FC2ブログ

なぜ日本のクラブやダンスイベントは排他的なんだろうか?

今週久しぶりにクラブミュージックのイベントに行ってきました。
私が昔から大ファンで尊敬するハウスの大御所DJが来日イベント、東京のAgehaであったMasters At Work。

(Agehaは正式には新木場のStudio Coastというエンターテイメント・スペース(ライブハウスみたいな)なので、クラブといっていいのか微妙なんですが)。


ハウス・ミュージックだからクラブ・ミュージックだし。
Agehaは収容人数が2500人近い大箱です(もっと入るような気がする)。


行きたいけどタバコが心配。
でも今回は屋内が完全禁煙だったので行けました。

乳児などの子供も入場OKでした。

車椅子の方も来ていましたよ。

世代は乳幼児から児童、若者から中高年まで。

そして人種や国籍もいろいろ。

客層が非常に幅広かったです。

酔っぱらいのけんかもなく、ナンパも見なかったし、セクハラや痴漢もなく、ハラスメントの要素がほとんどないイベントで過ごしやすかったです。



去年同じイベントに行った時には普通のタバコは屋内禁止でしたが、フロアで加熱タバコはOKだったんです。
私は受動喫煙で喘息になったので、去年のイベントでは加熱タバコで息苦しくなり家に帰ってから呼吸困難がおきました。だから今年は行くのをためらってましたが、告知に「全面禁煙」と書いてあり、問い合わせたら今年は屋内は全面禁煙で加熱タバコや電子タバコも禁止、吸いたい人は屋外の喫煙所でとのこと。
だから行くことができてうれしかったです。


今回のイベントでは最寄駅からベビーカーや子連れの人が多かったです。
フロアでも子供達がぴょんぴょん踊ってて、かわいかったです。

乳幼児に爆音はきついのではと思ったけど、屋上にも別のフロアがあり子供達は外で踊ってる子が多かったみたい。
「子供が生まれてから一度も踊りに行けなかったので、久々に踊りに来れてうれしい」と言ってるお母さん達を見ました。

日本のコンサートホールとかイベント会場は有料でいいので託児室作ればいいのに、子供が生まれたらあきらめる事が多いですよね。

そのイベントに親子連れが多い理由 の動画です。




私は前から障碍者も楽しめるクラブがあったらいいのにと思ってました。
クラブによっては巨大スピーカーの爆音で床が振動してるところがあるんです。あのすごい振動なら聴覚障碍者も感じられるのではないかとか前から考えてました。

今回のイベントの開催場所は巨大な場所で、大スピーカーがたくさんあって場所によっては床が振動してました。バリアフリーだから車いすの方も楽したわけです。




これがそのAgehaでのMasters At Workのイベントの様子です。

まだ今年の動画がUPされてないので、これは去年の動画だけど今年とだいたい同じ感じ。









このイベントの開催側に関わってる人には、毎年湘南の江ノ島でやっている屋外のDJと音楽イベント(Freedom Sunset) も主催している人が。
江ノ島の灯台の上でやるので景色はいいし、去年は喫煙所がありましたが、今年は施設からの要望で全面禁止になりました。
乳幼児から入場できるからファミリーも多いし、年齢層さまざま、人種もさまざま。

DJがプレイする音楽に合わせてみんなで手をつないで踊って笑いあってすごいピースフルでした。 


これは私が行った年のじゃないけど、そのイベントの動画。






主催者にその感想を言ったら、自分達は人種も男女も世代も関係なくみんなが楽しめる空間を目指してイベントを作ってるというような事を言ってました。

なるほど。
そういう主催者の理念や視線の優しさを感じますよ。








●日本のクラブの問題



でも他のクラブやイベントにはあまりそういう理念や優しさを感じないところが多いと思います。


私はDJだし、クラブでもプレイしているし(日本では過去形)、それに長年クラブに客としても踊りに行ってるクラバーです。

私も家族もノンスモーカーですが、クラブの受動喫煙で喘息になりました。
クラブに行くたびに呼吸困難おこし、何度も病院の救急行きになり喘息と診断。それでもクラバーだし、DJだからクラブに行ってましたが、行くたびに呼吸困難おこしました。
ついに数年前に「タバコのあるところに行ったら突然死しますよ。タバコのあるところは禁止」とドクターストップがかかりました。


日本にはクラブで禁煙のところはないから、クラブにはもうタバコのせいでいけなくなくなりました。
クラブに行けなくなってから週末の夜に家にいることが増えたし、私はクラブでお酒飲むからもうお酒もほとんど飲まなくなってしまいました。




今は自分でイベントを主催して自分もDJやって、完全禁煙のイベントをやってます。

しかーし、日本はクラブには完全禁煙店がない。
バーもまだ完全禁煙店は少ない。レストランやカフェも完全禁煙店は何割かしかない。そのうえ貸し切りで音楽をかけていいし踊ってもいいところは全然ないです。

店探しで非常に苦労しています。
都心と神奈川県内をネットで検索してあちこちの店に電話してきいたけど、ダメでした。
音楽やダンス界の人達にもきいてるけど「そんな店ない」と言われます。

完全禁煙店で音出ししてダンスもしていい店がほんとうに見つからないんです。2年も探しているのに。
しょうがないので、喫煙店を貸し切りにしてイベントの時だけ完全禁煙でやってます。分煙のクラブも貸し切りにして完全禁煙でイベントやりました。
でもやっぱタバコ臭いし、イベント終了時間になったら速攻で灰皿出されるのでお客さんからクレーム来たんですよ。




しかも自分が主催でDJだと忙しくて踊る暇がありません。

だから他の人のイベントや店に踊りに行きたいんですよね。


やっぱ週末はいい音や爆音で、一切を忘れて音楽のシャワーを浴びたい。
ダンス大好きだから、踊ればストレスもなくなって楽しくなる。

音楽とダンス命なのに、その生きがいが奪われてからはかごに入れられた鳥みたいに感じています。


クラブに行かなくなってクラブでお金使わなくなったし音楽はききたいので、BLUE NOTEなどに行くことも。
ブルーノートの方がエントランスはクラブの何倍も高いし踊れないけど、ブルーノートは完全禁煙なので。




でも週末クラブに行けなくなったら、ストレスが減った点もあります。

日本でクラブに行くとがタバコすごい。
家に戻ってくると髪も服も、ロッカーに入れてる上着もバッグもすべてヤニ臭いです。オールで帰ってきて眠くて疲れるのに、まず髪を洗って服もバッグもすべて洗濯します。すんごい臭いし、第三次喫煙で服や髪についたタバコの有害物質を家にまきちらさないように。

クラブに行く時は、ヤニ臭くなろうがお酒こぼされても大丈夫なように、がんがん洗ってもOKで汚れてもいい服しか着ないです。バッグも洗えるナイロンや布地のしか持って行かない。
靴もタバコのヤニや踏まれるので、汚れてもいい靴しかはかないです。

中南米人はクラブに行く前にシャワー必ずあびて香水つけるけど、日本在住の南米人は工場の仕事から直行でクラブに行く人もいますよ。日本はどうせタバコのヤニ臭くなるし汚れるからシャワー浴びても意味ないからという理由だそうです。


私も海外ではクラブには気合いいれておしゃれするけど、日本ではクラブに行く時は逆におしゃれできないです。





それに日本のクラブにはセクハラや痴漢が多い店がある。

ハウスなど音楽好きが集まるクラブはナンパも痴漢もほぼ見なくなったけど、ちゃらくてナンパが多いクラブにはまだ痴漢やセクハラ多いです。
ラテンの一部の店でもセクハラあります。

歓楽街の混んでるバーでも(クラブじゃなくてバー)、混んでる中で痴漢があります。いきなりヒップ触ったり胸をわしづかみにされたことありますよ。


ラテンのクラブは男女ペアでおどるので、なかにはそれをいいことにセクハラする男がなかにはいます。
女性の手をにぎれるし背中に手をおけるけどキャバクラより安いとか言ってる連中もいるんですよ。悪質な痴漢にいたっては、ダンスしてる最中に股間おしつけてきたり、人が踊ってる時に後ろから抱きつく男もいますよ。
特に若い女性がおじさんに狙われやすくて、もう二度とこんなところ来たくないと言った女の子を何人も知ってます。


店のセキュリティに痴漢がひどいから助けてとお願いしても対処してくれない。クラブのセキュリティが対処するのは酔っぱらい同士のけんかとかくらいでは。





海外はタクシー安いし友達の車で来てる事もあるから、疲れた時にいつでも帰れる。

けど日本は終電過ぎたら始発まで帰れない。どんなに眠くても疲れてても始発までおきていなきゃいけない。クラブ内でうとうとするとスタッフに怒られるので。

クラブは席がなくて立ちっぱなしなので足が痛くなる。

始発までがんばってあちこちはしごしたりしてお金も使い。

それにクラブで飲みものおいて踊ったらもう飲み物盗られてるし(ドリンク高いからドリンクを盗む人がいるそう)、5分位置いてた化粧ポーチを盗られたり、クラブ内やバーの中ですりや置き引きにあったこともあります。

警察に被害報告に行くと「歓楽街に行く方が悪い」 「その店よく犯罪おきてるからしょうがない」と怒られる。
いやいや警察はそんな犯罪頻発する店を摘発したり、歓楽街をもっとパトロールしてよ、って思いますが。



始発までがんばって朝5時に外に出ると、酔っぱらいがけんかし、ナンパできなかった男達が必死で最後のお持ち帰りを探そうと女性に声かけまくり、カラスがゴミをつついてる中を歩いて駅まで向かい、痛い足をひきずって帰宅する。

家に着いたらもうくたくたなのに、タバコ臭い髪や服を洗う。

タバコでのどや胸が痛くて、寝ていると呼吸困難をおこす。


これの繰り返しだったんです。
DJの場合は仕事だからもっと疲れたのでほんとにしんどかったなーと思います。





タバコとクラブの話ですが、

イベントに主催者やDJから招待されてもタバコがあるイベントだとどんなに行きたくても断らなきゃいけないので辛いです。本心からいきたいイベントが多いし、相手も仲いい人やお世話になってる人が多いのに。
クラブじゃなくてレストランやバーでのイベントでも大半がタバコがある店なので断わるしかない。

ドクターストップがかかってからこの数年は、お店に踊りや飲みにいったりダンスイベントや音楽イベントにいけなくなってしまいました。

行きたい店やイベントはたくさんあるのに、告知を見るたびに悔しくて地団駄ふんでいます。



私が知りうる限り日本に完全禁煙のクラブは存在しないです。

というと「あのクラブは禁煙ですよ」と教えてくれる人が必ずいるのですが、店のHPや見取り図を見たり店に問い合わせると、分煙か、屋内に喫煙所があるか、加熱タバコや電子タバコは可(IQOSやPloomtechやGloなど)という店ばかり。


たぶんタバコの有害性をわかってなくて煙をさえぎればOKと思ってる店や人が日本には多いからだろうと思います。分煙って日本ルールだし意味がないと国連WHOから日本は怒られたんですけどね。





タバコの有害物質があるところは喫煙店です。
分煙OKというのは日本ルール。

タバコの副流煙から出る7000種類の化学物質の中にある大量の有害物質が問題。
発がん性物質64種類以上で、スパイが暗殺に使うポロニウムという放射性物質まで入ってます。
PM2.5やPM10のようにマスクの穴を通る微粒子も揮発性ガスも入ってます。

PM2.5の値はタバコ1本で3200。 
IQOS1本ではPM2.5が625です。
PM2.5は70超えたら外出禁止の値ですよ。

つまり、加熱タバコは無害というのはウソで、加熱タバコにも発がん性物質もPM2.5などが入ってます。

アイコスなどの加熱タバコは煙が見えないからまわりからわかりづらいだけで、非喫煙者はヤニ臭いからすぐ匂いに気づくし、私みたいな受動喫煙で健康を害した人は加熱タバコがあるところに行くと頭を殴られたような衝撃がきます。

実は最初に紹介したそのイベントは完全禁煙と主催者は言ってましたが、正直言うとVIP席の近くはタバコ臭かったです。喫煙所まで行くのがかったるくて加熱タバコ吸った人がいるんだと思います。


屋内の喫煙所はドアをあけるたびに外に有害物質が流出するし、完璧に密閉できる喫煙所なんて理論的に作れないそうです。

日本は世界最悪のタバコ天国なので、日本の常識は世界の非常識。
加熱タバコのアイコスやGloは、それを生産してる本国の米では禁止です。
タイだって電子タバコや加熱タバコは持ち込み禁止で持ってるだけで逮捕だから、タイに来た日本人が多数逮捕されてるそうです。


日本は喫煙率は2年前で17%なので(成人で)、未成年を入れるともっと低い。それに病気になる人が多いし生活が苦しくなったからか、今年はタバコの売り上げがだいぶ減ったそうです。
国民の85%以上が非喫煙者なのに、喫煙店が多すぎ。
タバコが嫌な人には入れない店がまだまだ多すぎます。






私は喫煙店に行かないし日本は禁煙法がないから、喫煙店に禁煙店にしろと言ってるわけじゃないんです。
でもクラブみたいに禁煙店が一軒もないなら、選択肢がないじゃないですか?
ただ、喫煙店しかなくて選択肢がまったくないというのは辛すぎる。
なぜ完全禁煙のクラブがまったく存在しないんだろうか、と思ってます。

「俺にタバコやめろと言ってるのか」 「俺は自己責任で吸ってる」と怒る人もいるけど、私は恋人でも家族でもない人にタバコをやめろとは言いません。他人に迷惑をかけるのはやめてほしいけど、その人が喫煙をやめるかどうかは私には関係ないので。




私はタバコのせいでクラブに行けなくなってから、そういうストレスがなくなって楽になりました。







●海外のクラブとの違い



私は長年のクラバーだし、クラブでDJもやっていましたた。クラブカルチャーは大好きで死ぬまでクラバーと言ってます。


けど日本ではクラブ界に関わるとストレスも非常に大きいです。パワハラやセクハラ等のハラスメントも多いですし。



海外ではクラブによく踊りに行くし、海外のクラブでもDJやった事あります。

けれど海外のクラブでは日本のクラブでありがちな事はほとんど経験したことないです。



たとえば南米のクラブは、

ー 国の法律で公共の場は完全禁煙なので、クラブ内はもちろんクラブの外でも吸ってる人がいない。

ー グループごとにソファ席に通すので自分の席があり席ごとに担当のスタッフがつくので飲み物や持ち物が盗まれることはない。

ー クラブ内にセキュリティが多い。トイレにいることも。

ー クラブの入り口では空港のような身体検査や荷物検査がある。

ー 南米人はグループでクラブに来るし、セキュリティが厳しいため、クラブ内でしつこいナンパや、セクハラや痴漢などがない。

ー タクシーや車で来ているので、好きな時に帰宅できる。次の日に仕事もできる。

ー タバコないし酔っぱらいに酒ひっかけられたりすることもなく、自分のソファ席に座れるし車で帰れるから、12㎝ヒールにミニワンピなど週末は美容院まで行って思いっきりおしゃれしてくる人が多い。

ー 私が住んでいたコロンビアの都市はダンスと音楽が盛んだし、クラブカルチャーがすごいので、平日でもクラブがにぎわってる。花木、花金、土曜日、日曜日が週4日は混みあう。




だから疲れないし、タバコ臭い服を洗う必要もないし、クラブにいくたびに健康を害することもなく、昼間で寝て休日を台無しにすることもない。

ストレス解消の為にクラブに週末に行って散財する人が中南米は多いです。クラブでつかうお金って中南米人の方が日本人よりずっと多い。最低賃金は日本よりずっと低いのにですよ。
みんなグループやカップルでやってきてボトルを何本も頼みます。中南米は二人で来てもドリンクはボトルで注文なので(カクテルのグラスやビール小瓶は出さないクラブが多い)。



たとえばこれは私が住んでいた南米コロンビアのカリ市にあるクラブ。



このビデオを見るとわかるように店内の3分の1以上はソファ席が並んでいます。
ボックス席みたいになっていてプライバシーがあるし、他のグループの人は座れません。それぞれの席に担当のウェイターがつきます。

いい席や人気のクラブは予約する人が多いです。席が予約で埋まるクラブも。
でもたいていのクラブは席に座れないということはないです。それくらいソファ席が多い。










でダンスフロアはこんな感じ。
自分のソファ席で踊るグループも映ってますが、テーブルにたくさんラムのボトルがあるのがわかるでしょうか。
ボトル1本は5000円とか6000円位ですかね。
ラムと一緒に飲むコーラや水や氷も頼むし、ウェイターにチップ払います。
1グループで数本ボトル頼んで、余ったら瓶は持ち帰ることもできます。
2階などには値段がもっと高いバルコニー席がが映ってます。







こういうクラブは平日の週の前半でも数百人はきてます。


こんなに盛り上がってるけど、完全禁煙、店の外でもタバコ吸ってる人いない、ドラッグなし、痴漢なし、セクハラなし、けんかなしですよ。



他国でも私は海外に住んだり旅行に行った先であちこちでクラブに行ってるので。
クラブに行く為に週末を入れるような日程にしてるし。


海外に比べると日本のクラブやダンスイベントって排他的だなって思うんですよね。


日本に旅行に来たり住んでいる外国人かも、日本のクラブはナンパや痴漢が多くて嫌だ、タバコがすごくて目やのどが痛くなる、という文句をよくききます。
最初は行ってみたけど、嫌な思いをしてもう行かなくなった人も多いです。

だからこれだけ外国人観光客が日本に来てるのに、日本のクラブは観光スポットになる店がほとんどないんでしょうね。口コミ情報も威力が大きいので。







●クラブへの客足が減った理由




今は昔と違って日本の飲食店や繁華街は厳しい状況です。

去年の日本の飲食店の倒産は過去最高でした。
長らく歓楽街でバーを経営している知り合いが、六本木などの歓楽街はほんとうに客足が激減したと言いました。確かにバブル崩壊後の90年代後半に比べても、週末の六本木は客が激減したと思います。

特に今年はあちこちの歓楽街が週末の夜でも静かだと都内を流してるタクシー運転手たちが言ってるそうです。小売店の売り上げも悪く服もあまり売れてない。
消費税が上がればもっと売り上げは落ちるでしょうし、外に飲みに行ったり踊りに行く人は減るでしょう。



クラブは以前よりも集客が大変。
イベントもエントランス料金をぎりぎりまで安くしないと、「お金がないから」と言われて来てくれる人がなかなかいません。

有名なクラブDJでも昔に比べると仕事がかなり減ったそうです。


それは風営法によるクラブ取り締まりや改正風営法の特定遊興が大いに関係して、ただでさえ経営が厳しいクラブや飲食店を閉店に追い込んでいます。
小さい店はもっと大変です。






でも風営法が日本になかったとしても、日本のクラブはみんなにとって魅力的なのでしょうか?

海外ではクラブやクラブ街が観光スポットになっています。
けれど日本に観光スポットになるようなクラブやクラブ街があるでしょうか?




今の若い世代には週末に飲みやクラブに行かないで、家でyou tube見たりストリーミングサービスで音楽きいてる人が多いです。
お金がないことも一番の原因です。
でもお金があっても、それほどクラブや外飲みに魅力を感じていない。


上の世代は、「今の若い奴は週末も家でひきこもりかよ」とバカにします。


でも私は自分がクラブやバーに行けなくなったらクラブに行きたくない人の気持ちがわかるようになりました。
家にいるほうが楽だしストレスがないもん。
お金ないこの時代に、行けば散財するうえに、かえってストレスがたまるバーやクラブにわざわざ行く価値があるんでしょうか?




昔からいるクラブ界の人や常連達には「クラブにはタバコと酒とナンパがつきもの」 と言う人が多いです。
しかも人によってはそれにドラッグが入る場合もありますが。


私はクラブにはたばことナンパとドラッグがつきものとは思わないです。

タバコは他人の健康を害します。
しつこいナンパやセクハラを嫌がってる女性は非常に多い。
痴漢やドラッグは犯罪です。


音楽とダンスを楽しむ為に、なぜタバコやナンパやドラッグが必須なんだろう?
もう70年代じゃないのに。

そこに考え方の差を感じます。



若い世代は喫煙率も低いし夜遊びする人も減ったので「老害」と怒るけど、中年だってタバコや痴漢やハラスメントを嫌がってる人はたくさんいますよ。



私はクラブの問題をこうして言っちゃうし、自分はハラスメントがないイベントを開催してるので、クラブの常連達から「タバコってほんとうに嫌だよね。俺も行くたびにのどが痛くなる」と私に言ってくる人多いです。
え、あんなに夜遊びの達人なのにそんなこと思ってたんだ ってびっくりしますよ。

DJとかオーガナイザーや、クラブ常連の人達が私に「自分もほんとうはタバコ嫌なんだ。けれどタバコがない店がないし、タバコに文句いうとオファーが来なくなる」と言ってきます。
なかにはタバコの受動喫煙で身体を壊したと言ってる店のオーナーもいるんですよ。


DJやクラブ関係者に、受動喫煙で喘息や呼吸器系の病気になったという人は何人もいますよ。
クラブのタバコで身体壊したのは私一人じゃないです。
店のオーナーで、自分の店の受動喫煙で喘息になったのに、常連客に喫煙者が多いからと我慢してる人もいますよ。

経営者ならスタッフの健康も考えてほしいです。お客さんの健康はなおさら。




タバコがないと客が来なくなる、と主張する飲食店は多いです。

でも私が今回行った東京でのイベントは完全禁煙だったけど、何千人も入ってましたよ。しかも日曜日の午後から夜9時です。
全面禁煙になった今年のイベントは、加熱タバコOKだった去年よりも、若い世代や女性が増えたような気がします。


タバコがないと客が来ない、と言ってる店やイベントは、逆に言うとタバコがないと客が来てくれない店やイベントなのでは?
音楽で勝負できるならタバコは関係ないのでは?


タバコだめな人はタバコのある店に入れないけど、喫煙者は禁煙店に入れます。
それにタバコのニコチン依存症でイライラする喫煙者は外に吸いにいきますからね。喫煙者は禁煙店や禁煙イベントに来れるわけです。

けど喫煙にすると、タバコが嫌な人やタバコで健康を害してる人は排除されるわけですよ。

ってことは、この飲食店にとって厳しい時代なのに、さらに15%しかいない喫煙者を相手にビジネスしてるわけですからね。どう考えてもビジネス的に成功してるとは思えないです。
禁煙店にすれば、100%を相手にビジネスできるのになあ。

しかも若い世代の方が喫煙率低いし女性の方が喫煙者少ないので(中高年男性に喫煙者が多い)、喫煙店はおじさんが多くなるのでは?
来てくれてる人の何割かもタバコを我慢してる客がいるんだし。嫌だと思ったり受動喫煙で身体壊して来なくなったらもっと客は減るでしょう。






そういう話をすると、「嫌煙家が喫煙店に来て文句言うな」  「タバコが嫌ならうちの店にくるな」  「日本に気に入らないことがあるなら、日本を出ていけ」 「この嫌煙ファシスト」 とか非難する人達が世の中にはいます。


受動喫煙で身体壊した人は喫煙店にはいかないので、私が喫煙店に入るわけがない。
カフェと違って、クラブには禁煙店が存在しないので選択肢がないんですよ。
オール オア ナッシング。




「日本に文句あるなら出ていけ」 「嫌なら出ていけ」と恫喝する人が最近日本に増えましたね。
出ていけ、って非常に排外的で差別的な言葉だと思います。


外国人に対して言う人が多いですが、私は日本人なのに日本から出ていけとか言われても。


つまり改善をしようとか話し合おうという気はぜんぜんなく、ただ拒否するか、嫌なら来るな、嫌なら出ていけと罵倒する人達。
 
そういうところが排他的なんですよ。

自分が嫌なものは排除するだけ。

だからちっともよくならない。




音楽やダンスを愛してるといいながら、音楽やダンス好きの客さえも結果的に排除してるとしか思えない。






海外のクラブはタバコもセクハラや痴漢もないけど、クラブカルチャーやフェスは各国ですんごい盛り上がってるし多額の収益をあげてます。
だからEDMのトップDJは年収が何十億円もあるわけですよ。

日本のDJのなかで、DJだけで食べれる人が何人いるでしょうか。
DJやればやるほど赤字になる人が日本はほとんどでは?



日本のクラブは風営法のせいにするけど、摘発されてもしょうがない悪いことをやってる店もなかにはあります。
そういうクラブのせいで他のクラブに迷惑がかかるんです。



それに日本では「30歳過ぎてもまだクラブ」と言う人もいるし、中年やBBAのくせにクラブくるなと悪口言う人もいて、年齢で区切る傾向が強いです。

ナンパをウリにしてるクラブは若い女性に来てもらいたいわけだし。


しかしクラブには、女性を性的なモノ扱いしてセクハラや痴漢する人が多い。

「外国人が来たら盗難が増える」 「外国人が来たら入管に電話しろ」と外国人差別をするクラブの常連もいましたよ。


金さえもうかれば多少悪い面があっても別にいいじゃん、というクラブもある。



ああ、日本のクラブって排他的。。。


もっとバリアを取り払ってバリアフリーな空間を増やしてくれたらいいのにな、と思います。







●みんなが楽しめる空間になってほしい




日本のクラブって排他的でストレスフルな店が多いなって思います。


集客に必死で主催者やDJにノルマ課すし、SNSやネットは宣伝だらけだし、店やイベントに来てくれた客の写真を撮りまくって顔晒してレポするのは普通。


そんなに集客に必死なら、なぜクラブに人がたくさん来てくれないのかを考えたらいいのに…。




なぜもっと広い客層に門戸を開放しないんだろう?


私が指摘する点を改善したら、今まで来なかった人達もきてくれるんじゃないでしょうか?


「クラブはこういうものだ」という思い込みのせいで、クラブに行きたい人さえも来れなくしてるし、クラブの常連だった人の足も遠のかせてるんだと思います。


クラブに行きたいけど行けない、って言ってる人達がどのくらい多いか知ってますか?

私がSNSに今回のイベントのレポ書いたら、そんなイベントなら自分も行きたかったと反応した人が何人もいましたよ。

また、クラブのこういう話をネットに書くと反響が大きいです。
クラブ界からは1つも反応がなく、一般の人からの反応ばかりです。




一度クラブ界は、一般の人にアンケートとってみればいいのに。


わたしにはこういう事をはっきりと発言してるから、たくさんの人から声が届きますけどね。

クラブ界にはそういう嫌な話はノイズだとして耳をふさぐひとが多いのかな。

でもこれは思いやりの問題だと思うんですが。
自分が固執してるものがそこにいる他の誰かを傷つけてないかということ。


あなたの快楽が他の人の苦しみになってませんか?

もっとまわりにおもいやりを持った方がいいのでは。
そうした方が楽しい場になるのでは? ということなんです。







あ、それから、世代を越えてダンスや音楽を楽しむ話。


中南米はクラブは未成年はダメなんですが、子供から高齢者までダンスを楽しめる環境があります。
それはフィエスタが多いからです。

家や家の庭での大きなホームパーティで音楽かけて飲んで踊り、誕生日は家で大きなパーティをして踊る。クリスマスイブから25日までオールで踊り、成人式には結婚式のようなパーティをひらいて踊る、結婚式も踊る、大晦日から元旦の朝まで踊る、など年中踊ってます。

だから中南米人は、僕はお母さんのおなかにいたときからダンスのリズムを知ってる、というわけですよ。
赤ちゃんも歩けるようになると、親が手取り足取りダンスを教えます。
未成年はクラブに入れなくてもフィエスタで踊れるんです。

フィエスタは子供からお年寄りまで踊る。


日本在住の中南米人はフィエスタやったら警察よばれるので、クラブやディスコに行くしかないと言ってます。
南米人ばかりのローカルなクラブはフードやってる店も多いから、早い時間から客が来て飲食したりカラオケやったりして、深夜は踊ってる。
日曜日のお昼は子供の誕生パーティなどをやってます。
日本に住んでる南米人達も南米系のラテンディスコで子供からお年寄りまで踊るわけですよ。






日本は風営法や警察の取り締まりが厳しいからフィエスタを勝手にできないため、クラブやディスコやダンスイベントしか踊るところがないんですよね。


そんな日本でクラブやダンスイベントやディスコに行けないなら、ダンスや音楽をあきらめるしかなくなるわけです。ダンス教室や公民館はクラブ系の人にはちょっと違うでしょ。


「ダンスや音楽が命」という人からダンスや音楽を奪うことはしないでほしい。


月に何回かはいい音で音楽楽しみたいし、なにもかも忘れて踊りたいですよ。



社会にはびこる決めつけや枠からも、どこどこのだれだれさんということからも外れてね。
ダンスや音楽のシャワー浴びてダンスに没頭したいです。




音楽やダンスを通してみんなで楽しむ。


これがいまみんなが一番求めてることではないかと思います。



クラブカルチャーはもともとは、貧困層とか、黒人とか、ゲイとか、社会で差別されている人達とか、いろんな人達が新しい音楽やダンスを生み出し、それを他の人にも共有して、みんなで楽しんでつくりあげてきました。

どんな人でも居場所がある、それがクラブというところではないでしょうか。



世間は偏見が多いし、世界中でヘイトが急激に増えている。


こんな時代だからこそ、自分を自由に解放できる場所がほしい。


ヘイトがない、ハラスメントがない、どんな人でも居場所がある、みんなが音楽やダンスを通して楽しめる、そんな場所がほしいと私は切実に願います。














スポンサーサイト



ラテングラミー賞発表 2018年

グラミー賞のラテンである ラテングラミー賞の授賞式が数日前に開催されました。

ラテングラミー賞の受賞者を部門別に発表し解説します。

ジャンルが幅広くてアーティスト数が多すぎるので、私に関係するジャンルや歌手だけにします(スペイン語のラテン音楽)。




ラテングラミー賞は以前はラテン好きの人しか見なかったのですが、世界のラテンの大ブームでラテングラミー賞が非常に注目されるようになりました。

またラテングラミー賞はアメリカのなので、アメリカで売れているラテンの曲が中心です。以前はラテンアメリカでヒットしてる曲とちょっと違ったのですが、今の世界のラテンブームではアーバン系が世界中にヒットしてるのでその辺のジャンルにおいてはラテンアメリカでのヒットと合致してきました。サルサ等のトロピカル系はちょっと違うと思いますが。





では各部門の受賞者です。



まずはビッグ4の4大部門から発表します。





<最優秀レコード賞>

Record of the Year

「Telefonía」 Jorge Drexler





<最優秀アルバム賞>

Album of the Year


「¡MÉXICO Por Siempre!」 Luis Miguel





<最優秀楽曲賞>

Song of the Year


「Telefonía」 Jorge Drexle





<最優秀新人賞>

Best New Artist


Karol G




最優秀新人賞のKarol Gにはグッときました。

彼女はコロンビア人のレゲトン歌手で、コロンビアのメデジン出身。
レゲトンでは珍しい女性歌手です。
レゲトン歌ってる女性歌手はいるけど、他のジャンルの歌手だけどレゲトン「も」リリースするだけでレゲトンの歌手ではない。女性のレゲトン歌手は何人かしかいません。

Karol Gは前にこのブログで書いたように、歌手活動の芸歴は前からあるんです。
コロンビアのメデジンの実力派レゲトン歌手で、デモテープでずっとレコード会社やラジオ局などに売り込みしていたけれど、レゲトン界は見てわかるように超男社会なうえにラテンアメリカには男尊女卑があったため、女であるために長らくデビューさせてもらえなかったのです。でもあきらめずに活動を続けてきた結果、やっと最近時代が変わって女性のレゲトン歌手も認められるようになりメジャーデビューさせてもらったら、曲が世界で大ヒットして一躍人気歌手になりました。

ラテンアメリカはマチスモ社会(男尊女卑)だったので、ラテンアメリカがベースのラテンの女性歌手はほとんど成功できない、という悪習があり、成功しているラテン女性歌手はほぼアメリカ生まれやアメリカを拠点に活動してアメリカでデビューした人ばかりです。

コロンビア人のシャキーラもアメリカ拠点で今はスペインです。
ラテンアメリカでの男尊女卑を打破すべく、Karol Gはフェミニストとしてもがんばっており、若いファンの女性達からも支持されています。
私も彼女を応援してきたので、受賞はうれしかったです。

彼女の曲もイベントでよくかけますよ。



これがKarolのラテングラミー賞でのライブ。


今年大ヒットした「Mi Cama」 というレゲトンを歌ってます。







授賞式のスピーチも感動しました。
年配の男性と腕を組んでスピーチの壇上にあがったKarol。

「私はデビューしてから4年がんばってきて、やっとラテングラミーをもらえるまでに成功できました。ラテン音楽界でがんばっている他の女性アーティスト達とこの成功を女性としてわかちあいたい。そして、今の私があるのは、私の成功の99%はこの隣にいる男性のおかげです。パパほんとうにありがとう」 とKarolがお父さんに感謝したので、思わず涙が出そうになりました。

このビデオで前の席に座っていて喜んでくれてる人はコロンビア人のSebastian Yatra。
途中で同じコロンビアのメデジン出身のMalumaも映ってます。

コロンビアでは大卒じゃない人の多くの女性は18歳位で子供持つ人が多いです。それか就職するけど、Karolは歌手になりたかったから長い間陽の目を見なかったのにお父さんがサポートしてくれたんだと思います。

新人賞だけど下積みが長いです。だから感動的。






Unstoppable
Universal Music LLC (2017-10-28)




Mi Cama
Universal Music Latino (2018-05-11)












さて他の部門も発表します。




<最優秀コンテンポラリー・ポップ・ヴォーカル・アルバム賞>

Maluma 「F.A.M.E.」


Malumaのスピーチ。





Malumaもコロンビアのメデジン出身のレゲトン歌手です。
ひげのばして髪が長くなったしめがねかけてるからわかりづらいですが、イケメンなので女性ファンがめっちゃ多いです。
世界で大人気で、日本にもファンかなりいます。


malumaはラテングラミーで歌わなかったので、今年彼がリリースした曲のミュージックビデオをUPします。
この曲とビデオについては、マチスタ(男尊女卑)で女性を性的なモノ扱いしてると抗議デモやボイコット運動がおきて問題になりました。

それについては前に記事書いたのでこちらを

「MALUMA 「MALA MIA」の歌詞和訳。 中南米で議論沸騰中のわけ」



「Mala Mia」 Maluma







F.a.M.E.
Maluma
Sony Music Latin (2018-05-18)









<最優秀アーバン・ミュージック・アルバム賞>


「Vibras」 J Balvin


J Balvinもコロンビアのメデジン出身のレゲトン歌手。
「デスパシート」を去年抜く勢いで「Mi Gente」が大ヒットしたし、今年は来日してサマソニで歌いました。日本でも大人気の歌手。

ここまでメデジン出身のコロンビア人ばかりですね。ほんとにここ数年の音楽授賞式はコロンビア人が活躍してます。今年も多かったです。





J Balvinはラテングラミー賞で2回もパフォーマンスしました。



これはこの受賞したアルバム「Vibras」から。


J Balvin ft Carla Morrison - "Vibras" / "Ambiente"






Vibras
J. Balvin
Polydor (2018-05-25)









<最優秀アーバン・ソング賞>

「Dura」 Daddy Yankee


レゲトン・キングといわれるレゲトン界の頂点にたつ大御所ダディ・ヤンキーが受賞。
「ガソリーナ」で2004年に日本でもブレイク、去年世界で史上最高の連続第一位を記録した「デスパシート」でも歌ってます。

ダディ・ヤンキーの「DURA」は日本で「デュラ」と邦題つけて売ってますが、スペイン語の正しい読み方は ドゥーラ です。デュラじゃないです。DURAはhardという意味。

ダディ・ヤンキーは他の仕事で授賞式に来れなかったのです。 
だからDURAのミュージックビデオをUPしますね。






デュラ
EL CARTEL RECORDS (EC3) (2018-01-20)









<最優秀サルサ・アルバム賞>


やっとサルサの出番です。

サルサの最優秀アルバム賞は、

「25/7」  Víctor Manuelle


これはラテン・グラミー賞でのVictorのパフォーマンス。

やっぱレゲトンなどのアーバン系ではなく、サルサ歌手って歌うまいなーって思います。
彼のライブに行った事あるけど。

Victorは今年はちょっとアーバン系とのコラボのサルサとか出してました。サルサ界の中堅で、日本にもファンが多い人気歌手ですが、彼は時代の流行を読むのが上手です。







25/7
Victor Manuelle
Sony U.S. Latin (2018-03-23)









<最優秀クンビア・バジェナート アルバム賞>

「Esto Es Vida」  Silvestre Dangond


バジェナートはコロンビアの伝統音楽で(クンビアもコロンビア発祥だけど)。

これはコロンビアの有名なバジェナートグループです。










<最優秀コンテンポラリー・トロピカル・アルバム賞>


「Vives」  Carlos Vives


コロンビア人のバジェナート歌手 カルロス・ヴィヴェス。

彼は去年シャキーラをfeaturingした「Bicicleta」でレコード大賞を受賞したコロンビアのカリブ海出身の有名歌手です。





Vives
Sony Music Latin (2017-11-10)










<最優秀トラディショナル・トロピカル・アルバム賞>

サルサのRuben Bladesに勝ったのは、

「A Mí Qué ー Tributo A Los Clásicos Cubanos」   José Alberto El Canario & El Septeto Santiaguero


キューバのグループ。


ラテングラミー賞の映像がないので、彼らのビデオをUPします。




Tributo a Los Compadres
Jose El Canario Alberto El Septeto Santiaguero
Los Canarios (2015-05-26)









<最優秀トロピカル・ソング賞>


「Quiero Tiempo」   Víctor Manuelle Featuring Juan Luis Guerra


サルサのVictor Manuelleの曲にドミニカ共和国出身のドミニカ人のバチャータとメレンゲ歌手Juan Luis Guerraがコラボ。
ラテングラミーでパフォーマンスしたビデオは上にUPしましたが、今度はオリジナルのミュージックビデオを。






Quiero Tiempo
Sony Music Latin (2018-03-23)








<最優秀短編ミュージックビデオ賞>

「Pa Dentro」 Juanes 

コロンビア人のフアネス。
日本でも以前からファンが多いフアネス。「Camisa Negra」がサルサバーでよく流れるのでご存知でしょう。
ラテンの情熱の貴公子とか日本で宣伝されてたのはこの人です。

フアネスはラテン・ポップやバラードの歌手だけど、この曲はレゲトンのリズムが入ってます。






このビデオの撮影地ってコロンビアじゃないかな、メデジンの、と思ったらやっぱりコロンビアのメデジンで撮影したそうです。



Mis Planes Son Amarte
Juanes
Universal Latino (2017-05-12)










::::::::::::::::::::::::::::::

ラテングラミー賞で受賞はしてませんが、パフォーマンスをしたアーティスト達は




「X」  Nicky Jam featuring J Bavlin, Steve Aoki





Nicky Jamはアメリカ生まれのプエルトリコ人のレゲトン歌手で、2000年代前半から知られてるレゲトン歌手ですがここ数年特にすごい人気です。去年は6部門も受賞しました。

スティーブ青木はジャンルが違ってEDMのDJですが、いまのラテン人気にあやかってか最近ラテンとコラボした曲をリリースすることが多くなりました。
J Balvinの「Mi Gente」のEDMリミックスとか、 Daddy Yankeeの「Azukita」とか。

だからスティーブ青木はラテンの音楽授賞式によく来るようになったんだけど、ウルトラのフェスとかと同じでステージ上ではあいかわらずDJをやってなくてぴょんぴょん跳ねてるだけ 笑。



X
X
Sony Music Latin (2018-03-02)










受賞は逃したけれど今年ビルボードでも高いランキング入りするヒット曲を飛ばしていたOZUNAもラテングラミーでパフォーマンスしました。

OZUNAはプエルトリコ人のラテントラップ歌手。レゲトンも歌います。

OZUNAが例のあの「タキタキ・ルンバ」(Taki Taki)で長崎の歌詞を歌って非難された歌手ですよ。彼はコラボ参加なので歌わされたんでしょうが。
いまめっちゃ流行ってる若手のラテントラップ歌手です。











他のパフォーマンスでは、


「Esta Rico」 Marc Anthony, Will Smith, Bad Bunny





サルサ歌手のマーク・アンソニーと、プエルトリコ人で今若い世代に大人気のラテントラップ歌手Bad Bunny、それにコロンビアのカルタヘナにきてスペイン語しゃべったりラテンとコラボするようになったラッパーで俳優の米人ウィル・スミス。

この歌も今年けっこう流行りました。ウィル・スミスは英語とスペイン語で歌ってます。



Está Rico
Sony Music Latin (2018-09-28)









いま世界で大ヒットしてるラテントラップの若手歌手 Bad Bunnyは、ラテングラミーでソロのパフォーマンスもしました。
今年のヒット曲のメドレーです。


"Sensualidad”  "Soy Peor"   "Chambea"   "Estamos Bien"   Bad Bunny












コロンビア人の歌手Sebastian Yatraもラテングラミーでパフォーマンス。

この人はラテンポップスやバラードも歌うし、レゲトンも歌えるマルチで歌唱力のある人です。


「No Hay Nadie Mas」  Sebastian Yatra Featuring Halsey










私のジャンルに関係あるカテゴリーやジャンルとしては以上です。

私はスペイン語のサルサ、メレンゲ、バチャータ、バジェナート、クンビア、レゲトンやラテンダンスミュージックやラテントラップなどのアーバン系が自分のジャンルなので。



他にもmusica norteña(Banda) というメキシコのジャンルや、ブラジル音楽、ロック、クラシック、ジャズなどの部門があります。その他のカテゴリーの受賞者についてはラテングラミー賞のHPを見て下さい。



全部の受賞者一覧を見たい人は ラテングラミー賞のサイトからどうぞ。


https://www.latingrammy.com/en/nominees



ラテンは歌のうまさが重要なので、こういう授賞式では絶対に口パクしないです。

アメリカの大規模な会場で反響して音がとりずらいんでしょうが、歌手によっては音が外れていてライブでうまい人とそうでない人の差が出てておもしろいですね。





それに今年もコロンビア人大旋風。

コロンビアのメディアはコロンビア人が今年もラテングラミー賞で圧勝とか報道してました。

確かにコロンビア人多いですよね。
ここ数年の音楽賞はほんとにコロンビア人多い。



ただしコロンビア人でもシャキーラは今年はダメでしたね。彼女は曲リリースしたけど、ふるわず。それにいくつかの脱税の容疑もかけられたし、声の調子が悪いとツアーもキャンセルしたので。


日本でも早くコロンビアのイメージを数十年前のものからアプデして、コロンビアといえばパブロ・エスコバルではなくて、コロンビアといえばJ Balvinといえるようになってほしいものです。



それから今年はバチャータの歌手が一人も入ってませんでした。
5年位前にバチャータがラテンでは大ブームでしたが、今年はバチャータはふるわず。 あんまり一世風靡するヒット曲出てないんですよね。Romeo Santosの新しいアルバムとかも買ったけど、イマイチだった。


今年は世界中でラテンのアーバン系が大ヒット。
レゲトン、ラテントラップ(トラップ・ラティーノ)やラテン系のダンスミュージックは世界で大人気で今の音楽界のトレンドはラテン。日本でも若い世代を中心にすごい流行っています。

それがラテングラミーにも表れた結果だと思います。







● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



歌詞和訳の別ブログ
※ 歌詞の和訳と歌詞のよみがなはこのブログのサービスでは掲載できなくなったため、別のブログに移動しました。 本文はこちらのブログにあり、 歌詞の部分だけ別のブログに移動しました → http://diafeliz.jugem.jp
NOTE
ラテン以外のトピックについて書いてるNOTE
you tube
歌詞の和訳などをUPしている私のyou tubeチャンネルです
twitter
https://twitter.com/diafeliz_latin
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア