AX

バチャータ prince royceの新アルバム

いま世界でバチャータが流行しています。

数年前までバチャータはマイナーだったのに、急におととしの後半か去年くらいから超ブレイクしました。

バチャータの世界的流行については後日また続きを書きます。



そのバチャータブームの立役者が、このプリンス・ロイス。

2年位前までは、バチャータは退廃的なメロディでチークダンスっぽいとか若い人向けではないというイメージがあったし、バチャータを特にかけてくれる場所(クラブやイベント)やバチャータ好きな国じゃないと知られてなかったのです。

ところが若くて(24歳)ルックスのいいプリンス・ロイスがでてきて、彼が澄んだ声やサウンドでさわやかなバチャータを歌うようになって、少しPOPS系になりました。
それで今までバチャータを聴かなかった人たちやPOPSファンが聴くようになって、ヒットチャート上位に入るようになりました。

ヒットチャートといってもラテン音楽ジャンルのヒットチャートじゃなくて、音楽全体のヒットチャートの上位。
中南米の国ではいまヒットチャートトップのほうにプリンス・ロイスの曲が入って毎日ラジオで流れています。


その今大ヒットしている曲がこれ、


「Darte Un Beso」 Prince Royce





このビデオすごいかわいくてさわやか。

でも最後まで見ると、映画みたいな結末があります。


プリンス・ロイスはアイドル化してて若い女性ファンが多いのですが、このビデオを見たらそのわけがわかると思います。


このビデオには、なんとプリンス・ロイスがバチャータ踊るシーンがでてきますよ


いいね~。
プリンス・ロイスとこんな感じでバチャータ踊ってみたいわ☆


Datrte Un Beso とは、I give you a kiss (君にキスをあげる) です。


歌詞のサビを翻訳してみると、

Yo solo quiero darte un beso

君にキスをあげたいだけなんだ (I just want to give you a kiss )




この曲と並んで今大ヒットしているバチャータに、元AvenruraのRomeo Santosの「Propuesta Indecente」という曲がありますが、そのromeoの曲はアダルトでセクシャルなのです。
(romeo の曲については後日書きます)

それに対して、このprince royceのDarte Un Besoはすっごくかわくてさわやか。

私は個人的には、romeo santosのPropuesta Indecenteのほうが好き。

Prince Royce のDarte Un Besoはどっちかというと私にはPOPSすぎるような気がするので。
いきなり最初からハワイアンのような出だしで始まるので、淫靡なバチャータのイメージがまったくないから 笑。
けど、この曲はPOPSぽいからこそ、ラテンの音楽に今まで興味がなかった人たちにも人気になって、幅広くファン層を広げたので、バチャータ界にとって革新的な曲なのではないかと思います。

以前プリンス・ロイスのlas cosas pequeñas が大ヒットして、プリンス・ロイスが広い音楽ファンにブレイクしたんですが、あの曲よりは今回の曲のほうがファン層を広げるためにさらにPOP化してる気がする。

プリンス・ロイスのプロデューサーは上手だと思う。



プリンス・ロイスの前回のアルバム(Phase Ⅱ)はラテングラミー賞候補に入ったのですが、
このまえ10月13日にプリンス・ロイスが新しいアルバムをリリースしました。
このアルバムがいま大ヒット中です!

上記の「Darte Un Beso」ももちろんこのアルバムに入っています。


Marc Anthonyの 3.0 (ブログ過去記事で今ヒットチャートトップ爆走中のVivir Mi vidaとその歌詞翻訳について書きました → 「今中南米で大ヒット中、marc anthony のvivir mi vida」 )と、
このプリンス・ロイスのニューアルバム「Soy El Mismo」が今売れてるラテンのアルバムだと思います。
この2つが 〝これ持っとけ”っていうおすすめアルバムですヨ。




PRINCE ROYCEについて過去にこのブログで書いた記事が、上に出てきているのでこれらも読んでください。

「バチャータ prince royce 新曲」 (las cosas pequenasとアルバムPhase Ⅱ)

「ラテングラミー賞2012」 (prince royce ノミネート)



ドラゴンボールZ 中南米で旋風

日本のアニメ、「ドラゴンボールZ 神と神」が、日本より遅れて中南米で上映されています。


ドラゴンボールは中南米で昔からすごい人気のアニメなので、多くの中南米人が見にいってるそうです。

日本ではどちらかというと子供のお客さん(親子連れ)が多かったんじゃないかと思うんですが、中南米はティーンエイジャーや20代の若者たちに人気です。

もちろん中南米では子供にも人気だし、80年代からあるアニメなのでずっと世代が上の人たちも知ってます。

(※日本のアニメ、漫画、コスプレ、J-POP、ビジュアル系バンド、ドラマなどは、世界中で流行っており、日本のそうしたサブカルチャーのファンは「OTAKU」と向こうではよばれています。
でも日本の「オタク」とはイメージが違って、ティーンから20代くらいの普通の人たちです。)



「ドラゴンボールZ 神と神」は、中南米の映画館では漢字で「神と神」というタイトルで提示されています。

↓ このように

dragonball z 神と神


今年9月の映画上映の初日に見に行ったラテンアメリカ人の友達によると、
映画開演の初日は、夜遅い上映だったのにもかかわらずものすごい長蛇の列で、その映画館は(日本のマイカルみたいに複数のスクリーンで映画が見れるシネマコンプレックスの施設)最初は2つの部屋(スクリーン)でドラゴンボールを上映してたのに、あまりに客が多いのでどんどん追加してついに10部屋全部ドラゴンボールの上映になってしまったそうです。

夜遅い時間だしドラゴンボールファンは若い世代が多いので、20代の人がいっぱい見にきてたそう。
みんなドラゴンボールが見たくて、開演初日に押し寄せた。

映画館で販売されてるドラゴンボールZのオリジナル限定グッズは、初日に完売したそうです。


中南米の他の国でも映画館でドラゴンボールをあちこちで上映してます。
ドラゴンボールは、社会主義のキューバでもすごい人気なんですよ。


これが中南米での映画の予告。
全部スペイン語にふき替えられてるので、キャラクター達の声も日本バージョンとはかなり違います。






● ブログの記事内容の無断転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの転載は禁止



TWITTER
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2013年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア