意外なサルサ国

スペイン語圏の人たちにサルサの話をふってみた。。。。


ちなみに日本在住の人ではなく、向こうに住んでる人。
日本に住んでる人は、日本人とサルサ踊りたいから日本でサルサをおぼえる人もいて状況が違うため。
向こうの状況をきいてみました。



スペインやアルゼンチン
フラメンコやタンゴの国だし、白人国だし、一番サルサからほど遠いようなイメージがあるでしょう。
でもサルサは人気だそうですよ。
スペインもアルゼンチンもサルサのクラブがあって、サルサのレッスンに通う人も結構いるそうです。
スペインはラテンアメリカ移民もたくさん住んでいますが、スペイン人へのサルサ知名度は結構高い。
いまは踊れないけどレッスン受けてみたいとか、サルサ踊るのが好き、と言うスペイン人多し。
ほんとに意外~。


キューバ
日本では、サルサといえばキューバ。
日本に住むキューバ人はやっぱりサルサだけど、キューバに住んでるキューバ人は「サルサよりもcharangaのほうがいい」と言いました。他のキューバ人は「エレクトロニカ(テクノとか)が好き」だそうです。
これも意外。。。
日本に住んでるキューバ人は「キューバ人はサルサうまいから、世界中でモテモテだよ」って言いきった。
あ、そうですか。。



コスタリカ
「サルサはおっさんたちが踊るもんだよ」と言われた。
ラテン音楽はレゲトンなら流行ってるとのこと。他のコスタリカ人にきいてみたら、サルサのクラブはあるそう。(次の日記で、ほかのコスタリカ人にきいた話を追加情報でのせました)。


メキシコ
サルサのクラブは結構あるしサルサ踊れる人も結構いる。クラブによってはサルサレッスンもやってる。
街を歩いてるとサルサが流れていることがよくある。ON1でサルサを踊るし、ターンが多い。ここもサルサ団体があってコングレスなど出ている。


チリ
サルサバーはあるし、サルサを教える学校もあるとのこと。


グアテマラ 
首都に住んでる人にきいた。
サルサバーがあるかどうかは知らないけど(この人はロック好き)、ラジオではサルサやメレンゲがよくながれてるし、パーティではサルサやメレンゲがかかる。


ペルー
サルサを踊るのが好き、とサルサの話を自分からしてくる。
(日本に住んでるペルー人じゃなくて、ペルーのペルー人
日本に住んでるペルー人についてはたくさん過去トピックに書いたので省略)


ベネズエラ
サルサやメレンゲをよく聴く。サルサのダンスも流行ってるらしい。有名なサルサアーティストも輩出している意外なサルサ国。


コロンビア
「俺はサルサうまいよ」と自負するサルセーロが多い。サルサやコロンビアのダンスについて詳しく教えてくれる。 ここが一番サルサの話が好き。ここはサルサ国なので、意外なサルサ国ではないけど。


意外な国でサルサが流行ってることが分かってびっくり !!


注)あくまでも、私が友達に話をきいた範囲で、 その国がみんなそうというわけではありません。。。

クラブのサルサの上達方法

このブログの左の欄の下のほうに、ひっそりと掲示板があります。。 
気づきました?
そこに2人の方から質問があったので、こっちに回答します。

「できればdia felizさんのようにクラブで自然と踊りを身につけて型にはまらず自由に踊れるようになりたいと思っているのですが、dia felizさんがどうやってラテンダンスをはじめて上達していったのかの過程をこれまでの記事よりもより具体的にお伺いしたいと思いました」

「相手に合わせて踊るのと、自分が楽しく自由に踊ることと、上手に踊ることの三つがうまくミックスされたらいいなあと思っています。私もdia felizさんがどうやって上達されていったかや、自分の踊りをどう考えるかというポイントを教えて頂ければ嬉しいです。」

という質問です。




うーん、私がどうやってダンス上達したかですか。。。

上達っていうか、レッスンサルサに違和感を抱いて、苦悩しながら自分なりにサルサを踊って楽しむ方法を見つけていった… という感じなんですが、その苦労話とプロセスについてはもうブログのダンスの章に結構書いてるんですよね~。

レッスンサルサじゃなくて、自由に楽しくサルサを踊れるようになるにはどうしたらいいか、について私が思うこと、 ということで回答したいと思います。



1.まずはサルサやメレンゲなどのラテンミュージックを毎日聴きましょう。私は通勤電車の中でもMP3で聴いてます。仕事に行くときもラテンで楽しく♪

そうするとこの曲は楽しい曲か、悲しい曲か、感じるだろうし、自分の好きな曲も見つかってくると思います。
クラブでよくかかる曲などはかなりこのブログで紹介してるしビデオもあるのでチェックしてみてください。


2.サルサのリズムを聴きとりましょう。

サルサを聴くときにサルサのリズムを聴きとってみてください。バックに流れてるパーカッションの音に注目。
レッスンではカウントで、「1、2、3、休み」と教えてますが、サルサのリズムはそうではないことに気づきませんか?

ラティーノのダンスを観察してたら、彼らはこのリズムに合わせて踊ってるんですが、だから4拍目は足がとまってないでしょう?



3.音楽をききながら体でリズムをとってみる

踊らなくても上半身だけでいいです。
決して「1、2、3、4」のカウントで聴かないで、音楽を聴きとったままに体を動かしてみてください



4.体重移動

日本人がサルサやメレンゲを踊ってるときに、無理に腰をぷりぷりと左右に動かしてる人がいますが、腰を無理に動かさなくとも脚の動きで自然に腰は振れます。
脚に体重をかけることで、体重移動で自然と腰がふれます。
これをうまくやるとセクシーに腰がゆれるんですよ~☆
これはラティーナのダンスを観察してて気づきました。



5.踊る時はお酒を飲んでから

私はクラバーなんで、お酒がないと踊れません。
クラブに行ったらとりあえずまず飲む。
クラブでのレッスンでも1ドリンクついてるんで、アルコール飲みます。
回転軸が狂うから水かジュースしか飲まない人たちもいるそうですが、私はほろ酔いになってから踊ります。
お酒を飲むと、音楽ががんがん体に入って自然とリズムにのって気持ちよく踊れるんですよね。相手の体の動きも見なくても分かるようになるし。
私はお酒を飲むと頭でまったく考えずに、体で感じて踊れます。



6.見せるサルサと楽しむサルサ

ラティーノはレッスンで習ったサルサや競技会のサルサのことをsalsa de salonとよんで、クラブのサルサときっちり線をひいてます。
この違いは、見せるサルサと自分が楽しむサルサじゃないかと思ってるんですけど。
ラティーノはクラブでは、相手の女の子とおしゃべりしながら踊るのが好きだしね。自分が楽しければいいのであって、“どーれうまいでしょう、美しく踊ってるでしょう”、と見せるサルサじゃない。

ダンスの起源は男女の出会いや求愛でもあったと思ってるんですけど、ラテンはその要素がさらに濃い。ラテンダンスは男女のかけひきであり、男性からの求愛的なところが強いと思います。




「相手に合わせて踊る」ことについてですが、

私のブログを読んでると、私が自分勝手に楽しんでるだけ という印象を与えると思うんですが、実は意外~と相手に合わせて踊ってます。。。。

LAが苦手なんだけどLAの人に誘われたらがんばってLA踊ってるし、キューバンだったらキューバンで踊る。初心者で二拍子で踊る人なら二拍子で踊ります。

踊るときは最初の数小節で、相手の人のダンスのリズムをキャッチしてそれに合わせて踊ってます。説明するのがすごく難しいのですが、指先からビビビビとリズムが伝わってくるんですよね。



とはいえ、自分の踊ってるビデオをここにUPしてるわけじゃないし、私がどう踊ってるか、どうまわりから私のダンスを評価されてるのか、ほとんどブログに書いてないので、いったいどういう踊り方をしてるのかわからないですよね~。

ラティーノたちからは「君のサルサにはSABORがある」、と言われました
SABORがある っていうのは、自分にとっては最大のほめ言葉。

あとはラティーノスからは、私の踊り方からラティーナと間違われることがあります。
「Japonesa(日本人)だよ」というと、「でも踊り方が日本人と違う」って。。。
自分ではラティーナの踊り方っていうよりは、わたしスタイルだと思ってるんだけど。


ええと、質問した方、こんな感じで回答になるでしょうか? 
あー、自分のことについて語るのは恥ずかしくて、汗かいちゃった!
ま、あんまり期待しないでね。  恥ずかしくて踊れなくなっちゃう…  (*^_^*)

こういう感じで踊るのいいね!

コロンビアのバランキージャにあるお店で踊るコロンビア人たち。

バーというか、外でお酒売ってる店の前に椅子を並べました、みたいなところ。


前に、小さな商店の前に椅子があって、みんなおしゃべりしたり酒飲んだりダンスしてる、ドミニカのコルマドについて紹介しましたが、そのコルマドに似てる。


日が暮れて涼しくなるとみんな出てきて、公園とかこういうお店でみんなで飲んでるんですよね。
私もラテンアメリカではよくこういうとこで食べたり飲んだりしてました。

お酒が入っていい音楽がかかると、その場で踊りだす。。。。

こういう雰囲気が好きです!!


テーブルにたくさんビールの瓶が並んでるね~








カリじゃないよ、ここはバランキージャだよ、ってただし書きがついてる。


コロンビアに住んでるコロンビア人にこういうところに行くかと聞いたら、そんな感じのところに行くこともある、と言ってました。

ぜひ行ってみたい。。。。



一般のコロンビア人のサルサのビデオ

コロンビア人が普通に踊ってるビデオ教えて、とコロンビアに住んでるコロンビア人の知り合いたちにきいてみたところ、you tube から探してくれました。

サルサは3分22秒くらいから





ほんとにコロンビアの人たちってこういう風に踊るの?って聞いてみたら、
「うーーん......それはねぇ。you tubeで見つけるの難しいよ。なかなかいいのがないもん」と困ってました。


そうなんですよね。
私も探してみたんだけど、ほんとにyou tubeで探すの難しい。英日西、いろんな語句で検索してみたんだけど。

キューバンサルサの動画を探してるときも思ったんだけど、you tubeにUPしてあるダンス動画って、コングレスや先生のレッスン、パフォーマンスなどのプロダンサー系のやつか、 観光客向けのダンスか、 下手な人の家庭用動画みたいのばかり。。。

なかなか普通の人たちのダンスがないのです。


コロンビア人の知り合いが、「今度、自分が友達と地元のクラブに行ったときに踊ってるとこをビデオにとってくるよ。そのほうがいい」って言ってました。

ぜひ、それ見たーい!!

コロンビア人のサルサの動画

じゃ、一般のコロンビア人がどういうサルサを踊ってるのか。


コロンビア人によると、「カリサルサ=コロンビアサルサではない。普通のコロンビア人はカリサルサは踊らない。それぞれの地域によってサルサの踊り方が違う」 んだそうです。

地域によってポピュラーな音楽やダンスが違う。この地域はバジェナート、この地域はクンビア、カリはサルサ…などなど。その特色によってもサルサの踊り方にも違いがでるとか。。。


コロンビア人と踊って、「サルサ上手だね~」とほめたら、「だってカリ出身だもん」と誇らしげに言われたことが何度かあります。

首都のボゴタに住んでるコロンビア人で、他のコロンビア人たちからサルサがうまいと言われてる人も、「祖父母や親たちはカリ出身だからたぶんカリのサングレ(血)があるんだと思う」と言ってました。

でも前にブログに書いたように、カリ出身だからみんなうまいわけじゃなくて友達のカリ出身のコロンビア人はサルサ踊れません。
ラテンクラブにも行かない。
もう一人のカリ出身の人は、サルサ踊れるけどカリサルサじゃない。

ボゴタ出身の2人の知り合いは、2人とも普通のラティーノの踊り方で、特にコロンビアの特色はありませんでした。


コロンビア人だけど日本で生まれ育ったコロンビアナは、「コロンビアに里帰りしたら、まじコロンビアの男たちサルサうまかった。はんぱない。みんなすごい踊れるよ~」と言ってました。

ううう、この目で見てみたい。
コロンビア行っちゃおうかな。


コロンビアフィエスタに行ったことがある人は、コロンビア人のサルサ見たことあるでしょう?

ただしあのフィエスタ、結構ペルー人多いのでペルーのサルサとお間違いなく。 キューバ人も来てるけど。

コロンビア人、ほんとにうまい人いるんですよね~。
みててうっとりしちゃう。

私は個人的に、サルサが一番うまいのはコロンビア人じゃないかと思ってるんですけどね… 。
● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2010年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter