英語まじりのレゲトン

ラテンの曲には英語が混じってるのもあります。
少しでも英語が入ってると意味がわかりやすくていいですね。

レゲトングループは圧倒的にプエルトリカンが多いのだけど、プエルトリコはアメリカ領土です。


さて、今回紹介するのは、Rakim Y Ken の 「Down」です。
タイトルからもう英語なんです…。

この人もTito Bambinoとはるくらい、“レゲトン界では” ビジュアル系かな。。。

ビデオを見れば曲の内容もわかると思います。
とっても分かりやすい。
大好きな彼女に去られてしまってがっくり落ち込んでる男の子の曲。

歌詞の和訳は別のブログに移動しました。
こちらをクリックしてください

http://diafeliz.jugem.jp/?eid=54



この曲はクラブでもたまにかかりますし、レゲトングループもカバーして歌ってます。
レゲトンの曲の中ではメロディアスだし、私は好きな曲です。









関連記事

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter