AX

Mi reina とよばれた相手は。。。

コロンビアに滞在していたとき、近所にいつも大声で歌いながら歩いてるおじいさんがいました。

見た目はホームレスみたいで、服もぼろぼろで汚れていて、異臭が漂ってるし、髪やひげもぼさぼさ、
近所中に響き渡るくらいの大声で歌いながら同じ道を行ったりきたりしてるんです。
しかもすごい音痴。
まあいわゆるおかしい人。
ずっと前からこの近辺にいる人みたい。


で、私を見ると すごいうれしそうな顔をして 大声で

「ohhhh mi reina ! Que hermosa ! 」と叫ぶんです。

直訳すると、「私の女王様、なんて美しいんだろう」 。

女王様って訳すと日本語だと、SMの「女王様とお呼び!」みたいですが、そうじゃなくて男性が自分の奥さんや彼女や娘や愛する人に対する呼びかけとしてよく使います。

そのおじいさんは、他の女性には見向きもしないのに、私を見ると遠くからでも大声で叫ぶんです。



コロンビアで私のことを REINA と言ってくれた男性は、そのおじいさんだけっていう。。。。  orz


たぶんそのエリアでは外国人はめずらしかったから私の顔を覚えてたんだろうと思いますが。



ある日、近所のお店でジュース飲みながら近所の人たちとおしゃべりしてたら、例のおじいさんが大声で歌いがらやってきて、挨拶しました。
近所のおじちゃんは握手してたんだけど、私は握手しませんでした。

真っ黒に汚れた手をさしだされて異臭がしてたのでぎょっとしたのもありますが、「知らない人から握手を求められても握手するな」ってコロンビア人の知り合いからきつく言われてたからです。
友達からその人の友達を紹介されるとかならいいけど、知らない男性から握手を求められても握手してはいけないって。
もし握手した手をひっぱられてひきずりこまれたり、手に薬品がついてて気を失って強盗されるとか、なんか犯罪に巻き込まれるかもしれないといわれてたので知らない人とは握手しないことにしてたんです。

で、おじいさんと握手しなかったら 「mi reina, お願いだから挨拶の握手くらいして」っておじいさんに言われましたが、握手できなかったら、おじいさんはムッとして去っていきました。

その後、道でであってももうおじいさんは挨拶すらしてくれなくなりました。


コロンビアのカリに観光に行きたいと思ってる方へ

4年前にもコロンビアのカリ市の治安情報を書きましたが (「コロンビアのカリの治安と注意事項」  を参照) 、コロンビアが好景気のためここ何年かでかなり変わったのでアップデートします。

ただし2015年から2016年1月まで私がカリ市に滞在した時点での話です。あくまで私がいたカリ市の話で、コロンビアの全体の話でもないし、別の市はぜんぜん状況が違います。首都のボゴタやメデジンは治安が劇的に改善してかなり安全になり観光客が急増してます。


このブログでコロンビアのカリのサルサについてよく書いてるしカリはサルサの首都といわれてると書いてるので、「カリにサルサ踊りに行きたい」、「カリにサルサ踊りに行きたい」と読者の方からコメントやメッセージなどいただくことがあります。

私のブログのせいで興味持って気軽にサルサ踊るためのカリに観光に行って、万が一トラブルにあったらといけないので今日はコロンビアのカリ市の治安情報を書きますね。

結論からいうと、海外サルサの場所としては個人的にはカリはあんまおすすめしません。
深夜にクラブに踊りに行くという視点でですよ。
キューバやプエルトリコみたいにサルサが観光産業になってる国じゃないので、カリはサルサだけのために気軽に観光旅行に行くとこじゃないと思います。


中南米で今一番治安が悪いのはホンジュラスとベネズエラで、それらの国は世界トップの殺人率の国です。
それに比べればコロンビアのほうがずっと治安がいいです。麻薬カルテルとマフィアとテロの国などコロンビアのイメージは悪いですが、コロンビアの治安が非常に悪かったのは90年代初頭までで、その後年々治安がよくなりました。
ここ数年は好景気や安全対策もあってかなり治安は改善しています。なかでも首都ボゴタや第二の都市メデジンは劇的に治安がよくなり世界からも評価されてます。

観光客が急増してるけど、観光客の受け入れ体制がまだ観光大国のメキシコやペルーほど整ってないんですよね。
ペルーやメキシコなどの観光大国を見習って、コロンビア政府や観光産業はもっとがんばってほしいです。コロンビアにいた私でもイライラすることがけっこうあるので。


だから自分の知り合いやブログの読者の方から中南米にサルサ踊りに行きたいとかサルサ留学に行きたいと相談されたら、別の国をすすめています。
観光客の受け入れ体制がしっかりしてて、英語の外国人向け情報も充実してる、観光ポリスなどがいるとか、外国人向けのサルサレッスンや観光客向けのサルサのクラブがあるなど、観光や長期滞在に向いてる国。特に女性一人旅だと、女性一人でサルサのレッスンとか行けるようなとこじゃないとね。


中南米一周してるバックパッカーがコロンビアにも立ち寄る場合は、コロンビアで訪れる都市をよく知る在住者から情報を得てよく治安状況を把握してください(都市によって治安状況が違います)。
ツアーで行くとか、現地の旅行代理店に旅程組んでもらいアテンドしてもらうならもっと安心だと思いますが。

3-4年前まではコロンビアはまだテロが結構あったんですが、ここ数年景気がかなりよくなってテロもほぼなくなりだいぶ静かになりました。
南米2位の経済国になり(中南米で第3位)バブルになってたんで、ボゴタはかなり変わって新しいビルやマンションがたくさん建っておしゃれなレストランが増えてました。
しかしいまの時点では原油安と(コロンビアは産油国)、対ドルへのペソ安で(※2016に入ってまたレート変わりました)、物価がどんどん上昇してます。物価が3年前の倍くらいなってるのに、日に日に物価が上がっていくのに驚き。ドル持ってる人には有利なんでアメリカ人は安いといってました。アメリカ人の観光客や移住者も急増してます。


ボゴタがずいぶん変わってたのにびっくりしたのでカリに期待しました。
カリもちょっとは変わってましたが、全体的に見るとボゴタほど変わってない。メデジンみたいなケーブルカーができてたが。コロンビア第三の都市ですが、ボゴタやメデジンに比べるとやっぱコロンビアの地方ってかんじでなんかダサいんですよね。ボゴタみたいなステキなレストランやカフェとかお店とかほとんどないので、おしゃれにお茶とかランチとかどこですればいいのかって悩むくらい。。。
公園でゆったりしようと思っても、蚊やぶよに刺される(今はジカ熱流行ってるし)。主要道路以外の車道ではちゃりんこやバイクが暴走してます。しかも信号待ちの車をねらった強盗があるので、夜間は車は信号無視していいそうです。
カリにサルサがなかったら、ただの南米の地方都市って感じかな。


確かに数年前にいたときと比べて、コロンビアは治安がよくなったと思いました。
4−5年前は他の都市への陸路での移動はゲリラや強盗が出るので危ないといわれてましたが、今は陸路が安全になったし、空路もLCCが出現したので、国内旅行するコロンビア人が増えたそうです。
いまはとても静かになったとコロンビア人達もみんないってました。


しかーし、日本の外務省の安全情報を見るとカリ市があるバジェデルカウカ県は渡航の再検討をするようにとすごい警告が出てます。
なんでカリ市はそんなに治安がよくないと書かれてるかというと、マフィア抗争があるからだそうです。
けど実際行くと安全情報に書かれてるほどの強い危険は感じませんでした。マフィア抗争は一般人にはほぼ関係ありません。カリ市は強盗やひったくり事件など金目当ての犯罪は多いですけど。


ボゴタやメデジンは治安が非常に改善したそうですが、カリの殺人率はあいかわらず高いです。カリ市は毎年世界殺人率ランキングのトップ10くらいに位置しています(去年は7位になってた)。

金目当ての強盗やひったくりは実際かなり多いし、強盗に襲われて抵抗した人が銃で撃たれる事件もあります。強盗にあったら抵抗せずにすぐ渡せとコロンビア人たちから言われてました。私は事件にあったことはないですが、ラッキーだねという人もいます。

コロンビアもスマホ社会で老若男女スマホ持ってます。
コロンビア人も日本と同じでいつもスマホいじってますよ。
スマホ社会だからこそ、スマホを狙った強盗やひったくりがこのごろ特に増えてます。特に最新機種。
日本は世界でも特異なスマホ本体は実質0円割引にして通信費で稼ぐシステムですよね。けど他の地域や中南米は違っていて、スマホ本体は普通は定価です。
しかも日本はIPhone率世界一。IPhoneはコロンビアで最新機種だと10数万円するのでねらわれるかもしれません。
スマホがよく売れるんで、転売目的でひったくりやってる連中がいるときいてます。

日本人がねらわれるというわけではなく、スマホひったくりや強盗はコロンビア人もたくさん被害受けてます。コロンビア人の友達の何人かも通りで歩きスマホしてたら、後ろからやってきたバイクや自転車にスマホひったくられましたよ。店の外のテーブルでお茶してスマホいじってたら、バイクでスマホひったくられた近所の人(カリにいたときの近所の人)もいました。

スマホをひったくられた勢いで転倒して負傷したり、強盗に抵抗して銃で撃たれた事件もあるので気をつけろとコロンビア人たちがいってました。


おととしコロンビアのニュースで見たんですが、カリのクラブ(ディスコ)にグループが突然入ってきて銃を乱射し、クラブにいたお客が多数死傷する事件がありました。 クラブに押し入って入り口からどんどん人を撃っていって、ダンスフロアにいる人たちに乱射し、撃たれてうめいてる人にとどめまでさしていった残虐な映像を見てゾッとしました。まあ、これはコロンビア全国でトップニュースになった特殊な大事件でしかもギャング抗争がらみなので、こういうことは普通おきてないですよ。
 


中南米は概して、エリアによって治安が違います。
コロンビアは貧困層から階層ごとに地域が6段階に分けられているので、高級住宅街と貧困層のエリアが明確。ボゴタやメデジンはエリアがはっきりわかれてるんですが、カリはごちゃごちゃ混ざってるのでコロンビアの他都市在住者にもエリアや治安がわかりにくいといわれてます。しかもこのごろカリでは今まで治安がいいといわれていた高級住宅街やエリアで事件がよくおきてます。高級住宅街のほうがお金持った人が多いし、閑静な住宅街は人通りが少ないからでしょう。

それにカリではタクシー強盗がときどきあるので、ボゴタやメデジンみたいに流しのタクシーを拾わないほうがいいです。タクシー乗るときは宿やレストランに頼んで無線タクシーをよんでもらう。それかスマホアプリのUBER(配車サービス)も地元では人気です。


それにボゴタみたいな国際都市の都会じゃないので、カリの人はあんまり外国人慣れしてないように思います。
カリには昔から日系人いるのに、アジア系がなぜそんなにめずらしいのかわからないのですが。外国人がいると(アジア人は特に目立つ)、ガン見してくる人います。道歩いてるとわざわざ振り返って見る人もなかにはし、トラムやお店に入ると視線感じます。お店に行くと店員さんが緊張して、私がスペイン語でしゃべってるのに一生懸命へたな英語で返答しようとしてあせってることもありました(日本人が、外国人から日本語で道きかれたときに、パニくって英語で返答しようともがくのと同じ)。
ボゴタやメデジンと違ってカリには外国人少ないし、カリはトロピカル気候で性格もルーズであっけらかんとした人が多いので、差別ではなくてめずらしいから見てる感じ。コロンビア人たちは、人をじろじろ見たり、道で知らない女性に声かけるような人はだいたい育ちが悪いと言ってました。

つまり、カリの人はアジア人(特に日中韓)を見分けられない人が大半ということです。


12月にカリに行った人はカリは楽しかったというでしょうが、年末年始はカリがすごく盛り上がる時期なんです。年末年始が終わったら、また普通の地方都市に戻ります 笑。


それと深夜にクラブに踊りに行きたいという方へ。

クラブにはカリではだいたいグループで来てグループごとにテーブルに坐ってお酒のボトル頼むので、日本みたいに1人でクラブに行けないです。観光客向けの店だと1人で来てる外国人もいます。でもカリの人ばかりのローカルなクラブはグループで行ってグループ内だけか、カップルでやってきてカップルだけで踊ります。お酒はカクテルとかビールとか1杯(ビール1本)ずつ売ってるお店は少ないし、カクテルは1杯1000円以上とかします。


カリの人はけっこう閉鎖的で、カリやカリのサルサへの誇りが高い。カリのローカルの人しか来ないクラブでは外国人が来たら外見ですぐ外国人だと分からなくても、踊り方で外国人ってばれるので。観光客向けのクラブならいいですが、コロンビア人ばかりのローカルなクラブは敷居が高いです。カリにコロンビア人の友達がいて一緒に連れて行ってくれるならいいのでしょうが、1人でサルサを踊りに行くのは無理だし、観光客同士でローカルなクラブに行くのは難しいです。

それに、数年前とクラブやクラブゾーンがかなり変わっていました。
観光客やカリ在住の外国人たちが行ってるのは、外国人だらけの数軒のクラブ。観光情報などにも出てる有名クラブです。それにチバスっていう音楽がんがんかかってて飲みながら踊れる観光用バス。シアターや特設会場である大規模なサルサショーは観光客向けのツアーも出てます。こういうのなら観光客が多いですよ。


首都ボゴタやメデジンは街角や駅などに警備してる警官が多いんですが、カリはあんまり警官が街にいないのも不安でした。

カリは最近治安のMAPが変わってきてます。今まで安全な高級住宅街だったところで強盗や殺人事件とか急増してます。高級住宅街のスーパーで銃撃事件もおきました。だからカリのコロンビア人たちも、どこが安全でどこが危険かというはっきりとした線引きができなくなったと言ってました。

それでもカリに旅行に行くという方は十分気をつけて下さい。

※ これは2016年2月に書いた記事です。

2016年11月に書いた 「コロンビアでの日本人殺害事件と安全対策」 を読んでください


<関連記事>

「コロンビアのカリの治安と注意事項」
「海外で身を守るために」
「コロンビア人がクラブに行くのは刹那的だから」


カリはクラブ系のサルサも難しい

コロンビアのカリのクラブでサルサ踊ったときに、よくカリの人から「君の踊り方は、サロンのサルサだね」って言われました。

サロンのサルサとは、中南米人がいう、レッスン系や競技会系のサルサのことです。
日本でいう、on1, on2,、キューバンスタイルなど、レッスンで習ったり競技会で踊るようなサルサ。

中南米では、サルサのレッスンきちんととる中南米人はプロダンサーを目指したり、競技会にでようと思ってる人で、普通の人たちはレッスンで習うこともなくクラブやフィエスタ(ホームパーティや結婚式や誕生日パーティなど)でサルサ踊ってます。


今まで日本とかでは、私の踊り方は競技会系じゃなくて中南米系とかクラブ系といわれてたのでショック受けました。



カリはダンスアカデミーで10数年の英才教育を受けてプロダンサーになるので、プロダンサーと一般人のサルサの踊り方がぱっきりと分かれています。
ひとめでこの人はダンサーか一般人かわかります。



「前にカリに住んだ時に誰と一緒にクラブに行ってたか?」 ときかれたので、クラブに一緒に行ってた友達はみんな元サルサダンサーだったと言ったら、「あーやっぱりね。君の踊り方はダンサー系だもん。うちらのと違う」っていわれました。

コロンビアは、グループでクラブに行ってグループ内だけで踊るのが普通です。
なので以前いた時は、友達以外と踊ってませんでした。
もちろん、一般のカリの人の踊り方は見てて知ってて、他の人たちと踊りたいと思ってはいたんですが。。。


カリの一般の人たちは、ダンサーとまったく違う踊り方です。
日本にいる中南米人とも踊り方がぜんぜん違います。
コロンビアのボゴタやメデジンという他都市とも違う、カリ独特の踊り方をします。
コロンビアの首都のボゴタの人のほうがニュートラルで踊りやすいです。

日本などで「カリサルサ」のレッスンを受けてる人が、もしコロンビアのカリに行ったらびっくりすると思います。
カリの一般人はレッスンとはまったく違う踊り方をしてるから。
「カリサルサ」のレッスンで習ったのは、ダンサーの踊り方の基本ステップです。
一般人達はそういう踊り方はしません。
私も日本でカリサルサのレッスンとってたけど、カリにいったらほぼ役にたたなくてショック受けました。

カリのダンサーや一般人の踊り方みてると、1、2、3、4、のステップじゃないんですよ。
リズムのとりかたがかなり複雑で。
カウントとって踊ってません。
口で説明できないから、ビデオ撮ってくればよかった。


クラブ系の人は幼い頃から自然に身についたというか、彼らがいうにはサングレ(血)にあるそう。
カリ以外の人では、コロンビア人でもああいう風には踊れない。


クラブで踊ると、なんかリズムとかステップが合わなくて、むこうが「違う」って顔をするので焦りました。
カリの女と踊りが違うと思われてるんじゃないかと。

だって、私はカリの女じゃないもん。


世界でもショーをしている有名なカリのダンスアカデミーのショーを見に行ったときは、ショーの合間にダンサーが降りてきてプロダンサーと踊れました。
プロダンサー達と踊ったらすごい踊れて楽しかった。
面白かったので、高かったけど2日も行っちゃった。

っていうことは、やっぱ私の踊り方はプロダンサー系なのか???

でもカリサルサは難しいので、カリのプロダンサーみたいなカリサルサは私には到底無理。

けど、ダンサーとはかなり楽しく踊れます。



以前キューバに滞在したあとは、踊り方がキューバっぽくなったと日本在住のコロンビア人のサルサの先生からいわれたし。

カリではon1とかスタイルなんてダンサー以外知らないから、自分でも分からなくなった。


今回のカリ旅行では、クラブでいったいどうやって踊ればいいのかちょっと悩みました。
以前は、友達がダンサーだったので問題なかったんですが。

カリの人は、クラブではみんな同じ踊り方するんです。
違った踊り方をすると、「あ、外国人(もしくはコロンビアの他地域の人)だ」って目立ってまわりからジロジロ見られます。
カリはサルサの都市だけど、カリの一般の人はかなり閉鎖的で、コロンビアの他州の人ですらあんま受け入れない気風があるし、カリでいつもかかる曲じゃないと踊らないんです。

プロダンサーでも、もしクラブにいったらまわりに合わせて踊り方をクラブ系に変えます。
誰もスピンとかしてないので

どっちかというとダンサーのほうがon1とかいろんなスタイルのサルサやバチャータとかも踊ってるから、許容範囲が広いと思います。

キューバンサルサはクラブでよくかかるけど、いわゆる「キューバンスタイル」ではカリの人は踊ってないです。
キューバンサルサをカリサルサで踊ります。
私がキューバンサルサ踊って見せたら、「なんじゃそれ?」って、カリの一般人から驚かれました。


クラブで一般人が踊ってるサルサの踊り方は、レッスンで習得できるものでもないし。

私はカリ人じゃないからしょうがない。
でも相手になるべく合わせてクラブで踊ってました。

コロンビアっていつもグループでいって、だいたいグループ内で踊るでしょう。
一緒にクラブ行く友達やその人が連れてくる友達に悪いな、ダンスが合わない… って思ってるだろうなと気をつかいましたよ。

かといって、私が競技会系のサルサうまいのかといったら、そうじゃないし。

飲んで酔っ払ってなんでも楽しく踊ればいいじゃん、っていう雰囲気じゃない。カリでは。

カリは踊り方で、ジモティかよそ者かわかる。
(外国人か、他州から来た人か、それともアジア系移民でカリ育ちか)


一般人の踊り方も「カリサルサ」なんですよ。
カリサルサは、ダンサーのサルサだけじゃなくて、一般人がクラブやフィエスタで踊るダンスもカリ独自のサルサだからカリサルサです。

カリはダンサーの踊り方も難易度高いけど、クラブの一般人の踊り方も難しい。
外国人がサルサ踊りに行くにはかなりハードルが高い都市です
カリに来た観光客はたいてい外国人が集まるクラブに行ってます。


● ブログ内の英訳/スペイン語訳(歌詞の和訳等)の無断転載禁止
● キュレーションサイト(naverまとめ含む)による転載やぱくりは禁止




【【【 おすすめラテンファッションとグッズ 】】】

【ラテンファッション レディース】
ラテンファッション
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ ブラジルジーンズ ブラジルワンピ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
サルサシューズ サルサシューズ ブラジルオールインワン


【ラテン メンズ ファッション&グッズ】
ラテンメンズ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ キューバTシャツ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルの制汗剤 ペルーのピスコ(酒)
TWITTER
ブログの更新はときどきですが、ツイッターでは毎日ラテン等についてつぶやいてます 笑
おすすめCD紹介 ↓
下記に私のおすすめCDを紹介(iTunesも)。クラブでいつもかかる曲ばかり。ブログ内で書いてるので上記の検索欄で検索して試聴してね ↓ ↓ ↓

ワイルドスピード8
J Balvin 最新アルバム
Energa
J. Balvin


Pitbullの新作
バチャータのプリンス・ロイス新作
Five
Prince Royce


marc anthony大ヒットアルバム
これに入ってるのサルサ曲「vivir mi vida」も世界で大ヒット。Marc Anthonyはラテン界の帝王的存在。
大ブレイクのMALUMA
DANZA KUDUROはこれ!
Don Omar Presents Mto2: New Generation
レゲトンのNicky Jam
J Balvinとあわせていま人気のレゲトン歌手がNicky Jam。彼のベストアルバムです
エンリケ・イグレシアス
エンリケ・イグレシアスの大ヒット曲「Bailando (バイランド)」(ft. Gente de Zona) が入ったアルバム
ルイス・エンリケのロマンチックサルサ
yo no se mañanaが流行ったルイス・エンリケの新しいアルバム。踊りやすいロマンチックサルサがいっぱい
Daddy Yankee ヒットアルバム
レゲトン J Balvin
ここ1-2年世界中で超ヒットしてるレゲトンがコロンビアのJ Balvin。音楽賞を総ナメにしました。
大ヒットのバチャータ
Phase II



バチャータの帝王
世界のバチャータブームをおこした2大バチャータキングは、Prince RoyceとこのRomeo Santos。Romeoは、バチャータの人気グループAventuraの元ボーカル。
El Cantanteの元歌はこっち
El Cantante
El Cantante

サルサのDIVA
Salsa Divas
Salsa Divas
Celia Cruz とLa India
泣いちゃうサルサ
Fabricando Fantasias
TITO NIEVES
ブログで紹介したCDリスト

「ブログで紹介した曲とCDリスト」

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2016年02月 | 03月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -


ラテンCD

AMAZON サーチ

みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア