AX

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

人気のあるトピック


★「Danza Kuduroの歌詞」(Don OmarのDanza Kuduro」

★「ガソリーナってそれかよ」(Daddy Yankeeの「gasolina」の歌詞)

「レゲトンの名曲まとめ」

「PitbullのBon Bonの歌詞」

人気のあるトピック


特に人気のあるページ

「ラテンのクラブでかかる音楽のジャンル」

ブラジルのリオのカーニバルでブラックフェイスだと非難が

ブラジルではリオのカーニバル真っ盛りですが、カーニバルのダンサーがブラックフェイスをしてると非難されてるという報道がでました。





ブラックフェイスはダウンタウンの浜ちゃんがエディ・マーフィーのマネをした時に顔を黒く塗って非難され、海外でも報道されましたよね。

リオのカーニバルダンサーは黒人じゃないのにブラックフェイスにしたのは人種差別だとツイッターで非難され、炎上してロイターがニュースでとりあげた。それを日本ではジャパンタイムズが書いてます。

リオのダンサーがブラックフェイスで黒人差別だと非難されたと。


https://www.japantimes.co.jp/news/2018/02/14/world/social-issues-world/blackface-brazil-carnival-parade-sparks-debate/#.WoPgfufLhc-




黒人への人種差別だとツイッターで非難してる人の中にはブラジル人もいると新聞には書いてありました。


私はラテン文化のブログをやってるけどスペイン語圏の文化で、ポルトガル語圏のブラジルやブラジル音楽やダンスについては書いてません。私はブラジルに行ったことがないのでブラジルが実際どうなのかもわかりません。その辺はご理解下さい。


今回の騒動の報道を読むと、ブラジルには昔の植民地時代に奴隷制度があり、アフリカ人が奴隷として働かされてたし、奴隷解放がブラジルは最も遅かった。今も人種差別があるという話でした。
だからカーニバルのブラックフェイスは差別だと批判されていると。


私はブラジルを知らないのでブラジルについてはコメントができません。



ブラジルの隣国であるコロンビアに住んでました。

米など英語ではニガーやネグロは差別用語ですが、スペイン語の黒人という意味のネグロ(NEGRO、女性系はNEGRA)は差別用語じゃなくて普通に使われる言葉です。
まずそこが米とは違います。
ネグロは、あだなにもなるし、恋人やだんなさんに「私の愛するネグロ」とか言ったりもします。
ラテンの歌の歌詞にもよくでてきます。


中南米の中でもブラジルとコロンビアとカリブのキューバやドミニカ共和国やハイチなどは黒人が多い国です。

それは、スペインの植民地時代(ブラジルはポルトガル領)に、スペインがアフリカからアフリカ人を大量に連れてきて奴隷として中南米でプランテーションなどで働かせたからです。

ハイチは宗主国のヨーロッパ人と黒人がたくさん来たため、先住民が全滅してしまったとききました。


南米でもアルゼンチンとウルグアイとチリは白人率が高い国です。比較的新しい欧州系移民も多いですし。
メキシコやペルーは先住民や先住民との混血(メスチーソ)が多いです。
こういう国は黒人率は高くない。


コロンビアはスペインの植民地にされた時に、沿岸部にあるカルタヘナに貿易港をスペインがおき、コロンビアやペルーのインカ帝国から奪った黄金をスペインへ送り、アフリカからたくさんアフリカ人を連れてきてカルタヘナで奴隷市にかけました。

カリブの国々にも奴隷がたくさん送られてプランテーションなどで労役させられたし、コロンビア内もそうです。

コロンビアは、さとうきびの生産が多いですが、昔は黒人奴隷たちがさとうきびのプランテーションで働き砂糖を作っていました。
主人はスペイン人で豪華な館に暮らしていました。



コロンビアの奴隷の話については、前にブログでも書いたけど、コロンビアのサルサのレジェンド JOE ARROYOの「Rebelion」で解説したので読んでください。
日本のサルサバーやイベントでよくかかるサルサの名曲だけど、この曲の歌詞はコロンビアの黒人奴隷の歴史の話なのでとっても重い話です。



JOE ARROYO 「Rebelion 」


「 Rebelionの歌詞和訳を動画化」




だからコロンビアのカルタヘナなどの沿岸部、太平洋岸(パシフィコ)は今でも黒人が多いです。

私がいたカリもパシフィコが含まれる地域なので、黒人とモレノ(肌が褐色)の率が高かったです。
カリ市の郊外は今もさとうきび畑が多いですし。


私のカリの知り合いにもけっこう黒人や黒人の血が入ったコロンビア人はいます。
カリはそれが普通だし、私はあんまり人種とか気にしてなかったです。

でも黒人に対する差別はまのあたりにしたことがあります。
警官が黒人だけ職質するとかね。
上の「REBELION」の記事にも書いたけど、コロンビアで一番貧しい県はチョコという黒人率が高い地域です。
カリも貧困地域は黒人率が高いと思います。
コロンビアには黒人差別はあるといえばありますよ。

コロンビアは階級社会だし、貧富の差も大きい。


けどそういう政治的な話や社会問題と、カルチャーはまた別物。



カリも巨大パレードがありますが、カリは黒人のサルサのプロダンサーが多いです。
けどブラックフェイスはカリではしないですよ。普通にダンサーに黒人がいるというだけです。

カリはそんなにアフロ文化の場所ではないです。
ただ、パシフィコのブエナアベントゥーラと同じ地域でパシフィコの人がたくさん住んでるので、パシフィコの音楽の影響はあります。
サルサ・チョケもパシフィコが発祥地でカリで完成されたので、アフロのリズムが入ってます。



今はリオだけじゃなくて、コロンビアも南米三大カーニバルのバランキージャカーニバルをしてます。

バランキージャはカルタヘナのそばにあります。
バランキージャは有名歌手のシャキーラの出身地です。


バランキージャカーニバルはいろんなダンスが踊られます。







そのなかにアフリカンダンスで、顔も体も真っ黒に塗ったネグロのダンスがあるんですよ。
これはカーニバルのときだけじゃなくて、もとからあの土地にあるダンスみたいです。
他のイベントでも踊られていたので。







昔奴隷貿易港があったし黒人が多い地域なので、アフリカの文化はあの地域の伝統文化です。

黒人をバカにしてるとか差別じゃない。




コロンビアの伝統文化はアフロカルチャーが切り離せない。
アフロコロンビアーノ(アフロ系のコロンビア人)、アフロダンスやアフロ音楽。
それはコロンビアの伝統文化の大事な根幹の一部です。

だからカーニバルでもアフリカンダンスをするんです。
伝統としてね。







私がやってるサルサやレゲトンやメレンゲというラテンの音楽やダンスは、アフリカンがルーツ。
アフロ音楽やダンスに、先住民の音楽などがMIXしてできたものです。
サルサはアメリカで生まれてるからさらにジャズなどいろいろ入ってるけど。

だからラテン音楽で使われるボンゴなどのパーカッションはアフリカが源ですよね。

キューバの伝統音楽やダンスのルンバだって、アフロカルチャーのです。
(ルンバは社交のルンバと違う)。
キューバはヨルバの歌とかもあります。


だからアフロカルチャー抜きには、今あるサルサやレゲトンやダンスホールレゲエやメレンゲなどのラテン音楽やラテンダンスは生まれなかった。

アフロカルチャーは非常に重要だし、ラテン音楽やダンスをしてる者はリスペクトすべきものです。

ラテン音楽を追求してる人の中にはアフリカン音楽を学ぶ人もいる位。



なので中南米のこういう国の伝統のお祭りでのアフロカルチャーの話を、浜ちゃんのブラックフェイスと一緒にされるのは、なんか話が違うような気がします。

浜ちゃんがブラックフェイスをしたのは、彼がアフリカンカルチャーにリスペクトがあるからやったとは思えないし。
ま、彼がというより日本のテレビ局がってことなんだけど。

その辺が今回のJAPAN TIMESの報道に対して、 「うーん」って思ったところです。




NYのプエルトリコ系ラッパーが「ニガー」という言葉を使うわけを調べてみた

ネットに、NYのプエルトリコ人のヒップホッパー(ラッパー)がNIGGERという言葉をよく使うという話がありました。
自分の事を「NIGGER」よび、友達に対しても「NIGGER」とよびかける。
しかも友達が日本人でも。
プエルトリコ人以外でも、米のラティーノは「NIGGER」という言葉をよく使うとのことでした。


「NIGGER」という言葉は、英語では黒人差別用語ですよね。放送禁止用語。


そのプエルトリコ人のラッパーたちは見た目に黒人じゃないのに、なぜ「NIGGER」を使うのだろう?
と不思議に思いました。


プエルトリコはラテンアメリカ。
プエルトリコはレゲトンとサルサの島なので、私もプエルトリコに滞在しました。
でも私が滞在した時は「NIGGER」という言葉をプエルトリコ人がいうのを耳にしたことはなかった。

プエルトリコ人の友達も何人かいるけど、彼らからもきいたことないです。

日本には米軍基地の米兵(マリン)にラティーノが多くて、ラテンのクラブにきます。
プエルトリコ人は、メキシカンやドミニカ人などいろんなラティーノがいるけど、「NIGGER」と彼らが言うのはきいたことがない。

ラテンの歌手には、プエルトリコ系が多くて、サルサの有名歌手、ハウスのアーティスト、レゲトンの歌手、いろいろいますが、彼らが「NIGGER」というのもきいたことがない。


スペイン語で黒人は「NEGRO」(女性は「NEGRA」)です。
スペイン語のネグロは差別用語じゃなくて普通に使われます。
あだなにもなるし、友達や家族に親しみを込めてよびかけにも使います。
知らない人にいきなりいう事はあまりないけど(正式にはafloを使うと思う。黒人のコロンビア人ならアフロ・コロンビアーノとか)。

けどその米に住んでるプエルトリコ人やラティーノは、スペイン語じゃなくて英語の「NIGGER」を呼びかけに使うという。
そこが興味深いと思いました。



私は英語もスペイン語もどちらも話せます。





なぜNYのプエルトリコ系やラティーノのラッパーが「NIGGER」と使うのか気になったので、プエルトリコ人の友達にきいてみました。




ちなみにプエルトリコはカリブにあり、米から一番近い島がキューバで、その隣がドミニカ共和国で、その隣がプエルトリコ。
前は独立国でしたが、スペインの植民地になり、その後米西戦争でスペインが負けたので100年以上前から米領土になりました。
今は米領で、首長はトランプ大統領です。

NYのプエルトリコ人はNUYORICAN(ニューヨリカン)といわれてます。


去年の秋にハリケーンに襲われて、壊滅的被害を受けました。
米本国に自己責任と見捨てられて、いまだに復興できてません。



私のプエルトリコ人の友達にニガーの件についてスペイン語で質問してみました。

今回私がこの件について質問したプエルトリコ人の友達は二人とも、プエルトリコ生まれのプエルトリコ人。首都サンファンに住んでました。でも去年プエルトリコを襲ったハリケーンで被災して、アメリカに避難した人達です。
今はアメリカのNY在住。

1人目が30代半ばの女性。
もう一人は20代の男性です。






●30代半ばの女性


プエルトリコに家族で住んでいたが、去年ハリケーンで被災しアメリカに移住した。
英語は話せない。
今はNYのプエルトリコ人が多いコミュニティに住んでいる。


彼女の話。





「プエルトリコではNIGGAはよく使われる言葉で攻撃的ではない。
言葉の口調やTPOや使う相手にもよるが。
普通は男友達同士で使うスラング。
あだなやよびかけとして使ったりする。

けど相手を攻撃する口調だと侮辱になるしけんかに使う。

NIGGAは非常にFEAな(汚い)言葉。
そういう言葉を使う子達はちょっとクレージー。

アメリカの文化好きで米の文化をコピーしてる。
この「NIGGA」という言葉もアメリカのヒップホップ音楽のマネが流行語みたいになった。

プエルトリコでは流行語だけど、他の場所に行った時にはトラブルになることもある。

ただし、米については、自分は英語が話せないし米生活が短いのでよくわからない。












●20代の男性


以前は米軍で働いていた。
英語も話せる。英語とスペイン語。
プエルトリコでは別の仕事をしていたが、去年ハリケーンで被災したので9月に米に避難して、今は米のNYに住んでいる。






「NIGGA」はよく使われるが、「NIGGER」は差別用語なので使われない。

プエルトリコではNIGGAもNIGGERも普通使わない。

でも米生まれのプエルトリコ人の間では「NIGGA」はよく使われてる。
でも「NIGGER」は使わない。

「NIGGA」ならわかるが、「NIGGER」をなぜそのラッパーが使ったのか。
友達に言ったのだから、たぶんジョークで言ったんだと思うが。
でもなぜ彼が、NIGGAじゃなくて「NIGGER」という言葉を使ったのか自分にはわからない。
たぶん、ヒップホッパーだからだろうけど。


NIGGERは黒人への差別用語。

NiggaとNIGGERはぜんぜん違う。
Nigga は友達同士の呼びかけ。
でもNIGGER は差別用語で、相手を侮辱する時に使う。


プエルトリコでは「NIGGER」はラッパーでも使わない。
特に他の人種の人には言わない。


ラティーノ(ラテンアメリカ人、ラテンアメリカ系)にはヒップホップは人気のジャンルだ。
ヒップホップのラッパーには黒人が多い。
ヒップホップの曲の歌詞には「ニガー」とか、黒人が黒人に対して使う言葉がよくでてくる。


でも
「NIGGER」じゃなくて、「NIGGA」ならポピュラーな言葉だ。
「NIGGA」は「NIGGER」からでた派生形ではあるが、プエルトリコ人にとってはニュアンスが全然違う。

「NIGGA」にはネガティブな場合とポジティブな場合がある。
ポジティブなのは友達に対してniggaとよびかけるとき。それはbroやbuddyという意味。親しい友達のよびかけ。
でもネガティブな場合は、相手を侮辱したり、人種差別する時だ。

ヒップホップの歌詞ではよく見る。
2PACなど昔のヒップホップの歌詞にもたくさん出てくる。

ラテンアメリカでもアメリカ音楽は人気なので、ヒップホップ音楽の影響も強い。

アメリカのラッパーが「ニガー」という言葉を、世界でポピュラーにした。


プエルトリコ人には島生まれと米生まれがいる。

アメリカ生まれのラティーノには、そういうヒップホップの言葉をよく使う人達が多い。特にNY生まれのラティーノ達には。
プエルトリコ系だけじゃなくて、メキシコ人やドミニカ人など他のラティーノもだ。
アジア人や他の人種でも米生まれなら、そういう言葉を使う人達もいる。

けど、そういう言葉を使う人は主に庶民でストリート系の人だ。
ストリートにたむろって、他のグループにちょっかいだしたり、けんかしたり、チーム作ったりしてるような連中。


だが、プエルトリコの島の方ではそういう米のヒップホッパーの用語はほぼ使われてない。
プエルトリコはスペイン語圏。
英語を話せるプエルトリコ人は少ない。
だからヒップホップを英語の歌詞をわからずにメロディだけ聞いてる人が多いからだ。

アメリカの英語のヒップホップをきいて、有名なラッパーのマネをしたり、歌やファッションのコピーをしたり。
クールだ、かっこいいと思う事をマネしてみるのは、少年ならよくあることだよね。
子供や少年にはヒップホップの影響は大きい。

自分が子供の時は、いとこのニューヨリカンをかっこいいとあこがれて彼らのマネをしてた。

アメリカのヒップホップカルチャーやファッションをかっこいいと思ったプエルトリコ人の子供はマネする。

上の世代の人達だって昔のラッパーたちのマネをしてたわけだし。
憧れの人の喋り方や言葉を真似したりするでしう。



しかし、ラテン音楽のレゲトンの方は違う。
レゲトンの歌手は「NIGGA」という言葉を使わない。

レゲトン歌手はプエルトリコ生まれでスペイン語の話者。英語を話せる人はほとんどいないから。

有名なレゲトン歌手のNicky JamやDe La Ghettoはアメリカ生まれだが、子供の時にプエルトリコに引っ越してプエルトリコ育ちだ。
だから彼らもアメリカのヒップホッパーの言葉は使わない。

プエルトリコ系の米人の有名人は多い。
でも彼らはNIGGAという言葉を使わない。
プライベートでは使ってる人がいるのかもしれないが、公では口にしない。

サルサの歌手もプエルトリコ人が多いが、サルサ界の人もNIGGAは使わない。

NIGGAはヒップホップの言葉だから。



プエルトリコは先住民族(タイノ族など)の国だったが、スペインに植民地にされ、アフリカから黒人奴隷が連れてこられた。
だから先住民族とスペイン人(白人)と黒人、そしてその混血が多い。
特に沿岸部は黒人系が多い。
一見白人に見えても、実は黒人の血が混ざってるムラートの人も多い (ムラートは黒人と白人の混血)。



ただし、プエルトリコ人や米のプエルトリコ系にも、人種差別主義者はいる。
プエルトリコ人の黒人系には差別意識はない。
でもアメリカの黒人を嫌ってる人はいる。
だからアメリカの黒人に対して「ニガー」という言葉を人種差別として言うやつらもいる。


つまり、「NIGGA」は、男友達同士で親しみを込めてあいさつで使う言葉。
でもプエルトリコの島ではあまり使われてなくて、米在住者が使ってる。

だけど、「NIGGER」は黒人差別の言葉。
語源は同じだけど、NIGGAはそこがNIGGERとは違う。」







という話でした。




以上が、米に住むプエルトリコ人の友達にスペイン語でインタビューしてみた話です。




ペルー料理のおすすめ、SECO

このごろ1週間に1度ペルー料理食べに行ってます。
近くに用事があって、帰りにアルコイリスに立ち寄って食べるのが楽しみ。



先週食べたのは、私が好きな SECO(セコ) DE RES。
牛肉の煮込みみたいの。
牛肉の大きなかたまりの煮込みに、パクチー(香菜)の緑色のソースがかかってます。
このお店ではごはんと一緒にくるから、緑のソースをごはんと混ぜながら食べたらおいしかった。






私はペルー料理のなかでセコは大好き。
おすすめです。


ペルーレストランのメニューには、セココンビナートという名前で出てることが多い。


ところが別のペルーのバーで、セココンビナート頼んだらチキンに白い豆のソースがかかってるのがでてきてびっくりしました。
あとでサルサバーにいたペルー人に、セコといえばこういうのだと思ってたら、ある店でチキンで白い豆のソースだったんだけど、それってなに? ときいてみたら、「自分もそんなの見たことがない。 自分は首都リマの出身なので、もしかして地方によって違うのがあるのかもしれない」とのこと。


ネットで検索したら、その白い豆ソースのセコを発見。
しかも日本語のページで、セコのレシピでした。
クックパッドのそのページのリンクはっときます。



私がペルーのバーで食べたのは、このようなパクチーはなかったです(緑の)。




ペルーレストランでおススメの料理

ラテンのレストランはもちろん、クラブ、バーでもラテン料理が食べられるところがあります。

何を食べたらいいか分からないという人に、私のおすすめのフード1位。

それはペルー料理の ロモサルタード です。


ペルー料理ってなにって思う方も多いかと思いますが、サルサ界ではわりと知られてます。
なぜかというと日本に一番多く住んでるスペイン語圏の中南米人がペルー人なので、日本にはペルーレストランが多い。
サルサバーでもペルー料理を提供してるところが結構あります。

ペルー料理は日本人の口にあって食べやすいと思います。
メインが肉、それに野菜と白ごはん、スープ、というのがペルーの定食スタイルなので、ごはん主食の日本人にはなじみますね。

ロモサルタードは酢となんと醤油を使ってるところが、アジア風の味。
でもクミンやガーリックが入ってるし、お好みでアヒという辛い黄唐辛子ソースをかけるところはラテンぽいです。


私はロモサルタードが好きでよく食べてます。
最近食べに行ったペルーレストランでたまたま撮ってたロモサルタードの写真があるのでUPします。


ロモサルタード



コロンビアのカリは観光客にはハードル高い

これは2年前に別のブログで書いた記事です。



2015年から2016年にコロンビアのカリにいた時の話。

カリは世界のサルサの都市だし、カリやカリのサルサについてよく書いてるので、カリに興味を持たれた方もいらっしゃるかもしれません。

ただし、カリは日本から観光客が訪れるにはまだ少しハードルが高い都市だと思います。

私はカリには以前住んでたので、知り合いも多く、エリアや治安やカリ特有の言葉などもわかります。

しかし、カリにまったく知り合いもいなくて、サルサが好きとか、フェスティバルに行きたいとかいう理由だけでふらっと遊びにいくようなとこでもないような。
カリに友達が住んでいるとか、カリサルサの先生と一緒のツアーで行くとかなら安心でしょうが。

カリはサルサの都市というのは本当で、特に12月のフェリアの時期は国外から観光客も訪れています。
でも、12月過ぎるとまた普通のコロンビアの地方都市に戻ります。
道端で踊り明かしたり、サルサのカーニバルがあったりするのは12月だけ。

カリはサルサの都市なんだけど、逆にいうとサルサがないと、たんなる普通の地方都市のような。。。
特に観光的な見どころもないし。

ペルーとかメキシコのような遺跡もないし、観光名所っていってもわざわざ国外から見にくるようなとこでもないです。
実際、サルサに興味がなくてカリに来た人にはごちゃごちゃしたつまらない都市だったと評判よくないです。
サルサに興味がないと、つまらないと思います。

首都のボゴタや、第二の都市メデジンと比べるとあんまり整備されてないです。
コロンビアは6段階にエリアが階層で分けられていて、ボゴタやメデジンはお金持ちエリアと貧困エリアがぱっきり分かれているのですが、カリは入り混じっているのでコロンビア在住者でもエリアを見分けづらいです。

しかもカリは殺人率では世界7位です。メデジンも上位に入ってます。
かといってカリで殺人や銃事件見たことがあるかというと、まったくないんですが。
たぶん殺人はマフィア間とか治安の悪い地域が大半で、あとは強盗や金目当てなんじゃないかと思いますが。

コロンビアは3-4年前までテロありましたが、FARCとの停戦もあって今はテロもなく静かです。
以前はゲリラが郊外や山中にいたのでバスで他の都市に行くのは危険が伴いましたが、今はバスでの移動も安全になったそうです。

しかし、強盗やひったくり、スリはかなり多いです。
スマホが流行ってるのですが、スマホがすごい高いので(iphone最新機種15万円、sony xperia 最新機種13万円くらい)、
スマホを狙った強盗やひったくりが増加しています。
強盗におそわれたらすぐ荷物を渡さないと撃たれることもあるそうです。

路上でタクシー拾うと、ときどきタクシー強盗にあいます。
メデジンやボゴタはまだ路上でタクシー拾えますが、カリではやめといたほうがいいです。
無線タクシーよんでもらうか、UBER使うか。

エリアにもよりますが、女性は暗くなったら一人で歩かないほうがいいですね。

中南米は、グループかカップルでクラブに行きます
女性グループは少ないし、一人はありえないです。

● ブログの記事内容の無断転載はご遠慮ください。 ● キュレーションサイト(naverまとめ含む)や動画サイトへの転載は禁止



TWITTER
ブログ内検索
このブログ内で知りたいことを検索してみてください
ブログ人気ランキング
人気ブログランキングに参加中

にほんブログ村 演劇ブログ サルサ・メレンゲへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

メールフォーム
私へメールを送りたい方はこちらで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク & お気に入りブログ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


みんなで投票
よく行くラテンクラブは? (複数回答OK)
RSSフィード
フリーエリア