AX

レゲトンにはなんでエッチな意味が隠れてるの?

前回「Daddy Yankee "LIMBO" と歌詞」で紹介した、DADDY YANKEEのLIMBOという歌。


このLIMBOの歌詞を見ていたら、もしかして2重の意味があるんじゃないかという疑問がわいたと書きました。
レゲトンはよく、一見普通のことを歌ってるようで実はエッチな意味が隠れてるということがあります。このLIMBOの歌はリンボーダンスを踊ろうっていう歌ですが、歌詞を眺めていると怪しい気がする。


そこで今日、
DADDY YANKEEの出身地でDON OMARやWISIN Y YANDELなどのレゲトンのスターを輩出してるレゲトンの聖地、プエルトリコに住んでる プエルトリコ人の友達にきいてみました!

そしたら、この曲のサビの部分(私が翻訳した部分)は、リンボーダンスのことを歌ってるが、
床につくくらいにうしろにのけぞって…っていうのは、女性がぺレオやってることなんじゃないかって言ってました。


ぺレオ(PERREO)とは、レゲトンでときどき踊られる、男女がエッチっぽくからんで踊る踊り方です。
レゲトンを踊る人がみんなぺレオで踊るわけじゃないです。
中南米でもレゲトン踊ってる人は、日本のクラブよりも相手と距離とるか、女性同士とかで踊ってます。
ときどき若い子とか酔っ払いがふざけてやるくらい。



あ、ここでサービス!

DON OMARのぺレオ!!!

(5年位前にブログでDON OMARがぺレオやってる動画をUPしたんですが、どうやらもう削除しちゃったみたいなんで)ここで DON OMARのぺレオ動画をまたUPしたいと思います。
まだDON OMARが渋かったころの映像ですよー(Danza Kuduroとはぜんぜん違うでしょ)。



このビデオに出てくる2人目の白人の女の子が後ろにのけぞりますよね。


ぺレオってどういうのかわかったかな?

ぺレオはPerreoですが、PERROというのがスペイン語で「犬」でそこから派生してできた言葉なんです。
つまり、犬の交尾に似てるから…はは。



でね、「LIMBO]の歌に話を戻すと、この曲はLIMBOのダンスが、レゲトンのぺレオの踊りで女性が後ろにのけぞってるのを表してるんだろうと友達が言ってました。
DADDYがほんとにそういう意味を入れたのかわかりませんよ。
健康的なリンボーダンスだけについて歌ったのかもしれません。
これはあくまでもこのプエルトリコ人の友達の意見です。

「たいていのレゲトンはHのこと歌ってるよ。
まあレゲトンはティーンエイジャーに人気の音楽だし、若い子達はそういうHネタが好きだからねー」、って言ってました。
彼は20代半ばですがレゲトン嫌いなので、レゲトンに偏見あるかもしれません。

まあすべてのレゲトンがエッチというわけじゃないですよ。
レゲトンにはそういうのもあるってことで。

レゲトンはスペイン語のヒップホップだと説明されてることが多いですが、レゲトンの起源をたどるとHIPHOPも入ってますが、レゲエやダンスホールレゲエの要素の影響のほうが大きいです。
ラップする点ではヒップホップとレゲトンは同じですが、ヒップホップはもっと歌詞とかダンスも男っぽいイメージがあるし、リズムもレゲトンとヒップホップは違うでしょ。。。
やっぱレゲトンはラテンなんでセクシーですね~。
(2007年にこのブログで 「レゲトンってヒップホップとは違うんだよね~」 で書きました)

ヒップホップは日本の小学校でも教えられてるダンスですけど、レゲトンは「男女の享楽的雰囲気」すぎますかね??? 爆笑

(日本ではレゲトンはもっとおとなしめに踊られているけど…)
 


じゃレゲトンの歌詞はなんでわざわざ歪曲表現にして、一見普通のことを歌ってるようでHな意味を裏に隠してるのかと友達にきいたら、「haci logra pasar la censura y se la tocan en la radio…」という答えが。
つまり「それはラジオで放送されるときの検閲にひっからないようにしてるから」、ということでした。
プエルトリコだけじゃなくて、ラテンアメリカ全体にそういう法律上の規制があるそうです。日本の映倫みたいなやつね。
なるほどー、それでか。


たとえば以前、DADDY YANKEEを世界的に有名にした(日本でもヒットした)”ガソリーナ”って曲が一見ガソリンと車の歌のようで、実はHな意味だったって 「ガソリーナってそれかよ」でブログに書きましたよね。

あとレゲトンスターのWISIN Y YANDELの〝PAM PAM”という曲(よくラテンクラブでかかってた曲)も、エッチな意味でした。ブログの過去記事の「アレ」にそれについては書きました。


⇒ この2つの曲の歌詞をもし裏に隠れてるほんとの意味のほう(Hな意味)で書いちゃったらヤバイよね。。


PITBULLの〝BON BON”はもっとダイレクトなHな歌だったけど、上記ほど卑猥ではない。
「PitbullのBonBon」に歌詞の和訳などをしました)



2007年に、「レゲトンってなんでエッチなの?」 っていうトピックをこのブログに書きましたが(このトピックにもぺレオ動画が2つあるんで見てください)、ようやく答えが分かりました!

スペイン語圏じゃない日本ではレゲトンの歌詞を分からずにリズムだけできいて踊ってる人が大半でしょう。
でもスペイン語圏の中南米ではもちろん歌詞が分かります。

レゲトンは女性を蔑視してるとか卑猥だとか社会的に批判やバッシングもあるので、レゲトンの曲も以前に比べたらかなりソフトになっています。
レゲトンは2000年代の頭に出てきて2004年頃爆発的にヒットして日本にもきたのですが、今はレゲトンがワールドワイドになったので、世界中で大ヒットするように子供でも踊りやすいPOPな感じのが多くなってきたように思います。
DON OMARのDANZA KUDUROみたいなね。


Daddy Yankee 「LIMBO」 と歌詞

Daddy Yankee(ダディ・ヤンキー)の新曲で今アメリカのヒットチャートの上位に入ってる 「LIMBO」。

DON OMAR(ドン・オマール)の Danza Kuduro(クドゥロダンス)に似てる感じの曲を探している人には特におすすめ。



まずはビデオを

DADDY YANKEE 「LIMBO」




Daddy Yankeeは、Don Omarと並ぶレゲトン・キングで日本でも人気(ガソリーナで有名→ GASOLINA 「ガソリーナ」については過去記事の「ガソリーナってそれかよ」)。

この曲のように、ここんところレゲトンのアーティストがメレンゲ歌うことが多くなりました。
そういう系の曲はサルサ好きの人たちには「伝統的なメレンゲと違う」と受け入れられないかもしれませんが、世界ではヒットしています。サルサバーなどでもしかかればメレンゲで踊ることになるでしょう。他のジャンルのクラブではスタイルにこだわらずになんでも踊れます。
サルサは好きだけどレゲトンは嫌いというサルセーロ達にも、こういう形ならレゲトン歌手の曲を踊りやすくなったのではないかと思います。

このLIMBOの曲はレゲトンにメレンゲ(ドミニカの音楽)やトランスやブラジル系も取り入れたダンスミュージックって感じです。


個人的にはDon Omarの「Danza Kuduro」が世界中で爆発的に流行ったから、Daddy YankeeがDanza Kuduro系の曲だしたのかな…という気がしなくもない。。。。
少し似たテイストだし、ブラジルっぽさも入れてるし(でもDanza Kuduroみたいにポルトガル語はないけど)、それに
Danza Kuduroでは、 「Danza Kuduroの踊り方と歌詞の意味」(Don Omarの「Danza Kuduro」)で説明したように、”手をあげて…半回転してクドゥロダンスを踊れ”というダンスの部分が流行りましたが、この「LIMBO」でもそういう箇所がいくつか出てくるんですよ。

たとえば

Vamos cogele, ritmo, cintura, rodillas al piso
Baja y pasa el limbo



上記はLimboの歌のサビです。
スペイン語なので、歌詞を和訳してみますね。

「リズムをとろう、腰、ひざ、
床まで身体を下げて、リンボーをくぐれ」




スペイン語のよみがなは、

バモ コヘーレ、
リッモ、シントゥーラ、ロディージャ アルピソ
バーハ イ パーサ エリンボ



です。

スペイン語勉強してる人は、バモじゃなくてバモスだろと訂正したくなるでしょう。
でもDon Omarと同じでこのDaddy Yankeeもプエルトリコ人なんで、カリブ弁です。
VAMOSは英語でいうLet'sで、バモスと読みますが、カリブ弁では 「バモ」ってきこえる。
RITMOっていうのはリズムのことですが、本当はリツモというけど、カリブ弁なんでリッモと発音してます。

<追記>歌詞によみがなをふった記事をUPしました(2014年6月)
「Daddy Yankee "LIMBO" と歌詞」


シントゥーラは、Danza Kuduroでもでてきましたね。
「腰」です。

ここで注意! 歌詞のcogeleの「coger(コヘール)」は英語でいうtakeで、ここでもその意味で使っています。
スペインやコロンビアではcogerはtakeの意味で使われていて、coger un taxi(タクシーをひろう)などと言ってます。
でも一般的に中南米でcogerはHする、という意味なので気をつけてください。

※ … あ、でももしかしたらレゲトンは一見普通のことを歌ってるようで実は2重の意味がある歌詞が多いので、Daddyは卑猥なほうの意味もかけてたりして…。今度プエルトリコ人にきいてみようっと。
(例:過去記事の「ガソリーナってそれかよ」を参照してね)

⇒ <追記>プエルトリコ人にきいてみたらHな意味が隠れてるかもって言ってました。
それについては長くなるので、別トピックにあげます。
「レゲトンにはなんでエッチな意味を隠してるの?」 にLIMBOの歌に隠れたエッチな意味(歌詞の裏の意味)について書いたんで、読んでください。




「LIMBO」は、あのリンボーダンスがビデオに出てますよ。
リンボーダンス!
ほら、あおむけになって腰低くして棒の下をくぐっていくやつ。


DANZA KUDUROみたいに、ダンスつきで流行らせようとしてんな…という意図がみえるような気もするけど。

Danza Kuduroはズンバ(Zumba)レッスンで結構使われてたし、このLIMBOでもZUMBAっていってるから、ZUMBAレッスン向けにもという狙いもあるのかな…????


でもこの曲のほうがDanza Kuduroよりトランスが強くてトランスのアッパーにあがっていくところがあるし、レゲトン色も残してるし、メレンゲで踊れるので、レゲトンファンからサルサ・メレンゲファン、そしてダンスミュージックやトランス好きまで幅広い層に流行しそうな気がします。

それにダディのラップは歯切れがよくてリズミカルなので、こういう曲にも合う。
ダディのこといろいろ書いてしまいましたが、実は結構ダディ・ヤンキーが好きでブログによく書いてます(以前書いたダディ関連のトピックはこの記事の一番最後にリストあります)。


このビデオはメキシコで撮影されました。
メキシコの首都メキシコシティから85㎞離れたTEMOAYAという町にある、Centro Ceremonial Otomí (オトミ中央儀式センター)が舞台になっています。

巨大遺跡みたいのは、メキシコの先住民族であるオトミ族の文化と儀式を守るためにつくられたCentro Ceremonial Otomí (オトミ中央儀式センター)です。
(そんな大事なところでビキニでセクシーダンス踊っていいのか…という気もするが。 古い遺跡に見えるけど、どうやら新しく建造されたものらしいです)

これがビデオの撮影に使われたOtomiセンターのビデオ。





ダディ・ヤンキーによるメキシコの感想は、「メキシコ人は優しいし、メキシコ女性が美人」だそうです 笑。

ビデオにもメキシコ人ダンサー達が多数出演しています。



今後日本でも流行ってクラブなどでよくかかる曲になるんじゃないかと思うので、check it out!!


この曲が入ったCDは、「南米でヒット中のダディ・ヤンキー Lovumba」  で紹介した「LOVUMBA」や、Lovumba のようなエレクトロニックメレンゲでバチャータのスターのPrince Royceと歌った「VEN CONMIGO」も入っている去年リリースされたアルバムです。

Prestige
Daddy Yankee
EMI Latin (2012-09-11)



このアルバムのiTunesダウンロードは (これ1曲のみのダウンロードも)



ブログ内関連過去記事:
「Daddy Yankee "LIMBO" と歌詞」
「Danza Kuduroの踊り方と歌詞の意味」(Don Omarの「Danza Kuduro」)
「南米でヒット中のダディ・ヤンキー Lovumba」
「ガソリーナってそれかよ」
「Llegamos a la Disco」(Daddy Yankee他)
「ダディ・ヤンキー Impacto」
「第六感 (Daddy Yankee)」
「ダディ・ヤンキーのPVにでてきたレゲトン」(que tengo que hacer)
「DADDY YANKEEとSNOOP DOGG (GANGSTA ZONE)」
「Daddy Yankee ライブ」
「クラブでかかるレゲトン ROMPE」
「日本でも流行ったレゲトン Gasolina」
「Daddyのレゲトンの歌の意味」(llamando de emergencia)
「バチャータ PRINCE ROYCE新曲」


Feliz Año Nuevo ラテンのお正月

FELIZ AÑO NUEVO

あけましておめでとうございます 
今年もよろしくお願いします!


ラテンアメリカは日本より半日以上遅れて新年を迎えてます。

私がラテンアメリカで正月過ごしたときはいずれも大晦日に友達の一族や友人などがおおぜい集まってホームパーティ。ごはんを食べ、飲みながらカウントダウン迎え、そのあと元旦の午前中まで踊り続けました(家の中でも外でも)。

やっぱ、ラテンの正月といえば ダンス です!



★ペルーのカウントダウンイベント。
首都リマの政庁(大統領府)でのイベント。
ペルーの人気クンビアバンド、Grupo5のライブ。
ステージ上でノリノリで踊ってるのは、なんと(この2011年当時の)大統領のガルシア氏。
ペルーは大統領も国の行事でダンス踊りますよ~。
(ちなみに大統領とペアダンス踊ってる赤いワンピースの女性は大統領の娘)
セクシーに踊れって言われたら大きな体のガルシア大統領がヒップふって踊ったり上着脱ぎかけたり、笑えるビデオなので見てみてください(特に4分め~8分めまで)。
今までガルシア嫌いだったんだけどこれみたら少しイメージ変わりました。






★今度はコロンビア。

コロンビアは地域によって違うのですが、サルサの都市カリの自宅での庶民的なお正月風景にしましょう。

コロンビアのカリ市のカウントダウンと正月のビデオをいくつか紹介します。


まずは、カウントダウン編。
(このビデオ長いんで、2分40秒目くらいからカウントダウンと新年あいさつのところだけでいいです)



家のドアをあけっぱなして道路に椅子出して家の外で飲んでて、カウントダウンがはじまり年が明けたとたん家族と抱き合って「Feliz año nuevo (あけましておめでとう)」と言い、そのあと外に出て近所の人たちともハグして新年のあいさつをする様子。
(コロンビアなんでこのビデオでは新年明けたらいきなりラジオで国歌かかってます)。

                     

カリではこの年明けのあいさつが終わったら、各家が外に向けたスピーカーで大音量で音楽かけて道路で家族や友達や近所混じって踊りだします。


でこれから、家族や近所の人や友達と正月踊る様子のビデオにいきます。
これらのように大晦日からぶっとおしで元旦の午前中まで踊る。


同じくコロンビアのカリです。
大晦日から年明けて、家の前の路上でファミリーで踊ってるビデオ。



このビデオの1分30秒から始まる曲は(~3分め)、コロンビアのサルサの有名な曲、Orquesta Guayacanの「Oiga Mire Vea」、カリを歌ったカリのテーマ曲みたいなんでみんなで合唱してます。
(以前、「カリサルサと普通のカリのサルサの違い」 で書いたように、カリの一般人はこんなかんじの踊り方)
あー、懐かしい。。。

また、このビデオにあるようにラテンでは、おばあちゃんと孫が踊ったり、お父さんがお母さんと踊ったり… ファミリーでよく踊ります。
こういうところが私がラテンの好きなところんだよな~。

                     


で、大晦日からぶっとおしで踊って元旦の午前中に突入編。

家の玄関のポーチのところで、サルサ踊ってます。
近所の人たちはうるさいって怒らないの? って思うでしょうが、横や前を見ると隣近所も踊ってることがわかりますよね~。
(このビデオは場所が特定できないのですが、ビデオの投稿者がコロンビアの人だし、しゃべりかたや踊り方からしてコロンビアだと思う



                     


そのまま元旦の昼まで踊り続ける人たちも。
これもコロンビアのカリですが、もう太陽が高くあがってる。
サルサのHECTOR LAVOEの「EL CANTANTE」で盛り上がってます。



カリの人は打楽器が大好きで、音楽かかって踊り始めると必ずこういうのを鳴らす人がでてくるんですよね。
カリっぽさが分かるおすすめビデオ。



私がコロンビアのカリでお正月を過ごしたときは、上にあるようなビデオよりはもっと人が多くて踊って盛り上がってたけど、これらのビデオでカリの大晦日から正月の雰囲気はわかりますよね。


※注意:
 お正月は特別許可が出るかもしれませんが、一般にカリには規制があります。
中心部や高級住宅街などでは路上で音楽をかけて踊ることはできません。
普通、ストリートでがんがん音楽をかけて踊れるのは、下町の治安が悪いエリアです。
カリは世界の殺人率で11位の都市ですし、日本人がこうした治安の悪いエリアに入るのは危険です。私のブログを見て、カリに行きたくなって旅行して気軽にこういう地域に遊びにいったりしないでね…。
(以前書いた、「コロンビアのカリの治安と注意事項」も参照のこと)



★ところ変わってメキシコは、地方のフィエスタから「メキシコ」のイメージぽいのにしましょう。
ソノラ州といってアメリカとの国境地帯(アメリカのアリゾナ州に接してる)で夏には50℃こえるところ。
musica norteñaという音楽でよく踊るエリア。私もメキシコでは踊りますよ~。白いカウボーイハットみたいな帽子かぶって踊ってる人が見えますが、北部は特に多いみたい。




コロンビアのカリとメキシコの一番大きな違いは、カリは外で酒飲めるけど、メキシコは飲めないことです。
ここで踊ってる場所もたぶんレンタルパーティスペースみたいなところだと思います。
というのも、メキシコは家の中や家の庭やガレージ、パーティ会場の庭やバーやレストランなどは飲めるのですが、建物の敷地の外での飲酒は違法です。家の庭やパーティ会場の庭は飲酒OKだから屋外でも音楽かけて夜通し踊れます。でも、コンビニの前や公園でビール飲んだら警察に捕まる…。
(メキシコの飲酒の法律については以前のトピック 「メキシコでの飲酒」に詳しく書きました)





まあこのように、ラテンの年越しには「ダンス」がつきものなので、日本在住のラテン人達はさみしがってますが。。。



※上記のカリのビデオでかかってたサルサ

HECTOR LAVOEの「EL CANTANTE」の入ってるアルバム





Orquesta Guayacanの 「Oiga Mire Vea」が入ってるCD (もしくはMP3ダウンロード)は

Su Historia Musical
Orquesta Guayacan
Reyes (2006-02-16)





※ペルーの大統領が踊ってたクンビアの2曲目。 
「TE VAS」のダウンロードは
Te Vas
Te Vas
posted with amazlet at 12.08.23
JL Producciones Digital (2010-11-08)




● ブログ内の英訳/スペイン語訳(歌詞の和訳等)の無断転載禁止
● キュレーションサイト(naverまとめ含む)による転載やぱくりは禁止




【【【 おすすめラテンファッションとグッズ 】】】

【ラテンファッション レディース】
ラテンファッション
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ ブラジルジーンズ ブラジルワンピ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
サルサシューズ サルサシューズ ブラジルオールインワン


【ラテン メンズ ファッション&グッズ】
ラテンメンズ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ キューバTシャツ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルの制汗剤 ペルーのピスコ(酒)
TWITTER
ブログの更新はときどきですが、ツイッターでは毎日ラテン等についてつぶやいてます 笑
姉妹ブログ
私のもう1つのブログ
おすすめCD紹介 ↓
下記に私のおすすめCDを紹介(iTunesも)。クラブでいつもかかる曲ばかり。ブログ内で書いてるので上記の検索欄で検索して試聴してね ↓ ↓ ↓

marc anthony大ヒットアルバム
これに入ってるのサルサ曲「vivir mi vida」も世界で大ヒット。Marc Anthonyはラテン界の帝王的存在。
DANZA KUDUROはこれ!
Don Omar Presents Mto2: New Generation
レゲトン J Balvin
ここ1-2年世界中で超ヒットしてるレゲトンがコロンビアのJ Balvin。音楽賞を総ナメにしました。
大ブレイクのMALUMA
エンリケ・イグレシアス
エンリケ・イグレシアスの大ヒット曲「Bailando (バイランド)」(ft. Gente de Zona) が入ったアルバム
ルイス・エンリケのロマンチックサルサ
yo no se mañanaが流行ったルイス・エンリケの新しいアルバム。踊りやすいロマンチックサルサがいっぱい
Daddy Yankee ヒットアルバム
大ヒットのバチャータ
Phase II



バチャータの帝王
世界のバチャータブームをおこした2大バチャータキングは、Prince RoyceとこのRomeo Santos。Romeoは、バチャータの人気グループAventuraの元ボーカル。
レゲトンのNicky Jam
J Balvinとあわせていま人気のレゲトン歌手がNicky Jam。彼のベストアルバムです
El Cantanteの元歌はこっち
El Cantante
El Cantante

サルサのDIVA
Salsa Divas
Salsa Divas
Celia Cruz とLa India
泣いちゃうサルサ
Fabricando Fantasias
TITO NIEVES
ブログで紹介したCDリスト

「ブログで紹介した曲とCDリスト」

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2013年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ラテンCD

AMAZON サーチ

みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
タワーレコード ネットショップ
RSSフィード
フリーエリア
人気記事ランキング
開始 2012年9月4日~