AX

南米サルサは後ノリ

ラティーノスのサルサ、南米のサルサについて何回か書いてきました。


関連の過去の記事は…   (『ダンス』の章にあります)



  • 「レッスンサルサからの転向」

  • 「南米のサルサはON3なの?」

  • 「頭で考えるサルサ、身体で感じるサルサ」



  • さて、じゃあ南米のサルサは、どうカウントのとり方が違うのか?


    今日は南米のサルサにおける、私の考察を書きますね。




    あるとき私は気がついたんです。



    南米のサルサは


    後ノリ」          だってことに。。。





    さて、「後ノリ (あとのり)」とはいったいなんでしょう?



    後ノリ、前ノリ、っていう言葉知ってますか?


    テクノやハウスのクラブミュージック用語で、踊るときのリズムのとりかたの違いを表した言葉です。


    ● 前ノリ


    1拍目から踏み出して踊る。 
    ワンツー、 ワンツー。
    ダンス踊るとき、大部分の人が踊る踊り方がこれ。      ユーロビートやパラパラは前ノリです。




    ●後ノリ


    後ノリ(あとのり)は、あとのほうのリズムをとって踊ります。
    1拍目から出ないで2拍目から出るんですが、ステップを踏み出すんじゃなくて、「ひく」感じ。
    メインのメロディじゃなくて、バックで流れてるメロディのほうをとることもあります。ディープハウスやテクノの多くがこっち。



    私は後ノリでテクノやハウスを踊ってます。このほうがリズムにのれるし、トリップしやすいんですよね。アンダーグランドのクラブは、深夜にトリップすることを楽しんでるんですが、後ノリだと音が身体に入ってハイな気分になります



    ************



    で、ラテンに話を戻すと、



    自分のテクノの踊り方によって、ラテンの踊り方が分かったんです。


    おもしろいでしょう?




    つまり、南米のサルサは「後ノリ」だってことに気づいたんですねー。





    サルサだけじゃなくてメレンゲもバチャータもです。
    あとの音をとって踊ってる。 


    初心者の頃は、1,2,3っていうカウントだと、どうも音楽を楽しめないし、身体がリズムにのらなくなっちゃうなと悩んでたんです。で、「もしかすると、もともとサルサは8カウントではないのでは???」…と思ったんです。



    自分が南米スタイルのサルサを踊るようになってからわかったんですが、
    後ノリのほうがリズムとりやすいし、音楽が身体に入りやすい。音を楽しみながら踊ることができます。


    サルサとかラテンのリズムを聞いてると、いろんな楽器の音が複雑に混じってるでしょう。 私はそういういろんな音のバイブレーションやリズムを身体で感じながら踊ってます★   たぶん、ラティーノスたちもそうなんじゃないかなぁ~。




このブログについて

このブログをはじめてから今日で40日たちました。


そこで、このブログの見方について説明したいと思います。



●なぜ40日間で95トピックも書いてるか。。。


このブログは日記っていうかHPっぽいので、ジャンルごとにカテゴライズされてます。


いまはたちあげの時期なので一日に数回更新してます(数トピックずつ書いてます)


→ カテゴリー(目次)からみると見やすいかも。



全記事一覧


今まで書いたすべての記事一覧を見ることができます(ただし500記事まで)。



●カテゴリー (目次)


①クラブ


②各ラテン音楽について


(サルサ、サルサトン、レゲトン、レゲトンMIX、バチャータ、メレンゲ、各ラテン音楽)


③ダンス


④ファッション


⑤ラテンアメリカ人とラテンアメリカ


⑥スペイン語


などに分かれてます。




●記事サーチ


検索エンジン(YAHOOやGOOGLEなど)をかけてみて分かったんですが、私のブログって、検索結果にちゃんと表示されてないことが多いです。ぜんぜん違うページにリンクされていたり、それについてたくさん書いてるにもかかわらず検索結果に出ていなかったり。。。 


それでトップページに、「ブログ内検索」をかけてください、と表示しました。



●ブログ内検索


右上に設置しました。このブログ内検索、けっこう優秀なんですよ! この私のブログ内で知りたいことのキーワードを入れると、それが書いてあるページが全部でてきます。


しかも追加で、そのキーワードをハイライトするものを導入しましたので、ブログ内検索の結果は、そのキーワードが黄色くハイライトされて、探しやすくなってます。おもしろいから一度つかってみてください。


例: メレンゲ  → メレンゲの踊り方は…



下線がついた箇所


下線がついた箇所は、そのキーワードについて過去に書いたトピック(私のブログ内)にリンクしてます




●メッセージ


非公開でメッセージを送りたい人、右下のメールフォームから送れます。もしくは、コメント欄の管理人にのみ表示するでもOKです。

謙譲の美徳、日本人とペルアーノ

ペルアーノの知り合いが、「日本語は少ししかできない」というので、しょうがないから私のへたくそなスペイン語で一生懸命作文してメールしてました。ある日会ったときにしゃべってたら、向こうが日本語で話しはじめた。


「えー、なにいってんの? もうわすれちゃったのかよ。それってヤバイんじゃないの?」


え…? (@_@)  


日本語できるじゃん。


しかもね、まったくアクセントないし、話し方も日本人の男の子と変わらないくらい。私の知ってる外国人の中でもトップレベルの日本語。超日本語うまいじゃん。



次の人もペルアーノなんだけど、「hablo poco japones 」(日本語ちょっとだけ)っていうので、スペイン語でやりとりしてました。英語もちょっとできるそうなので会ったときは英語で。


そしたら昨日いきなり日本語のメールがきたんです。漢字混じりで完璧。。。。


なんでこんなに日本語うまいのに、「日本語ちょっとしかできない」っていうのー? 今まで一生懸命下手なスペイン語で書いてたのに、あれはいったいなんだったの。。。。ふるふる。。。 バカみたいじゃん。


って言ったら、「でもオレ、ほんとに日本語少ししか話せないもん」だって。



そういうふうに言うペルアーノけっこう他にもいます。みんな日本語すごいうまいのに、「日本語うまいね」とほめると「いや、自分はまだまだ。他の人はもっとうまいし、へたくそだよ」って言うんですよ。


どこがだよ~。



そういえば日本人も、「自分は英語できない」って言う人多いよね。


外国人から話しかけられたら、「I can't speak English」って答えてる。相手からしてみれば、そんな英作文がつくれるってことは英語できるんじゃんって思うのに。。


ほんとはけっこう話せるくせに「いや、私、ぜんぜん英語ダメですよ」って謙遜しちゃう人、日本人によくいます。 間違うとあげあしとる人が多いからだろうけど。


謙遜なのか、完璧主義なのか…。


アメリカ人は、ある外国語を片言しかできないくせに「話せる」って言っちゃうのにね。



国民性かな。



そういうふうに、謙遜するところ、日本人とペルアーノは似てるのかも。。。



AZUL

昨日の日記についたコメントで、AZULって歌詞に入ってる曲を探しているという方がいました。コメントを引用すると

>実は、曲名を教えて欲しいんですが、クラブにいくたびに流れてて気になってます。
>歌詞は少しですが聞き取れていて「azul・・・Mi corazon」っていう歌詞なんですが・・・
>>♪ララ ララララララ ラ ラララ、
>ララ ララララララ ラ ラララ、って感じで、結構Azulを何度か連発しているんですが

という質問でした。 


私はまっさきに、AZULといえば、CHRISTIAN CASTROの「AZUL」かなって思いました。。。。 

でも、MI CORAZON、っていう歌詞はこの曲にないんですよね。
「EL CORAZON」ならあるんですけど。。。。

サビの部分の歌詞は、

Es que este amor es azul
como el mar azul,
Como de tu mirada nacio mi ilusion,
Azul como una lagrima cuando hay perdon,
Tan dulce y tan azul que me ahogo el corazon,

Azul っていうのは、英語のBlue、つまり青です。

W杯サッカーのイタリアチームは別名、アズーリっていいますが、イタリア語のazzuri (アズーリ=青)に似てますよね。だからすぐAZULは青ってわかりました→ イタリア語とスペイン語は兄弟言語なので、すごく似てる


この曲、クラブで絶対にかかるメレンゲです。どんな小さいクラブでもかかるくらい、すごいポピュラーで、メレンゲの代表選手でしょう。

ラティーノの友達もこの曲を好きな人が多くて、これがかかるとみんなうれしそうに踊ってます。私も歌いながら踊っちゃいます♪ さわやかでいい感じにひたりながら踊れるんですよねー。


クラブでは絶対に「メレンゲ」バージョンなんですが、この曲はもともとはメレンゲではありません。

でも、おなじみのメレンゲバージョンをかけちゃいましょう♪
 

サルサ界のジャニーズ

サルサの新譜紹介です。
先月からアメリカのラテン音楽インターネットラジオではかなりかかってて、私も好きな曲だったので早く紹介したかったんですが、発売が11月14だったので待ってました。 …そのうち紹介するのを忘れちゃいました。。。(^^ゞ)

このまえラテングラミー賞でもアルバムがノミネートされていたN'KLABE。

前に、「国をまちがえた」で紹介したグループです。 まだ高校生みたいな男の子3人で、サルサグループとしては若くてアイドル系。サルサ歌手はあんまり踊らないけど、この子たちはライブで踊りながら歌います。サルサ界のジャニーズみたいな感じかな??? (…そこまでかっこよくないが、サルサ歌手にはおっさんが多いので)。

彼らのI LOVE SALSAが好きなので、今度またそれについて紹介しますね。でも今回紹介するのは新譜に入ってるサルサトンです。
前にサルサトンの章で紹介した、ANDY MONTANEZ JERRY RIVERAのサルサトンでもfeaturingしてたレゲトンのVoltioがここでも参加してます。… 考えてみたら、今までおすすめしたサルサトン、すべてVOLTIOとのfeaturing ですね~。この曲は出だしの部分はレゲトン なんです。でもすぐサルサになります。そして途中でレゲトンが入ります。サルサトン」(サルサ+レゲトン)がどういうものか知るには分かりやすいと思います。

インターネットラジオではしょっちゅうこのアルバムから曲がかかってます。この曲が一番かかってるけど、他のサルサの曲もかかります。他のサルサの曲は普通のサルサ。 でもN’KLABEは、曲の途中で「N’KLABE!!」と自分たちのグループ名をいうので、知らない曲でも彼らの曲だとすぐわかりますよ。

N'Klabe - Ella Volvio


● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



TWITTER
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2006年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア