カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

人気のあるトピック


★「Danza Kuduroの歌詞」(Don OmarのDanza Kuduro」

★「ガソリーナってそれかよ」(Daddy Yankeeの「gasolina」の歌詞)

「レゲトンの名曲まとめ」

「PitbullのBon Bonの歌詞」

人気のあるトピック


特に人気のあるページ

「ラテンのクラブでかかる音楽のジャンル」

南米コロンビアのスイーツ

南米コロンビアの食べ物、ドリンクときて、次はスイーツ編です。

今回も私がコロンビアで実際食べていたものが中心です。


コロンビアのカリ市にいたのでカリで食べてたものが多いですよ。

コロンビアもおしゃれなカフェに行けば、おしゃれなスイーツがたくさんあります。

けど今回はストリートで食べれる庶民的なものを紹介したいと思います。


私が近所の商店で店先に椅子とテーブルがあるところに毎日入り浸ってたし、スーパーやショッピングモールなどで買って食べることが多かったからなんだけどね 笑。


首都ボゴタにはおしゃれなカフェが多いけど、私がいたカリ市はおしゃれなカフェがほぼないのが不満でした。







アイス


カリ市はトロピカル気候で毎日30度くらいで蒸し暑いので、やっぱり冷たいものが欲しくなります。



私がカリで一番食べてたものは、近所のパナデリア(パン屋)で売ってたアイスです。
一番安くて包装もちゃちい
ココナツ味が好きでココナツ味があると全部買い占めてました。
さすが果物の国なのでほんとのココナツ使ってて味が濃くておいしいのです。1個45円位です。
他のアイスはもっと高いです。これは安い。



カリのチェーン店のアイス屋では、アレキペのアイスをいつも食べてました。
アレキペ味のアイスがめっちゃうまいのでカリではこればかり。
アレキペについては下で説明してます。

アイス屋は下町の庶民的な店にもいってました。
アイスの数やトッピングが選べます。



ボゴタでは、マンゴーがいっぱい上にのったマンゴーアイスがおいしかったです。
そういうマンゴーアイスは他都市にもあると思いますが。







アレキペ

AREQUIPE

アレキペというのは砂糖と牛乳でつくったキャラメルみたいなの。
アレキペはピーナツバターみたいな感じでスーパーで売ってて、パンに塗って食べます。
私は朝食に食べてました。


アレキペ


アレキペは他の南米の国にもあるようですね。
カリのだと思ってました。
コロンビアから帰国する時は自分が日本で食べるために買ってきます。






ボカディージョ

Bocadillo de guayaba


これは果物のグアバから作る伝統的なもので、フルーツを煮固めた硬いゼリーみたいな感じ。
コロンビアでは葉っぱに包まれてます。

日本にも似たようなのがあるんで、懐かしい感じ。
コロンビアのカリではおばちゃんたちが身体にいいから食べろとよくくれたんだけど、私はあまり好きじゃなかった。
カリではよくあるお菓子です。









CHOLADO


コロンビアのカリでよく売ってるやつ。
お店でもあるけど、屋台でも売ってる。







かき氷とフルーツがいろいろのってて、それに甘いシロップをかけた感じ。

これとこれに似たようなものがいくつかあって、それを屋台でも売ってます。







私がカリの中心部でコロンビア人に連れていかれた屋台は、甘いシロップがたくさんあるから蜂がたくさん屋台に飛んでて、おじさんに「蜂危なくないの?」ってきいたら「何もしないよ。こっちがたたいたりしないかぎり。大丈夫、怖くないよ」って言われました。

コロンビアのカリは果物パラダイスなので、果物おいしいですね。






サルピコン


SALPICON


カリのに似てるんだけど、メデジンでは「メデジン名物といえばサルピコンだよ」とコロンビア人に食べさせられました。
おいしかったです。
フルーツパンチみたいにフルーツがいろいろ入ってる。
店によってはアイスがのってるのもあるみたい。アイスは別料金のトッピングだったかな。













コロンビアはフルーツ天国で、フルーツがめっちゃ安いしおいしいので食べた方がいいですよ。





チョコレート

コロンビアは良質なカカオがとれる産地なのですが、コロンビア産のいいチョコレートがなかなか売ってないです。
スーパーで買えるのは、アメリカのハーシーズだったりM&Mだったり、キットカットとか。
メキシコもカカオの名産地なのに、いいチョコレートがなかなか売ってない。
たぶんカカオは海外への輸出用なのかもしれないです。
有名な高い店に行かないと手に入りづらいみたい。

普通はコロンビアで商店やスーパーに売ってるのは、この安いJETとかのチョコレート。
一枚120円位。
日本でいうと明治のミルクチョコレートみたいな感じですかね。










Mango Biche

マンゴー ビーチェ


これもカリの名物で、道端の露店でよく売ってます。
青いマンゴーをカットして塩かけてるのかな。
私は食べた事ないです。








なんで食べなかったかというと、屋台で売ってるので。
屋台の生ものは食べないように親からしつけられたからです 笑。

おいしいそうなので、次に行ったら食べますね。










他にもいろいろあるけど、私が食べてた、またはよく見たスイーツはこんなのです。




コロンビアはケーキとパンがおいしくないです。
だから、ケーキは紹介しませんでした。
メキシコもそうなんだけど。
中南米は粉の種類が少ないからパサついてるとききました。
中南米のケーキは見た目が派手で毒々しい色だったり、見た目はおいしそうでも食べたら大味。
パンもあんまりおいしくないです。
おいしいケーキ屋が都市に1軒あったけど、フランスで修行したと言ってました。だからおいしいんだ。

アルゼンチンに行った時はさすがイタリア系移民など欧州系の新しい移民が多いからか、パンがおいしいと思いました。
もちろん欧州や日本に比べたらアレなんだけど、でも中南米の中でもアルゼンチンが一番スイーツがおいしいと思いました。
メキシコも、メキシコシティのおしゃれで高いカフェやレストランに行くとおいしいそうです。そういうおしゃれなお店は、他の在住日本人のブログを見るとたくさん紹介されていますよ。





さて、今回は、コロンビアの食べ物編、ドリンク編、スイーツ編と3回連続でお伝えしました。



私が庶民的な店ばかり行ってたから、庶民的な食べ物や飲み物ばかりですみません 笑。
だいたい値段は安いです。

けど、私はコロンビアではコロンビア人ばかりに囲まれて、コロンビア人が作る家庭料理や近所のお店とかコロンビア人の庶民のジモティが食べてるものや飲んでるものばかりでした。
コロンビアでは毎日97%コロンビア料理だったので。

おもしろいでしょう?



前のフード編とドリンク編のリンクはこちらです。


「南米コロンビアの料理」

「南米コロンビアのドリンク」




南米コロンビアのドリンクについて

昨日は南米コロンビアの食べ物を紹介しました。

今日はコロンビアのドリンクを紹介しますね。

コロンビアのあちこちで飲めるポピュラーなドリンクです。

コロンビアの特産のコーヒー、ジュース、ソフトドリンク、お酒までいろいろあります。



私はコロンビアのカリ市に住んでたので、カリで自分が飲んでいたものが中心になります。

前の食べ物編もそうですが、自分が現地でよく飲食していたものを紹介してます。

他の都市にはなかったり、名前は同じでも材料がちょっと違うのもあるかもしれません。






果物の生ジュース


コロンビアは、水道水が飲めます。

そして果物王国というくらい果物が豊富。

あ、コロンビアは生物の多様性では、世界で第2位なんです。
鳥の種類では世界一、植物の種類は世界2位、花の種類で2位です。


私が住んでいたコロンビアの第三の都市カリ市は、蒸し暑いトロピカルな気候でフルーツが多いです。
果物の木が街路樹など道端にあります。
果物があるからホームレスでも飢えないと言われてるほど。



カリのスーパーでは、グアバが1キロで40円位。
マンゴーのでっかいやつが(20㎝くらい)60円位でした(2年前)。


安いし身体にいいので、毎日果物を買っては生ジュース作ってました。

私が好きだったのはグアバジュースです。
ほぼ毎日作ってました。
生のグアバジュースなんて日本では無理ですからね。



食堂の定食にも、必ず果物の生ジュースがついてきます。


コロンビア人のキッチンには必ずジューサーと取っ手がついた網があります。
生ジュースを作って、搾りかすをこすためです。


コロンビア人は野菜と果物をたくさん食べます。

昨日紹介したコロンビア人が毎日食べる肉と果物のスープ(サンコーチョ)は、骨付きの肉が入ってるのでコラーゲンたっぷり。
コロンビア料理と飲み物は肌にいいと思います。
コロンビアにいると肌のつやがよくなるので。



カリでよくでてくる生ジュースは、マンゴー、グアバ、ライム、オレンジ、LULA、tomate de arbolなどですが、他にもいろいろあります。



これはコロンビアの朝食の写真で、マンゴーを食べてパパイヤの生ジュース飲んでるそうです。








これはLULAという果物を絞ったジュース。
LULAの見た目は柿みたいなんですが、ちょっと酸っぱい。

コロンビアのカリ市の典型的なドリンク。
美容にいいとコロンビア女性から言われたので、私はよく作って飲んでました。














コーヒー


コロンビアといえばコーヒー。

コーヒーの産地です。
コロンビアにはその名もカフェ地方という地域があり、そこにコーヒーの産地が多いです。

スタバのコーヒーの産地で一番多いのがコロンビアだそうで、コロンビアはコーヒーの産地でJUAN VALDEZというコロンビアのコーヒーのチェーン店があるのに、スタバがコロンビアに進出してます。(ちなみにスタバは生産者からひどい搾取をしている)。

コロンビアで普通のブラックコーヒーをTINTOと言います。
普通のスペイン語では「TINTO」は赤ワインなので、私は最初にコロンビアに行った時にコロンビア人から朝に「TINTO飲む?」といわれて「いや、朝から酒は飲まないよ」といったら「いやいや、コーヒーだよ」と言われて笑いました。

小さめのカップで、砂糖がすでに入ってるので甘いです。


これがコロンビアのコーヒーのチェーン店。
JUAN VALDEZ。
コロンビアに行ったらどの街にもあるんで、行ってみてください。
いろんなコーヒーが飲めますよ。










コロンビア人がいうには、良質なコーヒーは輸出用なんだそうです。
いいコーヒーは海外への輸出用で、コロンビア人は残りを飲んでるわけですね。
スーパーには安いコーヒーが売ってます。

日本への土産用にはどのコーヒーがいいかときいたら、コロンビア人みんなが答えるのがJuan Valdezのコーヒー。これが海外用の良質豆なのでおいしいと。
私はコロンビアでそれを買いました。


日本ではここから買えます









ビール


コロンビアのビールはミネラルウォーターと同じか安い位の値段です。



これはコロンビアで一番おいしいと言われるビール。
CLUB COLOMBIA


クラブコロンビア




ボゴタの人がよく飲んでるビールはPOKER







このAguilaもよくあるビール。

隣のREDDSは甘いビールです。
私はこれをよく飲んでました。苦いのが苦手な人におススメ。












●コロンビアの市販のジュース


コロンビアのスーパーや売店などでよく売られてるジュース。


POSTBON。
POSTBONはコロンビアの最大手の飲料メーカーで、ここのジュースが一番ポピュラーです。


ポストボン




HIT。
HITもいろんなジュースを出してます。果物系。
え、HITって隣国のベネズエラのだったんだ、ビックリ。
よくHIT飲んでた。


ヒット ガセオサ





コロンビアーナ。

コロンビアのコロンビアーナという炭酸飲料。よく売ってる。かなり炭酸がきつい。

コロンビアーな







●CHAMPUS


これは、カリ名物のCHAMPUS。

CHAMPUS売りがカリの名物。


上で説明したLULAのジュースに似てるんですが、カリではLULAにパイナップルやオレンジなどをいろいろ入れて作ります。


この写真の左がLULA。
右がCHAMPUS。










●アグアパネラ

カリ市は空港を降りたらさとうきび畑が続いています。
昔のスペイン人植民地時代にはスペイン人が経営するさとうきびのプランテーションがあり、黒人がたくさん奴隷として働かされてました。

今もカリ市はサトウキビと黒砂糖が特産です。

サトウキビから作るこのアグアパネラはカリの名物の飲み物。

黒砂糖とライムの生絞りから作るジュースです。
甘いけど、黒砂糖とライムなので身体にいい。

カリで食堂に行くとアグアパネラが出ます。
家庭にもよく置いてあります。










●ラム酒

コロンビアといえば、ラム酒。
上記のようにさとうきびが特産なので。


クラブに行くと、ラムをボトルで頼みます。
ラム酒か、コロンビアのお酒アグアルディエンテ。
クラブはたいていこの2種類です。


コロンビアのカリで一番人気だったラムがこのCALDASでした。
クラブに行くとこのラムばかり。
CALDASは結構匂いも味もきついんで、私はあんま好きじゃないけど、カリのクラブやフィエスタはこればかりです。

カリのじゃなくて、マニサレス市のラム。


カルダス






Aguardiente

アグアルディエンテ


コロンビアのお酒といえば、これ。

アニス(日本のニッキ)の匂いがすっごい強くて、私は嫌いです。
日本でコロンビア人に飲まされて、一口飲んだだけなのに強すぎて倒れました。
アグアルディエンテを飲むと倒れるので、コロンビアではどんなにすすめられても絶対飲みませんでした。








アグアルディエンテは、日本ではこちらで売ってます。
 ↓








コロンビア人は、ラムやアグアルディエンテを一口サイズの紙やプラスチックのカップに入れてストレートで飲みます。

クラブに行くと、ラムのボトルを頼んでラムを一口サイズのカップに入れ、隣にコーラを普通のコップに入れて氷を入れて飲みます。
ラムとコーラと交互に飲む。

アグアルディエンテだと、水と交互。



私がラムをコーラに入れたら、「こら」って怒られました  (← おやじギャグじゃないです。)

「ラムにコーラを入れて飲むなんて、女しかやらないよ」って友達に言われて「私、女なんですが」って言ったけど。

コロンビア人の女性は、コーラとラムを混ぜてクーバリブレ(キューバリブレ、ラムコークのこと)にはしないですね。分けて交互に飲みます。


じゃコロンビア人はカクテルは飲まないのか、というと、カクテルもありますよ。

でもクラブではカクテルがない店の方がカリには多いです。
カクテルは一杯1000円以上しますし。

カリではクラブにはカップルかグループで行くので、グループでボトルを頼んでボトルで飲む人が多いです。
残ったらボトルは持ち帰り。
カップルでも大ボトル注文しなきゃいけない店も多くて困りますけどね。店によってはハーフボトル置いてる。
コロンビア人には一人でクラブに行く人はいないし、もし行ってもビールの小瓶やカクテルなど一人ずつ飲めるものを置いてない店がほとんど。






さてドリンク編はいかがでしたか?


前回書いたコロンビアの食べ物編はこちら 
→  「南米コロンビアの料理」



次回はコロンビアのスイーツ編です。




関連記事

「南米コロンビアの料理」

「南米コロンビアのスイーツ」





南米コロンビアの料理

ワールドカップで、テレビでコロンビア料理が紹介されているのをときどき見ます。

ネットにはコロンビア料理をつくってみたという投稿も出ていました。

サッカーをきっかけにコロンビアの文化に興味を持ってもらえればうれしいです。


そこで、コロンビアの料理を紹介したいと思います。


コロンビアの面積は日本の3倍あり、地域によって違う国みたいに文化が違います。
料理も地域によって変わります。

私はコロンビアのトロピカルな都市であるカリ市に住んでたので、今回紹介する食べ物はカリ市で自分が食べていたものがほとんどです。

首都ボゴタと第二の都市メデジンにもしばらく滞在したので、そこのも入ってます。

しかし太平洋側(パシフィコ)やコスタ(沿岸部)やカリベ(カリブ海側)などには行った事がないので他の地域の料理はわかりません。



カリでは私はコロンビア人だけに囲まれた生活をして、近所の食堂で毎日食べて、商店で買って店の前におかれた席で食べることが多かったので庶民的なものが多いです。

いいレストランに行けば、もちろんもっとおしゃれな食べ物や飲み物がありますよ。


コロンビア料理はメキシコ料理みたいに辛くないです。
コロンビア人は辛い物が苦手な人も多いので、よくメキシコ人からからかわれてます。

コロンビア人は白ご飯を毎日食べます。
一家に必ず炊飯器があって、ごはんを炊くんです。

ランチの定食の典型は、

白いごはんに、肉か魚料理、サラダ、調理用バナナのフライ、つけあわせのマカロニなどのパスタ、豆の煮込み、
それに果物の生絞りジュースです。

味がマイルドだし白ご飯があるので、日本人には非常に食べやすい。

私はコロンビアにいる時に毎日食堂の定食食べてました。
飽きないです。


それに野菜が多いし、果物が豊富で安いから毎日生ジュースを飲めるし、野菜と肉の具沢山スープが必ず定食についてるけどこの肉が骨付きの肉なのでコラーゲンたっぷり。
コロンビア料理を毎日食べてると肌のつやがよくなると思いました。



これが私がコロンビアのカリでよく行ってた食堂のランチです。
この店は近所の食堂でも一番安くて一番庶民的な店。

カリなので料理もカリのです。

左の緑色のスープが、カリのサンコーチョ。
右側は、カルネアサード(牛肉の炭火焼き)、調理用バナナのフライ、 パスタサラダ、サラダ、白いごはん、
これにアグアデパネラのジュースがつきます。

このランチの定食で280円でした(2年前)。

カリは首都ボゴタに比べると安いと思います。


サンコーチョ







次にコロンビアの典型的な料理を紹介します。

レシピつきです。

コロンビア人が典型的なコロンビアの作り方を説明してるのはスペイン語が多いので、ビデオはスペイン語です。

なので別に英語のレシピも添えました。英語の方は作り方が少し違うかもしれませんが。
読めない人はgoogle翻訳使って読んでみて下さい。









●アヒアコ 

AJIACO

典型的なコロンビア料理といえばアヒアコ。

アヒアコは、鳥とポテトのスープです。

アヒアコはボゴタでよく食べましたが、見た目がちょっと緑っぽい。

コロンビア人はアヒアコをメインについたスープとしても食べるし、メインとしても食べてました。








作り方





コロンビアに行った日本人の方が作り方を書いてました。日本語なのでわかりやすいですね。


「http://www.yuruikeidanshi.life/entry/how.to.make.ajiaco」







 サンコーチョ

SANCOCHO。


サンコーチョは、サッカーの関連で日本のテレビでもコロンビア料理として紹介されてました。


サンコーチョもアヒアコと系統は同じで、野菜と肉のスープです。

でも材料が違う。
コロンビアのサンコーチョはユカ芋と調理用バナナが入ってます。
日本のペルーレストランでユカ芋食べれるので。南米食材店は調理用バナナ(プラタノ)も売ってます。



サンコーチョは南米や中米の各国で食べられていて、国や地域によってちょっと違います。


私はコロンビアのカリ市にいたので、カリのサンコーチョを紹介します。

私はコロンビアの料理の中で一番好きなのがサンコーチョです。
日本に帰ってからも、カリのサンコーチョ食べたいって思います。
日本にないので。

この緑のスープがカリのサンコーチョ。






でも同じコロンビアでも首都ボゴタで食べたサンコーチョは、味もちょっと違いました。
地方によって違うので。



コロンビアのサンコーチョ。








これはコロンビアのサンコーチョの作り方です。

作り方。





英語のレシピはこちら。

https://www.mycolombianrecipes.com/sancocho-trifasico-three-meats-sancocho









バンデハ デ パイサ

BANDEJA DE PAISA

これは日本のテレビでも紹介されてました。


私はこの料理はコロンビアの首都ボゴタと第二の都市メデジンで食べたけどカリでは食べてないです。
これはコロンビアの典型的な料理なのでレストランにはバンデハあるけど、カリではそんなに食べられてないような気がします。そんなに見なかったです。

この料理はコロンビアで食べられてるものを盛り合わせた感じ。

白ご飯に、チョリソー(ソーセージ)、チチャロン(豚をあげたやつ)、豆の煮込み、調理用バナナをつぶしたもののフライ、ひき肉、アレパ、目玉焼き。









レシピは






英語のレシピ

https://www.mycolombianrecipes.com/paisa-tray-bandeja-paisa








● エンパナーダ

EMPANADA

これも日本のメディアで紹介されてました。


エンパナーダは、小さいピロシキみたいなやつで、日本人はきっとみんな好きだと思います。

コロンビア人は辛い物をほとんど食べないんですが、エンパナーダにはアヒという辛いソースを添えます。
お店でエンパナーダ買うとアヒつけてくれます。
アヒをつけて食べる人が多い。
アヒは唐辛子やパクチーで作ったソースです。






これがコロンビアのエンパナーダの作り方。






英語のレシピ

https://www.mycolombianrecipes.com/colombian-empanadas-empanadas-colombianas








アレパ

AREPA


アレパはとうもろこしの粉でつくった薄焼きパンみたいのです。

アレパはコロンビアとベネズエラ両方の料理で、コロンビアとベネズエラどっちが本家かで争ってます。
歴史をたどるとアレパは先住民族の食べ物で、コロンビアとベネズエラは隣同士の国で昔は一緒の国だったこともあり、先住民族はどっちの国にもいてどっちでも作ってたので、両国みたいですね 笑。






アレパはコロンビアではメキシコの主食のトルティーヤみたいなもの。
つけ合わせにすることもあれば、アレパに具をはさんで食べることもあります。


コロンビア人の典型的な朝食が、コーヒーとアレパとスクランブルエッグ。

アレパはスーパーで売ってます。
コロンビア人はアレパを作らずにスーパーで買う人が多かったと思います。具が入ってるのだと店で食べてた。
アレパを焼く網みたいのはコロンビア人の家には必ずあります。


アレパの中に具材が入ったものは、コロンビア人のファストフードですね。
私は夕食に食べてました。


アレパの作り方。
このビデオでもいってるように、アレパ用のとうもろこしの粉が必要です。
下記のお店に売ってます。















カルネ・アサーダ と チミチュリ

CARNE ASADA

CHIMICHURI


炭火焼きのビーフです。

炭火焼き専門店に行くと、大きなステーキが食べられます。

カルネアサーダによくついてる緑のソースが、チミチュリ。

私はこのチミチュリがすごい好きで、チミチュリくださいってよくオーダーしてたんですが。

チミチュリってコロンビアのだと思ったら、アルゼンチン発祥なんですね。

コロンビアのはかなりガーリックがきつかったです。
にんにくやパクチーやパセリなどが入ってます。
肉につけて食べるとすっごいおいしい!


これはコロンビアのレストランのです。

肉に添えられた緑のがチミチュリ。












● ティラピア

TILAPIA FRITA


これはカリの料理です。
カリは太平洋側に近いのですが、輸送がよくなくてシーフードがあまりないから、川魚がよく食べられています。

カリでよく食べられてるのがティラピア。
日本でも鯛に味が似た魚と最近話題になってますが。

カリではティラピアを丸ごと揚げます。
ティラピアぎざぎざの歯が見えるので、歯が怖いって思いました。
首都ボゴタの友達がカリに遊びに来た時に、ティラピアをごちそうした、「なにこれ? 歯がある。骨がたくさんある。でもうまい」って驚いてました。












チュレタ デ セルド


CHULETA DE CERDO








これは、カリ発祥のコロンビア料理だそうです。

カツレツなんだけどね。
なんで、カリ発祥なんだろう。

カリではCHULETA DE CERDO とよばれていました。

どうカリ風なのか知りたいのでレシピをみます。

あー。アグアパネラ(さとうきびの甘い水)を使ってる。カリはさとうきびの名産地です。







パンデボノ

PAN DE BONO


これはコロンビアのカリの名物です。

スペイン語でもパンはパンなんですよね。

これはチーズが入ったパンです。

焼きたてはほんとにうまい。店によってはほんとにおいしい。






私がカリで食べてたのはドーナツ型の。
これを朝食によく食べてました。

1個20円から40円位(店により違う)でした。







● コロンビアの典型的な料理まとめ。






これはボゴタのです。

左がアヒアコ、右上がサンコーチョ、右下がバンデハ・デ・パイサ。







ま、とりあえずこんな感じです。


他にもいろいろあるんだけど。

コロンビアではこんなものを私は食べてました。


今回のこの記事書いてたら、コロンビア料理が食べたくてたまらなくなりました。
もう2年も食べてないので。





食材は、日本の普通のスーパーで売ってないものもたくさん使ってますよね。


日本はブラジル人とペルー人が何十万人も住んでるので、南米食材店があるんです。

南米の食材は日本の南米食材店で手に入ります。
ペルーとコロンビアが中心ですが、コロンビアやメキシコなど他の中南米の食材も売っています。

食材だけじゃなくて飲み物やお菓子や、南米のコスメなどの雑貨も売ってます。


東京は、五反田に2軒あります。
ペルー領事館と同じビルに入ってる、ペルー人が経営しているKYODAI マーケット。
私もここは何度も行った事があります。

KYODAI マーケットの商品は通販でも買えます。

こちらをクリック。





それからムンド・ラティーノ。
ムンドラティーノは通販もしてるので、これを見て下さい。
こちらをクリック


ムンドラティーノ



この2店は、品数が多くて、メキシコやコロンビアなど中南米の各国の食材も買えるそうです。
日本にない生の唐辛子とか、調理用バナナやユカ芋、アンデスいもなども手に入りますので見て下さい。





次回はスイーツとドリンクを紹介しますね。



「南米コロンビアのドリンク」

「南米コロンビアのスイーツ」








ペルー料理のおすすめ、SECO

このごろ1週間に1度ペルー料理食べに行ってます。
近くに用事があって、帰りにアルコイリスに立ち寄って食べるのが楽しみ。



先週食べたのは、私が好きな SECO(セコ) DE RES。
牛肉の煮込みみたいの。
牛肉の大きなかたまりの煮込みに、パクチー(香菜)の緑色のソースがかかってます。
このお店ではごはんと一緒にくるから、緑のソースをごはんと混ぜながら食べたらおいしかった。






私はペルー料理のなかでセコは大好き。
おすすめです。


ペルーレストランのメニューには、セココンビナートという名前で出てることが多い。


ところが別のペルーのバーで、セココンビナート頼んだらチキンに白い豆のソースがかかってるのがでてきてびっくりしました。
あとでサルサバーにいたペルー人に、セコといえばこういうのだと思ってたら、ある店でチキンで白い豆のソースだったんだけど、それってなに? ときいてみたら、「自分もそんなの見たことがない。 自分は首都リマの出身なので、もしかして地方によって違うのがあるのかもしれない」とのこと。


ネットで検索したら、その白い豆ソースのセコを発見。
しかも日本語のページで、セコのレシピでした。
クックパッドのそのページのリンクはっときます。



私がペルーのバーで食べたのは、このようなパクチーはなかったです(緑の)。




ペルーレストランでおススメの料理

ラテンのレストランはもちろん、クラブ、バーでもラテン料理が食べられるところがあります。

何を食べたらいいか分からないという人に、私のおすすめのフード1位。

それはペルー料理の ロモサルタード です。


ペルー料理ってなにって思う方も多いかと思いますが、サルサ界ではわりと知られてます。
なぜかというと日本に一番多く住んでるスペイン語圏の中南米人がペルー人なので、日本にはペルーレストランが多い。
サルサバーでもペルー料理を提供してるところが結構あります。

ペルー料理は日本人の口にあって食べやすいと思います。
メインが肉、それに野菜と白ごはん、スープ、というのがペルーの定食スタイルなので、ごはん主食の日本人にはなじみますね。

ロモサルタードは酢となんと醤油を使ってるところが、アジア風の味。
でもクミンやガーリックが入ってるし、お好みでアヒという辛い黄唐辛子ソースをかけるところはラテンぽいです。


私はロモサルタードが好きでよく食べてます。
最近食べに行ったペルーレストランでたまたま撮ってたロモサルタードの写真があるのでUPします。


ロモサルタード



● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア
twitter