Danza Kuduroの別バージョン3曲

Danza Kuduroは世界中に大ヒットしたので、いろんなバージョンがあります。


★Pitbullバージョン知ってますか?
日本でも人気のラッパーのPitbull。
このバージョンは英語で歌っていて、英語名は 「Throw Your Hands Up」

Lucenzo & Qwote feat. Pitbull 「Danza Kuduro (Throw Your Hands Up)」




このQwoteという人は、ハイチ生まれのアメリカ人。中南米で何年か前にハイチ大地震があった国です。
英語で歌うとスペイン語やポルトガルより歯切れが悪くなるように思うけど、PitbullやQwoteのおかげで英語バージョンにしてはリズム感があります。
このバージョンはイギリスで流行った他はビッグヒットにならなかったようです。
でも英語なのでみなさんにも歌詞は分かりやすいと思います。
ビデオは、Don Omarみたいにボートと美女なのね。
やっぱPitbullが入るとエッチぽくなるんだよな。






★次はブラジルバージョン。
ブラジル人アーティスト2人によるDanza Kuduroです。


Latino ft. Daddy Kall  「Dança Kuduro 」




ブラジル人だからポルトガル語で歌ってます。
Don OmarのDanza Kuduroもスペイン語とポルトガル語で歌ってるから、言葉的にはそんなに違和感がない。
これをきいてると、ほんとにスペイン語とポルトガル語って似てるんだなって思いました。スペイン語の歌詞と結構似てるからです。
なんか健康的でブラジルのaxeダンスを思い出す。




★メレンゲ&スペイン語 バージョン

ラテン好きの人にはこのメレンゲバージョンがうれしいかな。
そしてこれはスペイン語です。
このバージョンが一番ラテン的だと思う。
始まりはちょっとサンバリズム入ってるし、レゲトン×メレンゲだから。


Don Omar feat. Lucenzo, El Cata & Pitbull  「 Danza Kuduro」




Don OmarとLucenzoが歌ってるんだけど、これにもPitbullが出てます。
あとはEl Cata ね。
El Cataは、以前「シャキーラがセクシーなのは」で紹介したシャキーラのRabiosaのスペイン語版で一緒に歌ったアーティストです。

ただしLucenzoが歌ってる部分だけポルトガル語です。

この4人はみなレゲトン歌う人たちなんでどうせだったらレゲトンで歌えばいいのに…と思いましたが。
でもレゲトンアーティストが歌っていてレゲトンとメレンゲが混ざったような感じの曲で踊るならメレンゲ っていうのがこのごろ流行ってるんですよね~。
レゲトン歌手がこぞってこういうジャンルの曲出してます。




また、"Danza Kuduro" は元歌があって、Don Omarではなくて Lucenzoの "Vem Dançar Kuduro" という曲だとこのまえ説明しました。→ 「Danza Kuduroの元歌はこれ」 で元歌をきいてね。


Don OmarとのDanza Kuduroと、前に紹介したDanza Kuduroの元歌(Lucenzo&Ali) の曲と、上で紹介したPitbullとの英語バージョン(Danza Kuduro, Throw Your Hands Up)が入ってる Lucenzoのアルバムがあります。
これにはDanza Kuduroにちょっと似た別の曲も収録されています。



みなさんにおなじみのDon OmarのDanza kuduroはこれね。聴き比べてみてください。




いままでたくさん「Danza Kuduro」について特集してきました。
「Danza Kuduro」に関するブログ内記事は(まだまだ他にもあります):
「Danza Kuduroの元歌はこれ」
「danza kuduroの歌詞」(Don Omarの「Danza Kuduro」)
「Danza Kuduroの踊り方と歌詞の意味」(Don Omarの「Danza Kuduro」)
「Danza KuduroのKuduroってなに?」(Don Omarの「Danza Kuduro」)
「danza kuduroに似ている曲」
「自殺を考えてる君へ (by DON OMAR)」 (Don Omar の「ADIOS」)
「ラテンアメリカで はやってた曲」
「Don Omarは軟派になっちゃったの?」

El Gran Combo コンサート レポート

サルサのスター、El Gran Combo de Puerto Rico の来日コンサート行ってきましたよ☆ 
コンサートレポートとライブで歌った曲の紹介をしていきます。


私はかぶりつきで見たんで、エルグランコンボの顔がまぢかに見れてラッキー。
結成50周年ツアーでメンバーは結構な高齢。オリジナルメンバーが中心でうれしかった。


ラティーナたちの熱狂ぶりがすさまじかった。ぎゃーーーーーーっていう叫び声あげてる人や、なかには舞台にかけあがってメンバーに抱きついた女性や、なんと生理用品(新品)投げてる人もいました。

私はぐいぐいラティーナたちにおされてアザができてしまった。
身体が痛い。。。。
日本のオバタリアン(死語だけど)もすごいが、ラテンのおねーちゃんやおばちゃんたちはもっとすさまじい!!

ビデオとか撮っちゃだめってきいてたので私はカメラをおいてきたのですが、みんな写真もビデオもとりまくりでした。
前に中南米で有名サルサ歌手のコンサート行ったら、みんなが携帯やカメラで動画録ってて視界がカメラとかでさえぎられた、っていう話しましたが、そんな感じ。
歌手と一緒にみんなで合唱するしねー。声きこえないっつーの。
以前中南米で行ったコンサートの状況については、「お願い 歌を静かにきかせてよ」 に書きました。この記事の2番目のビデオが、コンサートのときに客が大合唱しながら、携帯やデジカメで動画撮影してる様子がうつっています。(歌を聴きにいってるっていうよりは、携帯画像ばかり見える)


グランコンボのヴォーカルの人たちはビデオでよく見るおじさんたちですが、高齢にも関わらず長時間休みもなく歌って踊ってました。
日本全国ツアーしてるのに元気だね~。

(南米に滞在中にも彼らのコンサートに行くチャンスはあったんですが、都合で行けなかった。でもそのときのメンバーは若いメンバーらしいときいたので、今回のツアーのメンバーはどうかなって思ってました。そしたらビデオでおなじみのおじさんたちでよかったー。)




じゃ、私が行ったコンサートで歌われた曲を紹介していきますよ。
(分かると思うけど、ビデオは今回のライブのじゃないよ)


★ Brujeria





♪ Brrrrrrrruuuuuuu ~~  ってスペイン語特有のルルルっていうところがイイですね。



Ojos Chinos




日本だったらやっぱこれは絶対やるでしょ。
客のラティーノからも「Ojos Chinosやって!!!」ってリクエストの声がとんでました。日本在住のラティーノにはこの曲人気だからね。
あの指ダンスと、合掌してかたかたかたってまわっておじぎする人形みたいなダンスもやってくれました。
(このビデオでもやってる)
日本でやるとちょっと妙なんだけど、まあいいか 笑。

この曲については以前、「オーソドックスなサルサ El Gran Combo」 で書きました。
Ojos chinos は、東アジア人(日中韓とか)みたいな目のことね。確かエルグランコンボのメンバーの一人の奥さんが中国人だったと思う。君はなんてきれいな目をしてるんだ、かわいいチニータ、君と結婚したい、っていう歌です。






★ Achilipu




ちょっと上のOjos Chinosに似てる。




★ Trampolin



これは前にブログの「El Gran Comboが来日する」 で紹介しましたね。
コロンビアのカリでかかってた。




★ Y No Hago Mas na







★ Un Verano En Nueva York





この曲だーい好き~♪
これきくと踊ってしまう。


★  Mujer celosa





うわ、このビデオたぶん1982年のものらしいけど、みんな超若い。
まだ髪の毛がある。。。。(^^ゞ









★ アンコールはやっぱこれ!!!

客から一番リクエストが多かった。
これやらないと客が帰らないだろう。


Me libere



この曲については、「オーソドックスなサルサ El Gran Combo」 で以前書きました。
Me Libereは、ラテングラミー賞受賞。





★上記で紹介した 「Ojos Chinos」と 「Brujeria」と 「Un Venano en NY」と「Y No Hago Mas Na」 が入ったアルバム  (これは 以前 「Amame (=Love Me)」 で紹介した「AMAME」という曲も収録されてる)


エルグランコンボ関連のブログ内過去記事は:
「Amame (=Love Me)」
「El Gran Comboが来日する」
「オーソドックスなサルサ El Gran Combo」
「El Gran Comboとサルサダンス」

メキシコシティがでてくるバチャータ Prince Royce

9月16日はメキシコの独立記念日でした。
メキシコシティの大統領府はじめ各地で、Viva Mexicooooo !!! のgritoがありました。

それにあわせて紹介しようと思ったら忘れてた。
メキシコがでてくるバチャータの新曲を紹介します。

バチャータ王子、Prince Royceのバチャータの曲 「Incondicional」。
いま全米と南米ヒットチャートとに入ってます。


プロモビデオはメキシコの首都、メキシコシティで撮影されました。
Princeによると 曲がちょっとメキシカンテイストだったのでメキシコでビデオを撮影したそうです。

ビデオはこれ

PRINCE ROYCE 「INCONDITIONAL」








ビデオにはメキシコのマリアッチがでてきてて、英語のサイトでは “マリアッチとバチャータの融合”と書いてあった。

でも冒頭をのぞくとそれほどマリアッチ音楽は入ってないように思うけど…。


マリアッチっていうのはメキシコの伝統音楽で、次にビデオで見せます。





Prince Royceの曲のPVに出てる女性の顔見たことがある、この顔はメキシコ人だけど、メキシコのテレノベラ(ソープオペラ、メロドラマ)だったような? 
…って思ってたら、やっぱりメキシコのテレノベラ女優、Ariadne Díazでした。


このビデオがメキシコシティのどこで撮影されたかですが、Plaza Santo Domingo, Gran Hotel(de la Ciudad De México), Club De Periodistas など、メキシコシティの中心部にある歴史保存地区(セントロイストリコ)にあるとこだそうです。
ソカロの大統領府やカテドラル(大聖堂)も見えますね。
メキシコシティにはこうした歴史的建造物や華麗な建物がいくつもあります。
ビデオには出てないけどテンプロマヨールなどアステカ時代の遺跡もあるし、私はメキシコシティ好きです。



女性の住んでるアパートの前にマリアッチ連れて行って、女性に求愛してる場面がビデオにありますよね。

これ、ほんとにメキシコでやるそうです。
メキシコシティっ子の友達が自分もやったと言ってました。
好きな子がいて(片思い)、夜中にマリアッチ連れて彼女の家の下にいったそうです。
→ 結果は惨敗… 

誰でもやるわけじゃないだろうけど。

マリアッチは誕生日や母の日やクリスマスなど、特別なときによんでもらうことがよくあります。
でもマリアッチの一団を個人でよぶのって結構高いんだよ。バンドの人数多いしね。
メキシコ第二の都市グアダラハラで(グアダラハラのあるハリスコ州がマリアッチの本場)、マリアッチ楽団の人たちに家に来てもらうとしたらいくらかと値段きいたら、1曲1700円だって言われました。


Prince Royceはこのまえ紹介したLas cosas pequeñas (ブログの過去記事、「バチャータ Prince Royce 新曲」を参照してください)もよかったですね~。
このごろサルサバーやイベントでもよくかかってます。

この曲ね(Las cosas pequeñas)





23歳とまだ若いPrince Royceは、ラテン音楽界のヤングジェネレーションのトップスターです。
前に言ったように、ドミニカ系アメリカ人(両親がドミニカ人)です。
ドミニカ共和国はバチャータとメレンゲの国。


彼は笑うとかわいいしルックス的にも、アーバンな感じな曲も、日本でもうけそうな気がするんだけどな。



ブログ内関連過去記事:
「バチャータ PRINCE ROYCE新曲」
「AventuraのRomeoとUsherのバチャータ」
「Porque Te Amo 」

サルサのmitsue先生達がダンス規制反対イベントに

9月12日に風営法からダンス規制を削除するための署名運動のイベント「なにがなんだか風営法!?」が東京の代官山で開かれて、サルサ界から有名インストラクター mitsue先生、サルサ最大の団体サルサホットライン代表のジョージ渡部氏、早稲田大学の先生でサルサシンガーの岩村健二郎先生、サルサ愛好家で弁護士の和知麻里亜さんがパネリストとして参加してました。

私はオンタイムで途中からネットで見たのですが、録画ビデオが http://www.ustream.tv/channel/letsdancetv で見れます。
見逃した方はどうぞ。


このビデオの内容をかいつまんで書いてみますね。



サルサのところはビデオの25分から始まります。

最初はDIANAで開かれたサルサリブレというイベントの様子が映し出されました。


★ まずサルホ代表のジョージ渡部氏が発言。

サルサ界にも風営法の影響がかなり出ている。
サルサは見知らぬ人とダンスするための音楽で、ストリートで生まれた。
文化的な発祥がそうなのに、それを風営法で規制されてしまう。
サルサはクラブダンス。
でも今はそのサルサクラブのドアを開けると、「ダンス禁止」という張り紙がはられている。
サルサが他のダンスと違うのは、ペアダンスなので見知らぬ人と手をとりあって踊るという、おおらかなスキンシップでコミュニケーションをとるところ。
それが日本の法律では罪になってしまう。
老舗のSudadaなどがすでに閉店に追い込まれた。
公にはなっていないが他の都市でも自主的にもうレッスンはやめようという店もいくつもでている。



★Mitsue先生 (サルサ界では有名なインストラクター。東京ベース)

自分はどこででも音楽がかかってたら踊るのが好きなので、それが規制されてしまうと自分が今までやってきたことはなんなんだろうと思ってしまう。好きなときに踊りたい。
今回このイベントに来たのも、未来を変えていきたいから。
サルサは30代以上の大人が中心だが、子供に教えてるのも増えてきているのにダンスを規制されたらそれもできなくなってしまう。



★早稲田大学の先生でサルサシンガーの岩村健二郎先生 
(以前 SUDADAでもライブやっていた。今月号のsalsa 120%に風営法に関する先生のコラムがある)

自分は25年前からサルサシンガーやってたが、その頃はサルサ踊る人はごくわずかでライブが中心だった。
サルサは他のダンスに比べたらまだ新参者だが、サルサ人口は急激に増えた。
以前ライブハウスでサルサイベントを開催しサルサ講座をやったら当局の取り締まりを受けてやめさせられた。次はライブでお客さんが踊るのも禁止された。
サルサは、ディスコやクラブで踊ってる人達とは違ってるので、違った角度でダンスに接している人たちとしてこの風営法の問題と利害を共有できる。



★サルサを愛する和知弁護士

自分は趣味でサルサを踊っている。
サルサはこのごろ子供たちにも教えるようになったし、ダンスによって不良をなくすという受け皿にもなりうるのに、ダンスができないというのはおかしな法律である。




★その後、摘発されて警察に拘留された大阪のクラブ(NOON)の金光氏によるインタビュー (ビデオ1:06~)


●サルサ SUDADAの元店長

(金光さんと同じように)自分も風営法違反で警察に逮捕されて2日間拘留された。
今日のイベントは、経営者の自分としては風営法の許可をとって経営したらどうなるのか?ということに興味があった。
でも風営法を遵守してクラブを経営したら、経営的にはなりたっていけない、というのが再確認できた。
ダンスをしてはいけないという矛盾をみんなで変えていかなきゃいけないと思ったので、これからもがんばってこの運動を盛り上げていきたい



●サルサのmitsue先生のアシスタント(さくらこさん)

自分のダンス人生はクラブが土台。
ヒップホップから始めてオールジャンル踊る。
サルサはもう5年くらい。
このまえまでこの風営法問題を知らなかったんだけど、知ったらこれじゃいけないから自分もやれることはないかと思って、今は署名活動している。地道な活動で微力だけど、まだこの問題を知らない人たちやダンスが好きな人たちに発信していきたい。



このイベントには、ダンススタジオ経営者、クラブDJ、巨大音楽イベント開催者、「踊ってはいけない国 日本」の本の著者、弁護士たち、各党の衆議院議員も出席しました。

以前社交ダンスのときに風営法が改正されたときも国会議員が動いてくれたから改正できたと書いてありましたが、この署名運動のあとはやっぱり議員を動かさないといけないそうです。
でも国会議員のおじさんたちの間では、クラブというとキャバクラのほうのクラブというイメージが強い。
今までの事例だと世論によって議員たちが早く動いたことがあるから、世論を変えていかなきゃいけないと議員たちが言ってました。

コロンビアの物価は意外と高い

ラテンアメリカって発展途上国で物価も安いんだろうと思ってる人は多いと思います。

しかーし、私がコロンビアに行ったとき物価が高いなーと思いました。

ペルーからコロンビア行くと特に高く感じました。
ラテンアメリカ最大都市のメキシコシティから行っても、コロンビアのほうが高いと思うものが多い。
けどブラジルに行った人たちが、ブラジルは好景気でめっちゃ物価高いって言ってました。
南米に旅行行く方、旅の予算計画にご注意。


いま円高なのにコロンビアではあんまり円高の恩恵を感じなかった。
円高でちょびっとだけ対円で安くなったけど、ごくわずか。
コロンビアはペソなんだけど 0(ゼロ)の桁数が多いので、さらに高いような気にさせられます。

普通は、2000ペソ=日本円100円 と換算します。
たとえば アイスが3000ペソだったら、日本円ではだいたい150円。


前に「中南米ではクラブにグループで行くわけ」で、コロンビアのクラブ(ディスコ)ではカクテルが一杯1000円と書いたら、高いというコメントがありました。
そうですよねー、六本木のラテンクラブと同じかそれより高いですね。六本木でも1杯1000円は高いと思う人が多いから、コロンビアでこの値段ってどうなの???って感じでしょう。
ボトルだとフルで一本4000円とかとられます。それにコーラとかソーダとか割るのを頼まなきゃいけない。

コロンビアでの服のショッピングが結構高いことについても以前 「コロンビアで買った服」で書きましたよね。
品質が悪い服でノーブランドだったら安いのもありますが、日本に比べたら高い感あります。
コロンビア製の服でも有名メーカーだと女性のジーンズで9000円とか10000円以上します。


私がコロンビアに行ったときに買ったものとかの値段を書き出してみますね。


安いのはコロンビア産の野菜とか果物。
マンゴーの大きいの一個で50-80円くらいだから、生のマンゴージュースたくさん作れます。


マクドナルドのハンバーガーとポテト小とコーラ小のセット 400円。
→ 中南米はファーストフードが結構高いです
(コロンビアでは食堂のランチ定食ドリンクつきが250円~300円くらいなので、マックよりも食堂で食べたほうが安い)。

キットカット 110円

ポテトチップ 中 170円

(商店とかスーパーで売ってる棒アイス) 175円

トマトの水煮缶 280円 (日本のスーパーでは100円)

スパゲティ 500グラム (ディチェコというイタリアのメーカー) 700円 
→ 日本では同じのが190円~320円くらい(店により違う)

スパゲティ コロンビア製だと 500gで  230円

オリーブ油 中 イタリア原産でコロンビア製  900円

ツナ缶 1缶 (コロンビア製) 170円

日本のカレーのルー (バーモントカレーのアメリカ製) 1300円

ニベアのメーク落とし 900円

生理用ナプキン(10個入り) 150円
→ コロンビア製

液体ハンドソープ(小) 320円

コンタクト洗浄液1本 1900円 
→ 日本にあるのと同じ有名メーカー商品で、これと同じものが日本ではドラッグストアで790円から980円位しかもおまけに小ボトル1本もついてくる

スピード証明写真 400円

バスや路面電車 一回 75円 
→ 定期や回数券などの割引なし。 ちなみにメキシコシティの地下鉄は一回20円くらい。


メデジン空港から市内までのタクシー 3000円から3500円

カリ空港から市内までのタクシー 2500円


自動車とか家電とかは日本よりずっと高いです(しかも家電は日本みたいに最新モデルじゃないのに値段は高いし、車は日本なら廃車だろっていう古い中古車を高い金額で売ってます)。



どうですか?

結構高いでしょ。。。???
コロンビアに行くとあんまり無駄遣いできないんだよね…。

コロンビアの平均月収は、692米ドル (2012年4月にイギリスBBC発表)。
貧富の差がすごい激しい国なんでお金持ちはめっちゃ金持ちですが、法定最低賃金は250米ドル位。

日本人がコロンビアの物価高いと思うくらいなんだから、コロンビアの一般の人たちいったいどうやって生活してるんだろ。



(コロンビアだけじゃなくて中南米全体にいえるんだけど、) 日本のマツキヨみたいな安売りドラッグストアとか、ヨドバシみたいな家電量販店とか、100円ショップとかドンキホーテのようなディスカウントショップとかないのです(100円ショップみたいに定額の店はあるにはあるけど、商品が充実してない)。だからなかなか値引きがない。

それから光熱費や通信費(携帯電話通話代やインターネット)も高いですよ。日本より高いんじゃないかな…。


特に輸入物はすっごく高いです。
日本の倍はするんじゃないか…と思うくらい高い。

コロンビアは今年の5月にアメリカとの自由貿易協定を締結しました。
日本だったら自国の製品を守るために大反対がおきるだろうけど、コロンビアはあまりにインポートものの値段が高いので、コロンビア人たちはこれでインポートものが安くなんじゃないかって喜んでました。


<追記>
2015年末から2016年にコロンビアに滞在したときの物価について新しくトピックたてました

「コロンビアの現在の物価 (2016年)」


ブログ内関連過去記事:

「コロンビアで買った服」 (コロンビアの服の価格)
「中南米ではグループでクラブに行くわけ」 (中南米のクラブのお酒の値段)
「中南米旅行で日本から持っていったほうがいいコスメ」 (中南米の外資コスメの値段)

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2012年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter