AX

スペイン語とローマ字が違う。。。。

去年、日本語できないラティーノにローマ字でメールを送ったとき、友達から「あなたのメールを読むのはすごく大変。 ローマ字がスペイン語と違うから。何が書いてあるのかわからないことがある」と言われました。


(゚〇゚;)なぬ????? 早く言ってよ~。


普通日本で使われているローマ字と、スペイン語の読みは違うんですねー。


私はいまだにスペイン語のアルファベットや発音を勉強したことがありません (^^ゞ。でも以前から、友達とのチャットやメールなどでスペイン語の発音や表記の特徴は多少は分かってました。


チャットのとき、笑いは、jajajajaja と書いてきます。最初は「ジャジャジャジャ」ってなんじゃ、って思ったんですが、みんな笑い声に使ってるので、ハハハハと書いてることが分かりました。その後、私も笑い声を書くときは「jajajajaja 」と書いてます。


Jはハ行ですね。


JAPON(日本)は、ハポン




スペイン語圏の人たちはローマ字のZをズで発音しなければならないのに「ス」というので、日本語で話しているときに意味がわからないときがあります。まだ聞いたことないけど、たとえば ザルは、ザルっていえるんでしょうか? サルになるのかな?


友達に、「スじゃなくて、ズ。 ズって言ってみて。ズーーーーーー」と言わせてみたんですが、何度やっても「スーーーー」としか言えませんでした。何度訂正してもいつもサ行で言ってるので、ははーん、ほんとにザ行を発音できないんだなと思いました。


日系の友達にザ行って発音できるのかなって聞いたら、「彼らはザの発音はできないと思うヨ。その音はスペイン語にない。存在しないんだからしょうがない」って。


スペイン語では、Zのつく単語は確かにサ行。ZAPATO(靴)はサパト。



それからスペイン語ではHを読まないですね。それはフランス語もそうだけど。


友達が、「HASTA」と書いてくるので、HASTA LUEGOとかターミネーターにも出てきたHasta la vista, baby. のHASTAかと思ったら違いました。


明日をHASTAと書いていたのです。



イはI ではなくてYと友達は書きます。スペイン語のand は、Yです。イと読みます。


なに = nany


できない=dequinay


あ、そうそう、「き」はqui と書くんですよ。



もうひとつ気づいたのが、SHIとCHIが逆みたいなんです。


湘南 SHONAN → チョウナン


ちがう → SHIGAU


わたし WATASHI → ワタチ


ともだち TOMODACHI → トモダシ


私の友達は見た目、HIPHOPの人なのに「ワタチは」っていうので見た目とぜんぜん合わない…(^^ゞ。 たまに「アタチ」って言うときもあって、いくらなんでもそれはマリコン(おかま)みたいでまずいだろ、って思わず笑っちゃいました。


日系の友達に聞いてみたら、「確かにSHIとCHIは逆だね」、って言って笑ってました。


こういう表記や発音の違いには慣れました。



日本語ペラペラの人や日本の生活が長い人には、ちゃんと話せる(書く)人もいますが。


でもスペイン語圏の人とメールするときは、ローマ字に要注意です。




ラテン好きだけど、ラテン人は切り離す?

私はレッスンサルサが嫌いなわけじゃなくて、最初にサルサを習いたいと思った理由も、サルサを踊る女性が華麗にターンするのを見て、「かっこいい、私もこれやりたい」と思ったからです。 「いくら南米スタイルのサルサ踊れてもこれでコンピティション出れないし、ラテンアメリカ人以外とは踊れないのは困るじゃん」、と友達にも指摘されたので、ちゃんとスタンダードなスタイルも習って踊れるようにしておこうかな…と思うこともあります。ただサルサにはレッスンで習うスタイル以外にもいろんなスタイルがあると思います。



サルサはじめたことがきっかけで、ラテンワールドに出会いました。ラテンアメリカ人たちが教えてくれたラテンカルチャーや価値観は新鮮な驚きだったし、自分の考え方に共通したものがあったので、すぐこころに入ってきました。


私はラテンアメリカにも行ったことがないし、ラテンアメリカのことをまだそんなに知ってるわけじゃないけど、ラティーノから教えてもらったことに「ほぉーそうなんだ」「なるほど」ときいています。


「俺たちは悲しいときもうれしいときもダンスを踊って表現する」と私の友達のラティーノはいいました。


彼らが踊るときは相手との時間を楽しんでるし、歌いながら踊ったり、歌詞をこころで感じたりしているんだそうです。


日本ももともとそうでしたよね。日本の歌や踊り。



日本では昔から何度もラテンが流行した時期があって(たとえばマンボブームとか)、最近サルサやラテンミュージック好きな人も増えてきましたね。


私はまだまだラテンカルチャーのアマチュアだけど、私なんかよりずっとずっとラテンカルチャーやラテンアメリカのことに詳しい方がたくさんいます。


でも一方で、ラテンダンスや音楽のファンだけど、ラテン音楽やダンスからラテンアメリカやラテンアメリカ人を切り離して考える人達もいるみたいで、「サルサクラブにラテンアメリカ人がいるのはうざい」というのを聞いてちょっとショック。


ラテンのダンスは好きだけど、ラテンアメリカやラテンアメリカ人は嫌いなのかな…? アニメや柔道や日本食は好きだけど、JAPは嫌いだからジャパニーズレストランから出て行ってくれ、と言われたら悲しいですよね。。。 もっとほんとの日本や日本人のことを知ってほしいと願うでしょう。


ラテンダンスだけ切り離すんじゃなくて、ラテンカルチャーの背後にあるラテン的な価値観とか知ったらラテンダンスや音楽をさらに味わえるんじゃないかな~。


せっかくラテンダンスや音楽でラテンワールドに出会ったんだもの。ラテン的にみんなで仲良く楽しく歌ったり踊ったりできたらいいですね




サルサクラブで飲むラテンカクテル

私がサルサクラブで飲むラテンのカクテルを紹介します。


MOJITO      「モヒート」


ラテンクラブに行ったときの私の定番です。


クラブでは、六本木のエルカフェ   のモヒートがすき。


すごくおいしいし、ミントが入ってるのですっきりしてる。でもおいしいからといっておかわりしてると酔っ払います。


お砂糖と生のミントを棒でつぶして(ほんとにぎゅうぎゅうつぶしてます)、そこに氷とライムジュースとラムを入れる。生のミントを飾ることも。



ヘミングウェイがこのカクテルが好きで、ハバナにいるときにいつも飲んでいた、そうです。おぉ





②CUBA LIBRE     キューバリブレ (クーバリブレ)


これは、いわゆるラムコークですね。ラムとコーラを混ぜたもの。どこで飲んでもたいして変わらないので安心して飲めます(^^ゞ


 


③HAVANA SPECIAL  ハバナスペシャル


六本木のSUDADAにあるドリンク。


これはラム以外なにが入ってるのかわからないんですが、検索してみたところによると、ラムとシロップとライムジュースが入ってるらしいです。SUDADAのモヒートはあんまり好きじゃないのでこういうほかのカクテルを飲んでます


 



スペイン語をはじめたきっかけ

ラテンダンス(サルサ)をはじめてからラテンミュージックをきくなどスペイン語がまわりにあったし、簡単な単語や会話ならほんのちょっとだけサルサクラブでおぼえました。


でもスペイン語はまったく勉強したことがないし、まわりのラティーノス(ラテンアメリカ人)たちはみんな日本語が上手なのでスペイン語を使うチャンスありませんでした。


そんな私にも、とうとうスペイン語を使わなければならない日がおとずれました。


それは…、友達になったラティーノがスペイン語しか話せなかったのです。


コミュニケーションとるのが大変! 電話かかってきても、沈黙が続いてしまうし。 携帯にメールくれるんですが、日本語がローマ字で書いてあるけど読めない。


kio nany yitero?


ってわかります?


「きょう なにしてる?」 ですよ。


がんばって読んでたんですがあまりにキビシイので、「スペイン語で書いて」と頼みました。


以前、他の欧州言語で書かれたメールや文章を読まなければならないことがありました。その言語はまったくわかりません。でも、辞書ひきながら読んだら、まったく文法とかわからないのにだいたいのことは分かりました。


だから、スペイン語でもいきなりぶっつけ本番で読めると思いました。無謀ですが。。。。



スペイン語で書いてといったら、その友達(ラティーノ)は一日あたり数十通メールを送ってくるようになりました。ほぼ全部スペイン語のメールですよ (@_@)。


でもスペイン語辞書買ってがんばって辞書ひきひき読みましたよ。なにが大変って、スペイン語って活用がありますよね。原形は辞書に出てるんですが、活用形になってると辞書に載ってないんです。いったいこの単語はなんだろう、と悩むこともありました。


そして、スペイン語分からないけど適当に和西辞書を使ってスペイン語作文して返事を書きました。適当に単語つなげてるだけなので、すごい文だったと思いますが、だいたい通じてるみたいでした。


毎日メールと電話くるし、コミュニケーションとるためにもう必死でした。







レッスンサルサからの転向

何年も前からやってみたいと思ってたサルサをついにはじめたのは去年(2005年)なので、私のサルサ歴はまだ1年です。これを言うとビックリされるんですけど。。


最初は、レッスンに通わなければならないと思ってサルサの先生やレッスン情報を集めました。サルサについて書かれたものも読みました。


サルサレッスンに出ていたら、基本のステップは踏めるようになりました。レッスンでは毎回すごく複雑な動きを教えてくれました。高いお金払って個人レッスンもうけたことがあります。サルサのビデオやDVDも買いました。


しかーし、クラブで踊ったら、レッスンで習ったこととクラブでみんなが踊ってるのが違うことに気づきました。レッスンで複雑なことをいろいろ習ったけど、みんなそんなことしてないような。。。 「レッスンで習ったことはいったいなんだったの…」 と次第に思うようになりました。


1で足をうしろにひいて、2、3とステップを踏み、そして4でとまる。それで踊ってると、どうもリズムがとりにくいんです。カウントとって、相手のリードをみながら自分を合わせないといけないし、足はこう腕はこう、… いろんなことで頭がいっぱいになって、ダンスも音楽も楽しめない。


でもサルサをやってる人達は、スクールやクラブのレッスンに何年も通って、自宅でも練習したりして、レベルアップしてきたそうです。練習を積まないとうまくはなれない。有名な先生について、サルサのサークルに入ったりイベントにみんな行ってるみたい。パフォーマンスに出たり、コングレスに行くほどの人も。


みんなはそうだけど、自分は性格的にそういう世界には合わない、… と思いました。


しかしそれをやらないと、ああいうふうにうまくはなれないんだろうな。あぁ、ほんとうはダンス好きなのに、なんでこんなに気が重くなっちゃうんだろう。


そのうえ、クラブでラティーノと踊ったらレッスンで習ったステップとぜんぜん違って踊れない。その日は気分的にぜんぜん踊れなくなっちゃって、誰ともダンスが合わない。「自分はサルサ下手なんだ。もうサルサに自分に合わない、もう嫌、やめたい… と深夜のクラブでがっかりしてうちに帰りたくなりました。クラブのはじっこに一人でぼーっとしてて泣きたくなりました。あんまり落ち込んだので、サルサクラブを出て他のジャンルのクラブに行きました。そしたらそっちではみんな自由に踊ってるから楽しかった。やっぱりもとの古巣に(テクノなどのクラブ)戻ろうかと思いました。




そしたらサルサやってる日本人が、「ぼく南米に旅行したことあるけど、南米でみたサルサはレッスンで教えているサルサとは違ったよ。南米ではそのへんのおじさんやおばさんたちがすごくサルサうまかったんだよね」、とその人は言ってました。


サルサやめようと凹んでたときに、東京のあるサルサバーに行ったとき深夜になったら、ラティーノとラティーナ(ラテンアメリカ人)ばかりになりました。コロンビア人が多かったです。そしたらコロンビア人の美人のお姉さんたちがサルサ踊ってるんだけど、ターンやスピンする人が1人もいないことにきづきました。でも大人っぽいし、すごく色っぽい。


私もこういうダンスしてみたいなー、私もラティーナみたいに踊りたい。



そこで今までのサルサはやめて、南米スタイルのサルサに転向しました。サルサをはじめて2ヶ月足らずのことです。 そこからコロンビアのサルサにはまって、コロンビアファンになりました。




● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



TWITTER
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2006年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア