AX

お願い、歌を静かに聴かせてよ! 

ラテンアメリカでは、びっくりするようなラテン界のスターのコンサートがたくさんありました。
しかもクリスマス前のイベントでは、大スターの無料ライブもあったんですよ。

たとえばメキシコシティでは マーク・アンソニーの無料コンサートがあったそうです。
まじ~???
あとで知って超ショック。
そのときメキシコにいればよかった…、と後悔。


 
コンサートを見れたおっちゃんたちが「マーク・アンソニーのチケット買うお金なんてないから、(無料コンサートをやってくれた)政府に感謝してます」と言ってるよ。


さすが、ラテンアメリカ。
こういうとこはいいよね。


私はCD持ってる好きなサルサ歌手のライブに行ってきました。
日本人でもちょっと高いと思うくらいの価格だった。

私は2時間くらいのコンサートだと思ってたんだけど、その歌手が出てきたのは午前12時をまわって翌日になってから。
最初の数時間は音楽がかかってるだけで観客が踊ってました。それから前座のバンドが2つあり、お目当ての歌手のライブ。そしてそのあとにももうひとつのバンドのライブ。
結局、夜の8時から翌日の朝までかかりました。


3メートルという至近距離でその歌手が歌ってるのに感動。。。

しかーし、
観客の歓声やかけ声うるさいし、歌手が歌うのに合わせてみんな一同に歌うんですよ。
せっかく彼がいい声で歌ってるのに、これじゃ声聴こえないじゃん。
歌手も途中、観客にマイク向けて歌わせるし…。

一緒に行った友達に、「これじゃ声が聴こえないよ~。 Dejame escuchar su vooooooz!! (彼の声を聴かせてよ~)」と私は言ってしまいました。

ちなみにその友達も歌ってました… 笑。

それにせっかく前で見れたのに、携帯やカメラで写真やビデオ撮ってる人が多くて、腕をあげてるので歌手の姿が見づらい。歌手の姿の前にビデオのモニターがたくさん見えるんです。少しだけ撮るのかと思いきや、コンサート中ずっと撮ってる人も少なくない。


ライブが終わってから友達に、「なんでみんな一緒に歌うの? 声聴こえないじゃん」って言ったら、
「ラテンアメリカではコンサートではみんな一緒に歌うよ。それ普通だよ。歌手に対して、みんな応援してるよ、あなたを好きだよ、っていうカリーニョな(温かい)気持ちを表すためだよ」という答えが返ってきました。

でも、歌を聴きにきたっていうより、これじゃ歌手の顔を見にきたような。

私が「日本ではコンサートで録画するのは禁止なんだよ」って言ったら、「まじ??? なんで??」とびっくりしてました。
向こうでは録画しほうだい、ネットにUPしほうだい。


まあ、スペイン語だし、みんな歌詞を知ってるから歌えるもんね…。
ラテンアメリカやアメリカのラテンコンサートのライブのビデオをネットで見ると、たいてい観客がみんな歌ってるし。

結局そのコンサート、一曲残さずすべての曲を観客が一緒に歌いました。
バラーダ(バラード)くらい静かに聴かせてよ、って願ったんですが… その願いもはかなく。

一方、前座やあとに出てきたサルサバンドのときは、誰も歌わないしビデオも撮らないし、みんな飲みながら聴いてるかフロアで踊ってるんです。こっちのほうがかえって楽しめたりして!?

けどお目当ての歌手はきっと日本には来てくれないだろうし、ラテンのコンサート楽しかったです。


日本だったらサルサライブで観客が一斉に歌うってことはないでしょうから、日本のコンサートのほうが歌と歌手の声を堪能できるかもしれない…。
けど日本はラテンスターがほとんど来ないし。
アメリカやラテンアメリカにいる人から、「このまえwisin y yandel のコンサート行ってきたよ」とかシャキーラの無料コンサートあったよ、と聞いてうらやましいかぎり。
ラテンスターはなんで日本に来てくれないのかなー。



ラテンアメリカでのコンサートはたとえばこんな感じ。
有名サルサ歌手 victor manuelleのコンサート。



ほらね、みんな一緒に歌ってるし、たくさん携帯やデジカメの録画のモニターが見えるでしょ。
私が行ったコンサートもこういう状態でした。




このvictor manuelleの曲は、「pensamiento y palabra 」で、ほんとはこういう曲です。



この曲が入ってるCDは、私のお気に入りです。

Exitos De Victor Manuelle
Exitos De Victor Manuelle
posted with amazlet at 11.01.30
Victor Manuelle
Sony U.S. Latin (2000-08-08)



スペイン語が出てくる日本のドラマ

私は、NHKの朝ドラくらいしか日本のテレビドラマを見ないのですが、最近はまって毎週見てるドラマがあります。

「外交官 黒田康作」

で木曜日の夜やってる。
以前話題になった「アマルフィ」※ の続きらしいです。(アマルフィは見てないけど)


いきなり初回の冒頭からスペイン語で始まったのでびっくり。
メキシコでした。

で、メキシコからアメリカのサンフランシスコへ。そのあと東京へ。
黒田は東京の外務省の中南米局に配属されます。

今はメキシコとのかかわりのところをやってるので、メキシコ大使館関係者やメキシコ人がでてきて外務省の日本人や黒田とスペイン語で会話してます。
黒田役の織田裕二のスペイン語きいてやってください。

一人のメキシコ人役の俳優、なんか見覚えがあるような気が…。 (←もし知ってる人だったら南米人なんだけど)


そうそう、初回には韓流スターのイビョンホンも出ました。

もっとあとの回ではスペインが出てくるそう。
メキシコ、アメリカ、スペイン、世界でロケしてフジテレビもお金かけたよね。

しかも、アメリカの原油流出問題で産油国のアメリカとアラブとメキシコが牽制しあってるとか、狂牛病問題でアメリカの牛肉輸入禁止したらアメリカ側から抗議されたとか、実際にあったニュースをちょこっと取り入れてるところもおもしろい。

90年代にあったメキシコの大使館たてこもり事件、っていってるから、「たてこもり事件はペルーだろ」って思ったけど、このドラマはあくまでフィクションなんだよね。。。笑


you tubeで第3話のPART1のビデオ見るとメキシコ大使館とスペイン語がでてきます。



※「アマルフィ」はこれです




ブログ内関連過去記事:
「大使館たてこもりはメキシコじゃない」


「外交官 黒田康作」のDVDは

外交官 黒田康作 DVD-BOX
ポニーキャニオン (2011-06-15)


日本のラテンとはちょっと違う?

ラテンアメリカに行ったりラテンアメリカに住んでる各国のラティーノ達と友達になると、日本国内で自分が見てきたラテンワールドとは違うなぁ…   と実感。

ラテンアメリカに行く前からこのブログを書いてるので、ずっと前はラテンアメリカを知らずにラテンについて書いてました。日本にあるラテンの店やラテン情報、日本に住んでるラティーノの話など。

でもラテンアメリカに行った今、行く前とはかなりラテンに対する見方が変わったし、サルサなどのダンスに対する考え方も変わりました。


日本に住んでるスペイン語圏のラティーノで一番多いのはペルー人。
他にラテン好きな日本人が日本で特に出会いやすいスペイン語圏ラティーノは、キューバ人、ボリビア人、ドミニカ人、コロンビア人などかしら。
となると日本で私たちが触れるラテンは、もしかしてカリブや一部の南米人や彼らのカルチャーや日本人が輸入したラテンがメインなのかな??????
でもその国の人たちに言わせると、日本に住んでる人たちと本国にいる人たちは結構違うとのこと…。
うーん…。。。。


コロンビアなどのサルサ国においては、サルサ踊りに行くときにサルサシューズを持っていくことなんてないそう。シューズを持ってる人はプロフェッショナルや競技会に出る人だけ。週末やクリスマス前後のフィエスタは家族や友達とサルサ踊りまくったそうです。


ところが、いわゆるサルサ国じゃないラテンアメリカでサルサやってる人達には、まじめにレッスン受けてたり、サルサシューズも持ってる人もいるし、くるくるスピンするし、レッスン系サルサ踊ることが少なくないみたいなんですよ…。

現地のサルサ教室のレッスンもいくつか見学してきたし、イベントでのパフォーマンスも見ました。

ラテンのある大都市でサルサ踊りに行ったとき、サルサのインストラクターやサルサコングレス出てる人たちばかりの店やイベントに行ったので、コングレス出てる人たちや先生と踊るはめにはり冷汗かきました…。


別の都市のクリスマス前の行事でサルサ教室の先生と生徒たちによるパフォーマンスがあり、あとでサルサ踊ったときに、「1、2、3   1、2,3。  はい、そこでターンして」と相手から  ”指導 ” されました。

「あのぉ~ サルサいちおう踊れるんですけど…」って言ったんだけど、聞き入れてくれなくて数曲全部指導されました。
「結構できるじゃん」と言われたので、「だからサルサ歴は4年くらいなんですケド…」って言ったら、
「じゃ僕のレッスン通いなよ。パフォーマンス出れるよ」ってレッスン勧誘されちゃいました。相手の人、サルサのインストラクターだったんです。


メキシコではラテンクラブやサルサコンサートでも、LAみたいなサルサ踊る人が多くてターンやスピンが多かったです。
もちろんおうちサルサなどではそういうサルサじゃなくて、クラブ系のサルサの人たちもいます。
けど、みんなON1で踊るんですよ。
でもLAスタイルとは少し違って、共通したクセがある。
なんでだろうと考えちゃいました。
で、その国特有の伝統ダンスがサルサにちょっと似てることに気づきました。
サルサよりもっと速くて男性のリードが強くて女性はターンが多い(男性もターンする)んだけど。もしかしてそれの影響じゃないかなと思いました。
その国でサルサ踊るときは、私もON1で踊ってターンをたくさんしましたよ。

それにそこは有名ラテンクラブでさえ、バチャータが一曲もかからない。
バチャータを知らない人もたくさんいるの。
AVENTURAも知らないなんて… マジ?


you tubeのサルサを踊ってるビデオのコメントには、サルサ国のラティーノと いわゆるサルサ国ではないラテンアメリカの国のサルセーロたちが口論してるのをみかけます。
たとえば、
サルサ国ではないラティーノ達がほめたたえてるコングレス系のサルサのビデオに対して
サルサ国の人たちが、「何これ? こんなのサボールないしおもしろくない。こんなのサルサじゃない」と言い、
相手が「これこそ正統なサルサだ。私たちの国ではこう踊る」と反撃。
そしたらサルサ国が、「おまえらアホ? 俺らの国のサルサこそが本物のサルサだよ。おまえの国なんてサルサ盛んじゃないじゃないか!」と怒っている…。
ラティーノス同士のバトル!
笑える


今までこのブログで「ラテンはこうだよ」と書いてきたけど、一概にラテンといってもいろいろあるのをおもいしらされました。

もっと前にラテンアメリカ旅行したときにも、 (ラテンではない)他の国々を旅行した際にラテンイベントやラテンクラブやラティーノコミュニティに行ったときも同じことを感じたし。

日本のラテンワールドだけをみて「これがラテンである」、とはいえなかったのかもしれない… って困惑しちゃいました。

それについて考えてたことも、しばらくこのブログの更新ができなかった理由の一つなんです。

今後もっと他の国にも行ってチェックしてみたいな。

ZA ZA ZA

そういえば、クラブでよくかかる有名なメレンゲの曲をここで紹介するの忘れてたような。
クラブの定番曲ですね。

ZA ZA ZA (サ サ サ)っていうのがサビの曲。



CLIMAX の 「MESA QUE MAS APLAUDA」 (ZA ZA ZA)




歌詞をきくとなんのこっちゃ??? と 思うでしょう。

南米人たちでさえ「この曲の意味が分からない。 歌詞に意味がないめちゃくちゃな曲」と言ってました。



でも私がこの曲を聞いてたときに、あることに気づきました。
メキシコの地名とかサッカーチームの名前や職業の名前が羅列されてる…。

日本在住のメキシコ人に、「なんでこの曲、メキシコの地名とメキシコのサッカーチームがでてくるの?」ときいてみたら、
「ああ、これはメキシコの曲だから。懐かしいなー」って言われました。

他のメキシコ人たちによると、これは昔メキシコで流行ったメキシコの曲だそうです。

メキシコの地名やサッカーチームやメキシコ弁が入ってるんで、南米人(違う国だから)にはまったく意味が分からなかったんですね。




PVはこっち 



音楽のバージョンはクラブMIX系ですが、このビデオを見るとなんとなくわかるでしょう。
私も実はこのビデオを今日、数年ぶりに見たんですが、今回は歌詞の意味が分かってからビデオ見たので内容をよく理解できました。

見てみて、つばの広いソンブレロ(帽子)かぶってメキシコの服を着たマリアッチみたいな人たちも何回もでてくるでしょ。
職業のところはその職業(教師や医者やエンジニアなど)の人が登場して、
メキシコの地名のときは地図と地名が、
サッカーチームのところはサッカーのビデオが後ろに流れてますよね。



los chilangos (za,za)
de Durango (za,za)
de Sonora (za,za)
sinaloa
アカプルコ Acapulco
グアダラハラ Guadalajara
グアナファト Guanajuato
ヌエボ レオン Nuevo Leon
ティファナ Tijuana
テピート tepito
タバスコ Tabasco

のあたりが地名。
(地名っていうか、その土地出身の人を歌詞ではいってます。上のメレンゲバージョンビデオと下のPVではでてくる地名が多少違います。)

グアダラハラ(guadalajara)はメキシコ第二の大都市。テキーラとマリアッチ発祥の地ハリスコの州都。
アカプルコ(acapulco)は日本人にも有名なビーチリゾート。
グアナファト(guanajuato)は日本人観光客や留学生も多い世界遺産のきれいな町。
ティファナ(tijuana)はアメリカとの国境にある、治安の悪いところ。
タバスコ州(tabasco)はメキシコ唯一の原発があるベラクルスの下で、ヴィジャエルモーサというリゾート地で有名。
ソノラ(sonora)はアメリカ国境沿いにある北部のエリアで夏50度越えるところ。
sinaloaは、ソノラの南隣りの海岸沿いにある州。同じく北部で危険なところ。
durangoは、sinaloaの内陸に隣の州。今麻薬抗争で危ないところ。
ヌエボレオン(nuevo leon)は、メキシコで三番目に大きな都市、モンテレイが州都の州。ここも今ちょっとやばい。なんかメキシコの危ないエリアばかり出てきますね。
chilango (チランゴ)っていうのは、首都メキシコシティに住んでる人達のこと(ちょっと蔑称っぽい)。
テピートは、メキシコシティにあるスリが多い市場。



El Monterrey (za,za)
el Necaxa (za,za)
el Toluca (za,za)
el Cruz Azul (za,za)
los Pumas (za,za)
las Chivas (za,za)

Y ¿El América?..... ! CHINGA SU MADRE!!!!!!!!

のところは、サッカーチーム。
クルース アスールと ロスプーマスとアメリカがメキシコシティのサッカーチーム。
チバスはメキシコ第二の大都市グアダラハラのチーム。
モンテレイはメキシコ第三の都市で、メキシコのプロサッカーリーグで先月優勝したチーム。

聴いてて超笑ったのが、
最後に

Y ¿El América?..... ! CHINGA SU MADRE!!!!!!!!

っていうところ。

AMERICAっていうのは、メキシコシティ拠点のサッカーチームの名前です。


この歌詞では、AMERICAチームって言ってから、
「え、AMERICAだって?
AMERICAなんて くそくらえだ!!!」 って言ってます。

chinga su madre は、英語でいうと mother fucker!!! 。
メキシコのスラングです。
 一番悪いののしりの言葉。
放送禁止用語なのか、上のメレンゲバージョンのビデオでは、この言葉がカットされてました。


メキシコ人はサッカー好きなんで、お酒を飲むと男はすぐサッカーの話題になる。
自分の好きなチームを持ち上げて、相手のチームをけなすんですよ。
アメリカというチームはよくけなされる対象になっています。


あと、メキシコっぽい言い方としては、

「Arriba los Tiburoneeeeeeeeeees !!!!」って、語尾をのばして言うところ。



後記: 
メキシコ人に確認してみたら、
この曲は古い曲(たぶん7年くらい前か…???)で昔流行った。
この歌手はベラクルス州の出身なので、サッカーチームもベラクルスのチームを応援してる。
arriba los tibrones, というところは、ベラクルスのチームのことでそのチーム万歳と言ってるそうです。
なのでアメリカチームが大嫌いだから、アメリカなんてくそくらえ、と悪態ついてる。
テピートはやっぱりメキシコシティで一番治安が悪くて、多くのメキシコ人も足を踏み入れないあのテピート(市場がある)だそうです。
「ZA ZA ZA」の意味は、「ラ ラ ラ」みたいな合いの手でそれ以上の意味はない。
chinga su madreは、メキシコでは放送禁止用語じゃないと思うけど、他の国に出すときにカットしたかも…といってました。


自分が応援してる以外のサッカーチームに悪態つくといっても、バッシングではなくて、よくメキシコ人は友達同士でもちゃかしあってます。
ビデオの映像もちょっとエッチだし、言葉もスラングでてるけど、
メキシコ的な笑いが分かれば、この曲かなり笑えます。




この曲が入ったCD

Mesa Que Mas Aplauda
Mesa Que Mas Aplauda
posted with amazlet at 11.01.25
Grupo Climax
Blanco Y Negro



この曲 1曲のみのダウンロード (MP3)




国によって違うスペイン語

前にもここで書いたように、私はスペイン語を勉強したんじゃなくて、ラティーノの会話からおぼえました。
相手の人の国の言葉やアクセントをそのまま聴いて(見て)おぼえるので、いろんな国のスペイン語の言葉が頭に入ってきます。

日本は南米人が多いので最初は南米のスペイン語、その後カリブ弁、それからメキシコ、その後コロンビア。
たまーにスペイン。
国が変わるごとに言葉やアクセントの違いにとまどったものです…。

スペイン語といっても、国や地域によってアクセントや言葉が違うからです。
スペインのスペイン語とラテンアメリカのスペイン語は結構違うし、
ラテンアメリカでも国によって違うし、同じ国の中でも地域によって方言やアクセントが違うんですよ…。

ただでさえスペイン語は複雑なのに… とがっくりしないでくださいネ。

なので、私は話す相手によって言葉やアクセントを変えてます。
どこの国の言葉でもだいたい分かってもらえるけど、ある国独特の言葉を話すと他の国の人が分からない場合もあるので…。


私がおぼえた範囲で例をあげると、
(自分がラティーノとしゃべっておぼえた、彼らから聞いたこと)


例えば、OK。
OKもつかいますが、
ペルーやコロンビアはLISTO スペインや一部のラテンアメリカはVALE、メキシコはSALEです。


「あなたたち」は、中南米の多くでUSTEDESですが、スペインはVOSOTROS.
日本で売ってるテキストにはVOSOTROSで教えてるものが多いと思いますが、中南米ではほとんど使いません。

「君」はTUですけど、アルゼンチンやコスタリカなどでは VOSを使います。
あとに続く動詞の活用も変わるのでやっかい。
コロンビアは、TUはほとんど使わなくてUSTEDを使います。家族同士でもustedを使ってて、よそよそしく思ってしまう。ボゴタの人が特にustedを使うので冷たいと思われがち。他の都市はtuのかわりにvosを使うことも多いです。

私はVOSOTROSやVOSは相手が言うのはわかるけど、自分では使いません。
どこの国の人にもTUで言っても相手には通じます。
でも「うちの国ではTUは使わないよ」とときどき言われることもあります。
TUだとなれなれしく感じる国もあるので、そのときはustedに変えてます。

キューバの言葉にも独特なのがあって分からない言葉がでてくるんですよね。カリブ弁で。



すばらしい! すごい! いいね!は、
一般的には Que bien!
ベネズエラなどは Que chevere!
コロンビアは Que chevere! が一般的で、よく使われるのが Bacano。 あと Que chimba!もあるけど、chimbaは汚い言葉なので女性は使わないほうがいいです。
メキシコは、Que padre! とかchido
コスタリカは Pura vida!
といってました。

Que bien ! はどこの国の人にも通じるけど、コスタリカ人にQue chevere! というと「おいおい、他の国の言葉をつかわないで、Pura vida! って言ってよ」といわれるし、 他の国の人に「Pura vida!」といっても通じません。



なかでもスラングや独特の言葉が多いのがメキシコ。
メキシコは世界で一番スラングが多い国だそう。
しかも下品な言葉が多い…笑。
アメリカの隣なので、英語が混じってたり、英語から派生した言葉もあります。
(といってもメキシコ人がみんなスラングばかりしゃべってるわけじゃなくて、ほとんどスラングを使わない人もいるし、普通は友達同士やカジュアルな状況で使います)

たとえば、
「元気?」は、普通は(カジュアル形) Como estas? ですが、
メキシコでは(カジュアル形) Que onda? もよく言ってます。
首都のメキシコシティは独特のスラングが多く、Que onda,quey (wuey)? とか Que pedo, guey? 。

メキシコは(特にメキシコシティ)、スペイン語というよりメキシコ語のような気がしてきます。


No manches. ふざけんな
cabron! この野郎
Mande?   (= Como? ). えっ、なに?
pinche   (=fucking),  
Hijole   (おやまあ)

などなど。

スラング、特に汚い言葉はおぼえやすいし、知ってることはいいのですが自分が使う場合は要注意。
ラティーノの男友達同士でしゃべってる言葉には結構汚いスラングが多いので。


関連ブログ内過去記事
「メキシコ弁とコロンビア言葉」
「中米と南米スペイン語」
「ラティーノからひっぱりだこのスペイン語本」



● ブログ内の英訳/スペイン語訳(歌詞の和訳等)の無断転載禁止
● キュレーションサイト(naverまとめ含む)による転載やぱくりは禁止




【【【 おすすめラテンファッションとグッズ 】】】

【ラテンファッション レディース】
ラテンファッション
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ ブラジルジーンズ ブラジルワンピ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
サルサシューズ サルサシューズ ブラジルオールインワン


【ラテン メンズ ファッション&グッズ】
ラテンメンズ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ キューバTシャツ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルの制汗剤 ペルーのピスコ(酒)
TWITTER
ブログの更新はときどきですが、ツイッターでは毎日ラテン等についてつぶやいてます 笑
おすすめCD紹介 ↓
下記に私のおすすめCDを紹介(iTunesも)。クラブでいつもかかる曲ばかり。ブログ内で書いてるので上記の検索欄で検索して試聴してね ↓ ↓ ↓

ワイルドスピード8
J Balvin 最新アルバム
Energa
J. Balvin


Pitbullの新作
バチャータのプリンス・ロイス新作
Five
Prince Royce


marc anthony大ヒットアルバム
これに入ってるのサルサ曲「vivir mi vida」も世界で大ヒット。Marc Anthonyはラテン界の帝王的存在。
大ブレイクのMALUMA
DANZA KUDUROはこれ!
Don Omar Presents Mto2: New Generation
レゲトンのNicky Jam
J Balvinとあわせていま人気のレゲトン歌手がNicky Jam。彼のベストアルバムです
エンリケ・イグレシアス
エンリケ・イグレシアスの大ヒット曲「Bailando (バイランド)」(ft. Gente de Zona) が入ったアルバム
ルイス・エンリケのロマンチックサルサ
yo no se mañanaが流行ったルイス・エンリケの新しいアルバム。踊りやすいロマンチックサルサがいっぱい
Daddy Yankee ヒットアルバム
レゲトン J Balvin
ここ1-2年世界中で超ヒットしてるレゲトンがコロンビアのJ Balvin。音楽賞を総ナメにしました。
大ヒットのバチャータ
Phase II



バチャータの帝王
世界のバチャータブームをおこした2大バチャータキングは、Prince RoyceとこのRomeo Santos。Romeoは、バチャータの人気グループAventuraの元ボーカル。
El Cantanteの元歌はこっち
El Cantante
El Cantante

サルサのDIVA
Salsa Divas
Salsa Divas
Celia Cruz とLa India
泣いちゃうサルサ
Fabricando Fantasias
TITO NIEVES
ブログで紹介したCDリスト

「ブログで紹介した曲とCDリスト」

リンク & お気に入りブログ
姉妹ブログ
私のもう1つのブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2011年01月 | 02月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ラテンCD

AMAZON サーチ

みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア