ドミニカーノスのバチャータ

「日本では、バチャ-タって Aventuraと Monchy Y Alexandraしかかからないのね」とドミニカ人の女性からいわれました。

「まさにそのとおり!」と私は思わず言ってしまいました。
前にこのブログでも書きましたが、日本のラテンクラブでかかってるバチャ-タは、ほぼ上の2つのグループの曲と言ってもいいくらい。このCD買えばカバーできる。あとはAndy Andyがたまにかかるくらいかな。

ドミニカ共和国は、メレンゲとバチャ-タの国です。この国からメレンゲとバチャ-タが生まれたので、もちろんメレンゲとバチャ-タが盛ん。

メレンゲはなんと1840年代に生まれて、バチャータは1950年代だそうです。サルサよりずっと古いし、メレンゲが昔からあったとはびっくりしました。

ちなみにドミニカっていうと2つ国がありますが、ドミニカ共和国のほうで、キューバとプエルトリコの隣で、サミー・ソーサなどの野球スターを生み出してる国です。



ドミニカで一番人気があるバチャ-タグループは、上記の2つじゃないそうです。日本ではあんまり知られてない。曲いろいろきかされたけど知りませんでした。

メレンゲも日本のラテンクラブでよくかかる曲と違うのばかり。



私はラティーノスと踊るバチャ-タには自信あったんですが、ドミニカ人たちからは ダメだしされました。「だめだめ、違う!」って。
ステップ踏んでみてっていうので、踏んだら、違う違う!!って。

日本で教えてるバチャータや、他の国のラティーノスたちは、1,2,3 腰をシェイク で踊ってるでしょう。
けれどドミニカ人は違うんです。

特に女性は、腰骨から下をうねうねと動かしてて、こんなのほかのラティーナでも見たことないのでビックリしました。
足も1,2,3じゃなくて、床にすり足のように動かしながらもっと、複雑なステップ踏むんです。派手なアクションはないけれど、これはドミニカ人にしかできない。すごすぎる…

関連記事

この記事へのコメント

その通り!
いつも楽しく拝見してます♪
私の恋人はドミニカ人なので、
現地の素敵な音楽や踊りを目の当たりにしてます。

全然日本のそれとは違うんですよね・・。
ドミニカ人のバチャータ&メレンゲは彼等にしか出せない独特の味わいと間合いがあります。
そして何より彼等はシンプルに踊るからとても気持ちいいのです!
今巷で流行してる技いっぱい&蟹歩きだけのものより断然面白い。
あのすり足みたいに動かす足さばきには惚れぼれします。

音楽も、ドミニカで流行ってるものが
日本では全くかからなくてつまらないです・・・↓
もーっといい曲沢山あるのに残念ですよね。
そうなんですよ
コメントありがとうございます。
そうなんですよね!
分かってくれる人がいてよかったです。
ぜんぜん違う。
あれは見ないと説明しようがないんですけど。ドミニカ人にしか踊れないのかもしれませんね。

日本でバチャータ教えてる人のバチャータをドミニカ人が見たら、びっくりすると思う。

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter