日本でマイノリティ

今までは、アジア圏やヨーロッパの非英語圏やロシアとか世界各国の人と英語で話してきたので、


英語は世界の共通語。 英語ができれば世界中の人と話せる”、


って、英会話のジオスみたいなことを実感してたわけです。


英語できてよかった~、フフフって。



ところが、ラティーノと知り合った去年から、英語があまりいらなくなってしまいました。英語が話せる人とは英語でも話すけど、多くの人は英語話せません。たいていの人は日本語話せるけど、ほぼスペイン語だけっていう人もいます。


まさか自分の英語力が役にたたなくなるとは…!





ラティーノがたくさん住んでるラテン村みたいなエリアにあるラテンレストランに友人たちが、去年連れて行ってくれました。


日本人は私だけ。店内のテレビもスペイン語。店の人もお客さんたちもスペイン語でしゃべってる。みんな、私をラティーナだと思って、「Hola !」って話しかけて来るんですが、私が日本人だと分かるととたんに緊張した顔をしてました。


そういうなかにいると、日本人でスペイン語話せない私はマイノリティ。(その頃はまだスペイン語話せなかった)


「スペイン語早く勉強してしゃべれるようになってね」「スペイン語は一番簡単だから、すぐマスターできるよ」とまわりからプレッシャーかけられます。ここは日本なのに~。


みんながしゃべってるのがあまり早口でぜんぜんわかんない。BGM状態です。


ふと、「ああ、もしラテンアメリカに行ったら、毎日こんな状況なんだな」って思いました。




関連記事

この記事へのコメント

俺もそう思います~あと中国行った時も似た感じうけましたよ 北京語なぁって
中国語
ああ、中国もそうですね。
漢字国なので、筆談で買い物できましたた! 同じ文化なんだなって実感。

北京語できる人は、上海行ったとき、「上海語だ。ぜんぜん分からない」と言ってました。

スペイン語圏は3億人以上。中国語圏は10数億人+世界の中華系。英語に加えてこれができれば、世界のかなりの人と話せるようになりますね♪

けっこう英語通じないことありますよね
英語は話せると、世界の多くの場所で、言葉の通じる相手を探しやすいことは確か。でも、地域によって話せる人が多い場所とそうでない場所がありますね。

メキシコシティでも、上海でも、「こんな大都市でも、英語はなせる人ってこんなに少ないんだ!」ってびっくりしたものです。スペイン語はまだぎりぎりなんとなく分からなくもないけど、中国語は全くお手上げでした。漢字できてホント助かった~(ToT)

そういえば、色々な国の友人達ができてから、日本人同士の会話って言葉足らずだったり、失礼なことが多かったりするように思うことが増えました。felizさんのおっしゃるように、通じないのが前提としてあって、気を使って積極的にコミュニケーションしあっているからかもしれませんね。
あ、それと、怒る時は日本語より英語の方が怒りやすいの、分かります。私もそうです。英語の方が喧嘩に適しているんでしょうかね?
英語は共通語か
そうですね。
アメリカ人は世界のどこに行っても英語で話してるみたいだけど(笑)、まだまだ英語が通じない国は世界のあちこちにありますねー。アメリカの国内でもスペイン語だけのところあるし。

メキシコシティは英語そんなに話せないんですか。意外…。じゃあ、他のラテンアメリカは推して知るべしだな。orz..

日本人同士の会話が…、そうですか。やっぱり、同じ言葉同士、以心伝心とかに甘えちゃってるのかな。

確かに英語って、けんかとか愛情表現とか、日本語よりも言いやすいですよね。まあ、ロマンチックな愛の言葉はスペイン語のほうがよりイイけど。。。

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter