ストレスってなに?

昨日の「電車がとまって考えたこと」のつづきです。


 


以前、日系人の友達が、「ペルーに住んでいたときは、"ストレス”っていうものを知らなかった」 というのでビックリしました。

 


「でも日本に来たら、"ストレス”まみれの生活になっちゃった」と彼は言いました。


向こうでは、人生がもっとのんびりしてる。生きてればつらいこともあるけど、週末に踊ったり歌ったりしてみんなで楽しんだり、ストレスをためこまないそうです。


でも日本では、仕事仕事の毎日で、お金にふりまわされて生きてるみたい。 日本では隣に住んでる人の顔も知らないし、人間関係が希薄で冷たい。 ペルーでは人との距離感が近くて暖かいし、あのスローライフがなつかしい… 、と言ってました。



ラティーノス(ラテンアメリカ人)は楽天的でノーテンキ、というイメージを持たれてると思いますが、実際はそうでもないです。特に日本に住んでいるラティーノスは、ストレスやプレッシャーも多いし、人種偏見によるいじめなどでつらい思いをしたり、なかにはストレスで身体壊してる人もいます



欧米人の友達にも、日本にきてから仕事のプレッシャーなどのストレスで心身症になった人がいました。

 


 


日本では「ストレス」なんてごくごくあたりまえのこと。日本社会が人間をそういうふうにしてしまうのかもしれませんね。。。

すごく考えさせられます。

関連記事

この記事へのコメント

社会のストレス
>日本社会が人間をそういうふうにしてしまうのかもしれませんね。。。

コレ、私も同感です。
私、2年ほどカナダに住んでいたことがあるんですが、日本に帰ってきて、純日本風企業で働いてみて、社会自体が課してくるストレスをすごく感じました。社会が枠を決めていて、そこからはみ出たら罰せられる感じ、とでも言えばいいでしょうか?
でも、人間は所詮そんな枠にははまりっこないんで、みんな鬱になるしかなくなっちゃうのかな~。
何か状況をよくするためにできることがあればしたいけど、実際はやはり難しいですね・・・。
大変でしたね
わー、それは大変でしたね。
日本企業によってはすごい古い体質のとこありますよね。女性へのセクハラ発言を平気でしたり。。

>社会が枠を決めていて、そこからはみ>出たら罰せられる感じ

うん、そうそう。
実際に法律で罰せられるわけじゃないんだけど、そういうプレッシャーや焦燥感はみんな強く感じてると思います。

なにかできること?
じゃ、ラテンで日本を明るくしましょう♪
今、つかえていたものがすっと溶けた気がしました。
リマに住んでいたときは、本当にストレスフリーの生活でした。
嫌なことがあっても、友達と会ってケラケラ笑って、朝まで踊ってお酒飲んだら、イライラも悲しいこともすぐ吹っ飛んでいました。
だから日本に帰ってきて、ストレスがひどくて、溜め込んで、体重も10キロ以上増えました。
このまま日本で暮らしていくのが怖くなって、今は一刻も早くリマに戻るのを目標に生きています。
わたしにはラテンの世界があってるんだと思います。
リマにいたときはストレスなかったのに、日本に戻ってきたらストレスがたまっちゃったなんて大変でしたね。
私も海外に住んでいて日本に戻ってきたら、いつもまわりを気にして生きる感じが息苦しくて。
そんなにリマが合うんだったら、リマに戻ったほうがいいかもしれないですね。
日本に住んでるラティーノは、週末に家で音楽かけて踊ってるとすぐ警察をよばれるそうです。ラテンアメリカだったら、近所の人たちもみんな遊びに来てみんなで飲んだり踊ったりするからノープロブレマだといってました。
私ももし近所でサルサかかってたら飛び入り参加したいほうです

コメントの投稿

非公開コメント

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter