AX

ダンスはいくら弾圧されても死なない…

風営法のダンス規制に対し、ダンスはいくら弾圧されてもなくならない…という話をします。


先日テレビで特集してたんだけど、戦前のナチス政権下のドイツで敵国(アメリカ)の音楽ということでジャズが禁止されたそうです。
それは映画の「スウィング・キッズ」で知ってたけど、当時世界で大流行していたジャズがナチスから禁止されて、ドイツのスイングジャズのクラブで踊ってた客たちが逮捕されました。ジャズは全面禁止、ジャズミュージシャンは収容所に送られたり米の退廃文化の象徴としてナチスのプロパガンダの宣伝等に利用された。
でもそんななかでも必死でジャズを守り続けて、ジャズ曲名をドイツ語に改変したり、無線ラジオでひそかにきいたり、レントゲン写真でレコードをつくったドイツ人たちがいたそう。
ナチスの弾圧でもジャズは死ななかったのです。


また別番組では冷戦時代のソ連で英米文化が禁止され、秘密でビートルズを聴いたりコピーバンドをつくったりした若者達の話をやってました。捕まるから地下活動で隠れてね。
ジャズも禁止されて、それまでスターだったロシア人のジャズミュージシャンがシベリア収容所送りになったそうです。


日本も戦争前や戦中は、英米の音楽は敵国音楽としてもちろん、日本の音楽や映画などの娯楽も(戦争プロパガンダのもの以外)大半が禁止されていました。
でも戦争が終わってすぐ一番最初に人々が群がったのは映画館だそうです。長い間娯楽に飢えていたから。



さて今度はラテンの話。

ラテンアメリカが欧州列強の植民地だった時代、アフリカから黒人が奴隷として連れてこられ強制労働させられました。奴隷たちは足かせをつけられて自由に動けなかった。大好きな音楽やダンスも禁止。でも奴隷たちは、監視の目をぬすんで休息時間に足枷と鎖の範囲内で踊った。それがメレンゲだった。だからあまり手足を動かさないし2拍子のステップで狭く踊る。…それがメレンゲの発祥だといわれています。西暦1800年の前半くらいのこと。


1962年のキューバ危機の時に米でキューバの音楽が禁止されたときに、セリア・クルースなどキューバ人のアーティストが亡命し、NYのプエルトリコ人など中南米移民が中心になって新しく創造した音楽がサルサ。
禁止されたので、かえって新しい音楽とダンスが生まれてしまったという結果に。




つまり言いたかったのは、

いくら国の権力者や官憲がダンスや音楽を禁止しようとしても、しょせん無理ってこと。


ダンスや音楽は、自然の音とか人間のナチュラルな感情から生まれてきたものだから
太古から、人々はうれしいとき、悲しいとき、ストレスがたまったとき、いろんなときに音楽をきいたり歌ったりダンスを踊ったりします。

日本人も昔から踊りや歌が大好きな国民です。




私がこれだけしつこくダンス規制についてブログで書いてるのは、自分がクラバーだからクラブを守りたいという理由だけではありません。私はクラブ経営者でもないし、音楽イベントオーガナイザーでもダンスインストラクターでもない。海外によく行くから、日本のクラブがダメなら海外のクラブに遊びに行ける。だから目をつぶろうと思えばしらんぷりすることもできる。



でも自分の国の未来がどうなっていくのか懸念しています。
これだけ風営法のダンス規制にお上が固執しつづけるのには、たんにダンスだけの問題じゃなくて何か裏に理由がありそうな気がします。
ずっとあとになってふりかえったら、「ああ、あのときがターニングポイントだったんだな」と思うときが将来くるんじゃないかと…。




歴史的に見て、どこの国でも国家が国民に思想統制したいときにまず弾圧するのが表現の自由や音楽やダンスなどの文化だったから。


上記が私が一番言いたいことです。



ダンスをする権利や音楽をきく権利を奪う、
風営法のダンス規制、クラブやダンスホール、ダンスイベント、ライブハウスなどの取り締まりは、
表現の自由を保障する憲法違反だと思うからです。






<ブログ内関連過去記事>
「震災後、”元気を出せ”っていいながらダンスを奪う日本」
「サルサのどこが善良な風俗を害するペアダンスなの? 」
「風営法の標的はペアダンスだった」
「サルサバーが閉まっていく 」
「ダンスは善良な風俗を害するもの
「ダンス全般が風営法対象だって。公民館さえ」
「ビーチサルサの危機」
「閑散…クラブではNo dancing」
「クラブの取り締まりに対抗するには」
「あのクラブまでもがクローズ!」

2006年に私が書いたクラブ取り締まりに対する過去記事
「クラブ消滅の危機」
「六本木のクラブ、閉鎖」

サルサのどこが善良な風俗を害するペアダンスなの?

11月21日に改正された風営法のダンス規制の改正では、ペアダンスは「男女間の享楽的雰囲気が過度にわたり、善良の風俗と清浄な風俗環境を害し、又は少年の健全な育成に障害を及ぼすおそれがあるから」と明言されてしまいました。
(前回書いた 「風営法の標的はペアダンスだった」 を参照)

"社交ダンスなど"と社交ダンスが警察に名指しされてますが、ペアダンスといえばフォークダンスも、タンゴも、サルサなどのラテンダンスももちろん入ります。


で、サルサ歴7年の私がききますが、サルサのどこが善良な風俗を害するダンスなの?


風営法問題が注目を浴びてから「サルサ」「サルサ」ってサルサの名前があげられるようになり、けがの功名か
サルサの知名度があがってる。


サルサにはいろいろスタイルがあって、私はコロンビアのカリというところのサルサが好きなんでまずはコロンビアのカリサルサを紹介します。(カリはサルサで有名なコロンビアの都市)


★コロンビアのカリのサルサのダンサーグループが公園で踊ってるところ




★この人たちもカリサルサのダンサーで、女性はダンス衣装を着ています。




★日本人のサルサの先生2人がサルサ踊ってるビデオ
(女性はmitsue先生といって、風営法のダンス規制反対のLet's Dance委員会の番組でパネリストとして出演しました)




*****
上のビデオはダンサーでしたが、次は一般人が踊るサルサいきましょう


★プエルトリコの公園で踊るおじいさん・おばあさんたち

プエルトリコはサルサ国です。
プエルトリコの公園では毎週日曜日におじいさんおばあさんたちが集まってきて、公園内の無料サルサライブで踊っています。
私もここに行ってきました。




サルサで有名なキューバ、プエルトリコはサルサが国の重要な観光資源でサルサめあてで来る外国人観光客がたくさんいます。
コロンビアのカリもサルサは国技みたいなもの。
他のラテンアメリカの多くの国でサルサは生活にとけこんでいます。


ラテンアメリカではサルサは必ずしも男女ペアで踊るわけじゃなくて、ホームパーティや結婚式やクリスマスなどいろんなときに踊られてるので、おじいちゃんと孫、お母さんと息子、女友達同士、一人でも踊りますよ。


でも日本では路上や公園でダンス踊ってたりしたら、警察がきちゃいます。
ホームパーティやっても警察来るから、日本ではホームパーティできないと日本在住の外国人たちが言ってました。
私が行ってた日本の公園の無料ダンスイベントは警察に中止させられちゃったし。
でもクラブに行けば、今度クラブが風営法で×でしょう?

なんでもダメダメって、踊りはやめろっていってるの?



高齢者たちや近所の人や家族や友達など、

みんなでなかよく踊ってるのって平和の象徴 

だと思いますけどね~。

日本では、ダンス踊っちゃいけないの?


みんなで仲良くダンス踊るのが何が悪いの?????



※今朝(27日)の朝日新聞の朝刊に、「サルサも社交ダンスも風営法規制 なんでなの?」という記事が掲載されていました。
風営法で摘発されるクラブが相次いでるが、サルサや社交ダンス、海の家のダンスイベントまで規制が広がってるのはなぜ…という内容。六本木の老舗サルサバーSALSA SUDADAの閉店、サルサ歌手で早稲田大学准教授岩村健二郎さん、風営法のダンス規制撤廃運動のLet's Dance委員会の斎藤弁護士へのインタビュー、海の家のダンスイベントへの手入れ、公民館での高齢者の社交ダンスサークルに自粛するように市役所が通達した話などが出てました
( 「サルサも社交ダンスも風営法規制」 (朝日新聞 11月27日朝刊記事))




<ブログ内関連過去記事>
「震災後、”元気を出せ”っていいながらダンスを奪う日本」
「サルサのどこが善良な風俗を害するペアダンスなの? 」
「風営法の標的はペアダンスだった」
「ダンスはいくら弾圧しても死なない」
「ダンスはいくら弾圧しても死なない」
「サルサバーが閉まっていく 」
「ダンスは善良な風俗を害するもの
「ダンス全般が風営法対象だって。公民館さえ」
「ビーチサルサの危機」
「閑散…クラブではNo dancing」
「クラブの取り締まりに対抗するには」
「あのクラブまでもがクローズ!」

2006年に私が書いたクラブ取り締まりに対する過去記事
「クラブ消滅の危機」
「六本木のクラブ、閉鎖」

MR WORLDでコロンビア代表が優勝

MR WORLD の優勝者が11月24日に決まりました。

以前書いた、ミスユニバースやミスワールドの男性版のMR WORLD大会(@イギリス)です。



なんと栄冠は、私がおすすめした コロンビア代表に !!!


2回目じゃなくて最初に紹介した今年のミスター・コロンビアの人ですよ。
(このまえ書いた「MR WORLD 世界イケメンコンテスト」 を見てね)


mr world colombia win

(画像はMr worldサイトからお借りしました)


名前はFrancisco Javier Escobar Parra 君で、コロンビアのカリ出身の21歳だそうです。
カリといえば、サルサの首都のカリですよ。
Francisco君はサルサ踊れるのかな?
えー、ミスターワールドに選ばれるようなイケメンがカリにいるとは知らなかった。
カリってメデジンやボゴタに比べてイケメンほとんど見なかったけど。 カリにいたときにこのミスターワールドの人を見れればよかった 残念。。。。
とも思ったが、コロンビアにはこんな感じの男の子ならそのへんにいるよね…


ブログ内関連過去記事:
「ミスターワールド 世界のイケメン」
「ミスター・コロンビア」
「プエルトリコのイケメン」  (ミスター プエルトリコ)

風営法の標的はペアダンスだった

警察庁の風俗営業法のダンス規制に関するパブリックコメントへの結果が11月21日に公示されて、ダンスファンに大きな論議をよんでいます。


その警察庁の見解によると、

男女のペアダンス 
→ 「男女間の享楽的雰囲気が過度にわたる可能性があ」るので、風営法の規制法対象。

ペアダンスではなく、しかもダンスフロアなどが広くて他の人と密着しない(など規定を順守してる)場合  
→ 規制の対象とはしてない

だそう。



その 「「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行令の一部を改正する政令案」等に対する意見の募集結果について」)に書いてある、警視庁見解を引用すると

「(社交ダンスに代表されるような)男女がペアとなって踊ることが通常の形態とされているダンスを客にさせる営業は、その性質上、男女間の享楽的雰囲気が過度にわたる可能性があり、4号営業として規制対象」

それは「男女間の享楽的雰囲気が過度にわたり、善良の風俗と清浄な風俗環境を害し、又は少年の健全な育成に障害を及ぼすおそれがあるから」
だそうです。

しかしヒップホップのダンススクールや盆踊りなどは、ペアダンスではないので風営法の規制対象の扱いをしていない。
がその場合も 「ダンスをさせるための営業所の部分の床面積がダンスの参加者数に比して著しく狭く、密集してダンスをさせるものなど、男女間の享楽的雰囲気が過度にわたる可能性があるものについては、4号営業として規制対象となり得ます」

とのこと。

警察がどういう見解によって風営法で取り締まってるかが結構分かるので読んでみてください。
(パブリックコメントでみなさんの意見を募るといいながら、結果はこれかよって感じだけど)



つまり、警察の一番のターゲットは 男女ペアダンス ってことだよね。


サルサのような男女のペアダンスは対象よ、って警察が見解だしたってことだよね。

踊る場所がどこかっていうより、男女でペアでダンスするのが風俗上よろしくない、のを重視してるのが分かった…。

まあもともと風営法のダンス規制ができた理由が、終戦直後にダンスホールに売春婦が客引きに来ることへの対策だったから。その時代はダンスホールといえばペアダンスだったんでペアダンスがターゲットにされる理由はわかる。でも終戦から3年しかたってなくてまだ日本が焼野原でみんなが飢えていたんだから、生きるために売春せざるをえない女性たちがいたのはしかたがない時代。
それから64年もたつのに、なぜいまだに昭和23年と同じ考えなのかね~。
なんで何回改正論議が出てもそこまで固執するのか、それを今度は明言してほしいです!!
(だいたいライブハウスやクラブに警官多数を動員して手入れしてる余裕があったら、ストーカーや性犯罪を取り締まるなどほかにもっとやることあるでしょうが…。)


早稲田大学の法学部の准教授でサルサ歌手としてライブもやってる岩村健二郎さんが、twitterでこの警視庁見解についてこうつぶやいてました。( https://twitter.com/Quenchan

★パブコメ回答が出た。「ペアダンス新法」とも言える法解釈。明文化されていなかった4号営業除外のダンス教授種別を、「盆踊り」「ヒップホップ」という現行風俗の言葉を文に挙げて切り分けた。サルサがターゲット以外何が考えられるだろうか。大変なことになった。
★同時にペアダンスのサルサは「風俗上の問題」を想定されることになったのが今回の法改正だ。なんということだ。
★もともと風営法はダンスに対しそういう解釈だが、現行のダンス種を名指して言った意味は重い。日本において現時点での歴史的解釈が、ペアダンスをそのように認識した、ということだ。なんということだ
★いずれにしても今回のパブコメ回答の意味は重い。風営法は裁量行政だろう。本来変わりやすい街間の風俗に対応するべくそうなってるんじゃないのか。なのにいまさら「ペアダンス」が「過度に享楽的」なんて、「ペアダンス」それ自体の同時代的解釈をまったくせず、最初の条文の意味内容を継承した。
★風営法4号営業、資格ダンス講師除外についての改正案、官報に出て今日から(注:11月21日)施行だそうだ。今日からだ。道は長いが危機は目の前というか、とっくに危機だ。
★ああ、腹が立つ。98年の改正からは14年ぶりの四号除外規定の改正。
★パブコメ回答出て、今日(11月21日)から施行されました。サルサとしては大変なことになりました。





欧米では、高校のプロム(卒業パーティ)でドレス着てペアでソシアルダンス踊る慣例があったり、(欧州の)社交界デビューの舞踏会とか、クリスマスや結婚式などのパーティではペアダンスが基本。ペアダンスの相手を連れていかなきゃいけないから、恋人いない人や独身者はパーティのために必死で相手探す。
ラテンアメリカでも成人式や結婚披露宴やクリスマスパーティなどではペアでダンス踊ります。

でも日本ではペアダンスは不純異性交遊扱いなのね…。
舞踏会に行って王子様とダンスしたシンデレラも、日本の風営法では風俗を乱した者扱いですかね。
世界に知られたら笑いものだヨ…。
っていうか、もうこうなったら世界に知らせて笑いものにしてやったほうがいいかもしれない。
英語語とスペイン語なら私分かるから、世界に拡散しちゃいましょうかね。。。


サルサファンのなかにはいまだに風営法のダンス規制撤廃運動に反感抱いてたり懐疑的な人が結構いるようですし、私がこのような風営法ダンス規制反対のトピックを書くとあげあしとってくる人がいます。
でももうペアダンスが標的ってはっきりいわれちゃったし、ペアダンスのなかでも社交やフォークダンスよりラテンのほうがつっこみどころが多そうなので、踊る場所がクラブじゃなければいいとか、時間が深夜か早いかとか、有料イベントかどうかっていう問題じゃないみたい。

ダンス教師が社交ダンスみたいに公安委員会管理の団体が認定した教師のみとなり公安の監視下におかれるようになれば、日本語が読めないキューバ人やコロンビア人の先生や、大きな団体に所属してない先生はレッスンができなくなるんじゃないか、認定教師がいるダンス教室のみでしかサルサが踊れなくなるんじゃないか、という不安があります。(社交ダンスも認定教師のダンス教室のみ認められたけど、ダンスホールやクラブなどはまだ風営法上認められてないそうです)。
岩村先生がおっしゃるようにサルサは危機に直面してるのかも。



※風営法によるダンスの取り締まりは私が知ってる範囲内で、もう10数年前からやってます。かなりのクラブやバーが警察の手入れなどで閉鎖させられました。
特に東京のクラブの取り締まりは、1999年~2000年あたりから厳しくなりました。その次は2005年から2006年くらいに一度激化。それから3年前。そして今。
(誰かさんが都知事だった時代から)

※テクノやヒップホップなどのクラブ系には自分たちのはペアダンスじゃないからこれでもう風営法上大丈夫だと喜んでる人もいるけど、クラブとかイベントでは人が密集してるし、クラブは照明が暗くてフロアがせまいところが多い、深夜営業などの点があるから取り締まられてるわけなんで喜ぶのは早いでしょう。
今回の改正はどっちかというと小学生へのダンス教育義務化や子供のヒップホップ教室流行はどうなんだって批判されないための対策だと思います。
私はテクノなどのクラバーだったけど、行ってたクラブやイベントの多くが強制的にクローズさせられて今はもうありません。広大な公園でひっそりやってたゲリラ的な無料イベントも警察に中止させられましたよ

「ダンス」が風営法から削除されないかぎり、ダンスイベントやクラブなどへのダンス弾圧は続くと思います


※ 今取り締まられてるのは踊るクラブだけではありません。
ライブハウスもかなり閉店させられてます。
また新宿二丁目のゲイバー(クラブ)、ストリップ劇場、ソープランド、ホステスバーなど次々と取り締まりが入っています。


※ペアダンスは風俗を害するダンスではない!、サルサは明るいんだ、健全なんだ!!、って 風営法のダンス規制法に反対するサルサ団体やインストラクターたちは表だって主張しています。

しかしその努力をはばむものがあります
それは…
サルサに女めあてで行ってる一部の人たちが存在すること。踊るときにセクハラしたり、「あのクラブはババアばかりだが、むこうのイベントは若くてかわいい子がいた」、女をお持ち帰りした、などと言ったりネットに書き込んでる人たち。
そんなことしつづけてると、やっぱりサルサは「男女間の享楽的雰囲気が過度」って太鼓判押されてしまいます。
セクハラするのは電車の痴漢と同じ。本気でサルサ好きな人たちに迷惑だし、やっぱ享楽的な雰囲気のダンスじゃんとつっこまれちゃいます。


※そういえば以前ネットで、警察の人が風営法でディスコはOKなのにクラブはなぜダメなのかについて、 ディスコは一人で踊ることが多い(お互いくっつかない)けど クラブは男女ペアで踊ることが多いから、と言ってた…というのを読みました。
えー、テクノは一人でストイックに踊ってる人がほとんどですけどね~。

※ヒップホップ教室はOKということだけど、スペイン語版ヒップホップのレゲトンはどうなの?
ダンススクールのレッスンはいいけど、クラブでレゲトン踊ったらまずいってこと…? ラテンではレゲトンはペアで踊るから



●11月27日の朝日新聞の朝刊に「社交ダンスもサルサも風営法規制 」 という記事が掲載されました。
六本木にあった老舗のサルサバー サルサSUDADAの閉店、上記の早稲田大学の先生でサルサシンガーの岩村先生の話、ジャパンサルサコングレスやサルサイベントにも風営法の話にきている斎藤弁護士(風営法のダンス規制反対のLet's dance委員会運動の弁護士)、海の家でのビーチダンスイベントの風営法取り締まり、公民館の社交ダンスサークルへの貸し出しを市役所が自粛した、という話などが載ってます。

●日本最大のサルサ団体 サルサホットラインの風営法のダンス規制反対のサイトは
「サルサホットライン ダンス規制法(風営法)改正の署名活動 活動報告サイト」
今回の警視庁のパブコメ回答への反応として
「風営法ダンス規制の改正について」
サルサホットラインには、サルサを愛する弁護士さんでこの風営法問題にかかわってる方がいます。
サルサと風営法の関連については、サルサホットラインのサイトを見たほうがいいでしょう。

※salsa 120%という有名フリーペーパーでは、上記の早稲田の岩村先生がサルサと風営法についてエッセーを連載しています。



<ブログ内関連過去記事>
「サルサのどこが善良な風俗を害するペアダンスなの? 」
「ダンスはいくら弾圧しても死なない」
「サルサバーが閉まっていく 」
「ダンスは善良な風俗を害するもの
「ダンス全般が風営法対象だって。公民館さえ」
「ビーチサルサの危機」
「閑散…クラブではNo dancing」
「クラブの取り締まりに対抗するには」
「あのクラブまでもがクローズ!」

2006年に私が書いたクラブ取り締まりに対する過去記事
「クラブ消滅の危機」
「六本木のクラブ、閉鎖」

ミスター コロンビア

今開催されてるミスターワールド(ミスユニバースの男性版)について前回「ミスターワールド 世界のイケメン」 で書きました。


こんどはミスターワールドの2年前の大会で、コロンビア代表の人が日本人ウケしそうなルックスで前からUPしようと思ってたので紹介します。(画像はMR WORLD関係サイトからお借りしました)


2010 mr colombia

2010 mr colombia2

(3枚目はクリックすると拡大)
2010 mr colombia 4

2010年、当時20歳で、身長 182cm。
Camilo Garcia 君。
首都ボゴタの出身だそう。

ラテンアメリカ人というとインディオとか褐色の肌の人を想像してて、「なんでこの人は白人なのにコロンビア人なの?」 って思う人もいるでしょう。

今年のミスター・コロンビアのほうがコロンビアっぽいルックスで、2010年のCAMILLO君はどっちかというとはヨーロピアン系のルックスだから。(今年のミスター・コロンビアの写真は、前回の記事 「ミスターワールド 世界のイケメン」 を見てね) 

コロンビアにも白人はいます。公式な人種統計でも白人は20%。

コロンビアはラテンアメリカの中でもいろんな混血人種がいると言われてる国です。
都市によってもいろいろ分布があって、白人が多い都市(メデジンなど)とか黒人が多い州(チョコなど)もあれば、インディオ、黒人と白人の混血、原住民と白人の混血などいろいろいます。

他のラテンアメリカの国も白人系の人はいて、一番白人が多いのがアルゼンチンでなんと95%位、次が隣のウルグアイで9割が白人です。
ペルーでもキューバでも白人や白人系はいます。


このミスターコロンビアの人は、残念ながらミスターワールド上位にはランクインしませんでした。。。。

● ブログ内の英訳/スペイン語訳(歌詞の和訳等)の無断転載禁止
● キュレーションサイト(naverまとめ含む)による転載やぱくりは禁止




【【【 おすすめラテンファッションとグッズ 】】】

【ラテンファッション レディース】
ラテンファッション
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ ブラジルジーンズ ブラジルワンピ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
サルサシューズ サルサシューズ ブラジルオールインワン


【ラテン メンズ ファッション&グッズ】
ラテンメンズ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ キューバTシャツ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルの制汗剤 ペルーのピスコ(酒)
TWITTER
ブログの更新はときどきですが、ツイッターでは毎日ラテン等についてつぶやいてます 笑
おすすめCD紹介 ↓
下記に私のおすすめCDを紹介(iTunesも)。クラブでいつもかかる曲ばかり。ブログ内で書いてるので上記の検索欄で検索して試聴してね ↓ ↓ ↓

ワイルドスピード8
J Balvin 最新アルバム
Energa
J. Balvin


Pitbullの新作
バチャータのプリンス・ロイス新作
Five
Prince Royce


marc anthony大ヒットアルバム
これに入ってるのサルサ曲「vivir mi vida」も世界で大ヒット。Marc Anthonyはラテン界の帝王的存在。
大ブレイクのMALUMA
DANZA KUDUROはこれ!
Don Omar Presents Mto2: New Generation
レゲトンのNicky Jam
J Balvinとあわせていま人気のレゲトン歌手がNicky Jam。彼のベストアルバムです
エンリケ・イグレシアス
エンリケ・イグレシアスの大ヒット曲「Bailando (バイランド)」(ft. Gente de Zona) が入ったアルバム
ルイス・エンリケのロマンチックサルサ
yo no se mañanaが流行ったルイス・エンリケの新しいアルバム。踊りやすいロマンチックサルサがいっぱい
Daddy Yankee ヒットアルバム
レゲトン J Balvin
ここ1-2年世界中で超ヒットしてるレゲトンがコロンビアのJ Balvin。音楽賞を総ナメにしました。
大ヒットのバチャータ
Phase II



バチャータの帝王
世界のバチャータブームをおこした2大バチャータキングは、Prince RoyceとこのRomeo Santos。Romeoは、バチャータの人気グループAventuraの元ボーカル。
El Cantanteの元歌はこっち
El Cantante
El Cantante

サルサのDIVA
Salsa Divas
Salsa Divas
Celia Cruz とLa India
泣いちゃうサルサ
Fabricando Fantasias
TITO NIEVES
ブログで紹介したCDリスト

「ブログで紹介した曲とCDリスト」

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ラテンCD

AMAZON サーチ

みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア