FC2ブログ

ハリケーン被害の米領プエルトリコ、トランプに嘲笑されて最悪の状況に

ハリケーンで壊滅的被害を受けたプエルトリコ。

その悲惨な状況については以前ブログにかきました。

→  「見捨てられたハリケーン被災のプエルトリコ 」


今回はその続編。

米本国のトランプに嘲笑されて、米領プエルトリコはさらに窮地に陥っています。



ハリケーンマリアの被害からもう3週間半たちましたが、さらに深刻な事態になっています。
(最初のハリケーン・イルマからは1ヶ月と1週間)



プエルトリコは独立国ではなくて、アメリカの自治領。
ビザも米のだし、米憲法下にあります。




カリブは、米に近い方からキューバ、ドミニカ共和国、その隣がプエルトリコ。
プエルトリコはタイノ族の国だったけど、スペインの植民地にされタイノ族はほとんど絶滅し、スペイン語圏に。
100年以上前に、プエルトリコは次は米領土にされたんです。

プエルトリコ人は米在住でも自分はボリクア(プエルトリコ人)といいます。
ラテンアメリカのカルチャーで、サルサとレゲトン大国。



今までアメリカの自治領に甘んじてきたのは、なにかあったときにアメリカが助けてくれると思ってたことが大きいと思います。


しかし、アメリカの領土だったことが今回の悲劇を生んだと思います。


プエルトリコは米領だから米市民なのに、340万人をアメリカ政府がちゃんとケアしないからです。



今年はアメリカ本土も大きなハリケーン被害がありました。

米のメディアはカリブ海に次のハリケーンが接近してる時も、米本土にいつ来るかばかり報道してました。
カリブ海諸国はハリケーンで壊滅的な被害を受けたところが多かったのですが、米の被害に比べると非常に報道の扱いが小さかった。
日本を含め世界でもそんなに報道されてません。


アメリカ領のバージン諸島とプエルトリコに壊滅的な被害が出たとき、米のトランプ大統領は2週間も休暇中でゴルフを楽しみ、ツイッターで別のことについてつぶやいてるだけでした。

プエルトリコの知事や首都のサンファンの市長が公式に米に救援を求めても、トランプはそれは自己責任だとか、プエルトリコなんか経済破綻してるから自分で対処できないんだろうなどとツイートしてました。

FEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)はトランプの許可がおりないので、救援にいけない。



プエルトリコは住宅はハリケーンで吹っ飛ばされたうえ家も道路も浸水してたし、停電が続き、飲料水や食料が尽きかけてた。

電話も不通で、停電で携帯やネットも使えないので連絡がとれない市町村がたくさんあります。
3週間半たっても被害の全体像がまだつかめてないし、いったい犠牲者が何人いるのかもわからない状態です。

ガソリン不足で病院の非常用電源が使えなくなり、生命維持装置などが必要な重篤の患者が病院で亡くなったケースも。


プエルトリコの知事と市長が、米と世界に向けてプエルトリコを助けてとSOSをだしました。



トランプはハリケーンから2週間たってラスベガスで乱射事件もあったのでやっと休暇から戻って、プエルトリコに短時間の視察に行きました。




プエルトリコにおいてトランプが会見で



「プエルトリコの被害なんてカトリーナのハリケーン被害に比べたらたいしたことない。
プエルトリコのハリケーンで何人亡くなったの?
え、16人か?
たったそれだけしか死者がいなかったの?
だったらラッキーだったじゃん」

「プエルトリコの救援のせいで、米の国家予算のプランが狂った」



と会見で言ったのです。








そして被災者に向かって、トイレットペーパーを放り投げて渡しました。






ちなみにこの時点で医者が死亡確認をして死亡が確定した死者の数が16人だったのであり、正確な死者数はまだ判明してませんでした。
連絡がつかない市町村もあるし、道路が寸断されているのでわからない。


昨日(10月11日)の時点では、死亡が確認されたのが45人。
トランプが来た時の3倍に死者が増えています。

しかし、道路が寸断されて通信手段が途絶えているので地方の市町村の実情がわからず、実際の死傷者がどのくらいいるのかはまだぜんぜんわかってない状態。




しかもトランプは被災者に、「have a good time! 」(楽しんでね!) と言ったんです。


で、さっさとプエルトリコから米に戻りました。
ハイヒールはいた奥さんを連れてね。



この人には同情心すらないんだな。

これは人道的な問題なのに被災者を嘲笑するような人間がなぜリーダーなのかと米でも批判されてました。





ついにトランプの許可が出たので、米からの救援物資も届き始めました。

けどいくら救援物資が中央や港に届いても、ハリケーンで道路が寸断され水に浸かったりしているところが多いし、まったくルートが復旧してないから被災者に届けられない。
通信手段もないから、孤立している市町村がどうなっているのか状況もわからない。



米軍がヘリなどを出して、孤立しているところから住民を救出したり水と食料を届けるしかないと思います。
なのにそれを米がしてない。

米の海兵隊員にはプエルトリコ人が多いんですよ。
シリアの前線などで若いプエルトリコ人が戦ってます。
あの人達はプエルトリコの救援の方にに行きたいと思ってることでしょうね。



アメリカにはJone's Actという法律があって、アメリカ国内に救援物資を届ける場合は米国籍の船で乗務員が米人の船じゃないといけないという内容だそうです。
プエルトリコは米領なので米国籍の船や軍隊の船を使わなきゃいけない。
でも外国籍の船に比べてコストが高いのも、米政府がプエルトリコに救援を出し渋った理由です。


でもその法律にのっとって救援物質を送り始めました。
といっても米本土の救援の方が優先で、プエルトリコにはマイナーな救援にとどまりました。
しかしその救援をこんどの日曜日(15日)で打ち切るそうです。
信じられない。。。



プエルトリコはまるで1世紀か2世紀昔に戻った感じ、だとニュースに書いてありました。
電気もなく、飲み水もなく、電話もない。



コロンビアでスマホ依存が社会にもたらす問題

コロンビアで事件があったときに、コロンビアは世界の最貧国だからスマホなんかないんだろう、スマホがほしくて強盗したんだろう、とか日本のネットで書かれてましたが、それは違います。


コロンビアもスマホ社会です。
インターネットのアクセス率も世界トップランクだそうです。

メキシコの方が米に近いからか、タブレットやスマホ率はコロンビアより高いような気もするが。


コロンビアも老若男女、携帯やスマホ持ってるし、歩きスマホや公共交通機関の中でスマホやってる人も結構多いです。

歩きスマホをしてたら強盗にやられるっていうのはありえますが、コロンビア人も結構歩きスマホや通話してます。



コロンビアにはスマホが出る前にもいましたが、ガラケーの頃ね。
あの頃はブラックベリーが流行ってて。

でも携帯中毒になる人が多い。

食事中も携帯をテーブルに置いて着信音ががんがん鳴って親に「うるさい」と怒られてました。
友達と話してても携帯いじってしまう。


スマホ時代になったらさらにエスカレートして、食事中もスマホを手放せないし、
デートしてる最中も相手が目の前にいるのに、スマホをずっといじってるので相手の子が怒っちゃうことも。
「そんなにスマホがいいならスマホとしゃべってればいいじゃないの」ってね。

もしくは家族で団らんしててもそれぞれにスマホいじってるとかね。

すぐ写真とってはfacebookやインスタにupするし。



ま、もうその辺は日本と状況同じですね。










私はここ何年か日本と中南米を行き来してるので、2年縛りで日本でスマホを買うのが嫌で日本ではスマホ持ってませんでした。
外ではガラケーとタブレットです。



けどコロンビアでは必要に迫られてスマホを買いました。

私は海外用のガラケー持ってて、コロンビアのプリペイドSIM入れれば使えるんですが、ガラケーに電話してくる人がほとんどいないんです。

日本もLINEが普及してるから、普通に通話したり携帯メールでやりとりする割合は結構減ったと思いますが。

日本はLINEだけどアメリカ大陸はWHATSAPPというスマホアプリが人気で、whatsappみんな使ってます。
whatsappがないと、連絡がなかなかとれない。


それにUBER。
Uberも日本ではタクシーとしては参入しづらいようで、あまり知られてないかもしれませんが、スマホアプリの配車サービスです。
UBERにクレジットカードの番号を登録しておいて、近くにいる車を手配してもらうんですが。運転手に現金で払わずにUBERにクレジットカードから引き落としされます。だからタクシーでときどきあるぼったくりが少ない。

中南米は日本と違ってタクシーがあまりよくないので、UBERの方が安全で確実ということでUBER人気が高いです。
なのでUBER使うためにもスマホが必要になりました。


そのくらい、コロンビアではスマホがないとやっていけなかったです。
私はタブレットとガラケーとスマホとPCをコロンビアでは使ってました。



コロンビアでスマホを買うことに。

SONYのXperiaで大手携帯会社で購入しました。
でもアンドロイド初めてで設定がよくわからず。

携帯大手の直営店にはファーウェイやサムソンやSONYなど大手メーカーの担当者がフロアにいるんだけど、SONYのお兄さんが親切で1時間以上もかかって全部設定してくれて、whatsappなどのアプリまで入れてくれました。

なにかわからないことがあったら店においでというので、ちょくちょくいってはきいてました。
ただしスペイン語での話だし、画面もスペイン語です。

別の携帯の直営店にいたSONYの別のお兄さんも親切で、スマホのデータをmacのPCに取り込めないといったら、mac持ってきたら教えてあげるというので、mac持って行ったら設定してくれました。

コロンビア人のメーカーのスタッフは親切。



プランの変更とか、長期契約とかで、ちょくちょく携帯会社の直営店にいってたので(週に1度は行ってた)、コロンビアのスマホ事情に詳しくなってきました 笑。


多分他の中南米も似て状況だと思うんだけど。

コロンビアでいま一番人気のスマホはファーウェイです。
中国メーカーの。
結構クオリティが高いらしくて日本でも注目されてますよね。
これが大人気。

それから韓国のサムソン。
サムソンは北米でも中南米でも、家電とかでも大人気のメーカーです。

この2つがトップで、次がSONYのXperiaかなあ。

けどやっぱファーウェイとサムソンが人気。


中南米はアンドロイドが主流で、IPhoneはあんま人気ないです。
アップルストアにもそんな人いない。

IPhoneが高めということもあるけど、アンドロイドも高い機種は高いし。
IPhoneって、日本だけが世界で異様に突出して人気が高いそうで、本国の米でもIPhone率はそんなに高くないそうです。



コロンビア人はSNS大好きで、whatsappも好きだし、インスタとか大好き。
日本人より中毒になってる人が多いと思います。

ラテンアメリカ人は、ナルシストが多いっていうかセクシーな自撮り写真を毎日毎日UPしたり、恋人とチューしてるラブラブ写真のせたり、コンサートではみんなスマホで動画撮ってるし、家族との仲良し写真とか、fiestaとか。
ネットでリア充演出っていうよりは、ほんとにリア充なんで、たんにネットでそれを見せてる感じ。


でもiosとかのバージョンもどんどんあがっていくし、アプリの動作が重くなったりかくかくしてくるし、みんなに見せる時も自分の機種きになるし。

ってことで、最新機種がやっぱ欲しいわけですよ。




日本の携帯会社は通信費でもうけてるんで、本体代は一見安いように見えます。
けど通信費はかなり高いし、通算したら高くなる。
しかも2年縛りとかがあって、それをやめるときはペナルティ料金とられるし、手続き料もかかる。


けど、コロンビアは本体は普通に定価の買取で、SIMフリーだからプリペイドSIM入れて、使うだけチャージすることもできる。
または長期契約でお得なプランに入ることもできます。

私は長期プランに入ってたけど、急に帰国することになって解約したときにペナルティなにもなかったです。
たんに解約手続きしただけ。
日本みたいに2年縛りで、途中解約は1万何千円とかペナルティとられるわけでもない。

SIMフリーだから日本でもそのスマホ使えるんで、日本で格安SIM入れてデータだけ見たりしてました。




でも、スマホとかデジタル機器ってやっぱコスト高いじゃないですか。
日本でだって高いよね。


私はコロンビアのスマホが水没してお亡くなりになったので、日本でIphoneをアップルストアから買いましたが10万円位。

それにSIM契約して、通信費がかかる。


2年間契約の人は毎月の支払いが高いですよね。

けどまた2年とかたったら、iosやアプリとの兼ね合いで買い換えるはめになるじゃないですか。

スマホに結構なお金かけてると思います。




コロンビアは貧富の差が大きすぎて、金持ちは信じられないほどの大富豪ですが、貧困層もいます。
普通の人でも給料がいい人たちもいるけど、庶民は日本ほどの給料じゃない。

けどスマホ代はたぶん同じ位かかってると思います。

特に若い世代はスマホの最新機種を欲しがる。



コロンビアで知り合いのおじさんたちや近所のおじさんおばさんたちと話してたら、
このごろスマホが流行って、スマホの最新機種が欲しいけど学生だとお小遣いでは買えない。

ということで、スマホの最新機種ほしさに援助交際する女子大生もいるそうだ、という話をしてました。

援助交際といっても売春までいくのか、それとも話したりごはんだけで終わるのか、人によると思いますが。

コロンビア人は美人国で有名なので、女性を目当てにくる欧米人が結構いるんです。
で、美人で若い女性だとエスコートサービスがあって、食事だけ同伴とか、ディスコに同伴するだけのサービスがあるんですよ。
一緒に行って飲んで食べるだけでたくさんお金もらえる。
確かにコロンビアのディスコには超美人を連れてる男たちを見ました。
もっとお金が欲しい女性には売春したり長期契約結ぶ人もいるんでしょうが、若くて美人の人だとものすごい稼いでる人もいるとききました。

日本は風俗でももう相場が下がってぜんぜん稼げないそうですが。

で、コロンビアでは援交とかエスコートサービスで稼いで、スマホやバッグや服買ってる若い女性もなかにはいるという話をききました。



「スマホのためにそんなことするなんて信じられないでしょう? 今の若者たちどうかしてるわ。

日本だったらそんなことありえないでしょう?」といわれたんで、

私は正直なんで、
「日本は女子大生どころか、女子高生とか、なかには女子中学生まで援交が数十年前から問題になってる。携帯代やブランドのバッグ買うために売春する人がいる」と言ったら、コロンビア人達がびっくりしてました。




昔からお世話になってるコロンビア人の知り合いのおじさんとはよくいろいろ深いトピックを話してたんだけど、おじさんが

「スマホで確かに便利になったが、失ったものも多いし、社会問題も多い。
スマホのために援助交際する女性が出てきたり、スマホを奪うための強盗やひったくりも増えた。
スマホはコストがかかるから給料の一部はスマホに消えるし。また新機種を買うためにローンを組んでしまう。
スマホを買うために仕事してるようなもんじゃないか。

今の世の中は消費社会だけど、がんばって稼いでも稼いでも、これがあるぞ、これも買わないとっていわれて、
それを買うためにまた一生懸命働く。
それじゃ、消費するために生きてるようなもんじゃないか。
なんのための人生なんだ」

と言ってました。


私が社会価値観の話が非常に好きなんで、おじさんも私とはそういう深いトピックをするんです。


でもなかなかいいことをいうな。

確かにグローバリズムで、アメリカのグーグルやfacebookやアマゾンなどが世界のマーケットをかなり支配してるし。
スマホ中毒者が増えて、スマホにふりまわされてるような気もする。



もともと中南米って自殺率が世界でも最も低い国ばかりなんだけど、コロンビアの自殺率が最近ちょっとあがったというニュースを最近見ましたよ。
なんでなのかわかんないけど、コロンビアがいま中南米第3位の経済大国でかなり景気がいいことにも関連してるのかなーという気も私はします。



そういえばスマホのゲームで、子供達に自殺を教唆するゲームがあり、ロシアが発端なんだけどすでに中南米に上陸してそのゲームのせいでもう何人か自殺しちゃったんですよ。
それも大きなニュースになりました。



スマホ依存で人間関係が壊れることもあるし、スマホのお金の支払いのために身を売ることもある。

それじゃ本末転倒な気もしますね。



コロンビアだってそういう問題が深刻な社会問題になりつつあるわけだし、日本でも同じ問題がある。
もちろん世界でも。

















● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



歌詞和訳の別ブログ
※ 歌詞の和訳と歌詞のよみがなはこのブログのサービスでは掲載できなくなったため、別のブログに移動しました。 本文はこちらのブログにあり、 歌詞の部分だけ別のブログに移動しました → http://diafeliz.jugem.jp
NOTE
ラテン以外のトピックについて書いてるNOTE
you tube
歌詞の和訳などをUPしている私のyou tubeチャンネルです
twitter
https://twitter.com/diafeliz_latin
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア