AX

電車で見たヒスパニックとアメリカ

以前、週末の夜に電車に乗っていたら、前にアメリカ人の若者たちがいました。独特のヘアスタイルなどで米軍基地のマリン(海兵隊員)とすぐわかります。そのとき寄港していたキティホーク(空母)の乗組員で、週末に六本木に遊びに行く途中なんでしょうね。

顔にまだ幼さが残り、まだ高校生みたい。

沖縄や横須賀基地は、アメリカが他の国に侵攻するときの出撃基地になってるんです。イラクもアフガンも湾岸戦争もここから出撃していきました。

きっとイラクに送られている兵士たちも、こんな少年なんだろうな…。

彼らのうち1人が白人、2人が黒人、あとの3人はヒスパニック系(ラティーノ)でした。ヒスパニックの子同士はスペイン語で話していました。

きのう、マイケル・ムーア監督のアカデミー受賞作品「華氏911」をスカパーでやっていたので見ました。見たのは2回目です。


華氏 911 コレクターズ・エディション [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2004-11-12)


監督はミシガン州のフリントの出身。フリントはアメリカの大手自動車メーカー、ゼネラルモータース(GM)の工場があり、住民の多くが工場で働いていました。ところが、GMが工場を閉鎖して大量解雇したので、フリントは死の町と化したのです。でも政府は助けなかった。(詳しくは彼の映画「ロジャー&ミー」「ザ ビッグワン」参照)


ロジャー&ミー [DVD]
ロジャー&ミー [DVD]
posted with amazlet at 10.01.28
ワーナー・ホーム・ビデオ (2003-09-05)


フリントは今や失業率が半数以上。若者達は仕事がない。そこにしつこく海兵隊がスカウトにやってくる。 「軍隊はいろんな保障がすごいよ、海外を見てまわれる、高等教育も受けられる、ホリデーもある、家族を食べさせられるよ」、と巧みな言葉で、高校出たばかりの若者を軍隊に入れている。だからフリントは家族に軍人がいる人が異常に多いそうです。そしてイラクやアフガンの戦地に送られてる人も多い。イラクで息子が戦死した母親が「ムダ死にさせた」と泣いていました。

マイケル・ムーアの映画に共通してるのは、一部の権力者が自分達の欲のために、まじめに生きてる市民を犠牲にし利用したり、他の国を犠牲にしている。アメリカに見捨てられた底辺の人たちがアメリカを支えている、それでいいのか、ということだと思います。

 

ヒスパニックだって、移民法改正でヒスパニック移民を追い出せと冷たくしておきながら、一方では安価な労働力や軍隊には欠かせない存在、として使ってるそう。

 

 来月でイラク空爆から4年たちます。

関連記事

この記事へのコメント

v-217
felizさんの今回のTOPICも現在世界に慣行している大きな1つの問題の核心をついてると思います。地位や名声、金を求めて田舎から上を目指す世界中の若者達。人種は様々、今を生きる貧しい若い世代が華々しさを追い求める。夢や生き甲斐を持てず、戦地へ行こう、帰ってこれればヒーローだ…だったらと戦場へ行く構図。対戦しなくてもいい国にムリヤリご立派めいた正義をふりかざし善と悪の押し売り。実際やってることはただの暴力。貧しい人達は金持ちや地位のある人や、戦争企業の道楽の道具じゃねえんだ!これはもう有史以来続いてる悪趣。このところのUSA、でもUSAだけではないですが大国と言われている国々に内包するかなりヤバイ問題だと思います。富と貧。この世界から戦火をなくすためにはこれをどうにかして本気で意味をなくす方向にいかなければならない!と思います。
ほんとですね
ほんとですね。

日本にいるアメリカ人が米軍兵を見て「あいつら、どうせアメリカ社会のクズだからいいんだよ」と言うのをきいたことがあります。

権力者はあちこちに戦争をしかけるけど、自分や自分の息子が戦地に行くわけじゃなく、どうせ社会のクズが行くんだからいいってわけなんでしょうか。

アメリカの一握りの権力者たちが、他の国の権力者と手を結んで、弱い人たちを利用して犠牲にしていく。。。
ラテンアメリカをはじめとして他の国はそのせいで大きな被害を受けました。
アメリカ帝国主義にはもうウンザリです。

leeさん、ぜひがんばって!!
難しい問題ですね
他国の内政に対する過干渉などに関して、アメリカを弁護する気は毛頭ありませんし、イラクに対する攻撃などには心からの憤りを禁じえません。
でも、軍があったからこそ大学で高等教育を受け、自分の望むキャリア・ライフスタイルを実際に手にすることができた知人も数人ありますので、一概に海兵隊のスカウトを「悪」と決め付けることにもためらいを感じます。とは言え、アメリカという国家のやり方に賛同するものではなく、むしろ個人的には傲慢でイヤな国だとも思っているんですけどね。

お金持ち/高い地位にある人が富を独占しているからこそ、こういったゆがみが発生する、と考えることもできるでしょう。でも、そのお金持ちがイニシアチブをとり、慈善事業に力を注ぐことによって救われている命、人生もまた多いはずです。
工場の閉鎖にしても、閉鎖された側にいた人々は打撃を受けますが、生産拠点の国外移転などで新しく工場のできた側の人々にしてみたら、こんなにありがたい話はないわけです。また、企業の収入の増加を通して国全体の経済規模が拡大すれば、長期的には国内の貧困層に対する保護・支援にもより多くの資金を割り当てることができるようになるわけです。

北米の一般市民の間で、チャリティがどれだけ生活の一部として自然に行われているかを目にしてきた身としては、日本の一般市民のチャリティへの無関心さの方がよほど問題であるとも思われます。日本のお金持ちが、ブランドのバッグ一つ買う分を我慢してチャリティに回したら、その総額はけっこうすごいはずですからね。

近現代の共産主義の崩壊などを見ると、個人的には、人間は「万人が平等」という世界で満足して生きていける動物ではないような気がします。個人が個人としての医師と価値観を持つ限り、万人が平等、なんてそもそもありえないとも思いますし。

貧困のせいで利用される人々がいることに憤る気持ちがあるなら、金持ちや政治家を責めるだけでなく、各個人が「自分に何ができるか」と考え、実行し、その輪を広げることも大事でしょうね。
M_Jさん におなじく…
本当に難しいですね。
権力を行使できる立場にいる人たちが、
それを正しく行使してくれないのはもちろん問題ですが、
それ以上に一般市民のあまりにも「無知」であること、
これも問題です。
確かに日々生活がいっぱいいっぱいでは生きていくだけで大変でしょうけれど…日本人である場合はある程度の人はもっと知るべきであると思います。
ほんとに日本はそういう意味で市民レベルの活動がかなり低いですね。
そしてマイケルムーアも、
着眼点はいいとして、
やはり「アメリカ」という社会でこそあの映画を表現できるという点でなんとも…


難しいですね。
万人の平等と個人(個性)は、
そもそも相反する概念ですものね。
うーん
MJさんたちがおっしゃってることはわかります。確かにそういうところはあるし、個人レベルで自分が何ができるのか、いろんなことを考えていかないといけないですね。

でも、今回のトピックで私が言いたい事とは論点が少し違うかもしれないなと思いました。。。

このまえアメリカ人で横須賀ベース(基地)で働いてる人(civilian)と話をしました。

そのときラテンナイトで、ラティーノがたくさんいました。

最近、戦闘部隊にヒスパニック、特にメキシコ人が増えたとそのアメリカ人がいってました。なぜかというと、軍隊に入ったら自動的にグリーンカードがもらえるようになったからだそうです。
ヒスパニックには貧しい人が多く、貧しい環境から脱出するために、給料が安定していて、高等教育を受けるチャンスがある軍隊に入るんだ、といってました。そのかわり、イラクなどの前線に送られるリスクもある、と。

海兵隊のスカウトを悪いとか、金持ちが悪いは言ってるわけでもないんです。MJさんがおっしゃるような、そういういい面も確かにあります。

でも、アメリカには一部の権力者が自分達の欲のために、弱い人や他の国を利用したり犠牲にする、というのが、かなり強い国だと思いました。そして世界の富がどんどんその一部に集中していく。それは世界のみんながわかってきたことだと思います。

フリントは、アメリカの政府や経済界に見放されて捨てられた死の町です。
今イラク戦争をしてるからみんな軍隊に入りたがらない。
フリントの若者が困窮してるのを知ってるから、軍隊は比較的裕福なエリアではなく、わざわざフリントを狙って、なかば強引にスカウトしてるんですね。
イラク戦争はオイルを狙った戦争みたいなものだし、権力者達の利益のためにフリントの若者のような人が戦地に送られてる、ということです。

ラテンアメリカ人にはアメリカ好きの人はあまりいないと思います。
なんでかというとそれだけひどいめにあってるし、アメリカの帝国主義を嫌ってるから。
ラテンアメリカが政治経済的に不安定になってる大きな理由にはアメリカがあるのに、経済的な困窮から嫌いなアメリカに移民や出稼ぎに行かざるを得ない。
私の友達のお母さんもアメリカに出稼ぎにいって、家族はバラバラです。
でもアメリカでは移民排斥が強くなってるので、軍隊に入る選択をする人がさらに増えているんじゃないかなと思います。
MJさんに同じく、その2
私も個人的には、アメリカに対しては、嫌悪感いっぱいです。
アメリカを弁護する意味ではありませんが、視点をかえれば、アメリカがここまでやってくれたからこそ、今の私達の住む日本だっていい思いをしてきた点も沢山あるとも思います。(基地問題含め)

確かに、フリント在住の人にとっては、大打撃をくらったかもしれませんが、失業率が上がったまま、というのは、それだけフリントの人たちは、GMに頼りっぱなし、と言うことですよね。
MJさんがおっしゃった通り、貧困になったからこそ、次になにが出来るか、を考え、行動するのが大事だと思います。
でなければ、状況は変わらず、憤りや喪失感の波長はどんどん広がるのみ。
そういう状況を作り出しているのが、実際は自分なのだ、という事に気がつかないと抜け出せませんよね。

Felizさんのおしゃる、「ラテンアメリカ人にアメリカ人好きはいない」その言葉、確かにそうだと思います。
ですが、彼らはいつも自分達が、アメリカの物質が常に身の回りにあり、それを好んで買い求めていることをいつも忘れます。
結局、自分たちにとって不都合な点ばかりをあげて、アメリカを批難し、自分達にとってもプラスになっている点については口をつぐみます。

アメリカが嫌いなのに、どうして、アメリカに移民するのでしょう?
アメリカに期待をしているからです。
矛盾していますよね。でも、これは、ヒスパニック移民率の多いメキシコ人の友達が教えてくれました。

1本の木だけを見ていくか、森としてみるか、視点を変えるといろいろ変わってきます。
ヒスパニック
ヒスパニックである私は、felizさんと全く同意見です。felizさんはよく私達ヒスパニックの視点からこの問題を書かれた、と思います。
色んな意見を拝見さしていただいたのですが、felizさんがアメリカ人を悪人扱いしているのではないか。。と皆さんが批判しているように聞こえます。

先ず、ヒスパニック系はアメリカ人やアメリカをアメリカという国として嫌いのではないのです。だから、アメリカから色んな面で影響を受けています。なのでアメリカへ行きたくなったり、アメリカ製の商品などを買ってもおかしくないのです。

問題はアメリカの政府です。今回のイラク戦争も自由のためなどと米は主張していますが、石油のためだと世界中がわかってるはずです。一部のアメリカ人の利益のためだと私は思います。

日本も含めて、世界の“ヒーロー”であるアメリカはどんどん色んな国に何気なく侵入している。。
ラテンアメリカの問題にも口出したりして、どの交渉でも彼らの利益を大優先にしている。ラテンアメリカの立場など考えた事はない。彼らの指示に従えば“手伝ってあげます”という考えの国です。多くのヒスパニック系はそう思ってます。

しかもアメリカはメキシコとの国境の間に大きな壁を作り始めています。不法移民対策として。。。

一方イラク戦争など命を落とす可能性大な地域に、金のない人達は戦争で先頭に送られる。家族を養うため。彼らはアメリカ市民にはなってない。。グリーンカードと言う約束で派遣されている。もし戦って死んだとしてもたったの120万円しかもらえない。

多くのヒスパニックは不法滞在している人達や国外で募集した人達です。私の国(ペルー)からは2000人近く派遣されております。彼らは現在アメリカで言う“自由”のため戦っています。何人か命も落としました。最近ペルー政府もその目的の労働派遣を認めなくなりましたのでこれからは増えないはずですが。。

もう一つ言いたいのは多くの出稼ぎ、移民はすき好んで行く訳じゃないです。母国でチャンスがなく生きるための選択であります。
私も好んで日本に来た訳じゃないです。(今は日本では幸せだけど)

だから、アメリカが嫌いのならなんでアメリカへ行くとか、なんでアメリカの商品を買うとか。。
そんな単純な問題じゃない。それだけ理解してもらいたいです。
NHKの
コメントありがとうございます。

このまえのNHKのドキュメンタリーでイラク戦争についてやっていたそうです。(他の人のブログ情報)

そのなかで言っていたのは、今、イラクの前線に送られているのは、低所得者層の若者たち。
ベトナム戦争時は黒人、今はラティーノ。
命を危険にさらしている。

彼らは、劣化ウラン弾の危険性を知らされておらず、劣化ウラン弾で負傷。
本人はめまい、がん、白血病を発症し、その子供には奇形児が生まれたりしている… とあったそうです。
確かに論点はズレ気味だったかも
念のために先にお断りいたしますが、もちろん、Felizさんがアメリカの全てを悪と決め付けているとは思っていません。そんな誤解を呼び起こす書き方をいたしておりましたら、ここでお詫びいたします。ごめんなさいね。

でもね、このブログを読んでいながら、Felizさんをそんなに浅はかな方だと思う方がよっぽど難しいと思うんですよ(^-^)

さて本題です。
低所得者層、"不法"移民など、利用され、迫害され、搾取される弱者の存在とその苦しみには心が痛みます。

それを実行し、世の中に不幸や憎しみや痛みを増殖させる政府やシステム、一部の人間の所業には憤怒を覚えます。

もし、それらを責めることで、虐げられている人々の状況が劇的に改善されるなら、それは責めて責めて責めぬくべきだと思います。

でも、残念ながら現実はそうではない。だから、少しでも彼らの苦しみを憂え、怒る気持ちを持ち、同時に彼らの助力となりたいと思うなら、するべきなのはアメリカを責める事だけではない、ということを言いたかったのです。「自分にできることはないだろうか」ということも考えるべきだ、と。

諸悪の根源が断たれるまでには、おそらく相当の時間がかかります。でもその間にも、たくさんの人々が苦しみ、犠牲となっていく。それを厭うからこそ、今の自分にできる、現実的で積極的な、「今苦しんでいる人々に対する助力」という関与のあり方も考えたいのです。

Felizさんのように、ブログで様々な情報を提供することにより、ゆっくりと人々の視点や考え方に影響を及ぼすというのも、とても価値ある貢献だと思います。そのような形で実際の助力をされているFelizさん、同様の問題について憂える身として、お礼を言いたいです。ありがとう。
そうですね
今回のトピックとは少し論点が違いましたが、でもMJさんがおっしゃってることにはうなずけます。

例えば、私は今までいわゆる先進国のしかも白人でしかも恵まれている人ばかりに囲まれていました。別に人種や国や職業で選んでいたわけじゃないんだけど、偶然そういう人ばかりがまわりに集まってました。

けどサルサを通して、ラティーノや南アジア、中東の人たちとも出会って、特に日本に来ているラティーノたちにいろんな話を聞き、現状がわかってきました。

家族バラバラになるし、出稼ぎにきたかったわけじゃなくても、自分の国は経済状態が悪いからしょうがない。
昔は一時インフレ率が7000倍とか100万倍とかになったそうですから。
日本だって、世界トップの負債国だから、将来そういう状況に陥るかも。ひとごとではないと思います。

そして日本に来て、本国でのキャリアと関係なく肉体労働のつらい仕事をして、日本人の上司に名前ではなくて「ガイジン」ってよばれて、つらい差別をされることもある。こういうひどいめにあったとか、いろんな実話をたくさんききました。だんだん現状がわかってきてショックを受けました。
日本にはまだまだいろんな差別が残っています。

サルサファンにはサルサやキューバ音楽だけを好きで、別にラテンアメリカやラテンアメリカ人に興味はない、と切り離している人が結構いると思います。

でも逆に、実際にラティーノとも知り合った人は、彼らのバックグランドや考え方や現状を知るところになると思います。私のように。そういうときにいろいろ考えさせられるんですよね。

私が自分のブログを公開したのも、ひとつの理由は、ラテン文化や日本にいるラティーノについて、知ってもらいたいと思ったからです。
日本に住んでいるラティーノへのいわれのない偏見は、ひとつはラテンカルチャーやラティーノについて知らない人が多いからだろう、と感じたので。

音楽って言葉ができなくても世界中で通じ合えるものだから、音楽やダンスを通して、人と人とが交流していけるのもいいことだと思います。
いまさらですが
PAULさん、単純な問題じゃない、ということは、重々承知しています。私は、少ない例を挙げただけで、そうでないメキシコ人の友達も他のラティーノの友達もたくさんいます。

気を悪くされたようでごめんなさい。

久しぶりに訪れたので、ちょっとコメントだけ残そうと思いました。

では!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
えーと
chiquitaさんへのレスはどうすればいいのかな?

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログ内の英訳/スペイン語訳(歌詞の和訳等)の無断転載禁止
● キュレーションサイト(naverまとめ含む)による転載やぱくりは禁止




【【【 おすすめラテンファッションとグッズ 】】】

【ラテンファッション レディース】
ラテンファッション
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ ブラジルジーンズ ブラジルワンピ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
サルサシューズ サルサシューズ ブラジルオールインワン


【ラテン メンズ ファッション&グッズ】
ラテンメンズ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ キューバTシャツ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルの制汗剤 ペルーのピスコ(酒)
TWITTER
ブログの更新はときどきですが、ツイッターでは毎日ラテン等についてつぶやいてます 笑
おすすめCD紹介 ↓
下記に私のおすすめCDを紹介(iTunesも)。クラブでいつもかかる曲ばかり。ブログ内で書いてるので上記の検索欄で検索して試聴してね ↓ ↓ ↓

ワイルドスピード8
J Balvin 最新アルバム
Energa
J. Balvin


Pitbullの新作
バチャータのプリンス・ロイス新作
Five
Prince Royce


marc anthony大ヒットアルバム
これに入ってるのサルサ曲「vivir mi vida」も世界で大ヒット。Marc Anthonyはラテン界の帝王的存在。
大ブレイクのMALUMA
DANZA KUDUROはこれ!
Don Omar Presents Mto2: New Generation
レゲトンのNicky Jam
J Balvinとあわせていま人気のレゲトン歌手がNicky Jam。彼のベストアルバムです
エンリケ・イグレシアス
エンリケ・イグレシアスの大ヒット曲「Bailando (バイランド)」(ft. Gente de Zona) が入ったアルバム
ルイス・エンリケのロマンチックサルサ
yo no se mañanaが流行ったルイス・エンリケの新しいアルバム。踊りやすいロマンチックサルサがいっぱい
Daddy Yankee ヒットアルバム
レゲトン J Balvin
ここ1-2年世界中で超ヒットしてるレゲトンがコロンビアのJ Balvin。音楽賞を総ナメにしました。
大ヒットのバチャータ
Phase II



バチャータの帝王
世界のバチャータブームをおこした2大バチャータキングは、Prince RoyceとこのRomeo Santos。Romeoは、バチャータの人気グループAventuraの元ボーカル。
El Cantanteの元歌はこっち
El Cantante
El Cantante

サルサのDIVA
Salsa Divas
Salsa Divas
Celia Cruz とLa India
泣いちゃうサルサ
Fabricando Fantasias
TITO NIEVES
ブログで紹介したCDリスト

「ブログで紹介した曲とCDリスト」

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ラテンCD

AMAZON サーチ

みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア