社交ダンス系とクラバー系

ラテンクラブには、「サルサクラブとDISCOTECA」の2種類があるといいましたが、



同様に、日本のラテン(サルサ)クラブに来ている人にも違ったタイプがあるような気がします


てきとーに今考えてみると、
1. SHALL WE DANCE系

2. クラバー系


 


…とか。。。 両方とも私がいま勝手に思いついて名づけてみただけなんで、気にしないでください。



①のSHALL WE DANCE系


ダンスを習って習得していく。 
習い事や趣味として毎週通っている。 クラブのレッスンでは、レッスンで習ったことを復習・練習することもある。 
何年も練習してステップアップしていく。



②のクラバー系


週末の楽しみ、ダンスが好きだから、ラテンミュージックが好きだから、またはストレス発散でクラブに遊びにきてる。
クラビング(night clubbing) が好きな人。




つまり、サルサは


①にとっては、習い事


②にとっては、夜遊び みたいな感じなのかな????




③ 中間派、どっちでもない系


①と②の中間とか、どっちともいえない人もいるでしょうね。レッスンも通ってるけど、クラブに行ったときは、関係なく自由に楽しむとかね。どちらともいえないひと。こういう中間の人が一番サルサクラブを満喫してるのかも??  


私の友達には、③のタイプがいます。欧州人なんですが、ヨーロッパでキューバンサルサのレッスンをちゃんと受けて習得しました。クラブに、キューバ人のダンサーたちがいたら、華麗にキューバンで踊ってます。でも南米とか違うサルサスタイルの人なら相手に合わせてるので、誰とでも踊れます。 他のダンスになると(サンバ、トランス、POPS、アラビア風)、自己流ではちゃめちゃに楽しく踊ってます。 ときにはジャンルが違うクラブ(ヒップホップやR&Bやテクノやブラジルなど)にも遊びに行ってるし、まったくこだわりがありません。


あ、もう1人いた。以前レッスンを受けていた頃、一緒のクラスにいた日本人女性です。レッスン中は真剣に学んで、中級レベル。 でもクラブで彼女を見かけたときは、ラティーノのボーイフレンドと一緒にきていて、南米サルサでゆっくり踊ってました。


 




誤解を生んだみたいなので、もういちど。。。。書き直すと、


スタンダード 



クラブではゆるく楽しむ、


っていったほうがいいかな??? 


 




ラテンアメリカ人にはたぶん ② が多いでしょうね。日本のラティーノスばかりのラテンディスコはそんなかんじ。 ①のラティーノスもいますが、サルサティーチャーとかプロダンサーとか。


一方、サルサ界の日本人は多くが①なのかな。 日本でサルサやってる人で ② はマイノリティなのか、それとも潜在的には多いのかな。 サルサのブログやコミュニティ、サークル、ホームページのほとんどが①だから、 私のブログみたいなのは少ないと思います。




私は、一人の先生にも師事してないし、サルサ界に入ってない異色な存在。
テクノとかハウスのクラバーだったんだけど、去年からラテンにはまったので、週末のクラビングにラテンが加わったという感じ。


(注: けれど、サルサを始める前はいろんな情報を集めてリサーチしたし、最初のうちはレッスン受けてたし、サルサティーチャーとも何人もお話したことがあるし、サルサのHPやブログもよく見てるので、サルサ界を知らないわけじゃないし、実はちゃんとスタンダードなサルサも習得してみようかなーとも思ってはいる…)






サルサばかりかかるクラブは、①の人にウケがいいです。
①の人が多いクラブでレゲトンかけたら大変。クレームでます。
逆に、②の人やラティーノスが多いクラブや時間帯になると、レゲトンかけないと文句がでます。



逆に、②の人から見たら①の人たちは型にはまりすぎてる、堅苦しい、つまらない、と思うかもしれません。


①のなかにはサルサのルールやマナーを言う厳しい人もいるし、 ②は "たんなる遊びなのになんで細かくて厳しいルールがあるの?” って思う人もいるかも。


①と②はきっと、普通の生活なら混在しないような違うタイプかな。




クラブの住み分けがされてれば、対立も起きないでしょうけど。



でも住み分けされてるところもあるかな。たとえば カリベ⇔EL CAFE LATINO  とかね。 でもエルカフェには①の人も来るので、深夜のエルカフェに不快感を抱いてるコメントもよく目にします。逆に、もし①の人が(ラテンアメリカ人ばかりの)ラテンディスコに来たら浮いちゃう可能性もあるでしょうね。


しかし、住み分けがなくて混在してるラテンクラブ(たとえばSUDADACOPACABANA みたいな)のほうが圧倒的に多いです。


サルサを極めている人たちの中には社交ダンスのラテン部門みたいな人もいます。実際、社交からサルサに移行してきた人(もしくは並行してる人)もいます。
サルササークルには、朝日カルチャーセンターや市民センターのダンス教室みたいなのもあるし。
逆にレゲトン好きな人にはHIPHOPのB-BOYや(トランス)レイバーみたいな人もけっこう多い。


→ それが全部混在してるのが、ラテンクラブの現実です。


つまりたとえていえば、世田谷の閑静な住宅地にお住まいの奥様と、渋谷のギャルが一緒にいるような場合も実際あるってこと …!? ははは 笑。 毎週パフォーマンスの練習をしてがんばっているビジネスマンと、HIPHOPクラブ(ガスパニック99とか)にも出入りしてるHIPHOPファッションのラティーノスの若い子では、ぜんぜんタイプが違うでしょ。 双方で意見合わせろよっていっても、ちょっと難しいのかな…?





よく考えたらすごくおもしろい場ですよね~


ほんとにここまでいろんな人が(年齢、人種、ジャンルなどなど)さまざまいるクラブは、日本ではラテンクラブくらいじゃないでしょうか。


私は子供からおじいちゃんまでいるラテンディスコが好きです。
おじいちゃんが踊ってるからといって、ラテンディスコでは嫌な目で見たりしません。ダンスは、みんなの生活の一部だからね。


だから、ラテンクラブもいろんな人がいていろんな楽しみ方があっていいと思う。①と②どっちがいいかとかじゃなくて、どっちだっていい。 


ダンススタジオとかダンスのイベントやダンスサークルならともかく、クラブはいろんな人が来てる場所(BAR)。 BARだから、基本は、お酒飲んで気持ちよく話したり踊ったりして楽しむ場所ですね。


それを、こうしなきゃダメだ、これは型から外れてるからおかしい、こういうダンスは違う、レッスン受けるなんて変じゃんとか、国や人種が違うのはダメだ、とお互いに排除しあっちゃ…。 排他的なのはあんまり好きじゃないので。
(← ①も②もお互いにね。)



楽しめればいいじゃん、って思います。

>


サルサやメレンゲはもともとストリートダンスだよ。


いまもそうだけど。



みんなで楽しく踊りましょうね♪





関連記事

この記事へのコメント

わたしもばりばり②番ですよ★
私の友人達もみんな②番。
だからいつも楽しく踊ってます♪
ダンスだけでなく、場を楽しむ、って感じで。とにかく楽しんで踊るのが一番ですね!
たしかに
たしかにMa'Ainaさんは、私以上にばりばりばりばりの②なんじゃないかなって想像してます。
場を楽しむ、とにかく楽しんで踊るっていいですね。私もそんな感じです
私も②です♪
クラビング=夜遊びですもの~。社交ダンスは、教養として知っておくべきだとは思う(けど先延ばしにしていてやってない)んだけど、クラビングの時はいらな~い。クラブで社交ダンスやるのは、場所間違ってるかなぁ、と。
私もサル友いませんねぇ。ネットで調べた感じだとクラバーがいなさそうだったので、カリベも行ったことないです(^^; だって怖そうなんだもん 笑
追加で③!
③っていうのも作っていただけないでしょーか?
「基礎を習うは習うけど、他人に見せるためではなく自分が楽しむために・・・」
私の場合、誰に言わせてもサルサを躍らせたらキューバン色が非常に強いらしいです。(当然、かかっている音楽によりますけどね。)

例えばキューバンサルサですが、彼らは子供の頃から自然に音楽を聴いて踊ってきているので、特有のリズム感が身についています。体が勝手に動きます。
しかし私ら、全く違う文化、違う音感で育ってきているので、それなりにダンスの基礎は習ないと・・・私のケースですが、習わなかったら踊れなかったと思います。
実際、キューバ人でもダンスを習ったり練習したりしていますよ。(もちろん、自らが楽しむため)
なので是非、「③サルサ・クラブ派」みたいなの追加してくださーい。

※関係ないことだけど・・・昨日・今日と、タイのインターネットが全滅、ほとんどのサイトがアクセス不可能。E-mailも使えない。
でも何故かFC2のブログだけは開けます。
③もありますよ
yumizukuさん、③もありますよ。

>①と②の中間とか、どっちともいえない人もいるでしょうね。レッスンも通ってるけど、クラブはクラブで楽しむっていう。もしかして中間の人が一番ラテンクラブを満喫できるタイプなのかな?

上記のを書いてたんですが、いちおう目立つように、③として太字でタイトルいれておきました。これとは別につくったほうがいいかな?


キューバンのサルサは、確かにレッスン受けないと難しいですよねー。私はちゃんと踊れないです。。。。 
私の友達は、キューバンを海外で習ってキューバンサルサ専門なんだけど、「キューバン習ったほうがいいよ。楽しいから」と私にいつも勧めるので、そこまでいうならいつかレッスンうけてみようかなと思ってます。


>>MJさん

そうですよね。きちんとレッスン受けてスタンダードに踊れるといいと思うし、
スタンダードでも、クラバー流でもどっちでもいいと思います。でもクラブはあくまでもクラブなので、自由にあんまり小難しく言わないでひとそれぞれ自由に楽しめばいいと思うんですよね~
どうもです♪
③があったんですね。
ところでキューバンなんですが、私はバンコクで習って+覚えて+遊んでいるので日本の事情はあまりよくわかりません。が、もしかしたら日本ではキューバンも、ちょっと型にはまっているかもしれないですね。(ダンスではなくメンタルな部分が)

インターネットが開通したら、是非私のお勧めBoogaluのサイトを見てみてください。Cuban ダンスのDVDが覗き見できます。
見るからに楽しそうですよ。
たいへんですね
ネットが不通だなんて不便ですね。復旧したらおすすめのサイトを見てみますね。

キューバンは確かに楽しそうでしたよ。友達が踊ってるのを見たら。

バンコクと日本のサルサ事情は違うんでしょうかね。
友達がいた欧州の国とはちょっと違うみたいです。

③はちょっと書き足しておきました
うわっ、はや~
参考のURLを足そうかと思ったら、驚きの素早いコメント!

一応、私がちらりと紹介したBoogaluのCasino de Ruedaです。
http://yumizuku.blog54.fc2.com/category1-1.html#entry37
バンコクも、サルサにはまっているタイ人は皆結構壊れています(?)
西洋人、ラティーノ、みな自由に楽しんでいるので、たぶん日本のサルサクラブとは違うかもしれませんね。
過去に、日本のサルサクラブ何件かに行った事がありますが、日本在住の外国人も日本人っぽくなっているって気がしました。
日本に住んで、日本に適応しようとしているんだから、無理もないですね。(私見)
へ~
リンクありがとうございます。あとで見ますね。名前からしたら、ルエダなのかな? みんなで輪になって踊るやつ。

バンコクはそんな感じなんですか。行ってみたい気もする。
私はまだサルサ歴1年ちょっとなので、海外のサルサ事情知らないヒヨコなんですよ。海外のクラブにもいろいろ行って見たいな。来年はラテンアメリカに行く予定なんですけどね。

日本のサルサクラブでは、外国人も日本人ぽくなってるんですかー。なるほどー。ダンスっていうか、人自体が日本ぽくなってますよね。確かに。本国にいる人たちとずいぶん違うし。
どっちでもない派。
家族や友人から「私達行くけどsoonもおいでよ」といわれるとサルサクラブに出かけるタイプです。飲みとおしゃべりの比重が高い。クラブ行く前に軽く食事してるときも楽しい。親しい人に囲まれて飲んで・盛り上がって・あとちょこっとDANCEできればそれで幸せ。

あまりレッスンを熱心に受ける必要性は感じてません。 その前に熱心に受けてみたいと思う人とは出会ってないような。 サルサ始めたばかりのころ数回受けて以来受けてません。 その数回のうち一度、右足の向きはこう!手はこう!それは違う!とか妙に細かい事を個人的に指摘し直そうとしたのですっかりイヤになっちゃった。それが怪我をもたらすような治すべき動作だったらいざ知らず・・・人それぞれ骨格が違うし、きれいに見える動作やポーズが違うとも思うし。。だからレッスンほっぽって楽しみながら現在に至るという感じです!
私と似てます
私もSOONさんと似たタイプです。
クラブは自分から誘うけど(笑)。
飲んだりおしゃべりしたり、飲みながら踊ったり、踊りながらおしゃべりしたり歌ったり…。

ダンスの最中に説教したりご指導してくれる方って確かにいますね。私も言われました。
お、似てるのですか?
でも私はちっともクラバー派じゃないような。夜は苦手な早寝タイプだし^^;

しかーしブログの記事は共感できる点がとっても多いので「楽しみ方」は似てるのですね。
ゆるく楽しむ派
私、文才がなくて書き方が悪いので、みんなに誤解を生んでるかも。。。と今反省。

社交ダンス OR 夜遊びとかレイバー(レイブパーティとかのクラバー)みたい、って意味じゃなくて、
レッスンを受けてちゃんと踊る派と
クラブではゆるく楽しむ派って
言ったほうがいいかしら。
ちょっと書き直そうかな。。。 (^^ゞ
>世田谷の閑静な住宅地にお住まいの奥様と、
渋谷のギャルが一緒にいるような場合も実際あるってこと …!?

これには笑ってしまいました。
確かにおもしろい場ですよね(笑)
ベーシックはちゃんとふめると
キレイかなぁと思うので、
基礎のレッスンは受けたいなぁと思います。
でもクラブで踊るときはやっぱ楽しいの一番!と思います。
レッスン後の実験台にされてる!
っていうのは、
踊っていれば感じますよね??

あと個人的にmitsue先生のダンスとチキチキダイアリーは好きです☆
(あんな風にはとても踊れませんが)
種々雑多
ほんとに日本のクラブで、ラテンクラブほど種々雑多な人が集まってきているクラブはないように思います。年齢も人種もファッションもジャンルもさまざまですよね~。

レッスン受けたらいろいろ踊れるからいいですよね。
Mitsue 先生はとても人気が高い先生ですよね。パートナーのボビーさん(しゃべったことある)と踊ってるビデオを見たことがあります。
少し書き直した
私の説明や書き方が分かりにくかったみたいなので、少し書き直しました。
これでどうかしら?
(たんに長文なだけ? (^^ゞ  )
ルエダ
yumizukuさん、ブログの記事読みました。やっぱりルエダですね。
写真見たら、これどっかで見たことあると記憶にあったので、自分のYOU TUBEのFAVORITE リストを見てみたら、やっぱり入ってました。
リズムさんから、男1と女2でのサルサの動画を教えてほしいと依頼されたので、それをYOU TUBEで探したときに見つけたものです

http://www.youtube.com/watch?v=uzdkJUDyrmo
Boogalu
BoogaluはCubanのシリーズを専門に製作している会社みたいです。
ルエダも面白いけど、最近私たちがはまっているのはSalsa Suelta Candelaというラインダンスです。
(You Tubeではすべて英語タイトルになっているみたい)
ルエダと同じようにリーダーのコールにあわせてステップを踏むのですが、ラインなのでパートナーなし。単にリズムを楽しむためにあるダンスですね。

ところで、このルエダの中に“マラドーナ・ドブレ”というのが入っていて、ジャンプでキックを2回繰り返すんです。
ばかばかしくて面白い、まさにキューバンスタイルだと思いました。
へぇ~
この動画見てたら、下にある関連リストにここで製作したほかのビデオもありました。
そのラインダンスは知りませんでした。
今度見てみますね。

ルエダは日本のサルサクラブで数回目にしたことがあります。クラブのフロアのまんなかで大人数で楽しそうに踊ってました。 

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter