AX

Yokohama Latin Festival

Yokohama Latin Festivalに行ってきました。

このイベントがあった場所は、実は去年行ったことがあるんですが、そのころはまだサルサイベントなどやってなくて、怪しい中東人や風俗のお姉さんみたいな人ばかりで日本人は私一人でした。
あんな治安が悪い怪しい界隈で、こんな健全なラテンイベントが開かれるなんて思わなかったです。

このイベントでよかったのは、サルサだけではなく、レゲトンやブラジルなどいろんなラテンミュージックやダンスがあったことです。
しかもカポイェラもあった。

カポイェラは過去に何度か見たことがあります。そのときはぜんぶブラジル人で、輪になって楽器を演奏して歌いながら、輪の真ん中で二人の人が踊るように技を出していました。今回のイベントでは格闘技っぽくてかっこよかったです。


レゲトンのライブはおなじみのロスカリブレスでした。知らない間にお金かけたプロモーションビデオつくったんですね。
驚いたのは、ふつうはサルサを踊ってるところにレゲトンがかかったらみんなひいちゃいますが、今回は盛り上がってましたよ。しかもヒップホップライブにありがちなかけあいまでありました。
以前もロスカリのHIPHOP系のイベントに行きましたが、そのときよりも掛け声が大きかったですよ。
ダンスはさすがにヒップホップ系やレゲエダンスホール系のダンスをしてる人はいなかったしレゲトンダンスではないけど、みんな楽しそう。
ロスカリも、「今日は超盛り上がってるねー、やばいよー」ってライブのあとで言ってました。
サルサの人たちはレゲトン嫌いだと思ったんですが、なんか感動しました。

途中でDJが代わりファンクのような60-70年代の音楽がかかったんですが、私はどんな曲でも踊れるので踊ってました。
ところがサルセーロたちは、そんな音楽でも無理やりサルサを踊るんですよ。よくこんな曲でリズムとれるなとびっくりしました。
70年代にディスコで遊んでた系の人が一人のりのりで踊ってましたが、他の人はびみょーな選曲にどうして踊ったらいいのか困ってるようでした。
でもちょっと踊りが上手な人が踊りだしたら、その人のまねをしだして、みんなが一斉に同じ踊りをしだしたのです。
その踊りが上手な人は、別のファンクとかのジャンルが得意なわけじゃなくて、適当に踊ってるだけだったんだけど。。。
やっぱりレッスンサルサの人は、インストラクターについて踊るのが得意とか、習ったダンスしか踊れない、とか不安に思っちゃうんだろうか???? 
クラブ系の人は、どんな音楽でもてきとーに踊っちゃうんですけどね。


このDJの選曲に関しては、なんでラテン? といまだに不思議に思ってます。
どうせだったら、ラテンJAZZとかラテンHOUSEとかラテンを用いたダンスミュージック(サンバデジャネイロ)とかかけたほうがよかったんでは?

次はブラジルミュージックタイム。
私はブラジル音楽も大好きです。
でもサンバやAXEの踊り方を知りません。
今回はブラジルのダンスをやってる人達が来てないらしく、誰もサンバやAXEを踊ってませんでした。
ブラジルチームも来てたら楽しかったのにね。

ふつうはこういうイベントはサルサが主体で、サルサレッスン、パフォーマンス、ダンスタイム、という構成ですよね。だから、サルセーロたちにとっては、今回のイベントあんまりサルサが踊れなかったのは残念だったかもしれません。でもたいていのサルサイベントはどこも内容が似たり寄ったりだから、こういうのもいいんじゃないですか?

ラテンと一概にいっても、いろんな国の音楽やダンスがあるし、いろんなジャンルがあるから、違ったラテン音楽とダンスを一緒に楽しめるという点ではこのイベントはよかったと思います。
サルサの人たちだけじゃなくて、ブラジルとか他のダンスをやってる人や、他の国の人たちにも次回は来てもらったらいいかも。
今回は紹介されてなかったけど、スペイン語圏にはまだまだいろんなダンスや音楽がありますからね、クンビアとかバジェナートとか…。

でも サルサだけってわけじゃなくて、みんなラテンが好きなんだ、ということがわかってうれしかったです。


エルカフェの曲がよくなってた

ひさしぶりにエルカフェに行ってきました。

驚いたのは結構混んでいたこと。
景気が悪いからラティーノ少ないかと思ったんですが、ラティーノもたくさん来ていました。
下の階は混み混みで踊りにくい状態でした。

曲も前と変わってました。
ここでも紹介した曲がいろいろかかっていて、ヒット曲オンパレード。
好きな曲が多いからうれしくなりました。

最近はローカルのラテンイベントに行くことが多くなったのですが、DJの選曲がマニアックなのです。
ヒット曲とかみんなが知ってる系の曲がほとんどかからない。

それに比べてエルカフェは、みんなが知ってて盛り上がる曲をいつもちゃんとおさえてるなーと感心しました。 踊らず曲を聴いてるだけでも満足。

しかも、なんとクンビアがかかりましたよ。

前にこのブログで、エルカフェの選曲に文句言ってるラティーノがいるけど、GRUPO5とかのクンビアかけとけばペルー人は喜ぶのに…、 と書きました。

そしたら、そのgrupo5とかのクンビアが何曲もかかったんですよ!!!
GRUPO5といえば、いまペルーで一番人気の大スターですから、もうペルー人大盛り上がり。
みんなで輪になって踊りだしました。
ペルー人が意外とたくさん来てるんだなーと思いました。

しかし、途中で気づいたんですが、1階と2階ではかかってる曲が違ったんです。深夜に2階の曲が変わってダンスミュージックではなくてまったり系になりました。
バラーダとか。
だから踊らず話をするしかない。
テーブルもおかれてフードメニューもできました。 2階はレストランバー的にしたんですね。

通りすがりの人も参加

通りすがりの人にラテンに参加してもらおう、というオープンエアのラテンイベントにいくつか行きました。

ひとつはまったくの無料。
もうひとつは、数千円のチャージをとってました。

無料のほうは、飛び入りでレッスンに参加するおじさん、おばさんたちもいました。
ところが、数千円のチャージがあるほうは、さすがに興味だけで入ってくる人はいませんでした。

数千円のエントランスとるイベントは、私たちはレッスンに参加しないでフリーダンスタイムから入ったんだけど、レッスンを受ける人と同じエントランスチャージとられました。少し踊ったらすぐパフォーマンスを見なければならないし、ワンドリンクでこの値段はちょっと高いなと連れが言ってました。
エントランス料金無料にして、ドリンクを売れば、ドリンクで収益でたと思うんだけど。
インストラクターの生徒さんが多かったし、パフォーマンスはあるし、来てる人達も顔見知りっぽい感じだったので、他の人は入りにくいかもしれません。サルサ好きのわたしたちでさえ、ちょっといづらい感じがしましたから。

よくサルサイベントを企画してるところのだから営利的になってしまうのでしょうが、「通りすがりの人にもラテンを広めたい」、という趣旨でイベントをしてると書いてありましたが、そういう雰囲気じゃありませんでした。

もうひとつのイベントは、地元の人たちにラテンを楽しんでもらおうという地元愛やサービス精神がよくわかりました。 ただし場所があまりよくなくて人通りが少ないし、見てる人達もダンスや歌に興味がある感じじゃなかったのが気の毒でしたが。
でもそのコミュニティにラテンを楽しんでもらおう、一緒に踊ろう、というのはいいことだと思います



● ブログの記事内容の無断転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの転載は禁止



TWITTER
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2009年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア