FC2ブログ

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

人気のあるトピック


★「Danza Kuduroの歌詞」(Don OmarのDanza Kuduro」

★「ガソリーナってそれかよ」(Daddy Yankeeの「gasolina」の歌詞)

「レゲトンの名曲まとめ」

「PitbullのBon Bonの歌詞」

人気のあるトピック


特に人気のあるページ

「ラテンのクラブでかかる音楽のジャンル」

サルサバーとラテンディスコのDJの違い

先日、よく一緒にプレイしてるDJ友達とサルサバーやイベントにめぐりしました。
彼は中南米人ばかりのラテンディスコでDJいつもやってるから、日本のサルサ界を知らないんです。
日本のサルサのメッカは六本木なんだと教えたら、連れていってほしいと頼まれたのでガイドしました。


何軒ものサルサバーを次々にはしごしたんですが、「あれ、なんで曲mixしないの?」って彼がどこの店でもきくんです。
mixっていうのは、普通DJは、2曲をつなぐときに1曲終わったあとで次の曲をかけるんじゃなくて、1曲めが終わる前から2曲目を挿入して2曲をしばらく混ぜ合わせる(mixする)んです。で、そのあとに次の曲に移ります。
混ぜ合わせるためには、2曲のテンポも同じに合わせないといけません。
CDのオムニバスでよく「ノンストップ」ってあるじゃないですか。
ノンストップでどんどん曲をつないでいくわけです。


ところが、サルサバーでは1曲めの最後までかけて、それから次の曲にいきますよね。
それが彼には解せないらしく、なんで最後までかけるしmixしないんだってきくので、日本のサルサバーではmixしないんだよって言ったら超驚いてました。
でもmixしないんだったらDJがいる必要がないじゃん、DJやることなくて暇じゃん、ってぶつぶつ言ってました。

実は中南米人が多いラテンディスコでは、だいたい1曲を2分半くらいしかかけません。
サルサとかバチャータってだいたい4分半から5分くらいの曲が多いんですが、ラテンディスコでは半分くらいで次の曲につないでしまいます。
2分半でどんどん曲が変わるし、たとえばサルサ→バチャータ→レゲトン→サルサ→クンビア→ピットブルとかぜんぜん違うジャンルの曲をmixしなきゃいけないんです。
DJはすごい大変ですよ。
全部テンポ違うし、サルサとか最初からヴォーカル入ってる曲多いし。
たとえばサルサからレゲトンにつないだりするのは難しいです。サルサ同士でも。
日本のサルサ界では、サルサのDJなんて素人でも誰でもできるという人もいますが、
実はDJ界(全部のジャンル)では、テクノとかEDMのほうが楽で、一番DJで技術的に難しいジャンルはラテンだと言われてます。

私が中南米にいたときは、国や店によってmixするところとしないところがあって、キューバとかコロンビアのカリとかプエルトリコなどのサルサが盛んな国ではmixしないで最後までかけてたように記憶してます。
でもペルーやメキシコはmixしてノンストップでどんどんつなぐ傾向が強いかな。

日本のスペイン語圏の中南米人で一番人口が多いのがペルー人で、日本のサルサバーやラテンディスコもペルー人多いしDJもペルー人が多いので、ペルーのスタイルでノンストップなのかな???


その友達DJも、2分半でオールジャンルをつなぐDJなので、まったく休む暇なしにコントローラーとPC画面相手にすごい忙しいです。
2分半で次の曲を探して、まったく違うジャンルの曲をmixしていくし、ラテンディスコだと客のリクエストもくるので本当に大変。
一緒にDJブース入ってもしゃべる暇がまったくないくらい、忙しいです。


以前も別のジャンルのDJやってる方が私のDJ見にきてくれたときに、「なんでラテンはmixしないの?」ときいてきました。
他のジャンルのDJからは奇異のようです。


友達にもそのDJの人にも私が回答したのは、

中南米人はカップルやグループでクラブに行って仲間内だけで踊ったり、結婚式やフィエスタやホームパーティで踊ることが多いので、夫婦や恋人でずっと踊ったりする。
でも日本人は1曲ごとに相手を変えるので、1曲終わったら「ありがとうございました」と挨拶して、それから次の女性を探さないといけない。もしmixしてノンストップにしたら曲の切れ目がないので、同じ人ともう1曲踊らなきゃいけなくなる。それに最後に決めポーズしたりするので、その決めポーズのところを切っちゃうと困る。なのでmixしたら客から怒られちゃう。

と説明したら納得してました。

ちなみに、日本だけではなくて欧米とかも(中南米人ばかりのクラブ以外)日本と同様で、曲をmixしたらいけないところが多いそうです。
スポンサーサイト



EDMのスーパーDJになるには (コメディ)

EDMっていうのは、今若い世代を中心に世界で流行ってるエレクトロ系のダンスミュージックです。

EDMのDJって世界中の大フェスティバルや巨大クラブでまわしてて、人気DJは巨額のギャラをもらってるんです。
一番稼いでるDJの年収は80数億円以上だそう!

UltraやTomorrowlandなどの巨大EDMフェスティバルでは、数十万の観衆が集まってDJのかける音楽でみんなが踊る。

EDMのDJってかっこいいよねー、DJになってみんなを踊らせてみたいよね、って思う人は多いかもしれない。


たとえば世界で2番目に稼いでる大人気のDJ David Guetta のプレーを見てみましょう
(世界で超有名なEDMイベント tomorrowland にて)






でもEDMのDJって、他のジャンルのDJからときどき笑い者にされてることが。

DJって他の曲とMIXしたり曲と曲をつないだりして、次の曲も探さなきゃいけないしいろいろ忙しい。

けどEDMのDJってぜんぜん忙しそうじゃなくて、観客の方を向いて腕をふりあげたりめちゃ踊ってる人が多い。
DJよりもパフォーマー的な感じ???

ということで、ほんとにEDMのDJはDJをやってるのか? という噂も出るくらい 笑。
もしかしてあらかじめREMIXしてある曲の再生ボタン押してるだけなんじゃないか、とかからかわれることもあるくらい。

それをからかったコメディが以下でご紹介するビデオです。
コメディなんで、「いやEDMだってDJはいろいろ大変なんです」とまじめに怒らないでくださいね。



前回「malumaみたいなレゲトンシンガーになるには」のコメディビデオで紹介したメキシコ人達がいましたよね。

今回は「(tomorrowlandでまわせるような)スーパーDJになるには」というビデオを紹介します。


これはまじめな「DJになる教習ビデオ」ではなくて、DJなんてなるの簡単じゃん、ってDJをおちょくった「お笑い」なので、その点をご了承ください。





「tomorrolandでまわせるようなスーパーDJになるには」








これはスペイン語なんで、和訳しますね。 (スペイン語 → 日本語)





「スーパーDJになる方法」


<準備編>


① ネットオークションや中古品販売サイトで、中古の格安の機材を購入。
Mac Bookとコントローラーとヘッドフォンとケーブル。
安ければ多少ぼろくても低機能でもかまわない。

ヘッドフォンは外出する時も常に首にかけて離さないこと


② 服装は黒にする。
黒いTシャツ、黒いダウンジャケット、サングラス。
もしくはフードをかぶるか、マスクなどで口をおおう、など


③ ヘアスタイルを変える

スティーブ青木(人気DJ)のようにロングヘアにしたり、真ん中を長く伸ばしてサイドをかりあげとか、キャップをかぶるとか。
もしくは目立つかぶりもの。
など自分の個性的なスタイルをみつけてみよう


④ DJ名をつける

アルファベットの文字のカードをぶちまけて、それを適当に組み合わせつくればよい


⑤ DJのロゴをつくる

ネットで「DJ ロゴ」で画像を検索して出てきたロゴの画像をパクる。
自分のDJ名を入れて、ちょっと形や色を変えて手を加えればいい


⑥ ネットでひろった他人のremixの曲をfacebookにupするなど、SNSで自分はDJだと吹聴する


⑦ 薬のビンにをキャンディを入れて持ち歩き、いつも薬をやってるように見せかける 


⑧ 自分の曲をつくる。
 a) 今ヒットチャートにある人気曲をremix
b) 外国人の女友達に頼んでフレーズを言ってもらい、それをサンプリング
 c) DJ達が曲のremixをのせてるサイトからパクる
 
でも一番簡単なのは、you tubeで検索して出てきた他のDJのノンストップミックスをそのままパクる




<実践編>

① 機材を全部つなぐ。


② 曲の再生ボタンを押す


③ コントローラーのつまみを適当にいじくる。
客は何をいじってるかわからないから、テキトーに触ってればいい。

コントローラーをいじってるときに踊ることを忘れずに。
DJブースで踊りまくるのが最重要ポイントである


④ 有名なスーパーDJ達がDJブースでよく踊ってる振りを学習すること。

たとえば手をたたく、腕を振るとか。。。


⑤ 絶対に客に向かってしゃべらないこと。

よく中南米のDJがやるようにマイクを持って客によびかけない (「どこの席が一番盛り上がってるかなー」とか「独身の女の子は手をあげてー」とか言わないように)

もしなにか客にいう場合はシンプルに 「Yeah ----」くらいにとどめておこう。
そのときは両手を大きくあげて、客とのかけあいを楽しむこと


さあ、これで君もDJだ。

さっそくクラブやフィエスタにデビューしたら、世界に飛び立とう。
すぐ巨大フェスの人気DJになれるぞーー




集客できればDJなんて誰だっていい!?

クラブミュージック界でいま話題の記事、

人気DJのTIESTOが、EDMのイベントでトランスを1曲だけかけちゃったところ、DJブースから強制退場させられたという話。

「Tiesto Removed From Stage After Accidentally Playing Trance」

TIESTOって前はトランスで世界的に人気のDJで今はEDMのジャンルで人気です。
彼がかけたトランスの曲も以前ヒットした曲なんだけど。


カネを払う側(店や客)の要望に反したからしょうがないと本人も納得してますが。


そのクラブ(@マイアミ)の言い分で私がひっかかったのは、


クラブとしては客がたくさんきて、フロアが盛り上がって10万円のシャンパンのボトルあけてくれるような客がでてくれればいい。
集客できて客が盛り上がるなら、

DJなんて誰でもいい

ということ。


すんげーひどいクラブって驚く人もいるでしょうが、クラブ業界では日本でもこういうところが結構あるような気がする。

とにかく集客できることが大事。
DJ選ぶときは選曲のよさや世界観の創造より集客力や知名度優先。
(ただし実力ある有名DJのケースはのぞく)
DJに何人客を連れてこいとか、FACEBOOKやブログなどで宣伝しろというノルマを与え、DJは客を連れてきてくれる人や有名で客が集まる人、FBで宣伝力がある人のほうがよく使われる。友達たくさん連れてこれるなら初心者でもいいというケースさえ。


その最たる例が、パーティアイランドのスペインのイビザ島のクラブで、パリス・ヒルトンがすでに他の人がMIXしておいたCDのプレイボタン押しただけで、パリスのDJのギャラが時給3500万円っていうニュースありましたねー (4回のDJでギャラ約2億7千万円)。
世界からクラバーがくるイビザだし、集客できれば主催者やクラブにはお金が入るし宣伝になるから、それだけ払っても元とれるんでしょう。





これは、ラテン界も同じだと思います。

選曲よりも集客力。
DJも選曲よりは集客力がある人。あちこちで宣伝してくれて、客をたくさん連れてきてくれるDJのほうを選ぶイベントやクラブは少なくないように思います。

他のクラブミュージックはDJで集客するけど、ラテンはDJで集客できることはあんまりないし。
ラテンはDJでイベントよべないからしょうがないともいわれているが。


客層によっての選曲とか、選曲のよさとかは関係なく、とにかくサルサ、バチャータ、メレンゲだけを繰り返しかけてくれればいいといわれることが多い。
みんなが知ってて踊れる曲(フロアで人が踊る曲)がクラブやイベント主催者から好まれる。
そういうことをしてるとかかる曲がマンネリになりやすくなってしまいがち。

音楽やダンスがそんなに好きでもないのにたんにお金になるからという理由で、イベントや店やってる人たちが少ないけどいないわけじゃない。

ほんとはもっと違うイベントや選曲したいけど、ペイできないと困るから(お金が入らないと困るから)、しょうがなくというクラブやイベントもあるでしょうし。


イベントやクラブの選曲がよくないと嘆いてる人から文句聞いたりネットでみる事もあるけど、DJの選曲力以前にそういう問題もあるのです。


ジャンルに関係なく日本のクラブ界全体がもう少し体質改善してくれればいいな。。。と願ってはいるんですが、日本は不況と風営法でクラブ界が冬の時代だし、そういう傾向はさらに強まるかもしれませんね。







日本のラテンクラブと中南米のクラブは音楽が違う

中南米でクラブ(サルサやメレンゲなどのトロピカル音楽がかかるクラブ)やイベントに行ってて思ったんですが、日本のラテンクラブでかかる音楽と結構違うなーと思いました。

日本のクラブでよくかかる曲はこのブログでどんどん紹介してますし、日本に住んでるラテンアメリカ人たちも私に「あの曲なんだっけ?」「これって誰が歌ってるんだっけ」とかラテンの曲について質問してくるし、「俺らよりラテン音楽に詳しい」と言われるし、結構ラテンの曲を知ってるつもりだったのに…。
中南米に行くと、パーティやクラブでかかってるサルサやクンビアなどの音楽が日本と違って、知らない曲がどんどんでてくることがあるのです。
ドミニカじゃないんでメレンゲやバチャータはたまにしかかからないけど(もしくはバチャータはまったくかからない)、まだメレンゲとバチャータの曲には知ってる曲があります。

けど、サルサの選曲は結構違うと思った。しかも国によってかかってる曲が違います。

前にある国の友達のホームパーティで、自分のI-PODに入ってる曲で音楽かけたら、曲によってはウケたけど、日本では人気の曲流しても反応が悪いことがありました。
日本で流行ってるラテンの曲は、違う国ではまったくウケなかったり、たとえばある国ではウケる曲ではほかの国ではウケない。
好まれる曲の傾向が違うのがわかりました。
その国にいて、いろいろサルサのかかる傾向を見てたらどういう曲が好みなのか、どういう曲がはやってるのかわかりました。

中南米の人はサルサならなんでも踊る、ってわけじゃなくて、いい曲なら踊る。
屋外フェスタで前はすごい人が踊ってたのに、今回はあんまり人が踊ってないけどなんで?ってきいたら、今日は選曲があんまりよくないから誰も踊らないって。。。 厳しい。

カリはサルサオンリーでもOKだけど、ほかのコロンビアの都市はバジェナートとか多いし、ペルーはクンビアが一番人気で、クンビア、サルサ、メレンゲ、ラテンPOP,ダンスミュージックいろいろ取り混ぜてるところが多いような。メキシコはサルサ、クンビア、メヒコのバンダが中心でサルサだけとかバンダだけより3つを取り混ぜたほうが好きみたい(バンダは北部の音楽なんでエリアにもよるけど)。


特にコロンビアのカリはサルサしかかからないクラブが多くて、一晩中サルサしかかからないのにもかかわらず知らない曲がわりと多いんですよね。
ほかの国は知ってる曲もかかるから、カリの選曲はもっとコアだなと思います。
marc anthonyとかLuis enriqueのyo no semananaなんてクラブではきいたことないです(イベントやホームパーティ以外)。
カリパチャンゲロやCali Ajiなどは街でかかってますけど。
でもいろんなクラブでかかってる曲やラジオで何回もリピートされる曲、カリの人たちが歓声をあげて一緒に歌う曲、だんだん傾向や曲名がわかってきました。


そういえば日本の話に戻りますが、日本在住のカリサルサの先生のパーティで、Rebelionかけてください、って頼んでみたら、
「げえええええ、あんな古い曲で踊るの? やだー」って言われちゃいました。
先生はカリにしばらく戻ってて、また日本に帰ってきたんで、曲の趣向が変わっちゃったのか、それとも先生にとっては古い曲では踊りたくないのかわかりませんが。 
そっか…。
(rebelion の曲については 過去トピックの  「Joe Arroyo 危篤 」 を参照してください)

カリはラジオにいくつもサルサチャンネルがあって、今流行ってる曲は何回もかかるしそれがクラブでもかかってるから、カリは古いサルサの曲も今流行ってる曲もとりまぜてかけてるんだろうな。


日本のラテンクラブやイベントでよくかかる曲はたいてい似てるような気がします。
決まった音楽が流れるから、あー知ってるこの曲って感じで踊りやすいといえば踊りやすい。
(例外的にときどきラテンジャズとかキューバの音楽とかコア系のをかけるマニアックなDJがいると、踊りにくいこともありますが)

私のブログでは日本のクラブでよくかかる曲を紹介してるんで、「あー、これ聞いたことがある」というのが多いでしょう?
日本のクラブやラテンイベントでよくかかる曲は似てるから。
サルサ歴6年ですけど、この6年それほど変化してないように思います。
ちょっとルーティーンぽい。
人や店によってときどき新しい曲もほんのちょっとだけ取り入れてる場合もあるけど。
ラテンアメリカで流行ってる曲をしばしばチェックして、クラブの選曲にとりいれてるDJはそんなにいないんじゃないかな…という気がします。

今後ラテンアメリカでかかってる曲をチェックしてみますね。



ラテンクラブのDJ

テクノやハウスなどの他のジャンルのクラブは、DJがいのちです。

ミーハーなナンパクラブは別ですが、クラバーが来るようなクラブは、DJでクラブが決まります。
箱(クラブ)よりもDJ !!!

それは日本だけじゃなくて他の国でもそう。
みんなその週のクラブイベントをチェックして、どのDJがどういうイベントをやってるのか、を見て、週末にどこのクラブに行くか決めるんですよね。

また海外から大物DJが来れば、コンサートのように高いエントランス料金払って、長時間並んででもそのイベントに行きます。
なかには踊らずに上の階からDJブースをじーっと見てる人たちもいます。DJのすばらしいテクニックを見てるんです。

招聘された有名DJなら2:00-3:30とかコアな時間にまわして、早い時間は前座のDJ,遅い時間はまた他のDJがまわすことが多いです。大物DJは弟子が左右についてます。
特別なイベントじゃなくてクラブの常駐のDJ(レジデントDJ)がまわす場合でも、他にもDJがいて一晩に2-3人でまわすことが多いですね。

でもたとえそんなに有名なDJでさえ、どういう曲がかかってどういう曲のつなぎだったのか、きた人たちからチェックされてしまいます。みんなよく曲を知ってるし。


私の知り合いのハウスDJ(ハウスミュージックのDJ)は、アマチュアでサラリーマンをしながらたまにクラブで頼まれたらまわすくらいですが、それでもレコードを数万枚持っていて、給料の1/3はレコード代に消えます。 他の知り合いのテクノDJは、4畳半に住んで給料の大半をレコード代にあててます。
プロのDJならもっとすごい。




それに比べたら、ラテンクラブは違うな…と思いました。

なかには(ひどい例ですが)DJがいなくて店員が適当にCDかけてたり(しかもCD一枚ずつかけるんでとまることも)、ネットラジオを流してるところもあったし、レッスンやってる先生がレッスン後に自分のCDかけてるところも。

DJがいてもいつ行っても曲がだいたい同じ、というところや、リクエストしたら嫌な顔をされて絶対に曲をかけてくれないDJ。 古くてマイナーすぎて誰も知らないような曲ばかりかけてみんながしらけてるのに自分が好きな曲だけかけつづけたDJ。 客の顔色ばかりうかがって、客に合わせて選曲したばかりに、違うジャンルのイベントなのにほぼサルサになってしまったDJ。。。。もいましたっけ。

決まったラテンクラブやイベントでまわしてるDJたちも、DJというよりは、 “前はバーテンだったけどいまは音楽をかけてる” レベル、 もしくは “たんに趣味でやってる”、 っぽい人が少なくないような気がするのは、私だけでしょうか????


私の友達の友達(ラティーノ)はラテンDJで、自宅のアパートにもターンテーブルがあってたくさんCD持ってました。友達が集まると自宅がクラブに早変わり。 ラテンのいろんなジャンルをいいタイミングでいい曲どんどんかけてくれました。 クラブに行くよりずっとそこのほうが楽しかった♪  でもローカルな小さいクラブでたまにおよびがかかるくらいで、東京などのメジャーなクラブでまわすチャンスはまったくありませんでした。 

もう一人(ラティーノ)、DJとであったことがあります。その人もどこかのクラブでまわしたいから売り込みにいっても、ぜんぜんまわさせてくれないと嘆いていました。

そういう人たちにもチャンスがあったらいいのにな…と思います。
だって、ずっとdj-ingがうまいんですよ~。



別に今いるDJにやめろっていってるわけではありません。
たぶん、店のポリシーのせいが大きいと思います。 お店が DJにお金かけたくない、てきとーにスタッフに音楽かけさせとけばいい、いつもウケる曲だけローテーションでかけとけばいい、CDを買う金がもったいない。。。。 と思ってるんじゃないかな、と思います。


日本のラテンクラブではよくありがちなことなのかもしれないのですが、
私は、他のジャンルのクラブからラテンに来たので、えーーー こんなんでいいのかな~、とびっくりしてしましました。

テクノとかみたいに他のジャンルのDJほどとはいわないけど、DJやるんだったら少なくともあるていどの勉強や努力は必要じゃないかなと思うんですが。。。
来た人たちからお金とってるんですから。 

どういう曲を客が求めてるのかマーケティングしたり、ラテンヒットチャートのチェックをしたり、ラテンアメリカのクラブでどういう曲がうけてるのかキャッチしたり。。。。

ラテンアメリカに行くことはなかなかできないけど、日本にもラティーノがいっぱいいるんだから、その人たちにきいてみるだけでもいいのでは?
特に日本にきて日が浅い人たちは、向こうで流行ってる曲をかなり知ってます。
それか、クラブのスタッフの子たちに選曲に参加してもらってもいいのでは?

ダンスフロアのcrowd(観衆)を盛り上げるのがクラブDJの仕事なので…。 


● ブログのリンクなしの記事内容の転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの無断転載は禁止



歌詞和訳の別ブログ
※ 歌詞の和訳と歌詞のよみがなはこのブログのサービスでは掲載できなくなったため、別のブログに移動しました。 本文はこちらのブログにあり、 歌詞の部分だけ別のブログに移動しました → http://diafeliz.jugem.jp
NOTE
ラテン以外のトピックについて書いてるNOTE
you tube
歌詞の和訳などをUPしている私のyou tubeチャンネルです
twitter
https://twitter.com/diafeliz_latin
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア