AX

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

人気のあるトピック


★「Danza Kuduroの歌詞」(Don OmarのDanza Kuduro」

★「ガソリーナってそれかよ」(Daddy Yankeeの「gasolina」の歌詞)

「レゲトンの名曲まとめ」

「PitbullのBon Bonの歌詞」

人気のあるトピック


特に人気のあるページ

「ラテンのクラブでかかる音楽のジャンル」

コロンビアのカリのエリア別治安まとめ<保存版>

コロンビアのカリ市のエリアと、エリア別による治安のまとめ。

これは保存版です!

私はカリにいたので、6年前から何度もカリの治安情報について書いてきました。
今回は細かいエリアに分けてエリアごとの治安情報です。
カリに行く方が現地でトラブルにあわないように、がんばって詳細に記しました。
カリに行く方はぜひ読んでください。

カリに行きたいけど(行く予定だけど)、カリの情報が少ないので不安という方からメッセージで質問されることもときどきあります。
私がカリやコロンビアの治安や安全情報について書いてきた過去記事も、この記事の最後のところにリンクはってありますので参考にしてください。

今回の記事と合わせて私が今まで書いたコロンビアとカリの治安関係の記事を読めば、カリに長期滞在する方でも身の安全をかなり守れると思います。


なお、私はカリではコロンビア人に囲まれて暮らしてて、友達も知り合いもみんなコロンビア人なので、こういう安全情報はほとんど現地のカリっ子から得たものです。(何人か欧米人の友達もできたので欧米人情報も少し入ってる)。
または自分のカリでの体験でわかったことです。
だから日本人情報とは多少違うかもしれません。

カリには2016年の夏までいましたが、日本に帰国後も毎日コロンビア全土とカリのニュースには目を通しています。




(1)カリについて

コロンビアのカリ市はコロンビアのボゴタとメデジンに次ぐ第三の都市。
valle de cauca県にあるsantiago de caliです。
人口は二百数十万人。

メデジンは白人系が多いしボゴタはインターナショナルですが、カリはモレノ(肌が褐色系)や黒人系の比率が高いです。

熱帯のトロピカルな気候なので、30度越えることが多くて蒸し暑いです。
そのため蚊やぶよが多くて、蚊を媒介とした感染症もあります(デング熱、ジカ熱、チコングニア、マラリア)。
虫やヤモリが多いので虫が苦手な方にはつらいかも。
宿泊するところが低層階や、クーラーがない宿だと寝る時も熱中症対策が必要です。

カリに行く旅行者の大半が、エクアドルに行く経由地か、サルサ目的だと思います。

エクアドルに近い方にあるので(地図でいうとコロンビアの左側)、周遊バックパッカーがエクアドルに陸地で行くときの中継地になってるそうです。

カリだけを訪問する人には、サルサというラテンダンスが目的の人が多いです。
カリが la capital de la salsa mundial(世界のサルサの首都)といわれるほどサルサが盛んな都市だからです。
私もコロンビアのサルサ、特にカリのサルサが好きなのでカリに住んでいました。

サルサが好きな人には楽しいと思いますが、サルサに興味がないとカリは特に見所がない地方都市です。
だからカリに中継地として滞在した人にはあんま評判よくないです。
エクアドルの中継地としてのみカリに行きたい方は、エクアドル国境付近の県はもともと外務省の渡航中止勧告地域のうえ最近ゲリラで危険になってますので、カリから陸路のルートをやめてエクアドルには空路でいきましょう。






⑵ カリ市全体と周辺都市の治安


コロンビアの首都ボゴタや第二の都市メデジンは治安が飛躍的によくなり街も発展してきれいになり旅行者が激増してますが、第三の都市カリは二都市に比べてずいぶん遅れをとっています。

カリはボゴタやメデジンに比べると圧倒的に警官が少なく、街にあまり警備やパトロールしてる警官を見ないです。
だから犯罪率高いんじゃないかと思っています。

コロンビアで一番殺人率が高いのはカリ市で、世界殺人率ランキング10位(2015年)。

次にコロンビアで殺人率が高いのは、カリの近くにあるパルミラです。
両方ともマフィア抗争により、殺人率が突出して高いそう。
カリは昔からカルテルがある地域なので。

ただし昔に比べたら2010年代はずっと治安がよくなりました。
特に2015年以降、殺人率は大幅に減っています。
2012年と2013年に比べると、2015年は今まで治安が悪かった地域でもこの数年で殺人率が半分以上も減少しています。
今月(2017年3月)コロンビアのニュースでコロンビアやカリの2016年の殺人率が大幅に下がったと言ってたので、2016年の殺人ランキングはもっとよくなるかと思います。

カリの人にきくと「カリは昔に比べたらかなり静かになったが、でもまだまだpeligrosso(危険)だよね」とはよくいいますが。

私が何年も前にいたときはカリの近郊の都市に行く道にゲリラが出没する危険性があったのですが、今は旅行者がバスで移動できるようになりました。でもカリの市外の地域には(yumbo周辺とか)最近治安が悪くなってきているところもあるので、市外に出る人(市外を通る人も)は注意してください。





⑶ カリのエリア分けについて

普通は、中南米ではエリアにより治安が変わるので、治安のいいエリアに滞在して危険なエリアには滞在しないようにといわれます。

けどカリは安全なエリアと危険なエリアがボゴタやメデジンみたいにはっきり分かれてないです。同じエリアでも場所によって治安が変わるところもあります。

一般に旅行者情報でよくいわれるのは、カリの地図上でautopistaから右半分(oriente 東部)は治安が悪いので行かないようにということ。

カウチサーフィンとかAirbnbなどを使って一般人の家やアパートを借りる人は、エリアに注意してください。





● カリの南部や北部というエリア分け

カリのsur(南部)とかnorte(北部)やoriente (東部)などの地域が、よく旅行者の安全情報でてきますね。

コロンビアのニュースでも、場所を示すときはsurやnorteなどを使ってます。


それがこの地図です
 ↓


cali mapa


これがカリの東西南北のエリア分けです。

つまり、この地図の右側のoriente(東)が治安が悪いということを言ってるわけです。





●comunaとbarrioによるエリア分け


カリにはもっと細かいエリア分けがあります。


comunaという行政区が22つ。
comunaの中にbarrioという細かい地区があり、barrioは全部で249あります。


comunaの地図がこれです。

cali comunas


カリでエリアをいうときに重要なのが、barrioです。


カリでの行き先や滞在先の状況を調べたり地元の人にききたい時は、cumunaとbarrioがわかると話が早いです。
(もしくは行き先の住所)

カリでは不動産や宿などもbarrio名でエリアを書いてあることが多く、barrioは重要です。

各barrioの名前や、そのbarrioがどこのcomunaにあるかについては、https://es.wikipedia.org/wiki/Cali に載ってます。
またはgoogleで、「barrio名、santiago de cali 」で検索すると、どこのcomunaにあるか出てきます。


私はカリで知らないところに行くときは、カリっ子のコロンビア人の友達に行き先のbarrio名を言って、治安はどうか、タクシーで行ったほうがいいかなどきいてました。

そのように「barrio」でジモティにたずねるといいですよ。


この東西南北のエリアと、comunaとbarrioをこれからエリアごとの治安をいうときに頭に留めておいてください。






⑷ カリのエリアごとの治安

カリのなかでも治安が特にいいと一般にいわれているのは

norteの西側など
oesteのel peñonなど
surのtequendamaやestudioからずっと南方面 
です。
comunaでいうと、特に comuna 2, comuna 17, 19, 22です 。



一方 治安が悪いのがorienteと、
ケーブルカーなどがある高台のスラム。
それにcentro などのまんなかのエリア。
(これは東西南北のエリアで確認したほうがわかりやすいです)


それがずっとカリについて言われてきた治安情報なんです。

しかし急にここ数年(2015-17年)、治安の状況が変わってきました。
今まで治安が悪かったエリアの殺人率が大幅に下がり、治安がいいと言われてたエリアでのほうが事件や殺人率があがっています。
新聞に報道されるような事件が、従来は治安がいいといわれていた高級住宅街エリアでおきています。
たとえばnorteのgranadaとか、oesteのel peñonとか、surのtequendamaやingenioやciudad jardinなどなど。
特に去年はsurの高級住宅街エリアでの事件がよくニュースに出てました。

そういう最近の治安情報については、次のトピックで詳しく説明します。

コロンビア人のカリっ子たちも、もうどこが安全でどこが危ないかというのがわかんなくなってきたと言ってました。

といっても数でいえば従来から治安の悪かった地域のほうがまだ圧倒的に殺人率高いですよ。

でも、貧困層エリアは窃盗してももうけが少ないけど、高級住宅街のほうが空き巣や強盗すれば金目のものが多いので狙われやすいんではと以前から私は思ってました。
実際自分がいたときにもリッチなエリアでひったくりとか強盗が結構あったので。

最近リッチエリアが特によくねらわれてるのは、カリっ子がいうには金目のものを持ってる人が多いし、閑静な住宅街が多いから人通りが少なくてひったくりや強盗しやすいからだろうと言ってました。

貧困エリアのほうが人通りが圧倒的に多いし、町人同士の結束がかたいところもありますから。

それにカリ市はギャングやマフィア抗争で殺人率が高いそうなので、もともと治安が悪い貧困エリアは空き巣や強盗よりは抗争での殺人率が高いのかもしれません。

でもジモティと旅行者では違いますし。
今までの治安概念で「西と南が安全で東は危ない」とか「いいエリアにいれば安全」だけじゃなくて、カリはどこにいても危険があるかもしれないと思って安全対策することをおすすめします。

カリに数日しか滞在しない旅行者なら、治安がいいといわれているエリアだけにいて、セントロとかに行かなければ大半のトラブルは避けられると思います。
カリにもっと長く滞在する人は、ここに書いてあるエリアによる治安をよく読んで行動してください。





●2014年のcomuna別の殺人数map


カリ市のサイトからお借りしてきたデータです。
2014年のカリ市でおきた殺人がどこの地域でおきたのか、comunaごとのマップにしてあります。





色が濃い方が殺人数が高いところです。

comuna ごとに2014年の殺人数が出ています。
C数字で、Cがcomunaで数字がcomunaの番号。C17ならcomuna17です。

このmapで見ると、治安が最悪とずっといわれていたorienteの最悪エリアよりも、真ん中にあるセントロのエリアのcomuna 9 が殺人数が倍近く高いのにびっくり。

これは2014年のデータなので、2015年から今年の状況とは多少違っています。

でもだいたいcomunaごとの治安はこんな感じです。
(comuna22はこの年には突出して殺人数が高いですが、通常は治安がいいエリアです)




● カリで治安が悪い地域


上記の地図で示したカリのoriente(東部)が治安が悪いといわれてる地域。
oriente(東)には日本人在住者は足を踏み入れないし、旅行者にも行くなと言われています。
だから一般の旅行者でorienteに入る人はいないと思います。

何年前にorienteにいたとき、その辺に滞在してた欧州人旅行者に偶然会ってびっくりしたんですが、カウチサーフィンで来たのこと(お互いのアパート同士を交換する)。どうりで。。

普通はorienteに行く旅行者はいないでしょう。

ところが、サルサ(ラテンダンスの一種)目的でカリに行く人の中にはその治安の悪いorienteエリアに行く人もいるんですよ。
カリで一番のサルサのメッカはこの地域だからです。
サルサのダンサーやミュージシャンの多くがoritenteの出身者なので、サルサの先生やダンサーの家にステイしたり訪問する人はorienteに滞在することが多くなってしまうのです。
しかもサルサのアカデミー(スクール)の大半がorienteにあります。

サルサが好きな方にはorienteは魅力的かもしれませんが、犯罪マップでわかるように治安が悪いところなので、もしorienteに行く場合は自分のサルサの先生とかダンサーの友達など守ってくれるジモティと一緒に行動してください。
基本的にスペイン語しか通じない地域なので、スペイン語しゃべれない人には行動しづらいです。

(※ サルサ目当てでカリに行く場合の治安についての項目は下記にあるので見てください)



実はサルサ関係で私もorienteにしばらく滞在したことがあります。
あの辺りは人口が多いのか、夜遅い時間でもとても人通りが多いです。
だから夜遅くても、うじゃうじゃ近所の人たちが通りにいました。夜10時過ぎても子供達がサッカーとかして外で遊んでたり。
外国人がぜんぜんいないので、外国人の私は目立ってるから町の人たちが私の顔を知ってる。だからかえって狙いにくいのかもしれませんが、幸い一回も犯罪にあったことないです。
一度近所でひったくりを見ましたが、近所の人たちが犯人を取り囲んでぼこぼこにしてました。あとで警官に住民たちが犯人を引き渡してました。
(南米の田舎とか警官が少ないエリアでは市民が自警をしていて、田舎だと犯罪者を私刑することがあります。)

ただし私がコロンビアを去った翌年、その地域にあり私もサルサ踊りに行ったことがあるクラブで乱射事件がおきました。
ギャングが店内で乱射して踊りにきてた客を多数殺害した事件です。
こういう事件はコロンビアでもめったにない大事件ですが、参考までに。



orienteの中でも特に治安が悪いのがこの地図上で黄色いエリアです。(comuna 13, 14, 15)

cali inseguridad 2014 mapa


この黄色で示された地区のなかで、agua blancaというエリアがカリで昔から一番治安が悪いところです。
ここにはマフィアやギャングの事務所があり、マフィア抗争もときどきあります。
それにaguablancaは家賃が安いので(貧困エリアだから)、出稼ぎや移住でカリにやってきた地方出身者が多いそうです。
このエリアは犯罪がもともと多いです。
でもaguablancaは、サルサチョケなどのストリートダンスや音楽のメッカでもあります。




●西側のスラム

西側は大丈夫といっても、丘の方にも貧困地域があります。
カリにメデジンと同じメトロカブレ(ケーブルカー)が最近できたんですが、メデジンと同じように高台の貧困エリアと中心部をつなぐためです。

カリっ子の友達の車で去年移動してた時に大渋滞と道路封鎖でやむをえず迂回したんですが、途中坂を下りてるときに通ったところがゴミだらけで見てすぐやばい地域だとわかりました。
そしたら友達がここがカリのスラムだよって教えてくれました。
orienteよりももっと汚くて整備されてなかったです。

中南米は概して高台のほうがインフラがよくないこともあり、貧困エリアやスラムが多いんです。




●セントロなど中央部分のエリア


あと治安がよくないのがまんなか辺の地域です。
東西南北のエリアわけでまんなかのcentroとかいてある地域とその周辺です。
この辺はセントロもあるし、ごちゃごちゃした下町っぽいところです。
繁華街や修理工場などもたくさんあります。

「centro (セントロ)」は旅行者も結構訪れるところですが、他の中南米の都市のセントロと特に違う点もないしセントロには旅行者は行かないほうがいいんじゃないかと思います。
私はずっと前にカリにいた時はセントロにときどき買い物に行くこともありましたが、次に滞在してたときは一度もいきませんでした。
コロンビア人がセントロに行く理由は、セントロのほうが値段が安いものがあるからです。
セントロはいつも人が多くて歩道を歩くのも大変だし、ごちゃごちゃして汚くて臭いし、現金払いの店が多いからキャッシュ持ち歩かなきゃいけないし、物乞いなども多いし、スリなど窃盗事件が多い。

だから私は値段が高くても、安心して買い物ができる大型ショッピングモールでばかり買い物してました。



●san antonio

comuna 3にあるエリア。
san antonioには丘の上のサンアントニオ教会など観光名所が集まってて外国人観光客が多いです。バックパッカー宿が多いので外国人バックパッカーや欧米人がたまってるバーなどがたくさんあります。

san antonioには有名なバックパッカー宿があるし欧米人が多いのでよさげですが、このエリアの下の大きな道路とかにはヤクの売人がいるところがあります。売人がいる辺りは歩かないほうがいいです。
欧米人にはドラッグ目当ての人もいるから、san antonioはドラッグが結構あり欧米人が宿などでドラッグやってるとコロンビア人たちがいうので私はステイしたことないです。交通が結構不便だし、最近殺人事件もおきたので。




●sur地域

surのtequendamaから南部はカリでも治安がいいエリアといわれています。

カリの目ぬき通りのcalle quinta に沿ってMIOというトラムバスが走っており、tequendamaあたりからuniversidad, ciudad jardinやvalle de liliあたりまではカリで治安がいいエリアなんです。
有名大学や大病院、大型ショッピングセンターなどが点在しています。
だから外国人の旅行者や長期滞在者が多いし、コロンビア人も比較的リッチな層が住んでいる高級住宅街が多いです。

私もsurのquinta沿いのエリアに住んでました。
けど、近所の人たちからはquintaはけっこう危ないので気をつけろといわれました。
大通りだし、レストランなどが少ないから暗くなると店が閉まって人通りが少なくなるので、バイクがきて荷物をひったくられる事件があるからだそうです。私はquintaは日中、家の近くとかショッピングセンターのそばとかしか歩いてませんでした。

他にも大通りだけど、車の交通が多くても人通りが少ない通りはひったくりや強盗がときどきあるので注意しろといわれました。
かえって中に入った小さい通りで住宅街で店が並んでて人通りが多いとこのほうが安全に歩けました。

カリは大通りかどうかよりは、人通りがあるかのほうがポイントかもしれません。


しかし、ここ数年(2015 - 17年)急にsurの治安がいいエリアでの殺人事件が増えています。
強盗殺人が多くて、リッチエリアをカリのギャング団が狙ってると去年現地で報道されてました。
カリっ子たちによると、高級住宅街は人通りが少ないし、スマホなど金目のものを持ってる人が多いのでねらわれやすいんだろうとのこと。
それについては、次のトピック(最新の治安情報)で詳しく説明します。





●estadioエリア

上に書いたsurの治安がいいエリアには、tequendamaエリアも入っています。
tequendama駅の隣がestudio駅です(MIO)。
san fernandoという地区。
この辺りは外国人旅行者や在住者が多いエリアです。
外国人向けの宿や欧米人が多いバーやレストランもsan fernandoにたくさんあります。

ところが危ないエリアとしてカリっ子から一番よくいわれたのがestudioとその周辺なんです。
なぜここが危険か。
それはestudioという名前でわかるように、サッカースタジアムがあるからです。
サッカーの試合のあとは、フーリガンみたいなサポーターたちが暴走したり暴れてときどき死傷者が出たり物を投げつけらられたりするので、サッカーの試合がある日にはこの周辺にはいないほうがいいです。(サッカーの試合がある日にはこの周辺に宿をとらないほうがいい)。






⑸ カリの交通について


カリの空港から市内への公共交通は、タクシーかバスかUBERです。
バスは安いですが、バスターミナルに到着するのでめんどくさいし、バスターミナル辺りはちょっと気をつけたほうがいいです。

知り合いがいれば車で迎えにきてもらうのが一番。
カリの空港はボゴタみたいなオフィシャルタクシーがあるのか知りません。
現地に友達がいればその人の知り合いのタクシー運転手に予約してもらったほうが安全だと思います。
もしくは、コロンビアで大人気のスマホアプリの配車サービスUBER。一般のタクシーより安全といわれてます。
空港で待ってるタクシーでも大丈夫かとは思うんですが、普通の流しみたいなタクシーかも。
今だと市内までだいたい60000ペソくらい(3000円位)が相場なので、100000ペソとか言われたらぼったくりです。


市内の公共交通は、タクシーかMIO(メトロバス)かバスです。
それかUBER。

MIOというカリの主要な公共交通のトラム(ほんとはバスなんだけど専用レーンを走る)は、いろんなエリアを走っていています。
orienteのほうに行くと駅名なしのこともありました。駅名がないところは風景やストリート番号を見て降りてました。

MIOが走ってない地域はバスがカバーしています。
バスにはMIOがやってるバスと、普通のバスがあります。
MIOのバスのほうがきれいでMIOのカード(SUICAみたいの)で乗降しますが一部の地域でしか運行してないです。
バスは、短期旅行者には難しいかと思います。日本みたいな停留所がないこともあり。


カリのタクシー事情はあんまよくないです。
流しのタクシーは乗らないほうがいいです。ときどきタクシー強盗とかぼったくりとかあるので。
タクシーに乗るときは無線タクシーを店や宿などに呼んでもらうか、スマホアプリのUBERという配車サービスを使うのが安全です。コロンビア人の間ではUBERが大変人気です。

でももし店もないし無線のタクシー呼べないところややばいところで暗くなったりしたら、流しのタクシーを見つけ次第乗ったほうがいいです。
やばいところを歩いた方が強盗にあう確率が圧倒的に高いので。
流しに乗るときはできればタクシーのIDナンバーをひかえておいたほうが安心です(コロンビア人がやってた)。

年末にカリを訪れる観光客が多いのですが、年末年始はフィエスタやフェリア時期なのでタクシーぜんぜんつかまりません。無線は全部だめで、流しのタクシーもまったくつかまらないときもあります。
知り合いの運転手を予約しておくか、お友達に迎えにきてもらったほうがいいと思います。




(6)お金をATMでおろしたら

コロンビア人たちからいわれたのですが、ATMでお金をおろす場合「現金を持ったらすぐタクシーで帰宅すること」。
ATMでお金をおろすのを見られあとをつけられて強盗にあう事件があるからです。
最近ブラジルではそれで殺害された邦人の方がいました。
コロンビアでは引出額に制限があるので1回につき800000ペソ(32000円くらい)しかおろせないのですが、お金を盗られるよりもけがしたり死ぬほうが嫌ですよね。
私は大型ショッピングセンターの銀行ATMでお金をおろして、ショッピングセンターのオフィシャルのタクシーで家に帰ってました。




(7)サルサ目当てでカリを訪れる場合


カリに絶対に行きたい、という人の多くがサルサ(ラテンダンス)目当てです。
カリは「世界のサルサの首都」といわれるほど、サルサが非常に盛んな都市です。
サルサやってる欧米人達もカリにやってきます。

サルサ目的の人が他の旅行者と違うのは、治安が悪いエリアに入ったり深夜に行動する可能性が高いことです。

クラブが集まってるところがカリの市外とか繁華街だったり、クラブは深夜営業してるので明け方に行動することになるし、サルサのダンスアカデミー(スクール)の大半が治安の悪い地域にあるからです。
またサルサのダンサーと行動したりダンサーや先生の家に滞在する方も多いと思いますが、ダンサーたちの多くは治安の悪いorienteエリアの出身者です。

そのorienteのエリアは高級住宅街と違って外で音楽をかけたりダンスするのが禁止じゃないので、家の外に大型スピーカーを置いて爆音で音楽かけたり、年末とかは道路を封鎖してストリートで地域の人がフィエスタして踊ることもよくあります。

クラブがあるエリアについてですが、クラブが集まってるのはクラブゾーンやzona rosa といわれる繁華街です。
しかしサルサのクラブには1軒外れてるところもあります。

日本人のサルサファンにも有名なクラブゾーンといえば、コロンビアサルサのorquesta guayacanの「Oiga Mire Vea」の歌詞にも出てくる Sexta(セスタ)やJuanchito(ファンチート)でしょう。

けど、セスタはとっくにおちぶれており客がほとんどいないし、ファンチートはカリっ子にいわせると「おわってる」とのこと。
ファンチートはまだ有名クラブがあり私は一昨年や去年も行きましたが、以前よりすたれてるとのこと。ファンチートはカリの外なので遠すぎるし、途中の道の治安が悪い(車やタクシー強盗とか)。
別のクラブゾーンのmengaは市内ですが、遠いしクラブの料金が高い。

市内のクラブが近いし去年から朝5時まで営業可能になったこともあり、最近はジモティには市内のクラブの人気があがっています。
市内に新しいzona rosaもできました。

サルサ関係でダンサーやサルサの先生の家にステイするときは、ダンサーなどは治安の悪いoriente出身者が多いので周辺の治安情報をその人によくきいて行動してください。

サルサ関係で行く場合は特に、世話をしてくれる現地在住のコロンビア人の友達がいたほうがいいと思います。

しかもコロンビア人はカップルやグループでクラブに行くので、サルサ目的で行く方はサルサのクラブに一緒に行ってくれるコロンビア人がいないとコロンビア人だらけのクラブは難しいです。
サルサ関係やサルサのクラブによく行く人じゃないと、サルサのクラブやスポットがある場所やその周辺の治安がわからないでしょうから、クラブを知ってるカリのコロンビア人がベストですね。

クラブはどこも深夜から営業で盛り上がるのが明け方なので、深夜から朝方までクラブにいることになります。
普通の海外旅行では夜には出歩かないようにと書いてあるし、ましてや中南米で深夜に出かけるなんて危険なので絶対にやってはいけません、と言われると思うんですが、早い時間はクラブやってないからしょうがないです。
だからローカルなクラブは旅行者にはハードル高いですね。

不安な方や、カリっ子のサルサ関係の友達が現地にいない人は、外国人が多いダンス学校でサルサを習ったりクラブに行く方がいいと思います。
surにあるsan fernando(tequendamaやestadio)のエリアには有名なダンススタジオ、サルサアカデミーやサルサのクラブがあります。
このあたりは、欧米人旅行者や在住者が非常に多いエリアです。
だからダンススタジオやサルサのクラブに来てるのは欧米人が多いです。でもカリのダンサーたちもいます。
日本人でサルサ目当ての観光客にはおすすめです。
確か英語対応もあったと思うし、ここなら観光客でもダンスのレッスンとったりクラブにタクシーで行ったりできます。





● 安全対策

カリの各エリアについての治安について述べましたが、コロンビアでの安全対策については前に書いたこちらを読んでください。

「 コロンビアでの日本人殺害事件と安全対策」


いまカリで一番急増してるのが、スマホのひったくりやスマホをねらった強盗です。
カリもスマホ社会なので転売しやすいからです。


この前に書いた安全対策と今回教えたカリのエリア別の治安状況をよく読んで対策すれば、カリで滞在する場合にかなり安全を確保できると思います。長期滞在の方には特に役にたつかと。
カリにステイする方はぜひ実行してみてください。


※ 次のトピックで、最新のカリの治安情報について書きますので、そちらもご覧ください。




他に過去に書いた記事のなかでコロンビアやカリの治安関連トピックのリスト:

「コロンビアのカリの治安と注意事項」
「コロンビアのカリに観光に行きたいと思ってる方へ」
「コロンビアの最新の旅行安全情報について<dia feliz版>」
「 コロンビアでの日本人殺害事件と安全対策」
「 コロンビアは世界一の危険国じゃないよ、コロンビアへの誤解をとく」
「海外で身を守るために」
「コロンビア人がクラブに行くのは刹那的だから」



コロンビアの最新の旅行安全情報について(dia feliz版)

最新のコロンビアの安全情報について話したいと思います。

あれ、安全情報なら外務省の渡航安全情報見ればいいじゃん、旅行サイトにはみんなそう書いてあるよ、と思った方多いと思います。

でも外務省の渡航安全サイトのコロンビアの項、なんか情報が古いような気がするんですが。。。。

ゲリラのFARCとの和平交渉締結についても最近あったボゴタでの爆破テロについても書かれてない。見たかぎり一番新しい情報は2015年のような気が。。。

また在コロンビアの日本大使館のHPも、外務省の渡航安全情報へのリンクしかないみたい。


中南米はこのごろ異常気象で天災が各地でおきています。政治情勢やデモが起きたり治安のいいエリアなどが変わることもあります。

中南米にいく方は中南米の最新のニュースをチェックしてください。
スペイン語がわかる人は現地のニュースを毎日ネットなどで読んだ方がいいです。
英語ならCNN españolなど英語で中南米の広域ニュースを読めます。
ネットに一部のニュースを和訳してupしてくれてる人もいます。
それも無理な人はgoodle翻訳などで現地のトップニュースを翻訳してみてください。


私はコロンビアには半年前までいて、今は日本にいるんですがコロンビアのニュースは毎日チェックしています。
ニュースによってはコロンビアを中心にツイッターで翻訳してるので、私のツイッターもみてください。


そこで私がコロンビアにいたとき見聞きしたことと、最近のニュースを見て、コロンビアで行かないほうがいいと思う地域と注意したほうがいいと思った地域を発表します。
(注:2017年3月時点の話なので先々は状況が変わるかもしれません。私の見解に異論がある在住者の方はご自分のブログやSNSなどで旅行者に安全情報の告知をお願いします。旅行者が事件に巻き込まれないように)



 <dia feliz 版 コロンビアの渡航安全情報 (2017年3月)>



私がいまコロンビアで行かないほうがいいと思うエリア
→ 隣国のベネズエラの国境近くとエクアドルの国境近くの地域。

旅行はもちろんできるけど注意したほうがいいと思うエリア
→ 首都ボゴタ、カリ、パルミラ、ブエナアベントゥーラ



なぜかということを下記で説明します。



colombia 県の地図


ちなみに第二の都市メデジンはAntioquia県、第三の都市カリ市はValle del Cauca県にあります。Valleには下記に出てくるBuenaaventuraもあります。




● いま渡航しないほうがいいと思うエリア

ベネズエラとエクアドルとの国境近くの地域。

→ 特にククタなどのノルテ・デ・サンタンデール。


エクアドルの近く 
→ 特にナリーニョ、カウカ県。 

チョコ県。

アマゾン地域 



これらの地域は日本の外務省の安全情報では以前から「渡航をやめてください、渡航中止勧告」地域です。
両方の国境地域は以前からゲリラの活動地域で、麻薬組織もいるところだからです。

(チョコとアマゾンは違いますが)

ブラジルで黄熱病が発生しているのでブラジルの近くのアマゾンに行く人は黄熱病の予防接種証明書が必要になりました。なぜかチョコもだそうです。


ゲリラとは和平締結したからいまはゲリラ問題ないんでしょ?と思う方も多いと思います。

確かにコロンビアはここ数年治安が大幅に改善して、ゲリラ問題やテロもほとんどなくなり、好景気で投資も増加し、外国人の旅行者が急増しています。



ところが最近2つ大問題が出てきたんですよ。


隣国のベネズエラの危機状態と、ゲリラ問題。


コロンビアでは毎日ベネズエラ関係のニュースが報道されています。
ベネズエラの情勢もなのですが、ベネズエラ(人)がコロンビアにどういう影響を及ぼしているかが大半です。
コロンビアのせいじゃなくて、隣の国の影響なんですけどね。


ベネズエラは独裁政権下の経済危機に陥ってます。
国民の大半が飢餓に苦しんで暴動などがおきることも。
ベネズエラ人達がどんどん国境を越えて近隣の国に逃げています。

コロンビアにも多数のベネズエラ人が不法に入国して、入管に検挙されています。
特にククタなどにはベネズエラ人が物資や薬品を求めて多数やって来たり、ククタで先月は未成年を含む不法のベネズエラ売春婦が検挙されたりしています。

ノルテ・デ・サンタンデールは逃げてきたベネズエラ人が多いので、ベネズエラ人関係の事件が増えています。
今週はベネズエラ人3人が殺害されました。

他のベネズエラの近くの国(パナマ、ブラジル、ペルーなど)にもベネズエラ人がやってくるので、ベネズエラ人へのビザを一時止めてる国もでてきています。

ベネズエラが超インフレのため高額の新札を発行したときは、両替に来るベネズエラ人が殺到して混乱しないようにコロンビアが国境を一時封鎖しました。
ブラジルもその頃一時国境を封鎖してました。

ベネズエラの問題は簡単に解決しそうではないので、今後も情勢の動向が気になります。


そしてゲリラ問題。
ゲリラは第一のFARCとは和平締結して武装解除してる途中です。FARCの支配地域だったところはそのプロセスでちょっと混乱してます。
そして第二のゲリラのELNと和平交渉が始まったのにELNがテロをおこしたので交渉が難航しています。

チョコ県ではゲリラELNにより複数の市民が殺害される事件がおき、ベネズエラ国境のククタでは市民の誘拐事件がおきています。

日本の外務省でもともと渡航中止勧告エリアであるにもかかわらず、このエリアにいまだに入る日本人バックパッカーがとても多いです。
バックパッカーは決まったルートと陸路にこだわるからだと思います。
陸路でコロンビアを抜けてベネズエラやエクアドルに行きたいんですね。

ベネズエラの情勢悪化で、JICAや外資企業などはベネズエラからもうひきあげているからベネズエラに行くのは論外です。
コロンビアの国内でもベネズエラに陸路で行くには上記の治安が悪い国境エリアを通ることになるので上記のエリアに入らないでください。
コロンビアでは上記以外の地域を旅行してください。


エクアドル国境近くのナリーニョやカウカやチョコなどもコロンビアのニュースに最近特によく出てきます。

チョコ県は外務省の安全レベルでは渡航中止勧告地域に入ってませんが、最近急にコロンビアのニュースに出てくるようになりました。
ゲリラELNのチョコでの活動が活発化してるからです。
で最近コロンビアの新聞記者がカウカ県でゲリラのELNに捕まった事件もありました。

ナリーニョとカウカ県はコカなどの麻薬の産地ですが、Farcとの和平締結後コカ畑などの麻薬栽培地が政府によっていまどんどんつぶされていってます。そのニュースが毎日のように出ています。
ナリーニョとカウカは麻薬の産地であり麻薬組織が多いところです。

エクアドルとの国境近くの美しい教会を見たいのはわかりますが、コロンビアからエクアドルに行くなら飛行機にしましょう。飛行機のLCCもあります。
(Caucaカウカ県は、カリ市のあるValle del Caucaとは別です)




● 訪問はもちろんできるけど、注意したほうがいいと思われるエリア


首都のボゴタ
ブエナアベントゥーラ
カリ市
パルミラ



上記の国境付近に比べたら安全度はずっと高いので旅行できますが、気をつけたほうがいいと思われる地域です。


パルミラと第三の都市カリ市は、世界殺人ランキングの上位にでてきます。
私はカリにいましたが、殺人率が高いのはマフィア抗争だそうです。
マフィア抗争は普通に生活してたら普段は見ることはないです。
けれど強盗殺人は日常的にかなり多かったです。
カリは今まで治安のよかった高級住宅街エリアや外国人が多いエリアでここのところ殺人事件が急増しています。
単独犯の事件もありますが、ギャング団が高級住宅街を狙ってるのもありました。
カリの人たちもどこが安全でどこが危険かわからないので、どこでも危険と思って気をつけたほうがいいといっています。

カリはサルサ(ラテンダンスの一種)が好きな人じゃないかぎり、特に見るべき観光名所がないです。
カリに絶対に行く用事がなくて、たんにエクアドルに陸路で行く経由地として滞在したい人は、エクアドル付近の県が上記のようにとても治安が悪くなっていていかないほうがいいため、経由地としてのカリ滞在はやめといたほうがいいと思います。
メデジンから空路でエクアドルに入るのをおすすめします。


ブエナアベントゥーラは、太平洋に面した市です。
カリの人から行かないほうがいいといわれたくらい、もともとそんなに治安はよくない港町です。
この1ヶ月半くらい渇水問題に苦しみ、水が出ないから衛生状態が悪く子供が感染症で亡くなったりしています。渇水問題はまだ解決してません。


首都ボゴタは世界殺人ランキング圏外で、外務省の渡航安全情報でも危険度レベルが低いです。
開発されてとてもきれいな都市になりました。
しかし最近またテロが何度かおきています。
保険会社などをねらった小規模爆破テロはおととしくらいからちょこちょこありました。
最近では2月のボゴタの闘牛場のそばで爆破テロがあり1人が死亡し30人近くが負傷しました。ゲリラのELNが犯行声明を出しています。
ボゴタは首都で政治と経済の中心地ですので、テロにもともとねらわれやすい場所なんです。
先月ボゴタの空港の飛行機機内で爆弾騒ぎがありましたが、外国人乗客の狂言でした。
コロンビアにいく人はボゴタを通る人が大半でしょうから注意してください(って爆破テロは注意しようがないんだが)。

都市部の交通機関の注意点としては、
また、このごろボゴタの公共交通機関が襲われる事件もおきています。
SITPという市内のバスでバス強盗や窃盗事件が多発しており、またバスの車体が壊される事件もありました。

コロンビアでは一般の黄色いタクシーが評判がよくないので、スマホアプリのUBER(配車サービス)が人気です。
でもUBERに客をとられると怒ったタクシー運転手達がUBERの車を襲撃する事件がカリやボゴタなどでいくつもあったし、タクシー運転手たちが抗議デモすることもあります。


また異常気象で中南米のあちこちの地域で天災がおきています。
コロンビアではカリで去年は雨季が終わる時期なのに雨季が終わらず洪水したし(いまも一部で洪水)、いまはチョコやアンティオキアの一部などで洪水被害が出ています。
各都市を結ぶ道路で土砂崩れがときどきおきています。

去年から今年にかけて何度か大きめの地震がおきています。

(3月22日追記:コロンビアの洪水被害地域が28%になりました。特にパルミラや、アンティオキアの一部などが被害が大きいです。カリ市も川が警戒水位になってるので注意してください。今雨季なので豪雨の影響もあり、落雷や土砂崩れで道路が封鎖される場合もあります)

(3月24日追記: ベネズエラの武装した軍人たちがコロンビアのアラウカ県(ベネズエラとコロンビアの国境沿いの県)に侵入し野営地をつくりベネズエラ国旗をたてました。コロンビア大統領がベネズエラ大統領に要請して撤退しましたが。ここ数週間、ベネズエラの軍人や警官など公職にある人たちがコロンビアの領土に侵入してくる事件がなんどもおきています。コロンビアの県知事がベネズエラ国境を完全に封鎖すべきだと主張していており、ベネズエラとの緊張がおきています。ベネズエラ国境付近の各県には入らないほうがいいと思います)

(3月24日追記:コロンビアのカリ市内のsurなどで洪水被害が出ています。カリ市から他方へ向かう道も洪水で浸水してるところもあります。)

(3月25日追記:メデジンで洪水し住宅など浸水被害、カリも洪水被害拡大、ボゴタで落雷による死亡事故、他都市からボゴタへ向かうバスが落石があたって4人死亡、コロンビアのいろんなエリアで豪雨による洪水被害が拡大しています)

(3月27日追記:エクアドル側のチョコ県でゲリラのELNの襲撃により5人が殺害される。
ベネズエラ国境にあるノルテ・デ・サンタンデール県のククタで、武装集団が市民一人を誘拐)


最新の安全情報などについては コロンビアの毎日のニュースを翻訳してツイッターにUPしてるのでそちらを見てください





このへんが私がコロンビアのニュースを見ていて気になった地域です。

コロンビアにいく方や滞在中の方は、最新のニュースを必ずチェックしてください。




ベネズエラに旅行しないようにね!

ベネズエラといえばギアナ高地やエンジェルフォール。
世界の絶景がある。

Oscar D'Leon, Adolescentes Orquesta, Chino Y Nacho (最近解散してそれぞれソロになったが)など素晴らしいサルサやラテン音楽のアーティストがいる国。

産油国でリッチ、日本ともビジネス取引してて以前は外国人たちが出稼ぎにたくさんきてた国でした。

ほんとは今も豊かな国なんです。

ところがチャベスが大統領になってから状況が変わり、チャベスの死後に後継者として大統領になったマドゥーロが独裁政治をしてから一部に富が吸い上げられ、ベネズエラが危機的な状況に陥ってます。

今は国民の8割が飢えてやせていってる。
暴動がおきることも。
飢えに苦しんでゴミをあさったり、他の国に脱出する人もいます。

中南米の他国はベネズエラとの国境を封鎖することもあるし、ビザ発給を停止する措置をとったりしています。

毎日状況が変わっていてカオス状態。

外資企業やJICAも引き上げていて、航空会社にはベネズエラへの就航をやめたり、国によってはすでに渡航を禁止しているところもあるそうです。


ベネズエラは南米の一番北のほうにあり、以前から南米周遊バックパッカーのルートに入っています。


いまだにベネズエラに行く日本人バックパッカーたちがいます。



ベネズエラに行く旅行者に告ぐ。
ベネズエラには旅行しないように。

日本の外務省の渡航安全情報でもベネズエラへの渡航はやめるように書いてあります。

バックパッカールートでは南米入りはコロンビアから入る人が多いみたいですね。
コロンビアでは必ずコロンビア人かコロンビア在住の日本人からベネズエラに行くなと言われてるはずですが。
それをふりきってベネズエラに行く人たちがいまだにいるんですね。

そしてブログやSNSなどに、ベネズエラは危険っていわれてたけど行ってみたらそうでもなかったよ、楽しいよとか、ベネズエラは物価が安いよとか書いてるのを目にします。

けどベネズエラは今日大丈夫だったからといって明日大丈夫かどうかわかりません。
あなたが行って大丈夫だったところが、別の人が翌週に行ったら危険になってることもあります。
今日国境が通れても、明日は封鎖されるかもしれません。

しかもベネズエラ人に囲まれていて守られている人と、つてがなにもない旅人とは違います。

私はコロンビアに前にいた6年前に、ベネズエラに旅行に行こうとしたらコロンビア在住者から「ベネズエラは危険すぎて論外。絶対にダメ」って止められました。
6年前でですよ。

だから私はベネズエラに行ったことありません。
隣のコロンビアに滞在してただけ。
今もコロンビアのニュースや、ベネズエラに詳しい方や在住者からベネズエラについて知るだけです。

コロンビアはベネズエラの隣だし昔はベネズエラはコロンビアの一部だったこともあり、かなり影響を受けているので、毎日のようにニュースでベネズエラのことが報道されています。
私はコロンビアのニュースをツイッターに毎日翻訳してのせてますが、ベエズエラ関係はほんとに悲惨なニュースが多いです。


コロンビアで日本人殺害事件があってからこのブログになんどもベネズエラにいかないように書いてます。
コロンビアは身を守る安全対策をしていればだいたい大丈夫ですが、コロンビアとベネズエラではまったく状況が違います。
コロンビアは警察も法律も機能してるし、景気がいいし食べ物も物もあふれています。

(注:ただし、コロンビアでもベネズエラに近いほうのエリア(ククタとか)は、ベネズエラの影響などもあり、かなり治安が悪くなっています。また逆のエクアドルの国境近くのエリアも最近ゲリラ問題でいま状況がよくないです。ゲリラは和平交渉でもう終わったと思ってる人もいるでしょうが、FARCの解体のためのプロセスが進行中で、第二のゲリラELNとの和平交渉はELNのテロや誘拐などの反抗により停滞しています。ゲリラによる誘拐事件やテロなどもおきてます。左右の国境近くのエリアにはいかないように。コロンビアからエクアドルに行くときは空路をお勧めします。)


コロンビアとベネズエラでは雲泥の差。
他の中南米地域とベネズエラも違う。

ベネズエラはアウト・オブ・コントロール。


そのへんのところは、ツイッターやブログなどでベネズエラ在住者やベネズエラのメディア関連などの詳しい日本人の方たちが書いています。


これをぜひ読んでください。
(野田 香奈子さんの記事)

ベネズエラへ旅立つ前に知っておくべき10のリスク



旅にはリスクがつきものだよ、なにかあっても自己責任だし、旅先で死んでも本望だよなんて武勇伝ばかり語ってネットやブログに書いてるバックパッカーの方たち。

あなた1人がひっそり殺されて埋められて誰も知らないままなら、おっしゃるように自己責任で終わりでしょう。
でももし誘拐されて日本政府に身代金要求とかされたらどうしますか?
それこそ中東などの紛争地でおきてるような国際問題になっちゃいますよ。


ベネズエラのことを必死で現地から伝えてくれたり、ベネズエラにいかないように言ってくれてる親切な人たちの好意をあざ笑って、たんに南米ルートをコンプリートしたいとか旅のネタになるからという物見遊山の甘い気持ちで行くところじゃない。
在住者にも迷惑です。
人道支援でいくならともかく。
紛争地じゃないけど、旅人は紛争地くらいの同じくらいの感覚で考えたほうがいいような気がします。

ベネズエラに旅行でいかないようにね!


コロンビアは世界一危険な国じゃないよ、コロンビアへの誤解へ反論

2016年の11月にコロンビアのメデジンでおきた日本人強盗殺害事件の容疑者が今月逮捕されました。

ほんとによかったですね〜。
メデジン警察がんばったし、住民たちが目撃証言するなどの協力があったからだと思います。コロンビア人たちも心を痛めてましたから。



しかしこの事件があったことで日本のネットなどでコロンビアや中南米がバッシングされたり、コロンビア在住者や関係者には批判や中傷された人もいました。

私はコロンビアについてよくブログやツイッターに書いているし、コロンビアから帰国したらあの事件があったので落ち込みましたよ。

事件があった直後に私はブログで  「 コロンビアでの日本人殺害事件と安全対策」 という記事を書きました。
また新たな被害者が出ないように対策も書いたんで、そちらも読んでください。


このごろネットでフェイクニュースが世界に拡散されて問題になってますよね。コロンビアへのバッシング内容はフェイクニュースではないけど、コロンビアの現状とは違います。

コロンビアについて間違ってることが拡散すると困るからこのトピックたちあげました。



私はコロンビアについてよく書いたり話したりしてるので、コロンビア通だとかコロンビアLOVEの人とよく言われてます。
でも、ほんとはコロンビアに対してはLOVE & HATE(愛憎両方)なんです。
… というとみんなびっくりするんだけど。
コロンビアのサルサでコロンビアにはまってあの国にいたので、コロンビアのカルチャーは敬愛してますよ。
けど、コロンビアの嫌なところも見たからね…。

メキシコのほうがほんとは好きなんですが、メキシコは日本人がたくさん住んでるし観光都市として世界中に有名なのでメキシコの情報はあふれてるからいいやって感じ。

けどコロンビアはイメージが悪いし日本では知られてない。いつも「南米」コロンビアって国名の前につけらないとメーカーのコロンビアや米のコロンビア大学と混同される。南米の暗黒国のように言われてる。

なにかと悪く言われるかわいそうな子なので、ついコロンビアを応援したくなるんですよね。

おまえはコロンビア好きだからコロンビアの肩持ってるだけなんだろうと言う人もいるかもしれませんが、私はコロンビアでビジネスしてるわけじゃないので、コロンビアはすばらしいといいことだけ言ってるわけじゃないしコロンビア万歳でもないです。コロンビアの悪いところも書くから、私が書いてることはわりと客観的なほうかなと自負しています。

コロンビアや中南米のことをバッシングしてる人達が書いてることを読んでると、中南米には行ったことがないのは明らか。

コロンビアをバッシングしてる人たちと私の差は、
向こうはコロンビアを知らずにイメージや妄想だけでコロンビアについて書いてるけど、
私はコロンビアにいたからリアルなコロンビアを知ってる点ですね。




今回の事件がコロンビアでおきたことでコロンビアがネットなどで中傷されていて、あまりにもバッシングの内容がひどいなと思いました。これじゃいつまでたってもコロンビアのイメージが悪いままだから、コロンビアに対する誤解を解くためコロンビアの弁護をしたいと思います。



というのも今回の殺害事件では、私のブログのコロンビア関係の記事がコロンビアが危険国だという根拠に使われてるのをネットで見たからです。
都合のいいところだけ切り貼りしてネットの掲示板などに貼って、ほらこの南米に精通した人もコロンビアの治安が最悪だと言ってる、と書かれてたんです。

確かにコロンビアはこういう危ないところもあるので来る人は気をつけるようにとは書いたけど、
コロンビアの治安が世界で最悪とか書いたことないよ〜。

「コロンビア 治安」と入れてネットで検索すると私のブログの記事はいま50位以下です。でも日本人殺害事件前は上位のほうにありました。
ちなみに事件前には検索トップにあったのは、コロンビアは世界一の危険国という他の人のブログでした。コロンビアは産業もなく貧困と暴力で荒廃しきってるというようなひどい内容。


最近話題のまとめサイトも世界の危険国のトップにまだコロンビア入れてますからね。

やっぱ私がいくらコロンビアについてたくさん書いてても検索上位に出ないから、危険国っていうほうのサイトが大半の人に読まれちゃうわけですね。

しかもその検索で上のほうに出てくる私のブログの記事は、2011年に書いたコロンビアのカリ市の治安についての記事なんです。
カリはサルサの都市で有名なので(サルサはラテンのダンスと音楽)、サルサ好きの人が気軽に遊びに行っちゃったらいけないと心配して書いた記事です。
もう6年も前に書いたものだし、そのときに使ったデータは2000年代のものになるから古いです。
他にもコロンビアの記事書いてるのになぜこれが一番検索で上に出てくるのか知らないけど。

私がブログに

「コロンビアのメデジンは世界の殺人率ランキングで12位でしたが、このごろ治安が劇的に改善しました」
と書いてたとしたら、
              ↓
「コロンビアのメデジンは世界の殺人率ランキングで12位でした」
という前半の部分だけ切り取ってネットの掲示板に貼りつけて後半の部分はupしない
               ↓
それを使って ”ほら、メデジンは殺人率が世界で高い都市だと南米に精通した人も言ってる”

というかんじでネットに書かれてたわけです。

私の記事は、昔はコロンビアは治安がよくなかったけどこのごろ治安がよくなったという内容だったのに。
だからブログの記事をちゃんと読んでいながら作為的に抜粋したとしか思えません。

他にもコロンビアのカリの治安について書いてたのに、そのカリの状況の一部をコピペしてメデジンが危険だという根拠に使われてました。
カリとメデジンは離れてるし状況はぜんぜん違うから。
コロンビアは地域が変わると別の国のように違うんです。


私は中南米についてブログやツイッターなどによくかいてます。
今後何かコロンビアや中南米について書いたら、また都合のいいところだけ抜粋してつなぎあわされて中南米バッシングの材料にされたらどうしようかと心配になることもあります。


私のブログの記事を作為的に編集してまでコロンビアをたたきたい気持ちがよくわからないのですが。。。


私のブログの記事やツイッターに書いたことを、コロンビアや中南米のバッシング材料に利用しないでね。




まあ、でもコロンビアは確かにイメージが悪いので、そういうふうに悪くいう人が多いのはしょうがないのかも。
コロンビアはほとんど知られてないし。日本にはコロンビア人は少数しかいない。
コロンビア批判をしてる人たちは中南米どころか、海外に行ったことがない人もいるかもしれない。

コロンビア批判をしてる人たちが書いてることは、よくありがちなコロンビアや中南米へのイメージですもんね。

ラテンダンス関係の日本人たちでさえコロンビアに対してよくないイメージを抱いてる人が結構多いです。

コロンビアについては日本ではほんとに情報が少ない。
英語のガイドブックやネット情報ならあるんですけどね。
日本の旅行ガイドブックの「地球の歩き方」でもほんの何ページかしか触れてません。
ネットやテレビなどでコロンビアは危険国といってるから、コロンビアのイメージが悪いのは当然かなという気もします。


私だってラテンのダンスや音楽などのラテンカルチャーが好きになる前は中南米についてほとんど知りませんでした。
ラテン文化にはまって、最初にメキシコシティやコロンビアに行くと言ったときは両親からあんな危険なところに行ったらいけないと大反対されました。

コロンビアのカリ市にいたのは、私はコロンビアのサルサが好きでカリがサルサの中心地だからです。

私が乗り換えでアメリカを通ったときに米の空港の入管から1度だけ「なんでメキシコとコロンビアにこんなに何度も行ってんだ?」ってきかれたし。

メキシコ人の友達も私がメキシコのあとにコロンビアにいくといったら、
「コロンビアは危険だからやめなよ。麻薬マフィアの国だよ」っていうので、
「麻薬マフィアの国はあんたの国だよ」って返事したら 
「あーそうだった。はははは」って爆笑してましたが。

メキシコもよく生首が並べられてるとか吊るされてる写真が報道されてメキシコは危険だといわれるけど、そういう残虐な事件はほとんどマフィア抗争です。
麻薬マフィアの抗争か、もしくはマフィアから怒りをかった人が見せしめにされるか。なので普通の人には関係ないです。



何年か前にコロンビア在住日本人たちが激怒してたのが、テレビのワイドショーがやってた「コロンビアは世界一の危険国」という特集。
その取材場所が首都ボゴタのセントロにある赤線地帯で、売春婦や道端のホームレスなどをうつして「こんなにコロンビアは危険なんだ」と説明してました。そこはボゴタでも最悪のエリアで、普通のコロンビア人も観光客も足を踏み入れないところなんです。


どんな先進国でも必ず治安の悪いエリアはあります。
危険エリアや犯罪シーンだけ編集すればどんな国だって危険国に見えますよ。
日本だってテレビでよくやってる繁華街の警察の苦労話とか犯罪事件の特集を海外で放映すれば、日本のイメージ変わると思います。

マスメディアは自分たちがストーリーを決めてから、そのストーリーにあった取材をして映像をとったりインタビューすることがよくありますからね。


そのうえ旅行者のなかにわざわざコロンビアや中南米のスラムとか危険エリアに行って、そこで動画とってユーチューブにのせたりブログにupしてセンセーショナルなタイトルつけてる人がいます。
たぶん衝撃的な内容だとビュー数が増えて広告収入があがるからかな。
あの事件のあとでも中南米のスラムとか危ないところにあえて行くやつらがあとをたたないのは、武勇伝を語って自慢したりブログに書いたりyou tubeで稼ぐためなんですかね?

在住者や長期滞在者はこういう危ない場所には絶対に行かないです。

わざわざ危険地帯に入ってもし事件にあっても本人は自己責任だからいいじゃんと旅行者は思うだけかもしれませんが、また中南米や中南米関係者がバッシングされて迷惑をかけることをお忘れなく。

あほーーーー、メデジンのスラムなんかに行くんじゃないよ、まったく。
ほんっとに大迷惑。
こんなやばい奴らは中南米に行かないでほしい。

こういうテレビ番組や動画やブログが中南米は危険だというイメージを増幅してるんですよ。




ということで、
ネットで見たコロンビアや中南米に対するバッシングの内容について、これは現状と違うだろと思ったことに反論しますよ。

私はコロンビアや南米専門家ではないので、私が知ってる範囲で書きます。

(緑の文字で最初に書いてるほうが今回の日本人強盗殺人事件のあとでネットに書かれたコロンビアや中南米へのコメントです)




⚫︎ 「コロンビアは世界一の危険国」


→ コロンビアは世界一の危険国ではありません。
2015年のデータでは世界で一番殺人率が高いのは(紛争地域をのぞいて)ホンジュラスとベネズエラです。
(ベネズエラはいま国家の危機なので)

コロンビアは2015年のデータでは世界10位くらいでした。
カリ市やパルミラ市が殺人率を押し上げてると思うけど、両方の市ともマフィア抗争のためだそうです。
その後どんどん治安が改善してるのでもしかして2016年はもっと下がったかもね。




⚫︎「コロンビアのメデジンは悪の巣窟で世界で最も危険」。
「南米でも最悪の国」。
「コロンビアで一番危険なところがメデジンだとコロンビア人たちも皆いっている」。



→ コロンビアのメデジンと首都のボゴタは治安が劇的に改善していまは世界の殺人ランキング圏外になってます。
コロンビアで一番危険なところはメデジンじゃありません。日本の外務省の渡航安全情報でもメデジンはレベル1で危険度は低いエリアです。

コロンビアで一番殺人率が高いのは第三の都市カリ市です。私はカリ市にいたのでなんでカリそんなに殺人率が高いのかと思いました。
カリの殺人率が高いのはマフィア抗争があるからだそうです。私はマフィアをカリで見たことないしマフィア抗争は一般人には普通関係ないです。でも確かに強盗とスリとひったくり事件はけっこうあります。

コロンビアで一番危ないエリアはたぶんエクアドル国境付近とベネズエラ国境付近じゃないかと思うんですが、その地域は日本の外務省渡航安全情報で渡航禁止になってます。ベネズエラの危機で食べるものに困ったベネズエラ人がコロンビアの国境沿いの都市に来たりいま問題もおきてるのであの辺が一番情勢が不安定かもしれないです。

メデジンがコロンビアで一番危険だというコロンビア人はもう今はいないでしょう。


メデジンで2016年に殺害された外国人はたった数人。


コロンビアのメデジンで2016年に強盗殺人事件にあった外国人は、あの日本人の学生さん1人だけなんですよ。


(もう1人の外国人はドラッグや買春目的でメデジンにやってきて事件に巻き込まれて殺されたので特殊な事件)。

メデジンは治安が劇的によくなり、治安が劇的によくなり革新的な発展を遂げてる都市として国際的に表彰されたくらいです。
メデジンは2010年代は外国人にも大人気で観光客や長期滞在者、移住者も急増していますよ。

メデジン警察は治安維持に力を入れています。
去年日本人が殺害されたので、メデジンはさらに治安を改善し特に外国人を守ることに全力をあげてるそうです。

メデジンはほんとにいいとこだったので、私は次にコロンビアに長く滞在するんだったらメデジンにしたいです。



⚫︎「そのへんのガキでもみんな銃を持っていて、子供でもちゅうちょなく銃をぶっぱなす」。
「コロンビアの子供は仕事が殺人」。
「コロンビアでは隣町に行くのでも銃で強盗を撃ちながらいかないとたどりつけない」。
「小学生でドラッグ、中学生で半数が殺される」。
「町を歩けばそのへんに死体がごろごろころがってる」。



→ これにはめっちゃ笑った!
これはどこの国の話なのかな?
コロンビアではありえない。
アフリカとかアフガンなどの紛争地域と間違えたのかな。

私はいまでも毎日コロンビアのニュース見てますが、そんな話きいたことないです。

私はコロンビアでいま殺人率が最も高いカリ市に住んでました。しかもあるとき病気したためやむなくカリで治安の悪いエリアに短期間滞在するはめになったんです。
それでも私は警察と警備員以外で銃を持ってる人を見たことがありません。
殺された人も見たことないから、死体がそのへんにごろごろ転がってるとかないです。
私がいたその治安の悪いところは外国人や日本人は絶対に入らないとこだけど。

メキシコやコロンビアはイメージと違ってわりと銃規制が厳しいらしく、アメリカ人みたいに護身用にそのへんのおばちゃんでも銃をバッグに持ってるとかきいたことないです。
少なくとも私のコロンビア人の知り合いには銃を持ってる人はいないです。
コロンビア人たちも「アメリカのほうが銃を持ってる人が多いし銃事件が多いから怖い」と言ってるくらい。




⚫︎ 「コロンビアは何年か前に日本人夫婦が殺されたし、日本人がよく殺害されてる国。渡航禁止しろ」。


→日本人夫婦が殺傷されたのは隣の国のエクアドルですよ。
エクアドルではコロンビア人旅行者もよくひったくりや強盗にあってます。
日本人新婚夫婦が白タクに乗って強盗殺人にあった事件ですね。白タクは中南米だけではなくて欧米でも乗ったらやばいので。
コロンビアでは日本人がよく殺害されてるっていうのは、コロンビアでは日本人の殺害事件とかほぼないのでかんちがいしてるかと。



⚫︎コロンビアでは強盗殺人事件、メキシコではよく死体が吊り下げられたりする残虐な事件があるし、リオ五輪のときにテレビでやってたリオのスラムの状況もひどかったので、南米はみんな凶悪犯罪国ばかり。


→メキシコは南米じゃなくて北米です。
コロンビアが危険でやばい国だというネットの批判の根拠にメキシコの麻薬抗争やブラジルのスラム街の話まで使われてた。
ずいぶん広範囲ですね。。。メキシコが日本の国土の5倍だし、中南米といっても北米から南極のほうまであります。それをぜんぶひとくくりにするとは。
メキシコからコロンビアまで飛行機で5時間かかるのに。
たとえていえばインドでレイプ殺人事件があったら、やっぱりアジアは危険だと日本まで非難される感じでしょうか!?



⚫︎「コロンビアの主な産業はコカインで国民の多くが麻薬関連の犯罪に従事。コロンビアのエスコバルが殺されてから殺し合いが増えて治安が悪化」。


→ コロンビアの主な産業はコカインじゃないです。
麻薬の国というイメージが強いけど、麻薬の生産国になったのはもともとアメリカがしたんだし。今もコロンビアの麻薬の97%が国外で消費されてるから、コロンビア人向けじゃない。
南米で生産された麻薬がメキシコからアメリカに運ばれるから、メキシコには麻薬マフィアが多いわけ。アメリカに麻薬をトラフィックするためですよ。

トランプが壁をつくるときにアメリカへの麻薬輸入ルートもすっぱりブロックしてくれれば中南米の治安が飛躍的によくなるんだけどなあ。

コロンビアはもう南米の経済大国になったし、麻薬生産と関わりがあったゲリラも政府と和平締結したしゲリラ解体の途中です(第二のゲリラとはいま和平交渉中)。

すでに南米の麻薬の生産国の中心はペルーやボリビアなど他の国にうつってますよ。

1993年にメデジンの麻薬王のエスコバルが殺されたのは本当ですが、殺害の後にメデジンカルテルが弱体化しコロンビアは治安が改善したんです。
その後に政府が麻薬組織の壊滅作戦をやってきたので。

90年代初頭までのコロンビアは確かに治安悪かったんだけど、その危険だった時代が今でも続いてると勘違いしてる人は多いですね。




⚫︎ 「南米の街を歩く外国人はいつでも襲ってくれというようなもので無謀」。


→南米の町って南米っていってもいろんなところがあるからね、広いし。
私は南米はコロンビア以外にもペルーやアルゼンチンやウルグアイなどに滞在しました。
南米では私ですらおしゃれして普通に歩いてましたけど。
中南米はエリアによって治安がぱっきり分かれてるので、観光客は治安がいいエリアにいれば犯罪にあう確率はかなり低くなります。



⚫︎ 「南米にだんなが仕事が住んでたけど、南米には死の覚悟をしていけというのは本当」


→ これってマジですか?
ほえー、どこに?
スラムか麻薬抗争エリアに住んでたのかな。




⚫︎「コロンビアは最貧国で発展途上国」


→ コロンビアは中南米全体で第3位の中南米の経済大国。
(メキシコとブラジルに次いで)。
ブラジルは不況になってきたけど、コロンビアは好景気で勢いがあります。国内の開発や発展もめざましく、国外からの投資や国際的な企業の進出も急増してます。

欧米人はコロンビアに投資して稼いだり、欧米の企業もコロンビアにかなり進出してる。でも日本はまだコロンビアのイメージがよくないのでそんなに進出してないから、ビジネスチャンスを失っている。

私は去年もコロンビアにいたんですが、コロンビアをまた選んだ理由はサルサもあったけど、コロンビアはいまテロもないし好景気でわいてていま非常に活気があるからです。
大都市や観光地には投資が大規模に投入されてるし再開発されてかなり発展してます。

途上国で田舎だと思ってる人は首都ボゴタに行ったら高層ビルが並んでる800万人口の大都市を見てびっくりするでしょうね。

欧米が不況で仕事がないからとコロンビアにやってきた高学歴の欧米人達も多かったですよ。



⚫︎「南米で進学できるのは金持ちの子供だけ」

→ 高校までは多くの子が進学してるし、コロンビアの国立大学はただなんです。
貧乏でも頭がよければ大学院まで行ける。
メキシコも国立大学は学費無料だったり、なかには寮や学食まで無料というところもあります。
そこが金がないと大学に行けない日本と違うところです。
そして私立のおぼっちゃん大学は学費が日本の私立大学より高いです。




⚫︎「貧困国で国民はみんな食べていくのもやっと」


→ 国が貧困ではなくて産油国だし資源も豊かで食料自給率も高いし国は豊かです。
けど貧富の差が極端にでかいんです。

日本が格差社会というけど、日本は世界の富豪ランキングに入るような金持ちもいないので貧富の差はあまりないほう。
けど中南米にはビルゲイツくらいの金持ちとかいるし、金持ちは超豪邸に暮らして通勤はヘリコプターとかだし。金持ち達は庶民がいるところには来ないので観光客は姿を見たことがないと思いますが。
でも貧困層はほんとに貧乏。金持ちから搾取されてるから。
貧富の差が天と地の差なんです。
階級社会だし。
貧困層が食べるのがやっとというのは本当です。貧困層の人たちは生活が大変でなかにはヤミ金に手を出してる人もいる。だから貧困層のなかにはときどき窃盗に走る人がいるんですね。
だから貧困層がいるエリアには旅行者は入らないほうがいいわけです。



⚫︎コロンビアはワールドカップでオウンゴールした選手が殺された国


→これは確かにそう。
けどそれは1994年の話。
南米はサッカー強豪国が多いのにワールドカップの枠が少なくてコロンビアもなかなかW杯にでれない。やっと出れたと思ったらオウンゴールで敗退。敗退したのでサッカーくじで損したマフィアがらみの話。まだ治安が悪かった90年代前半の話。




⚫︎「コロンビアではスマホが日本の100万円くらいの価値なので、スマホを持って歩いてたら女性が裸で歩くのと同じくらい危険」


→コロンビアは老若男女がスマホを持ってるくらいスマホ社会。
facebookやwhatsapp(日本でいうLINE)をみんなやってる。スマホ中毒の人が多いことが社会問題になってるくらい。バスの中でもスマホいじってる人多いし、歩きスマホもいます。
スマホ社会だからこそスマホが人気があるんで、転売すればもうかるからスマホの窃盗が多いんです。

外国人のスマホがねらわれるんじゃなくて、コロンビア人も歩きスマホしてはひったくられてますよ。

コロンビアではスマホは日本の100万円の価値ではないです。
日本とコロンビアでは収入の差があるけど、日本の平均年収も落ちてるからなー。
それにコロンビアは日本みたいに老人が生活費のために働いてない。

コロンビアは以外と物価高いです。
食料とかは安いから旅行者には安く見えるかもしれないけど、贅沢品やインポート商品はとても高いです。
インポート商品だと国内商品の保護のために関税を高くしてるからなのか、日本の数倍の価格ということもあります。

日本は携帯電話の契約が2年縛りで通信費が高い特殊な国です。携帯会社は通信費で稼いでいるし、長く一社で契約してる人のお金で新規の客をカバーしてるので一見スマホの代金が安いように見えるだけ。
コロンビアは2年縛りとかじゃないし、端末買い取りなので正規の料金で端末を買う。でも買い替えのときに古いスマホは他の人に売れる。
私もコロンビアで去年sonyのXperiaのスマホ買ったけど最新機種じゃなかったし、携帯会社から正規の価格で買って5万数千円でした。SIMフリーなので他の国でもSIMさせば使えます。




⚫︎「強盗殺人事件の被害者はスマホで地図を見ながら歩いてた」


→ 被害者はコロンビアのSIMを持ってないし、あの場所はWIFIゾーンではないので、もし使うとなると日本からのローミングになってしまう。日本からローミングでネット使えば驚くほどの多額の料金になるのでバックパッカーは使わないと思う。
スマホを外で使うとしたら、たぶん写真撮ったり音楽聴くのに使ってたのではないかと思います。




⚫︎「日本人はいい服を着てるので日本人がねらわれた」


→ 被害者は(たぶん旅行中に買った)短パンにビーサンでした。寒そうで地元の人がジャンバー着てる日に。
コロンビアのメデジンは、DIESELという有名なイタリアのブランドも生産してるくらいアパレルの生産地として有名。おしゃれな服がたくさんある街。
コロンビア人はおしゃれに気を使うし。
バックパッカーの短パンとかがいい服と思われたとはとても考えられない。

しかもビデオで見るかぎり、犯人たちは後ろからやってきて盗ったので顔は見てないから日本人だとわかったからじゃないと思う。
ビデオでわかるように長髪で(しかも長い髪をちょんまげみたいに結ってる?)短パンでビーサンという格好はメデジンの人たちはしないので超浮いています。
前にブログで書いたように、コロンビア人は中国と韓国と日本人を区別できないし、コロンビアにはアジア系移民もいる。
だから、よそものや旅行者かどうかということを見ている。よそものや旅行者は土地に不慣れなので窃盗犯にねらわれやすいんです。

コロンビアは観光客が激増してるので、メデジン郊外の人気観光地では欧米人の若者達が押しかけて、リゾートで開放的になって上半身裸に短パンとかビキニにホットパンツで歩いたりするんで住民から行政に文句が出て、観光客の服装規制令が最近出たんです。




⚫︎「コロンビアは世界一の危険国なのにコロンビアに行くなんて自殺行為」。
「コロンビアは日常の生活に危険がいっぱい」。
「リアルな無法地帯だし、コロンビアは野蛮で秩序がない国」。



→ コロンビアが世界一の危険国ではないのは、上で説明したとおり。


コロンビアはリアルな無法地帯で秩序がない国ではないですよ。
逆に警察の統制がけっこう強い国だと私は思いました。


今回の強盗殺人事件で被害者が犯人ともみあってるビデオが公開されてましたよね。
実はコロンビアはああいう監視カメラが通りのあちこちについてます。歩いててもカメラがついてるのはわからないんですが、警察が防犯上つけた監視カメラでしょう。
近所の人とコロンビアの町を歩いてたら、この通りのここからあっちの角まではセキュリティカメラついてるからとか教えてくれました。
だから今回も容疑者が何箇所かのカメラに映ってたし、住民の目撃証言などもあって容疑者逮捕に至ったわけです。


コロンビア人はみんなIDカードの携帯義務があり、自分のID番号を暗記してます。
半年以上滞在する外国人もIDカードを作らないといけません。
警察がパトロールしてるときに誰かに職務質問した場合は、警察の本部に電話してそのID番号でどういう人間かをチェックさせています。

クレジットカードでの買い物や病院の診察や携帯電話の契約などにもIDカードが必要でID番号で管理されてます。
私もコロンビアにいたときはID番号で管理されてたしなにかあればID番号見せないといけなかったです。

たとえば街を歩いてたら前のカップルが大声で口げんかしてました。
そしたらパトロール中の警官が数人やってきて、彼氏のほうを押さえつけてIDカードで身元確認してました。
DVの可能性があるかもしれないのでチェックしたらしいです。
コロンビアはDVに関しても警察が厳しいです。それもDVを痴話喧嘩と容認することが多い日本と違うところ。


コロンビアには兵役があるんですが、兵役は警官になるチョイスもあって兵役で警官になった若い子たちが電車内とか駅のホームなどの警備をしています。電車の経路とか周辺の道について市民からきかれることもあり、大学生とかなので初々しくて感じがいいです。だから警官の数が多い。

コロンビアの首都ボゴタは政治や経済の中心なので警備が厳重だし、第二の都市メデジンもかなり警察が警備をしています。

私がいた第三の都市カリは240万人位住む大都市ですが、ボゴタやメデジンほど警官がいません。だからカリはコロンビアで治安が一番悪いのかな。ボゴタとメデジンに先にいたあとにカリにいったので、カリは高級住宅街とかは警官がパトロールしてるけど普通の街はあんま警官の姿を見ないので不安になったくらいです。


あの事件のビデオを見てて気づいたのは、被害者が歩いてたのがあまり人がいない公園沿いの道だったこと。

日本でも公園のそばとか人通りが少ない裏通りとかトンネルなどはひったくりや痴漢などにあいやすいですよね。
海外でもそういうところはひったくりにあいやすいです。

コロンビアにいたときは、私が住んでたアパートの近くに公園に沿った細い道がありました。
友達がその細い道を通っていった先に住んでたので、近所の知り合いにあの道を通っていいかときいてみました。そしたら、「あそこは人通りが少ないので夕方以降はときどきひったくりがあるので気をつけないといけない。夜遅い時間はだめ」といわれました。
友達の家に遊びにいったときは招かれたのが夜だったので、友達に頼んで弟に家まで迎えにきてもらって帰りも家まで送ってもらいました。その道は私は夕方以降は歩かなかったからです。


あとはあの事件のビデオには犯人を追いかけて荷物を奪い返そうと取っ組み合う被害者の姿がうつってました。
強盗から荷物を奪い返そうとして取っ組み合えば日本や欧米でも犯人から殺傷される危険性があります。
なのでコロンビアだからこそおきた事件とはいえないかと思います。



以上、コロンビアや中南米についてネットに書いてあることに対して論じてみました。




私はコロンビアとか中南米にいたからよっぽど肝がすわった人なんだろうと思われるかもしれないですが、けっこうこわがりなんです。

東京出身なのに新宿の歌舞伎町を一人で歩くのこわいから行かないし、歌舞伎町の奥のほうにラテンのバーがあって行ってみたいんだけどだけどこわくて一度も行ったことがないくらい。

中南米で一番治安がいいキューバでさえも、夜に女性だけで通りを歩いてたときに、私一人が「こわい、やばいよ」と言ってまわりの日本人から笑われたくらいです。
自分は夜はよくタクシー使ってました。
他の中南米で身についちゃったので、いくら治安がいいといわれても変えられないんですよ。
でもそのおかげでキューバでひったくりにあいませんでした(キューバはひったくりとスリが多い)。


たぶんビビリだから、中南米にいてもいままでほとんどトラブルにあってないのかも…。

海外にいったときは、宿から外に出る前に必ず宿の人にいろいろ質問します。
前の通りは何時まで歩いていいか、気をつけたほうがいいことはあるかなどを確認してから出かけます。
知らないところに行く時もジモティに行くエリアなどを言ってその辺に行っても大丈夫だろうかときいたり、タクシーで行ったほうがいいかとか確認してから行きます。
近いところだったら友達についてきてもらうこともあります。

銀行でお金をおろしたらすぐタクシーで帰れと地元の人に言われてるので実行してます。

公園の前とかは暗くなったら歩かないし、海外でアパート探すときはエリアだけじゃなくて公園の前とかは避けてます。
前に欧州で公園の前に一度住んだことがあるけど、夜はタクシー使ってました。


ヨーロッパにも住んでたんだけど、いまはヨーロッパの情勢が不安なのでずいぶん行ってません。
スペイン語圏ならスペインのほうがいいんじゃないかとよくいわれるけど、スペインはテロがこわくて行ってないんです。
アメリカもサルサの本場だからNYとかのサルサのクラブに行ってみたいけど、今はもう銃事件とか怖いので一人でアメリカに行けないんですよ。
そんな私が中南米には一人で行ってますからね。
けど中南米でもまったく知り合いがいない未知のところには長期滞在してないです。



コロンビアや他の中南米に行きたいと思ってる方たちが私にメッセージ送ってきて現地情報について質問や相談してきます。
やっぱり1カ国に行く方たちは念入りに現地情報を調べてから行きますね。
そこまで心配せんでも。。。と思うくらい、かなり詳細にきいてきます。
だから、向こうに行っても安全に楽しく過ごしてますよ。

やっぱり安全対策をして気をつければ楽しく過ごせるんです。
周遊バックパッカーもそういう旅行者や長期滞在者の態度を見習うべきだと思います。




コロンビアは世界で一番有名な旅行ガイド本のロンリープラネットで2017年に行くべき国ランキングで2位になったくらい。
いま観光客が急増してます。
コロンビアはいろいろ美しい観光スポットがたくさんある。
コロンビアが気に入って長期滞在する欧米人も多いです。なかにはコロンビアに家買って移住しちゃった欧米人の友達たちもいます。

コロンビアのカリだって欧米人が多くて、みんなカリが楽しいからずっと住みたいって言ってましたよ。
私にもカリに永住すんのかときかれたので、カリなんかに永住するわけないだろって思いましたが 笑。
欧米人達はコロンビアLOVEの人がほんとに多いのにびっくりしたくらいです。

コロンビアはこわい、こわいと心配してコロンビアに行ったらあまりにも普通でひょうしぬけしたという日本人観光客だって多いです。

日本人バックパッカーにもコロンビアは超人気ですしね。
世界のバックパッカーの間では南米のバンコクっていわれてるくらいですよ。


これはアメリカ人向けの移住のおすすめの場所としてコロンビアのメデジンが紹介されてるビデオ





コロンビアのメデジンは中南米でもトップの生活のクオリティが高い都市として移住に非常におすすめ。昔は治安が悪かったが、劇的に治安がよくなり世界の革新的な街として表彰された。
街はきれいだし、一年中春の街で気候はいいし、格安な値段でいいエリアにあるきれいな家具付きマンションに住める、不動産も比較的安い値段で買える、世界から治療にくるほど医療のレベルが高い、メトロなど公共共通機関が発達、昼は美術館やスポーツなど楽しめるし夜はシアターやダンスショーやクラブやディスコなどのナイトライフが充実、などなど



メデジンを1分で紹介






とまあ 以上 気の毒な子コロンビアの弁護の巻でした。



関連記事 :  「 コロンビアでの日本人殺害事件と安全対策」 

中南米旅行のおすすめ

ここのところ世界情勢が不穏になって、今まで安全といわれてイメージがよかった欧州やカナダや豪などでもテロがおきています。特にヨーロッパはテロが多いですよね。


どこに旅行に行ったらいいかわからない〜という人におすすめなのが、中南米です。


中南米はISのテロがいまのところおきてません。
反米の国が多いからかもしれません。

コロンビアは以前テロがあったけど、最大ゲリラのFARCと和平締結したしテロもほとんどなくなりました。

中南米は好景気や観光客の増大もあって、以前よりだいぶ治安がよくなった国が多いです。
特にペルーやコロンビアは以前に比べてかなり治安がよくなりました。コロンビアは特に首都ボゴタと第二の都市メデジンの治安が劇的に改善しています。


「あれ、以前コロンビアで日本人殺害事件がおきたときに、南米には旅行しないほうがいいと言ってたじゃん」と思う方もいるでしょうが、あれは中南米やコロンビアのことをちゃんと調べもせずに中南米に行って危ない地域に行ったり危ないことをして武勇伝を語るような人は中南米にはいかないほうがいい という意味で書きました。

中南米の行きたい国だけに旅行する人はおうおうにして渡航先についてちゃんと調べていきますから。
自分がいく国と渡航予定の都市については、在住者や在住経験のある人などにもしっかりリサーチしてから行ってください。


ただし中南米でいま絶対に行ってはいけないのは、ベネズエラです。経済危機で非常事態になっており、窃盗や暴動やデモや警官隊との衝突などが頻発しているし、国境が封鎖されたり混乱がおきています。もう欧米などの国はベネズエラを渡航禁止にしてるところもあります。
それから中米のホンジュラスも世界一の殺人率なのでやめましょう。


そして中南米のもう一つのおすすめの理由は、世界的な恐慌のなかで中南米は景気がいい国が多いんです。
BRICSのブラジルはバブル景気も陰りをみせてますが、コロンビアやペルーなどはここ何年か景気がいいです。
景気がいいからどんどん開発も進んでるしイベントなども多くて楽しい雰囲気で国に活気があります。

メキシコやコロンビアなどは産油国で石油の価格下落でドルに対して通貨が下がったので、アメリカ人を中心に観光客が激増 (ドルなど持ってる人には安いから)。
メキシコは今年何倍も観光客が増えたそうです。

日本円との両替でも何年も前に比べたらかなりレートよくなりましたよ。

欧米に比べたら物価が安いところが多いですし。
高級レストランは高いですが、庶民が行くような食堂とかで食事すれば定食数百円とかです。場所を選べばかなりコストを抑えることができます。


コロンビアは日本ではまだ危険国というイメージが強いですが、2010年代になってから欧米の観光客にとても人気です。
コロンビアは世界で一番人気の旅行ガイドブックのロンリープラネットで2017年おすすめの旅行先ランキングで2位になりました。

観光産業がもうかることがわかったからか、観光に力を入れる国も出てきました。
たとえばコロンビアはボゴタの空港を大規模に改築。観光客の安全を守るよう警備強化しています。


中南米はアメリカから近いのでやっぱり北米からの観光客が多いです。

日本から中南米は遠いのですが、だんだんと直行や乗り継ぎがいい飛行機の就航が増えています。

今は特に航空券の価格が下がってて、コロンビアのボゴタ往復でも10万円とかあるらしい。
そういえば今年私が買ったコロンビアのカリと日本の往復切符は135000円でした。
もちろん時期もありますよ。




さて、日本から休みの間に行けるおすすめ旅行先を紹介します。



⚫️ 1週間くらいの休みでいける旅行先


ー キューバ(ハバナ)

ー メキシコシティ

ー メキシコのカンクン

ー プエルトリコ



これらは観光客が多い観光地なので、中南米初めての人にもおすすめです。

キューバやメキシコは日本からのツアーもたくさんあります。

いま中南米で一番人気なのはキューバ。
キューバはアメリカとの国交回復後に人気になり、アメリカ化するまえにキューバを見ようという人も殺到して急激に観光客が激増してます。
日本人のキューバの訪問者は去年から今年にかけて3倍に増えたそうです。
ハバナの観光客に人気のスポットは入場制限がかかるほど混み合ってるそう。
キューバは共産党政権で国民の監視が強いし、外国人への重大犯罪は重罪だそうですりやひったくりは多いですが、中南米のなかでもトップクラスに治安がいいです。
日本からツアーもたくさんでてますが、個人旅行でも女性一人旅でもOK。
ハバナだけなら日本から5日間ツアーもあるから気軽に行けます。
中南米旅行が初めての方には特におすすめの国です。

プエルトリコはアメリカ領土なのでアメリカのESTAがあればいけるし、通貨は米ドルでホテルなどの観光産業の人たちは英語が流暢です。アメリカ人観光客がとても多い。
首都サンファンなら個人旅行でOK。

カンクンは日本人のハネムーナーに人気。
美しいカリブ海のビーチがあるリゾートのうえ、メキシコ料理やマリアッチも堪能できるし、リゾートだけではなくて世界的なピラミッドのチチェンイッツアなどマヤ遺跡もあります。
リゾートも歴史遺産も楽しめるのが大きなポイント。
深夜のディスコなどのナイトライフも人気で、このナイトライフのために北米から若者たちがたくさん来るほど。
ラテンっていうよりアメリカっぽいので、ラテン的な雰囲気を求める人にはちょっと物足りないかもしれませんが、マヤ遺跡などに行けばマヤ人もいます。
非常に治安がよくてホテルゾーンは深夜でも歩けるくらい。
日本から気軽に行けるリゾートだと思います。


日本からの行き方は、

メキシコシティは日本からアエロメヒコ航空で直行便が出ていて12時間くらい。
もうすぐANAの直行便も就航します。

キューバは日本からエアカナダでカナダのトロント乗り換え。もしくはメキシコシティで乗り継ぎです(メキシコシティから2時間)。
エアカナダだと羽田からも出ています。

カンクンはアメリカのヒューストン乗り換えで行くのが一番ポピュラー。メキシコシティからも乗り継ぎできます。

プエルトリコはアメリカで乗り換えて短時間で着きます。





⚫️ 休みが10日から2週間以上


ー メキシコの周遊ツアー

ー ペルーのマチュピチュやナスカ、ボリビアのウユニ

ー アルゼンチンのイグアスの滝など

ー コロンビアのボゴタとメデジン

ー コスタリカ


などなど。

こっちのほうは飛行時間が長いですが、ペルーやメキシコやアルゼンチンなら日本から添乗員付きのツアーもたくさん出ています。

アルゼンチンはブエノスアイレスとイグアスとウルグアイのコロニアくらいなら個人旅行でも行けます。ただし物価が高い。
ウルグアイはムヒカ大統領で日本でも知られてますよね。ウルグアイのコロニアはブエノスアイレスから船で1時間くらいなんです。同じ船でウルグアイの首都のモンテビデオにも行けますよ。

コロンビアもボゴタやメデジンの大都市にはこのくらいの日数ならいけますね。

コスタリカはエコツアーなど珍しい動植物が見れるツアーがよくでていて日本人にも人気です。

南米に行くのは、大半がアメリカ乗り換えかメキシコ乗り換えです。(メキシコシティまで直行便で12時間)。




⚫️1ヶ月以上


1ヶ月以上旅行できるなら、1カ国をゆっくりまわったり数カ国周遊や短期留学もできますよ。

メキシコやペルーなどは世界遺産が多いし長い時間かけてまわるとおもしろいです。

語学留学なら、メキシコやグアテマラのアンティグアは人気の語学留学先です。
アンティグアは料金が安くて個人レッスンが受けられるのでここでスペイン語を学ぶ日本人がとても多いです。





中南米は日本から遠いというイメージが強いと思います。
確かに南米の地方都市とかならめっちゃ遠いです。
私がコロンビアのカリに行ったときは35時間くらいかかりました。

でも上に書いたように大都市や観光都市ならもっと近いところもあります。

オーストラリアのシドニーまで11時間。
カナダも一番近いバンクーバーでも11時間。
ヨーロッパだって日本からロンドンまで12時間40分です。スペインとかは直行便ないから、そこからまた乗り継ぎで他の国にいくのでかなり時間かかりますよね。

だったらロンドンとメキシコシティならだいたい同じ所要時間。
それならメキシコ乗り換えやアメリカ乗り換えで他の国に行くのとそんなに変わらない。


日本からツアーがないところでも現地発のローカルなツアーも出ているところもありますので、スペイン語に自信がなかったり中南米わからない人でもツアーを使えば安全に旅行できるかと思います。



私は観光産業に関係ないので、中南米に何回も行ってる自分が実際に行ってみておすすめだと思ったところを中心に紹介しました。




● ブログ内の英訳/スペイン語訳(歌詞の和訳等)の無断転載禁止
● キュレーションサイト(naverまとめ含む)による転載やぱくりは禁止




【【【 おすすめラテンファッションとグッズ 】】】

【ラテンファッション レディース】
ラテンファッション
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ ブラジルジーンズ ブラジルワンピ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
サルサシューズ サルサシューズ ブラジルオールインワン


【ラテン メンズ ファッション&グッズ】
ラテンメンズ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルジーンズ キューバTシャツ
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ブラジルの制汗剤 ペルーのピスコ(酒)
TWITTER
ブログの更新はときどきですが、ツイッターでは毎日ラテン等についてつぶやいてます 笑
姉妹ブログ
私のもう1つのブログ
おすすめCD紹介 ↓
下記に私のおすすめCDを紹介(iTunesも)。クラブでいつもかかる曲ばかり。ブログ内で書いてるので上記の検索欄で検索して試聴してね ↓ ↓ ↓

marc anthony大ヒットアルバム
これに入ってるのサルサ曲「vivir mi vida」も世界で大ヒット。Marc Anthonyはラテン界の帝王的存在。
DANZA KUDUROはこれ!
Don Omar Presents Mto2: New Generation
レゲトン J Balvin
ここ1-2年世界中で超ヒットしてるレゲトンがコロンビアのJ Balvin。音楽賞を総ナメにしました。
大ブレイクのMALUMA
エンリケ・イグレシアス
エンリケ・イグレシアスの大ヒット曲「Bailando (バイランド)」(ft. Gente de Zona) が入ったアルバム
ルイス・エンリケのロマンチックサルサ
yo no se mañanaが流行ったルイス・エンリケの新しいアルバム。踊りやすいロマンチックサルサがいっぱい
Daddy Yankee ヒットアルバム
大ヒットのバチャータ
Phase II



バチャータの帝王
世界のバチャータブームをおこした2大バチャータキングは、Prince RoyceとこのRomeo Santos。Romeoは、バチャータの人気グループAventuraの元ボーカル。
レゲトンのNicky Jam
J Balvinとあわせていま人気のレゲトン歌手がNicky Jam。彼のベストアルバムです
El Cantanteの元歌はこっち
El Cantante
El Cantante

サルサのDIVA
Salsa Divas
Salsa Divas
Celia Cruz とLa India
泣いちゃうサルサ
Fabricando Fantasias
TITO NIEVES
ブログで紹介したCDリスト

「ブログで紹介した曲とCDリスト」

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ラテンCD

AMAZON サーチ

みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
タワーレコード ネットショップ
RSSフィード
フリーエリア
人気記事ランキング
開始 2012年9月4日~