AX

ブログに出すということ

(日本人がほぼ皆無で)ラティーノばかりのスポット、ラテンディスコがネットで紹介されてるのを目にすることがあります。

なかには、まったく日本人に知られてないディープなところもあって、「わー あんなところまで知ってるのか!!」と驚くこともあります。

具体的な名前や場所が書いてあれば、行ってみようと思う人もいるはず。


でもそういうラティーノが多くすんでいるエリアは、また最近取り締まりが厳しくなっています。一斉手入れされたり、大量検挙されたりしてます。ラテンディスコが何軒も閉鎖されました。

外国人のことをよく思ってないも世の中にはいるから、もしかして通報する人もいるかも。

日本人は私一人しかいないディープなラテンの場所に何度も行ったことがあります。
私は友達やその家族と一緒だったので大丈夫でした。
でも場所によっては、日本人にはあまり出入りしてほしくないとラティーノスたちから思われているような空気を感じたことがあります。


ネットに出すってことは、ラテン好きに限らず、嫌いな人を含めあらゆる人の目に触れるんだ、ってことを意識して、自分もブログに書くときは注意しなきゃいけないと改めて思います。
友達を守るためにも。


ドミニカーノスのバチャータ

「日本では、バチャ-タって Aventuraと Monchy Y Alexandraしかかからないのね」とドミニカ人の女性からいわれました。

「まさにそのとおり!」と私は思わず言ってしまいました。
前にこのブログでも書きましたが、日本のラテンクラブでかかってるバチャ-タは、ほぼ上の2つのグループの曲と言ってもいいくらい。このCD買えばカバーできる。あとはAndy Andyがたまにかかるくらいかな。

ドミニカ共和国は、メレンゲとバチャ-タの国です。この国からメレンゲとバチャ-タが生まれたので、もちろんメレンゲとバチャ-タが盛ん。

メレンゲはなんと1840年代に生まれて、バチャータは1950年代だそうです。サルサよりずっと古いし、メレンゲが昔からあったとはびっくりしました。

ちなみにドミニカっていうと2つ国がありますが、ドミニカ共和国のほうで、キューバとプエルトリコの隣で、サミー・ソーサなどの野球スターを生み出してる国です。



ドミニカで一番人気があるバチャ-タグループは、上記の2つじゃないそうです。日本ではあんまり知られてない。曲いろいろきかされたけど知りませんでした。

メレンゲも日本のラテンクラブでよくかかる曲と違うのばかり。



私はラティーノスと踊るバチャ-タには自信あったんですが、ドミニカ人たちからは ダメだしされました。「だめだめ、違う!」って。
ステップ踏んでみてっていうので、踏んだら、違う違う!!って。

日本で教えてるバチャータや、他の国のラティーノスたちは、1,2,3 腰をシェイク で踊ってるでしょう。
けれどドミニカ人は違うんです。

特に女性は、腰骨から下をうねうねと動かしてて、こんなのほかのラティーナでも見たことないのでビックリしました。
足も1,2,3じゃなくて、床にすり足のように動かしながらもっと、複雑なステップ踏むんです。派手なアクションはないけれど、これはドミニカ人にしかできない。すごすぎる…

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



TWITTER
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2008年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア