サルサの本場は?

昨日の続きです。

キューバがサルサの本場、とよくいわれています。

でも、サルサってそもそもアメリカで生まれたのでは?

私の記憶では、アメリカのNYでニューヨリカン(ニューヨークのプエルトリコ系アメリカ人)が中心になって1960年代に生み出されたはず。

ラテン音楽(もちろんキューバの音楽が主にもとになってます) にpopsやジャズやR&Bなどいろんな音楽がMIXされてできたので、サルサ(ソース)という名になった、らしい…。

アメリカではラテンクラブやコングレスは盛んだし、アメリカには4000万人ヒスパニック住んでます。

サルサの本場といえば、アメリカ。。。???



関連記事

この記事へのコメント

サルサの生まれは
書かれてる内容で合ってるんじゃないんでしょうか。
サルサの名が示すとおりで。
知り合いのラティーノもそう答えます。

キューバやプエルトリコの音楽を母体にし、アメリカで流行ってたJazzやRockやR&Bが混ざっていく。
サルサを聞いてるといろんな要素を感じるから。初期のサルサってモロJazz?って感じのも多い。

ところで当時のニューヨークのナイトクラブは音楽的に最高に楽しい時期だったんでは?と思います。あるゆるジャンルの融合・試行錯誤の連続で。

今のサルサミュージック界は正直、少し惰性・・・
才能ある若い子はサルサには行ってない気がする。
本場
追記

生まれは答えられても現在の本場はどこ?となると急に答えられなくなりますね。

多様な発展を遂げたと言えるんだと思います。
ニューヨークで生まれてそしてラテンアメリカ各国に飛び火したという事でしょう。世界中でそれなりに踊られるようになりましたし。
ラテンの輪
じゃかえって、初期のサルサのほうが自由で楽しくて、今のほうが型にはまってしまったということなんでしょうか?
あんまりサルサの歴史に詳しくないんですが。おもしろいですねー。
60年代はJAZZも盛り上がっていたし、ボサノバも生まれたし、おもしろい時期だったでしょうね。
今は新しい音楽が生まれない時代。
型にはめなかったら、ラテンももっと発展していくのかもしれないですね。

サルサはほんとにインターナショナルになりましたね。
ヨーロッパの各地で流行ってるし、アジアでも。中国だってサルサの人気があがってるそうですし。
いいことだと思います!
ラテンの輪がもっと広がってほしいです。

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter