AX

社交ダンス系とクラバー系

ラテンクラブには、「サルサクラブとDISCOTECA」の2種類があるといいましたが、



同様に、日本のラテン(サルサ)クラブに来ている人にも違ったタイプがあるような気がします


てきとーに今考えてみると、
1. SHALL WE DANCE系

2. クラバー系


 


…とか。。。 両方とも私がいま勝手に思いついて名づけてみただけなんで、気にしないでください。



①のSHALL WE DANCE系


ダンスを習って習得していく。 
習い事や趣味として毎週通っている。 クラブのレッスンでは、レッスンで習ったことを復習・練習することもある。 
何年も練習してステップアップしていく。



②のクラバー系


週末の楽しみ、ダンスが好きだから、ラテンミュージックが好きだから、またはストレス発散でクラブに遊びにきてる。
クラビング(night clubbing) が好きな人。




つまり、サルサは


①にとっては、習い事


②にとっては、夜遊び みたいな感じなのかな????




③ 中間派、どっちでもない系


①と②の中間とか、どっちともいえない人もいるでしょうね。レッスンも通ってるけど、クラブに行ったときは、関係なく自由に楽しむとかね。どちらともいえないひと。こういう中間の人が一番サルサクラブを満喫してるのかも??  


私の友達には、③のタイプがいます。欧州人なんですが、ヨーロッパでキューバンサルサのレッスンをちゃんと受けて習得しました。クラブに、キューバ人のダンサーたちがいたら、華麗にキューバンで踊ってます。でも南米とか違うサルサスタイルの人なら相手に合わせてるので、誰とでも踊れます。 他のダンスになると(サンバ、トランス、POPS、アラビア風)、自己流ではちゃめちゃに楽しく踊ってます。 ときにはジャンルが違うクラブ(ヒップホップやR&Bやテクノやブラジルなど)にも遊びに行ってるし、まったくこだわりがありません。


あ、もう1人いた。以前レッスンを受けていた頃、一緒のクラスにいた日本人女性です。レッスン中は真剣に学んで、中級レベル。 でもクラブで彼女を見かけたときは、ラティーノのボーイフレンドと一緒にきていて、南米サルサでゆっくり踊ってました。


 




誤解を生んだみたいなので、もういちど。。。。書き直すと、


スタンダード 



クラブではゆるく楽しむ、


っていったほうがいいかな??? 


 




ラテンアメリカ人にはたぶん ② が多いでしょうね。日本のラティーノスばかりのラテンディスコはそんなかんじ。 ①のラティーノスもいますが、サルサティーチャーとかプロダンサーとか。


一方、サルサ界の日本人は多くが①なのかな。 日本でサルサやってる人で ② はマイノリティなのか、それとも潜在的には多いのかな。 サルサのブログやコミュニティ、サークル、ホームページのほとんどが①だから、 私のブログみたいなのは少ないと思います。




私は、一人の先生にも師事してないし、サルサ界に入ってない異色な存在。
テクノとかハウスのクラバーだったんだけど、去年からラテンにはまったので、週末のクラビングにラテンが加わったという感じ。


(注: けれど、サルサを始める前はいろんな情報を集めてリサーチしたし、最初のうちはレッスン受けてたし、サルサティーチャーとも何人もお話したことがあるし、サルサのHPやブログもよく見てるので、サルサ界を知らないわけじゃないし、実はちゃんとスタンダードなサルサも習得してみようかなーとも思ってはいる…)






サルサばかりかかるクラブは、①の人にウケがいいです。
①の人が多いクラブでレゲトンかけたら大変。クレームでます。
逆に、②の人やラティーノスが多いクラブや時間帯になると、レゲトンかけないと文句がでます。



逆に、②の人から見たら①の人たちは型にはまりすぎてる、堅苦しい、つまらない、と思うかもしれません。


①のなかにはサルサのルールやマナーを言う厳しい人もいるし、 ②は "たんなる遊びなのになんで細かくて厳しいルールがあるの?” って思う人もいるかも。


①と②はきっと、普通の生活なら混在しないような違うタイプかな。




クラブの住み分けがされてれば、対立も起きないでしょうけど。



でも住み分けされてるところもあるかな。たとえば カリベ⇔EL CAFE LATINO  とかね。 でもエルカフェには①の人も来るので、深夜のエルカフェに不快感を抱いてるコメントもよく目にします。逆に、もし①の人が(ラテンアメリカ人ばかりの)ラテンディスコに来たら浮いちゃう可能性もあるでしょうね。


しかし、住み分けがなくて混在してるラテンクラブ(たとえばSUDADACOPACABANA みたいな)のほうが圧倒的に多いです。


サルサを極めている人たちの中には社交ダンスのラテン部門みたいな人もいます。実際、社交からサルサに移行してきた人(もしくは並行してる人)もいます。
サルササークルには、朝日カルチャーセンターや市民センターのダンス教室みたいなのもあるし。
逆にレゲトン好きな人にはHIPHOPのB-BOYや(トランス)レイバーみたいな人もけっこう多い。


→ それが全部混在してるのが、ラテンクラブの現実です。


つまりたとえていえば、世田谷の閑静な住宅地にお住まいの奥様と、渋谷のギャルが一緒にいるような場合も実際あるってこと …!? ははは 笑。 毎週パフォーマンスの練習をしてがんばっているビジネスマンと、HIPHOPクラブ(ガスパニック99とか)にも出入りしてるHIPHOPファッションのラティーノスの若い子では、ぜんぜんタイプが違うでしょ。 双方で意見合わせろよっていっても、ちょっと難しいのかな…?





よく考えたらすごくおもしろい場ですよね~


ほんとにここまでいろんな人が(年齢、人種、ジャンルなどなど)さまざまいるクラブは、日本ではラテンクラブくらいじゃないでしょうか。


私は子供からおじいちゃんまでいるラテンディスコが好きです。
おじいちゃんが踊ってるからといって、ラテンディスコでは嫌な目で見たりしません。ダンスは、みんなの生活の一部だからね。


だから、ラテンクラブもいろんな人がいていろんな楽しみ方があっていいと思う。①と②どっちがいいかとかじゃなくて、どっちだっていい。 


ダンススタジオとかダンスのイベントやダンスサークルならともかく、クラブはいろんな人が来てる場所(BAR)。 BARだから、基本は、お酒飲んで気持ちよく話したり踊ったりして楽しむ場所ですね。


それを、こうしなきゃダメだ、これは型から外れてるからおかしい、こういうダンスは違う、レッスン受けるなんて変じゃんとか、国や人種が違うのはダメだ、とお互いに排除しあっちゃ…。 排他的なのはあんまり好きじゃないので。
(← ①も②もお互いにね。)



楽しめればいいじゃん、って思います。

>


サルサやメレンゲはもともとストリートダンスだよ。


いまもそうだけど。



みんなで楽しく踊りましょうね♪





1曲ごとに相手を替える

サルサクラブでは、「1曲ごとに相手を替えるのがマナー」と前回書きました。
ほんとにどこのサルサのサイトにもそう書いてあるんですよ。


ほら、このように…
http://www.salsa.co.jp/guide/top.html
http://www.ex.biwa.ne.jp/~motochan/whatisalsa.htm
http://www.page.sannet.ne.jp/iwaida-tao/salsamanners.html



1曲ごとに相手を替えるのは、なにも日本だけにかぎったことじゃなくて、
アメリカとか欧州など他の国のクラブでもそうみたい (← 海外事情に詳しい方、実際はどうなんですか?)




サルサダンサーの OL RYOKOさんのサイトに、
http://www.salsa.co.jp/people/ryoko/media/column6.html )


「 【ヤキモチがわたしを磨くラテン文化
サルサはペアダンスなので、男女の欲望と嫉妬がうずまいている。彼氏が別の女性と楽しそうに踊っていても、1曲ごとに相手を替えるのがサルサのマナーだから、寛大な心で許しましょう。 …   1曲ごとに相手を替えるからヤキモチがつきもので、それが男性をたくましく、女性を色っぽくさせます」(要約)



… とありました。


でも


ラテン文化”って、ラテンでもしそんなことやってたら、大変。


私は彼氏とクラブいったときにそんなこと絶対にできないです。。



それに、1曲ごとにパートナーをチェンジしなきゃいけないし、相手がだれであろうと絶対に断らない…っていうのはわたしには正直ツライです。。。。  


 


たまにふと思うんですけど、きっと、普通の生活の中では決して話したり知り合うチャンスもないだろうと思うようなタイプの男性と、初めて会ったのにいきなり手をにぎられて背中や腰に手をおかれて密着するって、… 冷静に考えたら「なんか妙~」って思っちゃうことってあるんです。 そんなことってありませんか? ← 少なくとも日常生活ではこんなシチュエーションありえない。。。


実は何年か前にもサルサ習いたいと思ってたんですけど、レッスンを見たときに、「この男性みんなと密着してレッスン受けなきゃいけないのか…」と不安になり、結局サルサ習いませんでした。


サルサをちゃんと習いはじめてからも、レッスンをやめたのは、南米サルサに移行したのもありますが、苦手な人でもレッスンでは絶対に踊らなきゃいけないのがストレスだったっていうのもあります。


しかも、「サルサのルール」では基本的に男性から誘うことになっているし、実際クラブでは95%以上のケースで男性から女性を誘っていますよね。だから男性は自分が踊りたいなって思った人と踊ればいいし、タイプじゃない女性とは踊らなきゃいいんだけど、女性にはほとんど「選択権」がないに等しいのが現状


…なんて、不快な気分になった方がいたらゴメンなさいね


 サルサのワザを磨きにいったり、ダンスはダンスと割り切ってたのしむっていう人がサルサクラブに多いっていうことは分かってます。  でも私は(どんなダンスでも)、たんに週末の楽しみでクラブに行って楽しく踊ってるクラバーなので、日本のサルサルールに完全に従うのはきついっす。。。… m(__)m



サルサ DIVA

サルサの女王といえば、もちろん celia cruz !
でも残念ながらセリア・クルースは、3年前に亡くなりました。

セリア亡きあとのサルサDIVAの1人として、LA INDIAがあげられると思います。
インディアはヒット曲が多くて、ラテンクラブでもしょっちゅうかかってるので聞けば、知ってる曲がけっこうあると思いますよ。高くてとてもとおる声をしています。

celia cruz と la India は、SALSA DIVASというアルバムを出していて、
2人のヒット曲が交互に入ってます。



ほんとに2人ともすごい歌手ですね。


I INDIAの何がびっくりしたって、アルバムの写真と実物の違い。CDのジャケ写で見ていたので、若くて細くてきれいな人だと思ってたんですが、PV見てビックリしました (@_@)。 (下記のPVも10数年前のですから)

あ、でもあの体型だから、たぶんあの声が出るんですね。
ラテン歌手は歌唱力だから、ルックスは関係ないんです。 ウンウン


いろんな歌があるからどれを紹介しようかと思ったんですが、最初はこれにしました。
(今後また紹介していきますね)


この曲、大好きです☆☆   とってもいい曲ですよ~♪

 


「ESE HOMBRE」   LA INDIA

 


 


PVが、ラテンアメリカの昼メロっぽくて濃厚でしょう。
(このINDIAやファッションを見ると、これはけっこう前の歌? ←1994年でした)


最後にINDIAが「フフン… 」って、横目できらっと見たところ、ゾクッ としますね~

 


この曲が入ってるアルバム   (←アルバムもおすすめ)

 

"Dicen Que Soy"


 

ブログ内関連過去記事: 「サルサの女王セリア・クルースへささぐ」 「Azucar セリアにささぐコンサート 続き」 「La Reina de Salsa」 「セリア・クルースのそっくりさん@南米のTV」

クラブでのアクセサリー

今日からクリスマス週末でクラブイベント多いですね。


クラブに行く人も多いでしょうから、この話題。


クラブに行くときにしないほうがいいもの。。。。



それは、輪っかピアスです。


20061222085155.jpg



直径2-3cmくらいでぶらさがる形のピアス。



前に私の友達がラテンクラブにそういうピアスをしていったら、男の人から「それ気をつけたほうがいいよ。 サルサ踊ってる他の人の手が輪っかにひっかかって耳たぶごとちぎれた人がいるから」 。。。



《《o(≧◇≦)o》》      きゃーーーーーーーーーーーーっ !



それとおなじことが、満員電車でも起きたって、以前聞いたことがあったな。


女性のみなさん、くれぐれもそのピアスにはご注意!



ちなみに私はラテンクラブに行くときはアクセサリーや時計などはつけないんです。他のクラブだったらばしばしつけるんですが、サルサ踊ってると相手の手で指輪外れそうになったりするし、相手を傷つけたら悪いし、いろいろめんどくさいので。。。



Salsa in English

前回「大泣きしちゃうサルサ」で紹介した、TITO NIEVESは、全部英語で歌ったアルバムも出しています。

 

サルサ歌手にはラテンアメリカ系アメリカ人(USA国籍)の人も多く、このように英語で歌ったり、スペイン語と英語のMIXで歌うこともあります。

 

今日紹介する曲は、TITO NIEVESの「I'LL ALWAYS LOVE YOU」

タイトルで分かるように、サルサロマンチカ(ロマンチックなサルサ)です。

 

 

I’ll always love you for the rest of my days
You have won my heart and soul with your sweet and sexy ways

 

英語だから分かりやすいでしょう? (もし分からなかったら聞いてください。翻訳しますので)

スペイン語の歌だとなかなか歌詞を理解しながら踊るのは難しいですが、英語のサルサだと歌詞を味わいながら踊れるのがいいですね♪


 

私は「How do you keep the music playing 」っていうサルサの曲もだーい好きで、よく聴いてました。(この曲、すごいオススメ!)



♪ If we can be the best  lovers, yet be the best friends~ ♪

 

「I’ll always love you」、 とってもかわいくてロマンチックなサルサでしょう? ちょうど今の時期にぴったりかな 51

● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



TWITTER
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2006年12月 | 01月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア