AX

元気?

COMO ESTAS? (コモエスタス = 元気?)

ってきかれたら、

BIEN (うん、元気)って 普通は答えます。



学校の英語で、
How are you ?   て質問されたら、
I'm fine thank you , and you? って答えるように教育されてるので、 たぶんスペイン語でも上記の応答がすぐみなさんできるようになると思います。


でも、みんないつも元気ってわけじゃないよね。
ときどきはそんなに元気なかったり、つかれてるときだってあるし。


その場合 「まあまあかな」って 答える。
それはスペイン語だと、 mas o menos 。

日本人なら、「まあまあ」って答えれば、それで会話は終わりなんだけど、
スペイン語圏の人に mas o menosって答えると、そのあとにえっらい質問攻撃にあうので注意。。。

まあまあ、って言っても、よくない意味にとるらしいです。

「どうしたの?」
「体の調子でも悪いの?」
「落ち込んでるの?」
「最近仕事うまくいってないの?」と
弾丸のように質問の嵐。。。


「うん、あんまり体調がよくなくて」と言おうものなら、
「いったいなんの病気なの? 教えてよ」
「どうして? 熱があるの?」
「病院にはもう行ったの?」
「薬飲んだの」としつこく聞かれます。

風邪といえば、「早く抗生物質飲んで寝てな」「はちみつとレモン飲んで」と言われます。


ちなみにラテンアメリカ人は、すっごく薬が好きな人が多いです。
薬も量がハンパなくて、どんな病気にもすぐ抗生物質飲んだり、その抗生物質の量も日本の病院で処方される量の何倍もの量。
そんなの飲んで大丈夫なの?ってきくと、これが向こうでは普通だし、これじゃないと病気にはきかないと言い張ります。
向こうでは医者の処方がなくても薬局で買える薬が多いらしいです。
日本の薬だと効かないからと向こうから持ってくる人もいるくらい。
ラテンアメリカ人から薬をもらう人やもしくはラテンアメリカで薬を飲む人、量に注意。
平気で一粒500mgとかありますから。



「ちょっと最近疲れてて」といえば (疲れてるは、 estoy cansada ← 話し手が男ならcansado)、
「仕事しすぎなんじゃないの?」とか「仕事替えたほうがいいんじゃない?」「もっと休まなきゃだめだよ」「なんか悩みごとでもあるんじゃないの」とか言われるし。


そして、「元気がないのはよくないよ。いつも笑ってたほうがいいよ。なにかあったんだったら自分に話してごらん。僕はどんなにつらいことがあっても笑うようにしてるよ。人生笑ってすごしたほうが楽しいでしょう」とか
人生論の説教にまで発展する。

たんなる元気かどうかの挨拶がここまで発展して15分以上延々と続きます。


あのね、東京に住んでれば、毎日元気で今日もいこう!!!って、みんないつも元気ってわけじゃない。
けっこうおつかれモードなのよ。



けど、このごろはもうめんどうなので、体調が悪かろうが、疲れてようが、
「うん、元気」と答えるようにしてます。

ちょうど、英語の

I am fine thank you, and you? って感じで自動的に答えたほうがめんどくさくないでしょ。 笑

これを答えとけば、挨拶の話はそれで終わりだから。



中南米でヒット we no speak americano

いまラテンアメリカですごい流行ってて、みんなこれで踊りまくってるよ!!!
クレージーみたいに踊ってる。

とラテンアメリカに住んでるラティーノが言ってたのが、この曲




Yolanda Be Cool & DCUP 「We No Speak Americano」







あ~、これ知ってる~。
この曲、六本木のクラブでもかかってた。
一晩に2回も。
最初は、「なんでチャールストン?」 って思った、 妙な曲。。。
でもダンスミュージックなんだよね。

でも一度きいたら、おぼえちゃう。
なんか耳に残る曲…


we no speak americano という題名で分かるように、英語文法めちゃくちゃでしょう。
PV見ても、アメリカに来た移民のことだと思うけど。


実はこれ、オーストラリアのアーティストが今年リリースした曲です。

昔のイタリアの曲をベースにして、クラブミュージックにアレンジしたらしい。

オーストラリアやヨーロッパ各地、北米、中南米など世界中のトップチャートに入って、大ヒットしてます。
この曲、ビルボードのラテンのヒットチャートにも入ってます。

海外でクラブに行くと世界で流行ってる曲が分かる。 日本って世界のヒット曲が流行るの、ちょっと遅いのかなあ。。。。



この曲が入ったCD。

We No Speak Americano
We No Speak Americano
posted with amazlet at 10.10.23
We No Speak Americano
(2010-09-07)
売り上げランキング: 73934



これ一曲のみのダウンロード (MP3)




この曲のiTunesダウンロードは



ブログ内関連過去記事:
「ラテンアメリカではやってた曲」
「We no speak americanoの歌詞」
「PitbullのBonBoの歌詞(we no speak americanoのスペイン語版)」


4周年記念 ☆☆

さて、このブログもこの10月19日でめでたく4周年を迎えました。

4年間で 210000を超えるヒット数となりました。

ブログを読んでくださってありがとうございます 

よくもまあ4年も書いてきたもんだな~、と自分でも思います。
ラテンと出会って5年の間に(もう5年!!!)、ラテンのいいところも悪いところもいろいろ分かりました。



今まではブログのみでほんとにひっそりとラテン情報を発信しつづけてきたのですが、ブログを通して私と同じように感じてる人が結構多いことを知りました。
うれしいです。
だからこのごろは、そういう人たちとリアルにコミュニケーションしたくなってきました。
ラテンダンスや音楽やクラブに対して同じように考えてて共感しあえる同士で、グループやネットワークつくっていけたらいいなと思います。
(共感しあえるんだったら、ラテンにかぎらずHIPHOPとかダンスホールレゲエとか別ジャンルの人たちもいいと思う)



もうひとつ、ブログを始める前からずっとやりたかったことがあります。
5年前から構想はあるんだけどね。


それは…  ラテンイベントの企画です。

自分が楽しめるようなイベントがないかな…って言ってきたけど、だったら自分でつくっちゃえばいいよね。



来年こそ、ぜひイベントやってみたい!!!


アリゾナ移民法にシャキーラたちも抗議

前回お話したアリゾナ州の新移民法 SB1070 のつづきです
「SB1070 人種差別法」で紹介 )


アリゾナの新移民法では、ある人を見て見た目でこの人は移民だと警察官が思ったら、IDを提示するように要求する義務がある。そしてIDや身分証明書を持ってなかったり不法移民だと思ったら、逮捕令状なしに即刻逮捕して投獄できる、という法律です。


これは肌の色による人種差別法であり、憲法違反であるという抗議と、将来的に人種差別意識がアメリカに拡大するのではないかという懸念がアメリカ人にわきおこりました。
ラティーノだけではなくて、黒人やユダヤ人やアジア人など、そのうえ白人たちにも反対する人が多くなりました。
これはアメリカの社会の根本をゆるがす危機になるというのです。
オバマ大統領は移民の子なのに、なぜ人種差別法に強い態度を示せないのかというイライラもあるようです。


LAでの抗議デモ。
白人たちも抗議しています。
俳優のマイケル・シーン(チャーリー・シーンの父)も参加してます。





アメリカのセレブたちも次々と抗議にたちあがりました。
アリゾナでのコンサートをボイコットするアーティストたちも続出しています。
hiphop とレゲトンの人気歌手のPITBULLも移民法が取り消されるまでアリゾナでのコンサートを行わないそうです。



世界的に超人気の LADY GAGA(レディガガ)も抗議しました。
アリゾナでロックコンサートフェスがあったときに他の有名なアーティストたちはボイコットしたんだけど、LADY GAGA はライブを行ってそこでアリゾナの移民法に対してこんなメッセージを出しました。




彼女の言ったことを訳してみると、

SB1070に対してどうすればいいかってことを教えてあげる。私たちはアクティブに抗議しなきゃいけない。この音楽フェスティバルの根底にも、偏見や不正、私たちの社会にあるbullshit(汚いウソ)に対して行動的にプロテストするという意義があるの。
私たちが社会に属してないと感じさせるような人々や事柄や法律を拒絶してちょうだい!
フェニックス(アリゾナ)のみんな、私はアリゾナのショーをボイコットしないよ。 
あなたたちを抱きしめてあげる。そしてみんなでハグしあおう。そしてこのステージで平和的に抗議しよう。決して恐れないで! だってもしあなたたちすべてこのアメリカに住む移民たちのためじゃなかったら、この国はクソだってことなんだから。




他のラテン歌手たちも抗議してます。
多くの有名ラテン歌手たちには、アメリカの市民の人が多いです。


まず、ラテンの大御所、グロリア・エスティファン。



グロリア・エスティファンはPOPSファンにも超有名。 彼女はキューバ系アメリカ人です。

これも訳してみます。

今日ここに来たのはみんなを応援するためです。私たちはこのアメリカという国を愛してる。愛してるからこそ、自由や正義を守るのです。私たちはみんな移民です。 移民だけど、犯罪者ではない。私たちは正直で働き者です。そして法律を尊重しています。私たちには憲法に保障された自由がある。アメリカを愛してるからこそ、その自由を守らなければならない。
人は間違いも犯すこともあります。その間違いを正すために私たちは防御しなきゃいけない。だから私たちは平和的に間違っていることを正す解決策を探しましょう。






最後に シャキーラ の 抗議スピーチです。
シャキーラは、この前のサッカーのW杯のテーマソング(waka waka) やhips don't lie などで日本でも大人気の歌手。コロンビア系です。





シャキーラが言ったことは、

ラティーノコミュニティをサポートするためと人権を守るために戦ってる人に敬意を表してやってきました。
憲法に書かれたようにすべての人は政府によって守られねばならない。
私たちはにんげんです。 ひととして扱わなければならない。
人々の社会生活に大きな影響を与える力を持つ国会議員の人たちにいいたい。
今回のこの法律は、非常に危険な要素となりうるし、インパクトは社会にネガティブに作用するでしょう。これは安全も進展も生まないのです。
そんなのアメリカじゃない。
アメリカという国はみんなが一生懸命働いてがんばった結果としてできあがった国です。
もしアメリカンドリームがおしつぶされてしまったら、どうやってがんばるというのか。

私は今日、免許証もIDも身分証明書も携帯してません。
ってことは、私は逮捕されて6カ月投獄されてもいいことになります。

(アリゾナで差別的発言で論議をうんでる保安官)Joe Arpaioさん、ここにきてよ。 

 私を逮捕してちょうだい!!

だって私はIDを持ってないんだから!
ほんとにこれってcrazy 。 なんてcrazy な話!!!
アメリカ人はよい人たちです。
アメリカ合衆国の象徴は、自由と個人の自由と保護と機会の均等でしょう?






このことに対してメキシコ人がつくった映画

「Un dia sin mexicanos」 
(メキシコ人がいなくなった日)
(注: 40秒あたりから見てください)




内容を説明すると


最初は、ニュース。
ある日、アメリカからメキシコ人がすべていなくなった。。。
ホセがいなくなった、行方不明の人探しのビラ。
私の夫はメキシコ人だったのに、いなくなった…と泣く女性。
テレビ局は、ラテン系のレポーターがいなくなったので、ラティーナっぽく見える女性に「うちの局ではラテン系のレポーターを探してる。君はスペイン語話せる?」ときいている。
メイドさんがいなくなって朝のごはんの支度などができない、ジュースもないし、洗濯物もたまってると困ってる家族。
肌が浅黒い男性に「すみません、あなたはメキシコ人ですか」とインタビューするレポーター。男性が「なんでみんなそればかり俺に聞くんだ。俺はメキシコ人じゃなくてイスラエル人だよ」と怒ってる。
あちこちで大きな問題が出てる。
仕事をする人がいなくなって混乱してる。。。。
それにメキシコ人がいなくなったことで仕事がなくなって困ってる人達もでてきた。

たとえば国境警備隊。
やることがなくなって、超ヒマ。
「仕事が減ったかだって???  ほら見てみなよ(と国境沿いの壁をさす)。 なんもやることなんてないだろう!」とどなる。

los gringos van a llorar ..... という字幕は、
「アメリカ人たちは涙するだろう」という意味。
gringoは、アメリカの白人に対する蔑称で、よくラテンアメリカでつかいます。

最後に国境警備隊。
国境越えしてきた移民に、「あなたはメキシコ人ですか?」と問う国境警備隊。
「はい」と不安そうに答えるメキシコ人たち。
わーーーーーい!!! と喜んで駆け寄って胴上げする国境警備隊たち。



つまり、アメリカの日常や経済はメキシコ人なくしてはまわらない、ってことですね。
アメリカには4000万のラティーノがいます。
特にアメリカの白人がやりたがらない3Kの仕事は、メキシコ人たちがやってることが多い。庭師、建設現場、メイドさん、工場、掃除、軍隊などなど。。。 安い賃金でもよく働いてくれる。
彼らに頼ってる部分が大きい。
メキシコ人を追い出せって言ってるけど、もしほんとに追い出したらアメリカ経済の大打撃になると思う。


メキシコ人は、皮肉とか自分たちのことをちゃかしてジョークにするのが、すごく得意です。
この映画、おもしろそう。



アメリカは世界に嫌われるようなバカなことも次々にやりますが、必ず抗議する反対勢力が出てくるところがすごい。
そうやってバランスをとれるんだなー。
そこがアメリカのいいところだと思います。


移民は悪いっていうけど、アメリカって移民の国です。
ほんとのネイティブのアメリカ人は、ネイティブアメリカンとメキシコ人です。
(アメリカの西部や南部はもともとメキシコの領土だったから)

SB1070 (人種差別法)

まずは このビデオをぜひ見てください 


WISIN Y YANDEL   「ESTOY ENAMORADO」







レゲトンで私が一番好きなグループ、 WISIN Y YANDEL の新曲です。

なんだか分かりましたか?



画像を説明すると、


ある家族が楽しくドライブしてたら、パトカーにつかまって親子離れ離れに留置所に入れられてしまう。
WISIN Y YANDELのyandelが彼女と一緒に家で人種差別反対デモのニュースをテレビで見ている。
上記でつかまった家族は、彼女の家族だった。
彼らを捕まえた警官の一人もどうやらラテン系のよう。小さい女の子が泣くのを見てあとで落ち込んでいる。

一方、アメリカとメキシコの国境。 国境越えをしてきたメキシコ人たちを国境警備隊が追いかけて銃撃している。

カフェで働くおじさん、ベビーカーを押す女性、果物売りの少年、 みんなつかまっていなくなった。。。。
牢獄で悲しい顔をしている。

家から次々と出てくるヒスパニック系の人々。
WISIN たちもでてくる。
議会前に集まる人々。
「俺たちはエイリアンじゃない」
「違法者に見えるというのか」
「法改正反対」
「SB1070法に反対」というプラカード。

アメリカの街をデモ行進する人々。 (← これは実際のニュース映像だと思う)

そして最後にwisin y yandel からのメッセージ。


という内容だと思います。



タイトルは、Estoy Enamorado.
これは、 I am in love.  僕は恋してる  です。

歌詞は、女性に対する恋の歌のようですが、
このビデオに込められたメッセージとしてはこの部分を言いたかったと思う。

Estoy Enamorado
Te lo quiero confesar
Totalmente ilusionado
Me la paso pensándote (Todo El Tiempo)
Nunca voy a soltarte


私はいつもスペイン語⇔英語なので、英語に訳すと

= I am in love.
I want to confess to you.
Totally excited.
I am thinking of you ( always)
I will never let you alone.

僕は君を愛してる。
それを告白したいんだ。
僕はいつも君のことをおもってる。
絶対に君を一人にはさせないよ。



これを、ラティーノ(アメリカのヒスパニック)たちに向けてのメッセージとして、彼らは言いたかったと思います。

君たちを愛してる。
いつも君たちのことを考えてる。
絶対に孤立させたりはしないから !! 

と。



この曲が入ったCD

Revolucion Live 2
Revolucion Live 2
posted with amazlet at 10.10.15
Wisin & Yandel
Machete Music (2010-09-21)


この曲のiTunesダウンロードは



実はアメリカでいま大きな人種対立が起きてるのを知ってますか?

アリゾナ州で、新移民法が今年の4月に可決されました。
その移民法が上記のSB1070です。
警官が人を外見で見て、こいつは移民だなと判断したら即刻逮捕OKという法律です。

これは人種差別法だ、人種選別の危険性がある、と全米から批判があいつぎ抗議デモも起きたので、オバマ大統領も差し止め請求しました。

しかし、この法律は7月から施行されてしまいました。

アリゾナはメキシコとの国境にある州なので、国境越えしてくるメキシコ人がたくさん入ってきます。
なので、この法律はメキシコ人を中心としたヒスパニック(スペイン語を話すラティーノ)をあからさまにターゲットにした人種差別法だということで、多くのラティーノたちが抗議しています。
メキシコの大統領を始め、多くの中南米の国が抗議声明を出しました。

一番の問題は、外見で不法移民かどうかを判断する、という点です。
また、アリゾナなどのアメリカの国境近くの州では、メキシコ人に対して、国に帰れなどという差別的な看板などがたくさん立てられました。


アメリカの人口のうち、ヒスパニック系は4000万人もいます。
不法移民も入れるとかなりの人口になると思います。
不法じゃない人たちはそのうち3500万人くらいです。
合法の人たちも 「外見で」 判断されて警官に職務質問受けることになるわけです。

つまり、wisin y yandel のようなスターでさえ、プエルトリコ系アメリカ人だから職務質問されても文句言えないということになります。


それだけではなくて、アリゾナではラティーノというだけで学校でいじめられたり、街を歩いていても白い目で見られるということもすでにおきていて、ひきこもりになるラティーノたちもでているというレポートも見ました。
この人たちは不法移民ではなく、アメリカ市民です。


曲の最後にある字幕は、wisin y yandel からのメッセージです。
訳してみると、


僕たちは、みんなが人として生きるための人権を守る ことが大事だと信じている。

SB1070法は、人権を冒涜する差別法である。

そしてこの法律は、私たちの社会(コミュニティ)にとっての公明に反するものである。

われわれの団結がパワーとなるんだ。
さあ、みんな団結しよう!

忘れるな、 世界中の人々はみんな同じ人間なんだ。 国や人種に関係なく僕たちは平等なんだ、ということを。




話が長くなるので、また次回につづきます。。。。


ブログ内関連過去記事:
「アリゾナ人移民法にシャキーラたちも反対」
「wisin y yandelとジェニファーロペス新曲」
「Tu Olor」
● ブログ内の英訳/スペイン語訳(歌詞の和訳等)の無断転載禁止
● キュレーションサイト(naverまとめ含む)による転載やぱくりは禁止




【【【 おすすめラテンファッションとグッズ 】】】

【ラテンファッション レディース】
ラテンファッション
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ ブラジルジーンズ ブラジルワンピ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
サルサシューズ サルサシューズ ブラジルオールインワン


【ラテン メンズ ファッション&グッズ】
ラテンメンズ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ キューバTシャツ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルの制汗剤 ペルーのピスコ(酒)
TWITTER
ブログの更新はときどきですが、ツイッターでは毎日ラテン等についてつぶやいてます 笑
おすすめCD紹介 ↓
下記に私のおすすめCDを紹介(iTunesも)。クラブでいつもかかる曲ばかり。ブログ内で書いてるので上記の検索欄で検索して試聴してね ↓ ↓ ↓

marc anthony大ヒットアルバム
これに入ってるのサルサ曲「vivir mi vida」も世界で大ヒット。Marc Anthonyはラテン界の帝王的存在。
DANZA KUDUROはこれ!
Don Omar Presents Mto2: New Generation
レゲトン J Balvin
ここ1-2年世界中で超ヒットしてるレゲトンがコロンビアのJ Balvin。音楽賞を総ナメにしました。
大ブレイクのMALUMA
エンリケ・イグレシアス
エンリケ・イグレシアスの大ヒット曲「Bailando (バイランド)」(ft. Gente de Zona) が入ったアルバム
ルイス・エンリケのロマンチックサルサ
yo no se mañanaが流行ったルイス・エンリケの新しいアルバム。踊りやすいロマンチックサルサがいっぱい
Daddy Yankee ヒットアルバム
大ヒットのバチャータ
Phase II



バチャータの帝王
世界のバチャータブームをおこした2大バチャータキングは、Prince RoyceとこのRomeo Santos。Romeoは、バチャータの人気グループAventuraの元ボーカル。
レゲトンのNicky Jam
J Balvinとあわせていま人気のレゲトン歌手がNicky Jam。彼のベストアルバムです
El Cantanteの元歌はこっち
El Cantante
El Cantante

サルサのDIVA
Salsa Divas
Salsa Divas
Celia Cruz とLa India
泣いちゃうサルサ
Fabricando Fantasias
TITO NIEVES
ブログで紹介したCDリスト

「ブログで紹介した曲とCDリスト」

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2010年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ラテンCD

AMAZON サーチ

みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
タワーレコード ネットショップ
RSSフィード
フリーエリア
人気記事ランキング
開始 2012年9月4日~