AX

クラバーとしてのサルサ

私はラテン一筋と思われてるようなんですけど、実はそうではありません…。

テクノとハウスのクラバーだったし、いまもクラブ系の音楽なんでも好き(音楽ならたいていどんなジャンルでも好きだけど)。
たぶん死ぬまでクラバー。
ラテンについてこんなブログ書いてますが、たぶん他のクラブミュージックやクラブカルチャーのほうが知ってるかもね。

いろんな音楽が好きでいろんなダンス踊るのが好きだけど、そこにラテンが加わった…という感じ。

ハウスやテクノでは、どんどん佳境に入ってくるとだんだんあがっていく音と高まるリズムと自分のダンスの体の揺れがシンクロしてきて、トランス状態になります。← もちろん変な意味じゃなくて、ナチュラルハイですよ (^^ゞ。
ラテンを踊るときも、まずはお酒を飲んでほろ酔いになって、自分の好きな曲がかかるとだんだんリズムや歌詞が体に入ってハイになります。それがきもちいい。
まあ、サルサはテクノと違って一人でハイになれないところがつらいんだけどね…。
けどサルサはペアダンスだからダンスが自分に合う人と踊るとさらに気分が高揚するので、だんだんサルサにアディクトされちゃう(サルサ中毒)のかな。

ここ数年はラテンにはまってて、ほぼラテンオンリーになりました。
でもテクノやハウスもときどき踊るし、ラテンクラブにいってても途中でほかのジャンルには行くこともあるけど、ここんところは東京のいいクラブが閉鎖されたりしてつまんなくなっちゃったから前より他ジャンルは行かなくなったけど。

ラテンディスコ(ラテンアメリカ人が多い)や外国人が多いラテンのクラブや海外のラテンクラブでは、ラテンの曲だけじゃなくてhiphopやロック、トランスやPOPSなどいろいろかかります。

なんで 基本、どんな音楽がかかっても踊ります。

でも日本のサルサバーでラテンPOP(シャキーラとか)やトランスやPOPSがかかるとサルサで踊っちゃう人が多いような。レゲトンかかると休憩タイムになる人もいるし。
もしかしてレッスンで習った以外のダンスだと踊るのは難しいのかな?

他のジャンルの(ラテンじゃない)クラブでは、ラテンPOPSとかレゲトンかかると盛り上がって踊ってる日本人が多い…。
実際、テクノとかhiphopなど他ジャンルのクラブに来てる子たちと、サルサバーに来てる人達はタイプが違う。


それにテクノやハウスとかの他のクラブはレッスンやってないし。


私は社交ダンスもやらないし、競技会にも出ないし、レッスンもあまり好きじゃない…。

一般的にいうと、ダンススタジオは技術を磨くところ。で「クラブ」は週末にぱーっと遊びに行ってお酒飲んでわいわい楽しく踊る場所というイメージ。

だからクラバーの目線でサルサも見てしまうのかもしれないなー


最近聴いてるサルサ

先週よくきいてたのが、このPEDRO JESUSの曲。

彼の 「NO SUPE AMARLA」 が以前から好きだったですが、

彼の曲を次々に聴いていったら(10数曲聴きましたが)、なかなかよかった。


とりあえず、私のおすすめ。




PEDRO JESUS    「 NO SUPE AMARLA」







日本の住み分け

日本も下記のラテンアメリカみたいにうまく住み分けできてたらいいのに…。

← これが今日のオチです。



ラティーノのダンスの住み分け

下記にコングレス出てるラティーノのビデオを紹介しました。

ラテンアメリカに行ってみた感じ、
ラティーノの場合、

① ノーマルなサルサ。ホームパーティやクラブで自然とおぼえたサルサ。一般にラティーノが踊ってる系のサルサ。クラブ系。

②サロンのサルサ。レッスンや競技会に出る人たち。プロダンサー

③英語のヒップホップやテクノとかロックとか違うジャンルが好きでサルサ興味ない人たち。ラテンアメリカ人だからラテン音楽好きかというとそうでもない。
もしくはサルサは聴くけど、踊れない。


大きく分けてかな?

サルサ踊れる人は、プロと一般人の線引きが他の国に比べて強いと思います。



よくyou tubeのサルサダンスビデオで、サルサ国のラティーノとレッスン系ラティーノ同士でバトルしてます。「おまえのサルサなんてサルサじゃない」って口論してる。


ラテンアメリカでは、

①サルサのレッスンをダンスアカデミーで習って、コングレスに出るような人たちは、最初からダンス競技として精進する。プロダンサーをめざす人も多い。プロダンサーやインストラクターになってる人たち。
ダンサーは、BAILARINとスペイン語でいいます。


②ノーマルなサルサ踊る人たちは、家でホームパーティしたときに友達や家族と踊ったり、クラブで踊ったり。


●日本とラテンアメリカの違い(私が感じたこと)

日本では、サルサやりたいな、サルサに興味があると思った人は、「とりあえずサルサのレッスン通わなきゃ」とまずレッスンに行くと思います。

しかし、ラテンアメリカではサルサは街なかで流れてるし、ホームパーティや誕生日パーティや結婚式などでサルサを踊ることがよくある。
サルサ踊りたいなら踊るチャンスは日常にころがってる。家族や友達が踊るのを見て、みようみまねでだんだんおぼえる。

レッスン通ってサロンのサルサをやる人たちには、競技会に出るとかプロになる意識が強い人たちが多いそうです。


ラテンアメリカのラテンクラブと日本のラテンクラブの一番大きな違いは、向こうはグループで来てグループ内で踊る、けど、日本は一曲ごとに相手を替えて踊るところです。
ラテンアメリカでは、自分のグループ内か、家族か、カップル(夫婦や恋人)同士かでばかり踊ることが多い。
一人で踊りに来る人もほとんど見たことがないです。
向こうはクラブの規模が超でかいのですが、ダンスフロアを囲んでテーブルが並んでいて、クラブに入るとグループやカップルごとに各テーブルに通されます。そしてクラブを出るときまでずっと同じテーブルに座ります。

「日本は一人でクラブに来る人も多いし、一曲ごとに相手を替えて踊るんだよ」とラテンアメリカで言ったら、「que raro( 超変なの)!」って驚いてました。


なので、クラブ系の人と競技会系の人が混ざったクラブに行ったときも、きれいに住み分けされてました。
競技会系の人は競技会系の人と踊るし、友達グループはグループ内で踊るし、カップルできてる人は自分の相手と踊るからです。カップルは自分たちのラブラブの世界に入っちゃってるしね☆


クラブ系の人たちは、ちっちゃいときからサルサ踊ってる、家のホームパーティでまわりがみんな踊るから自然と踊りをおぼえた、というような人たち。
レッスン系やコングレス系にはサボールがないといってバカにしてる人達も少なくないです。


コロンビアのようなサルサ国でも、サルサシューズを持ってるのはプロダンサーかコングレス出てる人くらいだと言ってました。

他の国でもコングレス出てる人達やサルサのインストラクターたちでも、クラブの場合は靴をはきかえないと言いました。普通のロングブーツや10cmハイヒールで高速スピン踊ってましたよ。
レッスンやサルサイベントやパフォーマンスなどのときはサルサシューズに履きかえるそうです。

あとね、競技会系の人ばかりのイベントに行ってしまったときは、コングレス出てる人達でもラテンアメリカのラティーノの人たちは私とでも踊ってくれるの。
リズムのってるし、私がスピン苦手だと言ったらスピンをしないで他の技で踊ってくれるし、型にはまってるわけでもなくすごく柔軟性がありました。


競技会系のラティーノ

ラテンアメリカでサルサのイベント行ったら、コングレス出てる人達ばかりで高速スピンづくめだった、

と前に書きましたが、

これがそのイベントの人たちの一部です。
(男性はアルゼンチン人)




まあ、このようにラティーノにも「サルサ踊れる」人たちはいるってことで… ← これが今日のオチ


● ブログの記事内容の無断転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの転載は禁止



TWITTER
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2011年02月 | 03月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア