PITBULL 来日公演

PITBULLの来日公演、昨日(14日)終わりました。

全公演(東京、大阪、名古屋)SOLD OUTだったそう。


PITBULLが日本のコンサートの成功を喜んで、ツイッターに

「Arigato tokyo. you were the best.dale」
「Arigato again nagoya. the show was amazing 」
「love love love osaka japan ありがとう Arigatō 」

とツイートしてました。
日本語で書くところがかわいい。


you tubeでコンサートの盛り上がりを見たら、自分が行けなかったのが悔しい~。

特に大阪と名古屋はスタンディングのライブ会場だったので(zepp)、臨場感がありますね。

ネットにUPされた動画は画面が揺れてるのが多くて、ビデオ撮りながらつい踊っちゃったんだろうなと思いました 笑。
なるべく揺れてない動画をUPします。




●大阪公演の様子
(この曲は「international love」」




●東京公演

(「rain over me」。この曲はラテン界の大スターmarc anthonyとの共演だが、もちろんmarcは来てません)





東京公演もう一つ







PITBULLの「BON BON」については、以前このブログで「PItbullのBON BONの歌詞」
の記事に書いて(歌の内容も訳しました)、BON BONの歌詞のさびの部分をカタカナでふりがなふっておきました。
みんなPITBULLと一緒に歌えたかな?


やっぱPITBULLはキューバ人だね~。
名古屋公演の上記のBON BONでは、女性ダンサーたちとチューしてるし。
客が渡したハンカチで汗ふいたついでに股ふいてるし。
エッチな感じがライブでも漂ってて、曲もアッパー。


BONBONが入ったCDは、ヒットした「CULO」や「TOMA」が入ってる今年出たばかりの新アルバム。
「CULO」や「TOMA」は過去記事に書いてますが、私がPitbullの中で好きな曲です。
「一番好きなレゲトン Culo」(Pitbullの「Culo」)、「Toma Toma」(Pitbullの「Toma」 を見てね)


PITBULLは来日2回目。以前はサマソニ(summer sonic)だったので、今回が初めての単独での来日コンサートです。


今までレゲトンアーティストが日本にぜんぜん来てくれないのが悲しかったのですが、
PITBULLという大スターが来てくれたので、
これをきっかけに他のレゲトンアーティストも来日してくれたらいいのだけど。

日本でもDON OMARやDADDY YANKEEなどレゲトンがかなり流行ってるからね。
(なかにはレゲトンということを知らないで踊ってる人もいるかもしれませんが、ラテン音楽ですよ)

私のブログもサルサファンよりもレゲトンファンのほうが多くなったような気がする…。
私はレゲトン好きだからね~。




PITBULLについては2007年から今まで何度もブログで書いています。
(ちなみに私は2005年からpitbullのファン)

「PItbull、A-HAのダンスバージョン」(「feel the moment」)
「PItbullのBON BONの歌詞」
「PITBULLのHotel Room Service」
「PItbull ヒットメーカー」
「レゲトンにはロマンチックやまじめな曲もある」(pitbull の「culo」と「give me everything」
「映画ワイルドスピードとレゲトン。DON OMARも出演」(Pitbullの「Blanco」など5曲)
「Danza Kuduroの別バージョン3曲」(「Danza Kuduro」をPITBULLとLucenzoが歌った英語バージョン)
「ジェニファー・ロペスのランバダ」(Dance on the Floor feat.Pitbull)
「Toma Toma」(Pitbullの「Toma」)
「Un dois tres quatro, Pitbull」(「I know you want me」)
「一番好きなレゲトン Culo」(Pitbullの「Culo」)
「ジェニファー・ロペスとPITBULL再び」 (Dance Again)
「こんなガソリンスタンドあったら行っちゃう~?」(「El Bumper」feat.Pitbull)
「シャキーラがセクシーなのは」(「Rabiosa」Shakira feat.Pitbull)
「プエルトリカンパレード」」(Pitbullも出演)
「we no speak americanoの歌詞」(PitbullのBon Bonの元歌)
「レゲトンにはなんでエッチな意味が隠れてるの?」


こんなにPITBULLのこと書いてたとは…  



ついに公開、marc anthonyのvivir mi vidaビデオ

速報です!


今日 11日(日本時間の昨日)、ラテンアメリカのTVニュースで

「marc anthonyの〝vivir mi vida” のビデオが公開されました」

と報道されました。
PV(ミュージックビデオ)の一部もテレビで流されました。


なので速攻でブログにUPしてます。



この「Vivir Mi Vida」は、いまアメリカや中南米のヒットチャートの1位を10数週間爆走中。
ラテンアメリカのあちこちでかかりまくってます。
アメリカ大陸以外の世界でも流行中。

サルサ史上最大のヒット曲 。



しかし曲だけ先行して、ミュージックビデオがまったくリリースされていませんでした。
なぜ?って思ってたんですが。


ついに、ミュージックビデオが公開!
(marc anthonyの公式サイトにもこのビデオはまだ掲載されてなかったです。まだ公開されたばかりなので、ネットにもちょっとしかUPされてません。 )



MARC ANTHONY 「VIVIR MI VIDA」





私のPVを見た感想…
立体的に撮影されていてカメラワークがぐるぐるまわるので、大画面で見てると酔いそう。
歓声をあげるファンに囲まれてマーク・アンソニーがNYの街角で歌う、というだけで意外とつまんなかった。
ビデオ冒頭にしゃべってる内容からしてNYの街角で歌うのはいいけど、たとえばNYのプエルトリコ人が多いエリアで歌うとかにすればよかったのに。
ファンが「I love marc anthony」ってキャーキャーわめいてるだけっていうのは、アイドルのPVみたい。

アルバムのリリースから2か月半もたってて曲がこんなにヒットして、これだけひっぱっといて、派手派手しく公開したビデオの割には「え?」。
すごいいい曲なのに、曲のイメージと違ってた。


この曲についての解説と、歌詞の和訳はこの前ブログに書いたので、(「今中南米で大ヒット中、marc anthony のvivir mi vida」 を読んでください。
歌詞がすごくいいんです☆  歌詞がいいからこれだけ売れたと思う。


マーク・アンソニーはニューアルバムとこのvivir mi vida の曲をひっさげて、ワールドツアーしてます。

マーク・アンソニーのコンサートチケット買おうと思ったんですが、24000円だったのでやめました。
チケット代だけならまだしも交通費や宿泊費も含めると高すぎる。
なのに、高い席からどんどん売切れていました。
みんな金持ちだな。





ブログ内関連過去記事:

「今中南米で大ヒット中、marc anthony のvivir mi vida」 
「 マーク・アンソニーのvivir mi vidaの歌詞のよみがな」

これはラーメンだよ

前回の「マルちゃんはメキシコ料理」のつづきです。


今度はメキシコで売ってたインスタントラーメンを手に入れて、メキシコ人にラーメンをつくってあげた。


ラーメンを食べたメキシコ人が、

「あ、これ マルちゃんか~」


マルちゃんじゃないっつーの


サッポロ一番なんだから!!!

メーカー違うし、インスタントラーメンは野菜や肉を入れるのでカップラーメンよりも手がかかるでしょう。

つくるとこ見てたじゃん。



そしたらそのラーメンを食べたメキシコ人の家族たちが

「おいしいけど、

チリ(トウガラシ)を入れないと 」



やっぱり チリ~?


(ちなみに日本の唐辛子やチリソースなどと違って、メキシコのチリはいろんな種類があってもっと辛いです。)



この人たちには、タンタン麺の辛さ5倍を食べさせた方が「おいしい」と言うんじゃないかしら。



メキシコでつくったサッポロ一番のラーメンは、日本のサッポロ一番と味が違いました。
私は日本のサッポロ一番のラーメンの方が好きだな。

日本製じゃなくて、made in USA なんですよ。
メキシコのマルちゃんもアメリカから来たし、メキシコで売ってる日本食品はメーカーは日本でも米国製が多い(たとえばハウスカレーとかも。メキシコだけではなく南米でもそうだけど)。

なんかこのサッポロ一番ラーメンは、日本人向けじゃなくてアメリカ人向けの味がする。



マルちゃんはメキシコ料理?

メキシコで、メキシコ人から

「Quieres comer MARUCHAN? (マルチャン 食べる?)」ってきかれたので、
(メキシコ人は、マルゥーチャン と 「ル」にアクセントをおいて発音します)

なんだろう? と思って
とりだしてきた食べ物を見てみたら、
あの日本でもおなじみのカップラーメン、マルちゃんじゃありませんか。

メキシコのマルちゃんのマークはこれ

maruchan mark


「あ、これ知ってる。日本のカップラーメンだよ」って言ったら?
メキシコ人が
「マルちゃんって日本のメーカーなの? メキシコでどこでもあるからメキシコのだと思ってた」。

え 。。。。。。

いえいえメキシコの食べ物じゃないよ。
でもメキシコではマルちゃんがどこでも売ってて家庭の常備食になってるので、マルちゃんが日本のカップラーメンだと知ってるメキシコ人はとても少ない。


けど妙だな。
なんか違うよ。

これ見て!
maruchan
なんと 

ライムとチリ味だよ!

しかもこれは「ハバネロ」(唐辛子で一番辛いといわれる)味。

さすが、メキシコ人。
ラーメンもライムとチリかよ~。

スープが赤いよ。



ちなみにメキシコの寿司屋では、寿司をライムとチリで食します。 
ゲロッ。
(メキシコで寿司食べたときに、わさびの代わりにチリソースがついてきた)


チリとライムなんてやっぱりこのマルちゃんはメキシコ料理だといいたい。

しょうがないから私は唐辛子なしのエビ入りのマルちゃんをチョイスしました。



そしたらメキシコ人がマルちゃんのふたをあけてを注いで、いきなり電子レンジに入れてチンした。

「ちょ、ちょっと待ってよ!」

「なに?」

「いや、電子レンジでつくるんじゃないよ。熱湯を注いで3分待つんだよ」って言ったら、

「え? でもここではみんな電子レンジでつくってるよ」だと。


電子レンジでチンしたマルちゃんはやっぱり硬かった。

私は電子レンジでチンしたのは友達にやって、自分はお湯を沸かして熱湯を入れて3分待ちました。

ところが、それもやっぱり麺が硬い。

なんで麺が硬いのかってきいたら、「マルちゃんはそういうもんだよ」って。

がんばって食べたが硬いし味もまずかったので途中でギブアップした。

標高2350メートルのメキシコシティは沸点が90度以下で気圧も違うんで、お湯もすごい早く沸くし普通に米が炊けない。
だからマルちゃんも硬いのかな?


こんな感じで食べます。
はしじゃなくてフォークでね

MARICHAN カップ


さらにライムとチリを足してる人もいる。
まじかよ…

maruchan limon y chili


※<追記>
メキシコ人に「マルちゃんは日本のメーカーだよ」って言いまくったのですが、このマルちゃんがほんとに日本のメーカーのマルちゃんなのか心配になったので確認してみました。
日本のマルちゃんをつくってるのは東洋水産という会社だったのか、知らなかった。
その会社のHPを見たら、海外支社一欄にメキシコ支社があった。 メキシコ支社
そして東洋水産HPのマルちゃんに関する記事に、
メキシコではマルちゃんが大人気になったため、「マルちゃんする」(=すぐできる)という言葉まで生まれた、。「マルちゃんの秘密」というのがありました。


メキシコは笑える国です!
メキシコに関して書いた過去のおもしろい記事:

「珍百景の多い国」
「ビールの開け方@メキシコ」
「Ahorita Regresamos」
「メキシコの警官に職務質問されたの巻」
「メキシコ大統領選 Gracias Pendejos」
「メキシコ 死者の日」

エンリケ・イグレシアスとjuan luis guerra

ラテンPOPS界のアイドル(スター)エンリケ・イグレシアスと、メレンゲやバチャータで日本でもおなじみのJUAN LUIS GUERRAが一緒に歌った曲。


Enrique Iglesias, Juan Luis Guerra 「Cuando Me Enamoro」







● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter