AX

おいしい

このまえ食事のときに、「おいしいか?」と聞かれたので、  RICO! (おいしい) と答えたら、
「え? 君はおいしいをRICOというの? うちの国ではぜんぜんきかないなー」といわれてしまいました。

ごぞんじのとおり、私はスペイン語を勉強しておぼえたんじゃなくて、友達との会話の中で自然とおぼえました。
だから友達がしゃべってる言葉をおぼえてしまいます。

私のまわりにいるラティーノたちは(数カ国)、おいしいをみんな RICOというので、私もRICOといってました。

RICOを使わないと言った上記の人はチリ人。
じゃ、delicioso を使うのかな?

チリとアルヘンティン(アルゼンチン)はスペイン語が変、と他の中南米人がよく言ってます。実際アクセントが聞きづらいらしいので(特にチリ)、語句も違うのかも。
私はチリとアルヘンティーノのスペイン語はよく分かりませんが。



RICOは、セクシャルな意味でも使います。
 
「Que Rico ~!!!!! 」

とか
  ↑
そんなこと昼間から教えていいのか????




関連記事

この記事へのコメント

rico y rica
パラグアイでもrico、sabrosoをよく使うそうです。
国によって本当に使い方が変わってきますよね。
パラグアイではハーブや薬草のことをYerba buenaというのに、メキシコではそれは主にマリファナを指すそうですから、単語によっては注意が必要なんでしょうね。
ハーブ飲むってパラグアイ人が聞いたら、メヒカノにとっては「ハッパやる?」って聞こえるんですね? 
それはまずいわ。

パラグアイはricoとsabrosoを使うんですか。
国によっていろいろ違うから面白いですね。
メキシコでもYerba buenaはハーブのことだよ。マリファナを指すのは下品な言い方、又はスラング、特にメキシコシティで。

メキシコは美味しいを指す言葉と語句多く使う、例えば rico, sabroso, delicioso, qué/está rico, qué/está sabroso, está delicioso...
Re: タイトルなし
> メキシコでもYerba buenaはハーブのことだよ。マリファナを指すのは下品な言い方、又はスラング、特にメキシコシティで。
> メキシコは美味しいを指す言葉と語句多く使う、例えば rico, sabroso, delicioso, qu醇P/est醇@ rico, qu醇P/est醇@ sabroso, est醇@ delicioso...

教えてくださってありがとうございます。
そうですね。私もメキシコではrico sabroso, delicioso使ってました。
チランゴ(メキシコシティの人)が、マリファナのことをchurro de motaともスラングで言うって言ってました。

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログの記事内容の無断転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの転載は禁止



TWITTER
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア