローチしあったとか。だからタンゴは男女の恋のかけひきとか、求愛とか、情念というイメージがあります。

まあ私は、ラテンダンスはサルサを含め、男女のかけひきや愛情表現だと思ってるんですけどね。



アルゼンチンタンゴは技術がうまいだけじゃダメ。
若造には踊れない、といわれてるくらいです。
人生経験を積んだ大人にこそ踊れるダンス。

(競技会以外は) ほとんどアドリブで踊ってるそうです。


アルゼンチンのストリートでタンゴを踊る人たちをテレビで見ました。
いぶし銀みたいなおじさんが踊ってて、それがかっこいいんだ~。 渋すぎる。。。



「味」 があるんですよね。

技術がすぐれてて表面はきれいなダンスは、華麗ではあるけど、 「味」はない。


「味」ってスペイン語だと 「sabor」 (サボール)にあたると思います。

タンゴもサルサも、その SABORが 一番のキーポイントでしょう。



たとえばサルサも、キューバの街角で踊ってる太ったキューバ人のおばちゃんのサルサにはサボールを感じるでしょ。



アルゼンチンタンゴの先生が、

「音楽とリズムを感じて、それをハートをとおして足に伝える」

って言ったそうです。


いい言葉ですね。


私はいつも、 「音楽とリズムを感じて、 コラソン (=ハート) で踊ろう」 って言ってるけど、おんなじだ!



関連記事

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter