AX

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

人気のあるトピック


★「Danza Kuduroの歌詞」(Don OmarのDanza Kuduro」

★「ガソリーナってそれかよ」(Daddy Yankeeの「gasolina」の歌詞)

「レゲトンの名曲まとめ」

「PitbullのBon Bonの歌詞」

人気のあるトピック


特に人気のあるページ

「ラテンのクラブでかかる音楽のジャンル」

ミ ニニャ ボニータ  Mi niña bonita

日本のいろんなクラブ(ラテンにかぎらず、いろんなジャンルのクラブ)でかかっててるこの曲。
聴いたことありますよね?

ニニャ ボニータ ~ 

この曲好きっていう子多いですね。
 


CHINO & NACHO 「MI NIÑA BONITA」
(注: 文字化けする人は  MI NINA BONITA)




去年、ラテングラミー賞と、ビルボードの賞を受賞。
ラテンアメリカをはじめ世界的ヒット曲です。


さてこの曲の歌詞の意味なんだけど、ちょっと難しい…。
なんで難しいかというと、スペイン語で読む分には難しくないんだけど、スペイン語ってすごいロマンチックで甘い表現が多いんで日本語に翻訳しづらいのです。そういう表現がこの歌にたくさんでてくるんです。英語でもこういう表現ない。スペイン語ってロマンチックなことを語らせたら世界一の言語かもしれないですね。
ラティーノからナンパされたり、ラティーノのパートナーがいる人なら分かるでしょうが、ラティーノってスペイン語だとすごいロマンチックな言葉をふつうに言うでしょう。

彼女をよぶときも、 Mi amor, Mi reina, Mi cielo, Mi corazon ..... といろいろ。
Miは私の(英語のMY)で、Amorは愛、 reina (女王)、cielo (空)、corazon (ハート、こころ)なので、日本語に訳すと変なんですよね。でもスペイン語では普通の言い方です。
だから、Mi niña bonita は、ニーニャが女の子、ボニータはかわいいなんだけど、Mi niñaというのは上と同じような彼女や親しい女友達に対するよびかけとしても使います。
私のラテンアメリカ人の男友達や女友達も私に、「mi niña」ということがあります。相手のほうが年下でもそうよばれます。

こういうスペイン語のロマンチック表現を日本語にしてしまうとキザだしなんか変な表現になってしまう。日本人の男の子が言ったら「キモ…」って思うかもしれないけど、スペイン語だったらこのくらいは普通です…。


じゃ歌詞いきます





歌詞の和訳は別のブログに移しました。
こちらをクリックしてください。

http://diafeliz.jugem.jp/?eid=44

どうでしょ?
男の子から彼女に対するラブの歌ですね。
ラブラブでいいですね~。



去年ラテンアメリカに行ったときは、いろんなフィエスタやクラブでかかりまくってました。

今年ラテンアメリカに行ったときもまだかかってましたが、なかには「もういいよ~、またこの曲ばかり聞き飽きた」と文句言ってるラティーノもいいました。まあそのくらいどこでもかかりまくってるということ。
でもフィエスタには欠かせない曲だよね。

この曲を歌ってるCHINO Y NACHOは、ベネズエラの人たちです。
えっ、ベネズエラ??? ってびっくりした人もいるでしょ。ベネズエラといえば、ミスユニバースとチャベスのイメージしかないだろうし。
実はOscar D'LeonやAdolescentes orquesta などの有名サルサグループや歌手も輩出してるしサルサが好きな人が多い結構なサルサ国です。

ZA ZA ZA

そういえば、クラブでよくかかる有名なメレンゲの曲をここで紹介するの忘れてたような。
クラブの定番曲ですね。

ZA ZA ZA (サ サ サ)っていうのがサビの曲。



CLIMAX の 「MESA QUE MAS APLAUDA」 (ZA ZA ZA)




歌詞をきくとなんのこっちゃ??? と 思うでしょう。

南米人たちでさえ「この曲の意味が分からない。 歌詞に意味がないめちゃくちゃな曲」と言ってました。



でも私がこの曲を聞いてたときに、あることに気づきました。
メキシコの地名とかサッカーチームの名前や職業の名前が羅列されてる…。

日本在住のメキシコ人に、「なんでこの曲、メキシコの地名とメキシコのサッカーチームがでてくるの?」ときいてみたら、
「ああ、これはメキシコの曲だから。懐かしいなー」って言われました。

他のメキシコ人たちによると、これは昔メキシコで流行ったメキシコの曲だそうです。

メキシコの地名やサッカーチームやメキシコ弁が入ってるんで、南米人(違う国だから)にはまったく意味が分からなかったんですね。




PVはこっち 



音楽のバージョンはクラブMIX系ですが、このビデオを見るとなんとなくわかるでしょう。
私も実はこのビデオを今日、数年ぶりに見たんですが、今回は歌詞の意味が分かってからビデオ見たので内容をよく理解できました。

見てみて、つばの広いソンブレロ(帽子)かぶってメキシコの服を着たマリアッチみたいな人たちも何回もでてくるでしょ。
職業のところはその職業(教師や医者やエンジニアなど)の人が登場して、
メキシコの地名のときは地図と地名が、
サッカーチームのところはサッカーのビデオが後ろに流れてますよね。



los chilangos (za,za)
de Durango (za,za)
de Sonora (za,za)
sinaloa
アカプルコ Acapulco
グアダラハラ Guadalajara
グアナファト Guanajuato
ヌエボ レオン Nuevo Leon
ティファナ Tijuana
テピート tepito
タバスコ Tabasco

のあたりが地名。
(地名っていうか、その土地出身の人を歌詞ではいってます。上のメレンゲバージョンビデオと下のPVではでてくる地名が多少違います。)

グアダラハラ(guadalajara)はメキシコ第二の大都市。テキーラとマリアッチ発祥の地ハリスコの州都。
アカプルコ(acapulco)は日本人にも有名なビーチリゾート。
グアナファト(guanajuato)は日本人観光客や留学生も多い世界遺産のきれいな町。
ティファナ(tijuana)はアメリカとの国境にある、治安の悪いところ。
タバスコ州(tabasco)はメキシコ唯一の原発があるベラクルスの下で、ヴィジャエルモーサというリゾート地で有名。
ソノラ(sonora)はアメリカ国境沿いにある北部のエリアで夏50度越えるところ。
sinaloaは、ソノラの南隣りの海岸沿いにある州。同じく北部で危険なところ。
durangoは、sinaloaの内陸に隣の州。今麻薬抗争で危ないところ。
ヌエボレオン(nuevo leon)は、メキシコで三番目に大きな都市、モンテレイが州都の州。ここも今ちょっとやばい。なんかメキシコの危ないエリアばかり出てきますね。
chilango (チランゴ)っていうのは、首都メキシコシティに住んでる人達のこと(ちょっと蔑称っぽい)。
テピートは、メキシコシティにあるスリが多い市場。



El Monterrey (za,za)
el Necaxa (za,za)
el Toluca (za,za)
el Cruz Azul (za,za)
los Pumas (za,za)
las Chivas (za,za)

Y ¿El América?..... ! CHINGA SU MADRE!!!!!!!!

のところは、サッカーチーム。
クルース アスールと ロスプーマスとアメリカがメキシコシティのサッカーチーム。
チバスはメキシコ第二の大都市グアダラハラのチーム。
モンテレイはメキシコ第三の都市で、メキシコのプロサッカーリーグで先月優勝したチーム。

聴いてて超笑ったのが、
最後に

Y ¿El América?..... ! CHINGA SU MADRE!!!!!!!!

っていうところ。

AMERICAっていうのは、メキシコシティ拠点のサッカーチームの名前です。


この歌詞では、AMERICAチームって言ってから、
「え、AMERICAだって?
AMERICAなんて くそくらえだ!!!」 って言ってます。

chinga su madre は、英語でいうと mother fucker!!! 。
メキシコのスラングです。
 一番悪いののしりの言葉。
放送禁止用語なのか、上のメレンゲバージョンのビデオでは、この言葉がカットされてました。


メキシコ人はサッカー好きなんで、お酒を飲むと男はすぐサッカーの話題になる。
自分の好きなチームを持ち上げて、相手のチームをけなすんですよ。
アメリカというチームはよくけなされる対象になっています。


あと、メキシコっぽい言い方としては、

「Arriba los Tiburoneeeeeeeeeees !!!!」って、語尾をのばして言うところ。



後記: 
メキシコ人に確認してみたら、
この曲は古い曲(たぶん7年くらい前か…???)で昔流行った。
この歌手はベラクルス州の出身なので、サッカーチームもベラクルスのチームを応援してる。
arriba los tibrones, というところは、ベラクルスのチームのことでそのチーム万歳と言ってるそうです。
なのでアメリカチームが大嫌いだから、アメリカなんてくそくらえ、と悪態ついてる。
テピートはやっぱりメキシコシティで一番治安が悪くて、多くのメキシコ人も足を踏み入れないあのテピート(市場がある)だそうです。
「ZA ZA ZA」の意味は、「ラ ラ ラ」みたいな合いの手でそれ以上の意味はない。
chinga su madreは、メキシコでは放送禁止用語じゃないと思うけど、他の国に出すときにカットしたかも…といってました。


自分が応援してる以外のサッカーチームに悪態つくといっても、バッシングではなくて、よくメキシコ人は友達同士でもちゃかしあってます。
ビデオの映像もちょっとエッチだし、言葉もスラングでてるけど、
メキシコ的な笑いが分かれば、この曲かなり笑えます。




エルカフェでかかるメレンゲ その3

六本木のエルカフェでよくかかるメレンゲ、その3。



RUBBY PEREZの 「ASI NO TE AMARAN JAMAS」





エルカフェでかかるメレンゲ

このところ、ずっとエルカフェ(六本木のEl Cafe Latino)でよくかかる曲をお届けしています。

昨日にひきつづき、 PAPI SANCHEZのメレンゲ。

これもよくかかるよね。



PAPI SANCHEZ 「Dilema」












ラテンクラブじゃなくて他のジャンルのクラブでもときどきかかるけど。

PAPI SANCHEZって、実はずっと前にこのブログで紹介したことがあるんです。
覚えてますか???


PAPI SANCHEZ  featuring SHABAKAN 「 PAKITY 」

この曲もよくエルカフェでかかるよね~。



このところ冴えてて、よくクラブでかかる曲をどんどん発見してるんで、エルカフェのヘビロテ曲を紹介していこうと思います。



PAPI SANCHEZ のメレンゲ

六本木のエルカフェ(El Cafe Latino)でよくかかるメレンゲ。。。。

これは PAPI SANCHEZの曲です。


PAPI SANCHEZ 「ENAMORAME」







● ブログの記事内容の無断転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの転載は禁止



TWITTER
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア