AX

偽者を見抜いたサルサ歌手

スカパーのディスカバリーチャンネルで、まったくの素人をプロが1ヶ月トレーニングし、プロフェッショナルのふりをさせて、審査員をだます番組があります。(番組名は忘れちゃったけど、英語名は FAKE IT でしたっけ????)


たとえば、田舎のオタク少女をファッションモデルに変えるとか、インテリアデザイナーに挑戦とか。で、最後に数人並べて(プロの中に一人だけ偽者が混じってる) 「このなかで偽者は誰でしょう?」 とプロにあてさせるんです。もしみごとプロの審査員をだませたら、挑戦者の勝ち。


一昨年、サルサダンサーに挑戦っていうのがありました。女子サッカー選手で男っぽい女性をセクシーサルサダンサーにしようというものでした。まずヘアスタイルやメイクなど外見をチェンジして、ジョギングなどで体力づくりをさせ、ロサンジェルスのサルサのプロのダンサーによるダンス特訓を毎日4週間。

そして最後にサルサコンテストに出しました。このコンテストはアマチュア、プロ混じった10組が出場。このコンテストで、彼女がサルサ素人かどうかを審査員がうまく見抜けるか。。。 




そのコンテストの審査員は、①この道20年のプロのサルサダンサー
②サルサコングレスの審査員
 ③サルサ歌手のチャーリー・クルースでした。この3人の審査員のうち2人をだませたら、挑戦者の勝ち。挑戦者を指導したサルサの先生たちは、「チャーリーが一番てごわいな」って言ってました。



結果は、




①プロのサルサダンサーの審査員はみごとだまされてしまいました。
②コングレスの審査員は、悩んだけど、挑戦者が偽者だとあてました。「技とかはがんばってたけど、情熱とか大事なものが欠けている」からだそうです。
③サルサ歌手のチャーリー・クルースは、コンテストが始まったらすぐに「あ、分かった」って言って彼女がにせものだとあててしまいました。

ちなみに挑戦者のダンスですが、ネックドロップとか(体をばーっと床のほうに倒れて、床ぎりぎりのところで男性が首を支える、という怖い技)大技が多くて華やかでしたが、基本的なことはあんまりうまくありませんでした。それに緊張するあまり顔がちょっとひきつって、リズムにうまく乗れてないような。ベーシックのほうがテクニックがばれちゃうので大技中心にしたのかな?


+
プロダンサーがあてられなかったのに、チャーリー・クルースってすごいなって思いました。膝で音をとってリズムのりながら審査してました。




そのチャーリー・クルースの曲の中で一番好きな曲がこれです。サルサトンの曲で、エルカフェとかでたまにかかります。はじめはサルサなんだけど、途中でレゲトンリズムに変わって、ノリがいい曲。





Charlie Cruz 「 Dejala Que Baile」








関連記事

この記事へのコメント

Salseraとしては・・・
ビデオで踊ってる女性達のダンスが気になります。

確かに・・・レゲトンの部分がイマイチですね(^ ^;)
そうなんです
ダンサーはかわいいですね。
でもレゲトンは誰?

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログの記事内容の無断転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの転載は禁止



TWITTER
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア