AX

中南米でのジカ熱感染対策の難しさ

ブラジルで急激に拡大しているジカ熱ですが、コロンビアでも患者数が急増しているそうです。
私が先々月滞在していたいたときより、短期間ですごい増えてる。
ブラジルは大きな国なので南米のあちこちの国に隣接しており、コロンビアはブラジルの隣です。

私がいたコロンビアの都市はトロピカルで四季がなく、一年中暑いので蚊が多いです。
高地で寒くて雨が多いボゴタ(コロンビアの首都)とは気候がかなり違います。

私がコロンビアにいるときにテレビでジカ熱拡大のニュースをやってたんですが、コロンビア人達はあまり興味がなくニュースにも目を向けないし、話題にものぼらなかったです。
「蚊に刺された」とコロンビア人にいっても「ふーん」で終わり。
私は幸いなことにジカ熱にはなりませんでした。


テレビのニュースではブラジルの地方で、防護服を着た人たちが殺虫剤を散布している様子がでていますが、あれでは蚊を撲滅してジカ熱を防ぐのは難しいのでは。。。。

私はブラジルに行ったことがないので、コロンビアや今まで行った他の中南米を例にとって考察してみたいと思います。


中南米は豚インフルエンザ、デング熱(デングはいつもあるけど)、今回のジカ熱など、感染症拡大のニュースがよく出てますね。
私が数年前にメキシコに長期でいたときはメキシコシティの近くの州でコレラが発生してました。

普通のインフルエンザや悪性の風邪が流行るとあっというまに広がります。

中南米のローカルな場所でジモティの人たちと一緒に生活してた私は、どうして感染がすぐ広がるのかよくわかりました。


私が観察したところによると



●まず、挨拶でほっぺにベソ(キス)をするとか握手をするなど他の人との接触が多い。
恋人や家族じゃなくても、友達や近所の仲いいひととか、ほっぺにチュっていうのはよくあります。


●日本人みたいにマスクをしない。

マスクを普段からしてるのはたぶん日本人だけかもしれない。日本に観光にきた欧米人などの観光客も日本人のマスク姿に驚いてます。(他の国ではマスクをするのは医療者とかだから)。
メキシコでマスク姿が出たのは豚インフルエンザが世界的な大問題になったときだと思います。
通常は、空気感染の病気が大流行しても、見舞いに行くときもマスクをする人はみませんね。


●手をあんまり洗わない。

北米や欧州の女性にはトイレのあとに手を洗わないで出ていく人が結構いるのですが、中南米人はトイレのあとは手を洗います。
しかし、一日通すと手を洗う回数は少ないと思います。
私は日本で手洗いとうがいを励行するようにいわれてるので、手をしょっちゅう洗うし、外出したらうがいするし、日本から持ってきた除菌ティッシュを持ち歩いて外で食事するときなどに手を消毒してます。中南米でもやってるのであるていど食あたりも防げてるんだと思います。

中南米では仕事から帰宅しても手を洗わないで、まずこっちにきてほっぺにチュの挨拶しにくる人結構いるんです。
中南米で「外出したらまず手を洗いなよ」 「食事する前に手を洗って」と口うるさく言ってるのは私です。
外出したらうがいしなって教えたら、「うがい」ってどうやってやるの?って結構言われます。
「こうやってやるんだよ。ぐるぐるぐるぐるー」ってやってみせると、ケタケタ笑ってました。うがいの音がおもしろいって子供みたいに。
もしかしてうがいの習慣がないの??
日本では幼稚園からうがいと手洗いの習慣をしつけるけど、中南米では私がやらなきゃいけないっていう 笑。


●病気の人がいると看病や見舞いに行く。

メキシコでインフルエンザが流行った時に、友達の甥っ子たちがインフルエンザにかかって高熱出しました。
そしたら、その見舞いに行くからあなたも来なさいといわれて、毎日のように見舞いに行っては1時間とか病気の子を見守るのです。しかも、病気の子をかわいそうだとほっぺにチュしたり、頭をなでたり。 マスクもしないでね。
少し離れたところにいた私にももっと近くによってそばに座りなさいと言われました。拒否したら情がない冷たい人っていう雰囲気。
その後、まわりの親族が次々とインフルエンザにかかっていきました。
家族愛の強さが、病気の感染源に。。。


●網戸がない。

中南米の多くの家には網戸がありません。
熱帯地域でも網戸がなく、暑いので夜でもドアや窓をあけっぱなしにするため、蚊や害虫、やもりなどがたくさん入ってくる。
網戸がある家もときどきあるので、網戸は売ってるんだと思うんですが。
網戸をつけてる人に対して「あの人は虫嫌いの神経質だから」って言ってました。
私が滞在してたアパートは私の部屋の窓にブラインドしかなく、大家さんがいつも玄関のドアや家中の窓をあけっぱなしにするので虫がよく入ってきてました。家の中で蚊によく刺されるので大家さんに言ったら、「私は刺されないわよ、あなたは蚊に好かれる血なのね」、としか言われませんでした。
(その都市ブヨも多く、ブヨに刺されると数週間かゆくて腫れあがりあとが残ります。そのブヨはショウジョウバエくらいに小さくてめちゃすばしっこく、どこにいるかわかりません。)
高級ホテルでも網戸ついてないところが結構あります。


●クーラーがなくて扇風機

エアコンがある家がほとんどありません。
エアコンはショッピングモールとかじゃないと基本ないので、暑い日はショッピングモールに涼みに行くくらいです。
家では扇風機。
エアコンがある家は非常にまれ。
メキシコシティは冬は0度になりますが、家の中に暖房がありませんでした。
家庭用エアコン売ってないのかと思ったら、コロンビアではホームセンターに売ってました。なんでエアコン買わないのかときいたら、「電気代が高い」とのこと。
中南米は光熱費が異様に高いです。家計のかなりの割合を光熱費が占めています。
メキシコに暖房がないのも電気代のせいだといってました。
暖房や冷房問題や蚊の問題には現地在住の日本人も頭抱えてます。

もし中南米の熱帯や寒いエリアに旅行するなら、4つ星ホテルでも冷暖房がないところ結構ありますので、エアコンがついてるところにしたほうがいいかと思います。



●虫よけや殺虫剤をあまりつかわない

私は日本から虫よけ持っていきましたが、コロンビアでは虫よけ塗ってたところをさされました。
日本の虫よけは弱いそうなので、現地で虫よけ買ったほうがいいと思います。
向こうではベープマットに似たものや殺虫剤スプレーも売ってます(RAIDという名前)。向こうの人はベープマットのようなものをずっとつけるよりは、害虫が出たときにしゅーっとスプレーして殺すことが多いです。

●蚊の発生源があちこちにある

蚊はぼうふらから成虫になるので水が必要なのですが、植木鉢の受け皿にたまった少量の水でも大丈夫だそうです。
なので蚊が発生するような水がたまってるところを除去する必要があるんですが、南米の地方の田舎にはそんなところがたくさんあります。
川に近いとこは蚊やブヨに刺されやすいです。
雨季だと雨が降ったあとに水たまりもたくさんできますし。


●インフラが整ってなく不衛生なエリアがある

また南米は一般的に、高台が貧困エリアです。町の中心部から高台に上がると一挙に貧困エリアに入ります。高台は水道や電気などのインフラが整ってなく、交通手段もあまりないからです。
そういう高台(セロ)の貧困エリアに行ったことがありますが、水道がないので雨水をためている、家の屋根を石でおさえただけとか、空き地にゴミが散乱して異臭がしてました。
そういう貧困エリアでボランティアで医療支援してる友達によると、一部屋に何人もが暮らしてる、衛生状態が非常に悪くて感染症が蔓延しているなどの問題があるそうです。
水道がないので雨水ためてるとぼうふらわくし、水たまりや汚水がたまってるところもよくあるから蚊が生まれやすい。
こういうところでは蚊などの害虫やねずみなどがたくさん発生しますし、食中毒や感染症なども多く、衛生状態がよくないので病気が出ればあっというまに多数の人に広がってしまいます。
このエリアに住んでる人たちは市の中心街などに仕事や買い物に出かけていくから、他エリアにも伝染する可能性があるわけですね。



私が中南米各国に滞在して感じた問題点は以上です。


テレビのニュースで出てたジカ熱が大量発生してるブラジルの町は、私は行ったことがありませんが、見た感じ地方の田舎であまり衛生状態がよくないし貧しいエリアのように見受けられたので、上記のような問題があるのかなと思いました。

そこにいくら、防護服を着た人が殺虫剤を1回散布したからと言って蚊やジカ熱が撲滅するとはとても思えません。
もし散布しても、蚊は密林に一時的に逃げ込むだろうし。


ところが蚊が多い熱帯なのに、蚊がほとんどいないエリアもあるんですよ。

たとえば、メキシコのカンクンのホテルゾーン。
カンクンは、外国人観光客向けの高級ホテルが立ち並んだホテルゾーンと、メキシコ人が多く住むセントロとその郊外にぱっきり分かれています。
ホテルゾーンにはほぼ蚊がいません。夜歩いてても蚊に刺されたことはないですね。

でもカンクンで、ホテルゾーンから車で15分のセントロに行ったととたんに蚊に刺されまくります。
セントロの安宿に滞在するなら、クーラーがある宿じゃないとつらいです。
でもセントロの中心部にあるきれいなレストランでも食事中にがんがん蚊に刺されるし。
セントロの郊外に行くと舗装されてない道やごみがたまった空き地などがありいろんな害虫が多いです。

シンガポールも蚊の対策をかなりしていて、ガム捨てたあとから蚊が発生するし美観を損ねるということでシンガポールはガム持ち込み禁止ですよね。
シンガポールも熱帯なのに確かに蚊にぜんぜん刺されなかったですが、タイなどではたくさん蚊やブヨのようなのに刺されました。

隣接してても、エリアによって蚊がいるかいないかに分かれてるなら、やっぱり衛生状態やその対策も関係あるかもしれませんね。



リオのオリンピックに行く人は蚊の対策をしっかりするようにとテレビで行ってますが、実際蚊の対策するのは結構難しいですと思います。
なるべく都会で、エアコンがついてる高級ホテルに泊まるとか、蚊帳がついてる宿を選ぶ、虫よけは現地で買うとか、露出が多い服を着ないとか(暑いかもしれないけど)。


日本の省エネのエアコンを中南米に輸出してほしいですね。基本的な機能だけでいいんで、省エネ重視で本体の価格が安いもの。日本は家電があんま売れてないらしいので、中南米に輸出するとか。
それに取り付けが簡単な網戸。日本みたいなしっかりした高いサッシじゃなくていいので、とりあえず網戸用の網を今ある窓にはりつけるだけでもいいかと思います。
網戸とエアコンで、中南米も蚊はかなり防げると思います。
それと、手洗いやうがいや、感染症を患った人に接触しないなどの一般人の教育も必要かと。


関連記事

この記事へのコメント

こんにちは! キューバの旅行について聞いたものです!キューバに行くときに持って行ったものなど教えほしいです!!
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
キューバは中南米の中では治安がいいといわれていますが、平均月給が異様に安いので、外国人をねらったひったくりや置き引きは多いです。貴重品ベルトとかお金を隠せるものを持って行ったほうがいいでしょう。ネットが普及してないしwifiも超高い料金なので日本からPCやスマホは持っていかないほうがいいかと。
物資不足で現地調達が難しいのが多いので、日本から必要なものは持って行ったほうがいいです。
5月から雨季に入るし太陽の日差しが強いので折りたたみ傘、虫よけと虫刺され薬、石畳でも歩きやすいサンダル、蒸し暑いので夏服、日焼け止めは必須だと思います。指さし会話帳の「キューバ」編。
私は数年前にいって、アメリカと国交回復してからハバナ変わったようなので、ネットで最新情報チェックしてください。
Re: タイトルなし
> キューバに行くときに持って行ったものなど教えほしいです!!

私は中南米の他の国に滞在中にキューバに行ったので、キューバ旅行用に日本で用意できませんでした。
でも行く前にキューバの状況はきいていて、物資不足で現地調達が難しいとのことだったので、滞在してた中南米の国でも買い足して持っていきました。





返信ありがとうございます!
9月の終わりから10月の頭に行くようにしました^_^
日本から持っていけるものはしっかり用意して行こうと思いみす!
また沢山質問すると思いますがよろしくお願いします!

キューバってアジアや他の国と違って簡単に行けないイメージあるんですけど、、パスポートの他になにか用意するものや準備するものありますか??
来週コロンビアに行ってきます(ラブ
 まさにその通り。去年は寝てる最中、布団からでてた足に、蚊が集ってましたw。蚊取り線香みたいなのはないのかと尋ねたら殺虫剤しかでてこないし、、、、。気候から言えば熱帯性、熱いし蚊が多いのに網戸がないんだよねw。
去年はエボラ出血熱で大騒ぎだったに、今年はジカ熱かぁ、、、、。
Re: 来週コロンビアに行ってきます(ラブ
お面とありがとうございます。
コロンビアに以前いらして、また来週から行かれるんですね。
ボゴタは寒いけど、蚊に数回刺されたことあります(寒いけど蚊はいる)。
でもカリはめっちゃ多いですよね。もう雨季に入ってるんで蚊が多いかと思います。
蚊取り線香に似たやつで「KARORI」っていう名前のが売ってるんですよ。KATORIはベープみたいのも売ってるんですが。KATORIのベープマットみたいのは買ったけどほとんど効果なかったです。
一般的に有名なのはRAIDですね。
虫よけは日本のはぜんぜんきかないので、現地で購入したほうがいいそうです(日本のは弱い)。
Re: タイトルなし
キューバは30日以内ならビザなしで行けますよ。
ガイドブックやネットにはキューバで使える保険を持ってるようにとか、保険がないならキューバの保険に空港で加入するように書いてありますが、空港で保険については私はチェックされませんでした。
でも外国人が病院に行くときは普通に高くとられます(風邪で100ドル以上)。
保険によってキューバ除外されてるのがあるので、保険会社にキューバをカバーしてるかきいてみてください(カード付帯でも)。
旧市街の観光スポットやレストランは英語しゃべれる人や英語メニューとかありますが、それ以外はスペイン語が必要になります。タクシーの運転手もスペイン語ですし。
なのでスペイン語の会話帳があったほうがいいと思うので、指さし会話帳の「キューバ」がおすすめです(キューバはキューバ特有の言葉とかなまりがあるので)。
私がいたときはATMで銀行口座からお金引き出せず、クレジットカードもほぼ使えないので、ユーロかカナダドルの現金を持って行ってました。そのころは米ドルも両替できましたが、手数料が高かったです。
今はアメリカと国交回復したので変わったと思います。
私がキューバに行ったのは数年前で、今は変わってるかもしれないので、なるべく最新の情報をネットでチェックしたほうがいいかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント


● ブログ内の英訳/スペイン語訳(歌詞の和訳等)の無断転載禁止
● キュレーションサイト(naverまとめ含む)による転載やぱくりは禁止




【【【 おすすめラテンファッションとグッズ 】】】

【ラテンファッション レディース】
ラテンファッション
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ ブラジルジーンズ ブラジルワンピ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
サルサシューズ サルサシューズ ブラジルオールインワン


【ラテン メンズ ファッション&グッズ】
ラテンメンズ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ キューバTシャツ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルの制汗剤 ペルーのピスコ(酒)
TWITTER
ブログの更新はときどきですが、ツイッターでは毎日ラテン等についてつぶやいてます 笑
おすすめCD紹介 ↓
下記に私のおすすめCDを紹介(iTunesも)。クラブでいつもかかる曲ばかり。ブログ内で書いてるので上記の検索欄で検索して試聴してね ↓ ↓ ↓

marc anthony大ヒットアルバム
これに入ってるのサルサ曲「vivir mi vida」も世界で大ヒット。Marc Anthonyはラテン界の帝王的存在。
DANZA KUDUROはこれ!
Don Omar Presents Mto2: New Generation
レゲトン J Balvin
ここ1-2年世界中で超ヒットしてるレゲトンがコロンビアのJ Balvin。音楽賞を総ナメにしました。
大ブレイクのMALUMA
エンリケ・イグレシアス
エンリケ・イグレシアスの大ヒット曲「Bailando (バイランド)」(ft. Gente de Zona) が入ったアルバム
ルイス・エンリケのロマンチックサルサ
yo no se mañanaが流行ったルイス・エンリケの新しいアルバム。踊りやすいロマンチックサルサがいっぱい
Daddy Yankee ヒットアルバム
大ヒットのバチャータ
Phase II



バチャータの帝王
世界のバチャータブームをおこした2大バチャータキングは、Prince RoyceとこのRomeo Santos。Romeoは、バチャータの人気グループAventuraの元ボーカル。
レゲトンのNicky Jam
J Balvinとあわせていま人気のレゲトン歌手がNicky Jam。彼のベストアルバムです
El Cantanteの元歌はこっち
El Cantante
El Cantante

サルサのDIVA
Salsa Divas
Salsa Divas
Celia Cruz とLa India
泣いちゃうサルサ
Fabricando Fantasias
TITO NIEVES
ブログで紹介したCDリスト

「ブログで紹介した曲とCDリスト」

リンク & お気に入りブログ
姉妹ブログ
私のもう1つのブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ラテンCD

AMAZON サーチ

みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア