malumaの素顔とコロンビアのメデジン

いま世界的に人気のレゲトンはコロンビアの2人の歌手です。 J BalvinとMaluma。

Malumaは、日本にもファンが増えているようです。

ごついアーティストが多いレゲトン界ですけど、彼はイケメンなんですよ。

maluma若い


まだ22歳。

レゲトンの歌手にめずらしく女性ファンが圧倒的に多いです。
malumaのコンサートも女性客が多くて女性の黄色い声が飛び交ってます。
レゲトンのライブで普通こんなのありえん。
アイドル化しとる。。。

アルバムも彼のクレジットも、Pretty Boyってつけられちゃって、Pretty Boyっていわれるのを本人気にしてるんですかな。前はこぎれいだったのに、だんだんレゲトンぽくワイルド系になってきました。






maluma cuerpo




Malumaの曲。

「Borro Cassette」 Maluma






MalumaもJ Balvinもコロンビアのメデジン出身です。
メデジンはコロンビアの第二の都市です。
メデジンは、首都ボゴタみたいに寒くないし、第三の都市カリみたいに暑くないし、春の町っていわれるように気候がいいです。
5-6年前に2回滞在しましたが、こじんまりしてきれいな街ですよ。
カリみたいなルンベーロ(クラバー、パーティやクラブ好き)は少ないのでクラブ好きにはちょっとつまらないが 笑。
メデジンの人たち(アンティオキア地方の人)はPaisa (パイサ)っていわれてまして、しゃべり方が抑揚が強くて独特だと思いました。

メデジンはコロンビアで美男美女が多い都市だといわれています。
美男美女が多いっていうより、白人率が高いような。
カリはモレノ(肌の色が浅黒い)やネグロ(黒人)が多いんだけど、メデジンに行くと白人系がめちゃ多いんですよ。
カリの男性は、カリの女が一番きれいって言ってますけど。
カリの女性たちは、「カリはグアポ(イケメン)がいないけど、メデジンはグアポが多いよね」と言ってます 笑。
カリの男かわいそう。
でも私も同感です 爆笑。 




今日は故郷メデジンにいるときのMalumaの素顔をうつしたビデオを紹介したいと思います。


① メデジンにあるMalumaの自宅。 malumaが家の中を案内
(このビデオは2014年のなので、malumaがまだかわいかったころ。今もこの家に住んでるのかは知らない)



このビデオでしゃべってる内容の概要を和訳しますね。

malumaが自分のプライベートの生活や趣味についてしゃべってます。
malumaは料理が大好きなので、友達をよんで料理をふるまっているそうです。
キッチンには、BONSAI(盆栽)がかざってあります。(コロンビアでいま盆栽流行ってます。日本の盆栽とちょっと違う感じだが)。
キッチンの隣が食卓で、ここで友達たちとごはんを食べます。
その外にはベランダに外で料理をつくれる小さいキッチンがあり、バーベキューセットもあります。
そのそばには筋トレするジム用具があって、自分の親戚の子供たちための三輪車や自転車が置いてあります。
malumaは子供が大好きだそうです。
動物も大好きだそう。
ジャグジーもあります。
ベランダでバーベキューやって、カクテルつくって、ジャグジーにつかって、それで外の席で友達やファミリーと過ごすのが好き。




②メデジンで一番有名なのが、花祭りというイベントです。
2014年の花祭りのパレードにmalumaも出演しました。
パレードカーに乗って歌うmaluma。
彼のパレードカーにある黄色いマークのExitoは、コロンビアのスーパーマーケットの有名チェーンです。
ビデオの最初に電車が出てきたのは、メデジンはコロンビアで唯一、電車がある都市なんです(メトロ)。コロンビア人は電車がうつったらメデジンだってわかるわけ。
だから他の都市に住んでるコロンビア人には人生で一度も電車に乗ったことがない人が結構いるんです。







③次のビデオはコロンビアのテレビニュースにmalumaがでたとき



これも概要を和訳します。

2015年のクリスマス、malumaは故郷メデジンで休暇を過ごしました。
まずメデジンでコンサート。
そしてメデジンの貧困エリアの子供たちを訪問し、子供たちには大きなクリスマスプレゼントとなりました。
メデジンでファミリーとパジャマ姿で過ごしたり、プールでまったりしたり、オープンカーでドライブしたり、友達の歌手と一緒に過ごして、メデジンのファンとも交流したとのこと。




malumaが連発してる、パルセロとかパルセっていうのはコロンビアのスラングです。
コロンビアっていうか、メデジンの人を含むパイサがよく使う。
アミーゴ、っていうか、英語でいうと「bro」とかにあたるかな。
男友達同士で使います。


J BalvinやMalumaが出たメデジンに行きたいというレゲトンファンいますが、彼らはどっちかというとアメリカなど国外でツアーしてることが多いと私は思います。
私がコロンビアにいたときはあんまりコロンビアでコンサートやってませんでした。
たまーにコロンビアに帰国したと思ったら、ボゴタとメデジンどまり。
ぜんぜん彼らのコンサート行くチャンスがなくってむかついた。。。



<追記> 2018年

malumaの外見があまりにも変わっていくので、その変遷の写真のビデオ。
赤ちゃんの時から24歳まで




ラテン女性のクラブファッション

今日は、中南米の女性のクラブファッションを紹介します。


私はコロンビアに住んでたので、コロンビアで一番クラバーが多いカリ市を例にあげてクラブファッションをお見せしたいと思います。

カリはルンベーロの街といわれてます。
ルンベーロっていうのは、パーティマニアックとかクラバーという意味。 クラブやパーティ好き。
コロンビアでは、メデジンは家や車にお金をかけるけど、カリは夜遊びとファッションにカネをかける街といわれてます。

カリはトロピカルで年中暑いので、普段からぴちぴちのジーンズやホットパンツにタンクトップやチューブトップとか、ミニワンピとか露出が多い服が年齢問わず好まれています(おばちゃんでもホットパンツはく)。
私が黒い服を着てると「暑苦しいよ。明るい色を着なさい」って言われたんで、カリではカラフルな服を着てました。 カリはモレノ(肌が褐色系)や黒人系が多いからか、原色の服が多いんですよ。

私はカリでよく服のショッピングに行ってたんですが、あちこち見て回ってもなかなかクラブで着る服は見つからないんですよね。
クラブに行くと女の子たちがすごいセクシーな服着てて、ああいう服はどこで売ってるんだろうと思うんですが。
たぶんセントロのごちゃごちゃしてるところに売ってるんだろうなと思うんだけど。


ラテンアメリカ全体だいたいそうだけど、女性はロングヘアが大半。
髪はラテン女の命。
中高年でもロングヘアが多いです。
ヘアやネイルの手入れで美容院によく行ってますね。

コロンビアは数年前はロングの巻き髪が流行ってましたが、今はロングのストレートが流行ってました。


そんなルンベーロの街ですから、クラブに行くとなると気合いを入れてみんなおしゃれします。
仕事から直接クラブに行く人はよっぽど多忙な人くらい。一回家に帰ってシャワー浴びてから時間かけておめかしします。
靴はハイヒール(12cmヒール)が主流です。
コロンビア女性は日常からハイヒール多いけど。よくでこぼこ道をヒールで歩けるな。

私は12cmヒールは無理~。


カリのクラブ(ディスコ)の女性のクラブファッションは
カリにあるクラブのインスタグラムから見て下さい。


https://www.instagram.com/livingclubcali/



こんなセクシーな格好で来ますからねえ。


今週末クラブに行くときの服の参考になったでしょうか?






ラテンアメリカ男性のヘアスタイル

ラテンアメリカではどんなヘアスタイルが流行ってるんでしょうか?

中南米の男性に流行してるヘアスタイルを紹介したいと思います。

真ん中に髪の毛をまとめて立たせるのが流行ってます。


有名どころだとコロンビアのサッカー代表のハメス・ロドリゲス


james rodriguez 2



コロンビアのカリ市の一般人のヘアスタイルいきます。

ボゴタは首都なのでいろんなヘアスタイルを見たんですが、カリはモレノ(褐色の肌の人)や黒人が多くてカリに人気のヘアスタイルがあります。
上記と同じように真ん中に髪の毛を寄せるか、もしくは側面の髪を短く刈って真ん中の髪を残すかんじ。


これがいまカリで流行ってる髪型です。

例を見せます。
例としてカリにあるディスコからフォトお借りしました。(友達の店とか)








白シャツ


紺色シャツ


似てるけど違う人です。
髪型だけ見ると同じ人に見える 笑




次は、カリのクラブにきてるカップルの写真。
サッカーの試合が多かった時期だったのでコロンビアのナショナルチームのカラーの黄色に合わせてペアルックにしたのかな。
このカップルはカリっぽい! ファッションも雰囲気も。


黄色カップル




このように真ん中に髪を寄せる、もしくはサイドを短くして(刈り上げ?)真ん中を残すっていうスタイルが多いです。

上にUPした写真にはカジュアルなTシャツとか着た人が多いですが、普通はクラブ(ディスコ)に行くときは熱帯で暑いのに長袖のシャツに着替えて行く男子が多いです。

カリでは、普段からこの写真のようにジーンズもTシャツもジャストフィットのを着てる男性が多いです。
わざとXLサイズのだぼだぼとかズボンずり下げるとかはしてないです。


ジェルで固めてるので風が吹いても乱れないし、髪を触ると「崩れる」と嫌がるみたい。


実は、個人的にはこのカリで流行ってるヘアスタイルあんま好きじゃないんですよね。

人によって似合う似合わないがある気がするんだけど、流行なのでどいつもこいつも同じ髪型。上の写真見ても、髪型が同じなのでどの人も同じに見えちゃうでしょ 笑? 
それに全体的に髪がかなり短いし、横をかりあげてる人はソフトモヒカンっぽい感じもする。
黒人系の人(アフロ系)にはよく似合う。
カリは熱帯で暑いので短くしたいんでしょうかね。
メキシコのヘアスタイルのほうが髪が長めで私は好きだな。




他の国ですが、
4年前にプエルトリコに行ったときは、サンファンを歩いてるプエルトリコ人の若い子達がみんなレゲトンのダディ・ヤンキーみたいなヘアスタイルで笑いました。
さすが、レゲトンのメッカ。



中南米の男性は髪が短めの人が多いので、日本人のバックパッカーのロン毛を見て驚いてました。
「日本人の男ってみんな髪が長いけど、日本では男はみんな髪が長いのか?」と現地で日本人旅行者を見た中南米人から何度もきかれました。
なので私が「あの人たちは1年とか長期旅行をしてるので髪を切る余裕がないのだろう。日本にいる日本人はああいう髪型ではない」とてきとうに答えておきました。
中南米はカット料金が一般的に安いので、バックパッカーの方も一度地元の美容院(床屋)に入ってみてはいかがでしょうか? 旅行の思い出になるかもしれません。


日本ではこういう中南米みたいなヘアスタイルにしてくれる美容院ってあるのかな?
日本に住んでる中南米人は、中南米にいる中南米人とはヘアスタイルが違うような。日本の床屋や美容院では自分がしたい髪型になかなかしてもらえないと言ってる人が多いので。
まあ、国外に住むと自国のようなヘアスタイルにするのは難しいですね、髪質も流行も違うから。日本人も海外で苦労してるけど。



シャキーラの「hips don't lie」とバランキージャ

前回シャキーラの「bicicleta」という曲を紹介して (「コロンビアのビーチが楽しめるシャキーラの曲 )、シャキーラがコロンビアの沿岸部のバランキージャ出身なので曲にバランキージャが出てくると書きました。
シャキーラといえば、10年ほど前に流行った 「Hips Don't Lie」って曲がありますね。昔は六本木でもかかりまくってました。






この曲のビデオ 

「Hips Don't Lie」 Shakira




ビデオの2分半くらいでシャキーラが白いロングスカートのすそを両手で持って広げて腰を振って踊ってますが、この衣装と踊りはコロンビアのコスタ(沿岸地方)のクンビアだと思います。
クンビアもバジェナートと同じようにコロンビアの沿岸地方の音楽とダンス。

バランキージャのクンビアのダンスのビデオをUPしておきます。



コロンビアの伝統舞踊です。。


シャキーラのビデオに戻りますが、シャキーラの後ろにカラフルな衣装を着た人たちがいるけど、これバランキージャのカーニバルの模倣じゃないかと思います。

本物のバランキージャのカーニバルはこれ↓







実はまだ私、バランキージャやサンアンドレスには行ったことはないんですよね。一度カーニバル見てみたい。



このhips don't lie の曲の歌詞ってもう訳されてるのかなと思ってネットで見たら、かなりの方が和訳してました。
ほとんどが英語の歌詞ですしね。
私はスペイン語の部分だけ和訳しておきますね。

歌詞の和訳は別のブログに移動しました。


下のリンクをクリックしてください。

http://diafeliz.jugem.jp/?eid=26




この曲なつかしい~ 踊りたいな

「bicicleta」のビデオ見てからこっちを見ると若いですね。2005年なんで。

「hips don't lie」にも前回紹介した「bicicleta」のようにコロンビアのバランキージャの文化がビデオに出てきてたという。
2回に分けて、コロンビアのコスタ(沿岸地方)の文化とそこ出身のシャキーラについてお話ししました。








コロンビアのビーチが楽しめるシャキーラの曲

コロンビアのシャキーラとCarlos Vivesの曲のビデオはコロンビアを楽しめます。


Carlos Vives, Shakira  「La Bicicleta」




bicicleta はスペイン語で自転車。
だから、この曲のタイトルは、 「自転車」 

今年の5月にリリースされたばかり。


ロケ地はコロンビアのコスタ(沿岸地方)の、バランキージャとサンアンドレス。
シャキーラがバランキージャ出身。

シャキーラは自分の出身のバランキージャで撮影してるからか、すごくリラックスして楽しそうに見えますね♪


バランキージャはリオのカーニバルに続く南米3大カーニバルがあるところで、カーニバルきちがい。
サンアンドレスはカリブ海にある島でコロンビア人にとっては沖縄のようなリゾート地です。

コロンビアの中でもコスタは人の性格もしゃべりかたも音楽やダンスなど文化もかなり違って特色があります。

この曲はサルサじゃないしなんなの? と思うでしょう?
これはバジェナートPOPってかんじ。
バジェナートなんだけど、シャキーラが入ってたぶんPOPS色が強くなったのかも。クンビアとか他のコロンビア音楽のテイストも入ってるそうです。
きいてるとレゲトンのリディムも入ってる感じ。
バジェナート(valllenato)はコロンビアのコスタ(沿岸地方)の音楽です。


ビデオではコロンビアのコスタ地方やコロンビアの文化や生活もかいまみることができます。

1分2秒に出てくる沿道の一般人を制止してる深緑色の制服に黄色いチョッキ着た人たちはコロンビアの警察官。
1分20秒から出てくる果物売り。コロンビアはマンゴーなどの果物が豊富でとても安いです。
果物屋の前でアコーディオンひいてるおじさんがいますが、アコーディオンはバジェナート(vallenato)の演奏で使われます。おじさんがかぶってる茶色とクリーム色の帽子は、コロンビアの伝統的な帽子で、日本で開催されるコロンビア独立記念フェスティバルでもコロンビア人達がかぶってますよね。
1分39秒に出てくる自転車についた屋台は、コロンビアの街角によくある自転車屋台でこういうのでジュースやマンゴーの切ったやつとか売ってます。



これはもともとカルロス・ヴィヴェスの曲です。
calros vivesはコロンビアの有名歌手。
彼が自分の新しいアルバムに入れる予定だったんだけど、シャキーラが聴いて気に入って自分もこの曲に参加ほしいといってきたそう。
もとのタイトルは、「Vallenato Desesperado」だったんだけど、シャキーラがタイトルを「bicicleta 」(自転車)に変えてほしいと頼み、また歌詞など一部を変えてほしいと頼んで変えてもらったそう。
旧タイトルの「vallenato desperado」は歌詞にでてきます。

タイトルが「valllenato desesperado 」だったらたぶんコロンビア国内でしか売れなかったかもしれないけど、bicicleta になってシャキーラが入ったので世界中で売れたのかもしれないですね。

シャキーラは母国コロンビアの歌手とはコラボしてなかったらしく、carlos vivesはシャキーラといつか共演したいと思ってたそうです。



歌詞にシャキーラの私生活が入ってるんですよ。


歌詞の和訳は別のブログに移動しました。
こちらをクリックしてください。
http://diafeliz.jugem.jp/?eid=27


Tayrona というのは、コロンビアのカリブ海に面した風光明媚なところです ↓






なんでコロンビアの歌なのに、スペインのバルセロナがでてくるんでしょう?
それは
シャキーラの彼氏(内縁の夫)が有名なスペインバルセロナのサッカー選手 Pique (ジェラール・ピケ)だから。
彼との間には2人子供がいます。







ピケがコロンビアの美しい風景を見たら、バルセロナには帰りたくないっていうだろうってシャキーラが歌ってるんです。
彼の実名を歌詞に入れるっていう 笑。 


めっちゃシャキーラのプライベートやん 笑笑 。


シャキーラもう39歳になったそうですが、あいかわらずかわいいしダンスもきれ味いいですね。


自転車といえば、私はコロンビアは中南米の 「自転車」国じゃないかと思ってるんです。
コロンビア人って自転車が好きなんだなーとコロンビアにいるときに思いました。
特にコロンビアのカリ市はちゃりんこ都市です。自動車通りをちゃりんこが暴走してます。車の前をがきんちょの自転車がちょこちょこ走っててうざい。普通の安いちゃりんこです。
カリ空港を降りてタクシーに乗って市内に向かう途中にちゃりんこがたくさん車道のまんなか走ってるのを見ると、「あー、カリに帰ってきたんだな」と実感するんですよ。

私だったら、このcarlosとシャキーラの歌のタイトルは、「ちゃりんこ」にします 笑。

カリの人は日本人と中国人と韓国人を混同してるので、しょっちゅう 「日本といえば、すごい数の自転車が町を走ってる国だよね」っていわれます。(← 中国と勘違いしてる)
「それは中国。 日本よりカリのほうが自転車が多いよ」って答えてます。
あのな、ちゃりんこ都市はあんたの都市や。


それにコロンビアは公園とか川沿いとかをサイクリングしてる人が多いんですよね。サイクリング好きみたい。こっちはサイクリング用自転車で。

コロンビア人はツールドフランスなどの世界の自転車の有名なロードレースで優勝してるんですよ。ツールドフランスって超すごいですよね。
私が住んでたときもツールドスイスでコロンビア人が優勝、とコロンビアのテレビのニュースでやってました。

サッカーと自転車がコロンビアが誇る2大スポーツではないかと思います。
そういえば、このミュージックビデオにはサッカーも出てますしね。




コロンビアの沿岸地方(コスタ)の景色もまったりしていいし、コロンビアが誇る2大歌手が出てて、コロンビアの伝統音楽の曲で、コロンビアの観光PRのビデオになるんじゃないですか。

いま真夏の日本のみなさんにもおすすめのさわやかなビーチのビデオです。




● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2016年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter